[日本映画]謝罪の王様: 2015/09/17 墨汁一滴


しゃざいのおうさま / The king of apology
  • 可笑しく笑える
  • びっくり
  • 楽しい
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,441位3,043作品中総合点-2 / 偏差値46.53
2013年日本映画総合点80位114作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/09/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7551(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21978 ブラウザ: 1975(携帯)
クドカンが脚本で阿部サダヲ主演というまさに名コンビによるコメディー映画といったところでしょうか。

この二人による作品といえば、だいぶ前に視聴した「泣くもんか」という映画が真っ先に思い浮かぶものでしたが、一見するとくだらなくてふざけているように見えて結構人情味ある内容だったなあといった印象でしたけれども、本作の場合はケンカの仲裁から国家間の大きなトラブルまでさまざまなケースでの謝罪を職業とした男が主人公のお話でした。

タイトルからしてなんだかへんてこりんな言い回しだなあということを感じなくはないけれども、6つのエピソードによるオムニバス形式で構成されていたのが特徴的でしたね。

いずれの話にしても一癖も二癖もある連中からの依頼ばかりでしたが、意外にもケース自体は現実に本当に遭遇しそうで、そういった意味ではリアリティーがあって良かったなと思います。

それから、一言に謝罪にも色んな方法があるんだなということを知れて、なかなか興味深いものがありましたが、最初から最後まで基本的に肩肘張らずに楽しめるところが好印象でしたね。

最後にこの作品の評価になりますが、「良い」とさせていただきます。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ