[日本映画]お葬式


おそうしき / The Funeral
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数665位3,047作品中総合点4 / 偏差値51.98
1984年日本映画総合点12位27作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

その日、俳優の井上侘助(山崎努)と妻で女優の雨宮千鶴子(宮本信子)は夫婦共演のCM撮影を行っていが、そこに突然連絡が入る。千鶴子の父・真吉(奥村公延)が亡くなったのだ。親族代表として葬式を出さなくてはならなくなった侘助はマネージャー里見(財津一郎)の助けを借りつつも途方に暮れる。千鶴子の母・きく江(菅井きん)や千鶴子の妹・綾子夫婦(友里千賀子)、そして真吉の兄・正吉(大滝秀治)と共に遺体を伊豆の別荘に運び、お通夜の準備に取り掛かる。葬儀屋・海老原(江戸家猫八)とともに、お通夜当日の朝を迎える侘助達。だがそこには、喪服を着た侘助の愛人・良子(高瀬春奈)がいた……。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
124分

監督/脚本:伊丹十三
製作総指揮:細越省吾

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1984/11/17(土)
5,24677
最近の閲覧数
10011011101
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/07/24 / 最終変更者:herba / 提案者:herba (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7574(87%) 普通:641(7%) 悪い:463(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22076 ブラウザ: 1975(携帯)
最初にジャケット等のイラストを目にしたときは岡本喜八監督の「近頃なぜかチャールストン」みたいだなといった印象でしたが、実際その作品でも出演していた財津一郎が本作でも海老原役として出ていたり、また、すでに他の方々も述べられておりますが、タイトルに反して全体的にコミカルな内容だったのが特徴的でしたね。

ストーリーとしては突然、肉親に死なれた俳優夫婦が、葬式の奇怪な手順に慌てふためきながらもいろんな人びとの助けを借りてなんとか無事お葬式を出し終えるまでの三日間を描いた内容でした。

まず人が亡くなるとお通夜からになりますが、それと告別式も含めてお葬式と言うんだそうですね。お葬式自体はもちろんどういったものであるかは知っていたものの、どういった仕組みであるかはよく知らなかっただけにお葬式の段取りは宗派や地方によって違っているんだなということや親戚の人たちを呼ぶため大がかりなものであることも知れたりとなかなか興味深い内容でしたね。

見ようによっては不謹慎に写るかもしれませんが、肩肘張らずに観られる作品に仕上がっていたと思います。

最後に評価ですが、とても良いよりの「良い」とさせていただきます。

2013/06/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆タイトルに反してギャグが笑えました。
北枕の方角に悩んでる大滝さんに爆笑。
☆喪服のままの濡れ場。監督の趣味ですか?
☆久々に親戚一同が集まって和むシーンは微笑ましい。

【悪い点】
★特に思いつかないです。

【総合評価】
私は不謹慎とかそういう風な思いは一切ないです。
自分の葬式はみんなで笑って酒かっくらって見送ってくれりゃいいって思ってますし。
話は全く暗くないので、楽しんで見れました。

2011/12/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7258
伊丹十三監督作品。
お葬式をコメディタッチに描いた作品。
倫理的な批判もあるようですが、とても面白い作品なのでぜひ見てもらいたい日本映画です。

2011/12/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2261(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
葬儀の段取りや受け答えの準備、正座の姿勢を微妙に変えるなどの細かいリアリティ描写。

【悪い点】
侘助のモロバレな不倫を入れる意味が分かりません。
特にこのイベントで葬式の進行が思わぬ方向に転ぶわけでは無いし…。
お色気場面を入れたがる監督の趣味?
演じるのが山崎努なので合っているといえば合っていますが(失礼)。

【総合評価】
淡々と葬儀の進行を描写し、その「親族が集まって親睦を深めつつ故人を送り出す」という本質を見せています。
ただ、それは一本の映画として「魅せる」事が出てきているかというと微妙。
王道、ありきたりのテーマでもコミカル演出等で面白くする事はできますが本作はリアリティ重視。
葬式の本質を別の切り口から描く、例えば遺産を巡って親族達が水面下で火花と散らす作品なら
集めたお金が風で散ってしまう場面など皮肉の効いた演出として有効なのですが
本作の場合は逆に「何でこんな場面を入れるのだろう?」と疑問符がついてしまいました。
ドキュメンタリータッチにもエンターテイメントにも徹する事が出来ておらず中途半端な作品。
葬儀の段取りなど勉強になる部分はあった事を加味して「普通」で。

2011/03/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2866(60%) 普通:804(17%) 悪い:1129(24%)] / プロバイダ: 14863 ホスト:14685 ブラウザ: 9932
作品のタイトルに似つかわしくない登場人物の明るい会話や作風をどう受け取るか。
これが、この作品を視聴する上でのポイントだと思います。

話は、帰宅したばかりの雨宮真吉が発作を起こして亡くなるシーンから始まり、訃報を聞いて集まった親類達の手で通夜の準備が行われ、
火葬場から実家に戻り、それぞれの家に帰り、きく江達が後片付けをするシーンで締めくくられます。

記念写真を撮りまくる、浮気絡みの修羅場、通夜の準備の合間に親戚達が会話を弾ませるのどかな風景等、
作中で展開されるドラマは、場違い感が拭えない物ばかり。

これらは、人間の心のひだを生々しく描かれており、きく江のスピーチが視聴者を弔事と言う現実に引き戻す手法も伊丹監督の力量を反映していましたが、
作品の性質上、展開されたドラマの多くが、ヤマの小さい退屈感漂う物ばかりな為、評価は「普通」です。

2010/11/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(83%) 普通:3(10%) 悪い:2(7%)] / プロバイダ: 15333 ホスト:15372 ブラウザ: 4539
「お葬式」

タイトルが本作のすべてですね。
ある俳優夫婦の母方の父が亡くなり、そのお葬式を行うことになった…。

本作の内容はこの一文で説明できてしまいます。

近年、お葬式をテーマとした作品として「おくりびと」のヒットなどもありましたが(私は観ていないので内容等は知らないのですが)、比較的珍しいジャンルの作品ではないでしょうか。

『人の死』という厳粛な題材をややコミカルに描いていて、クスリと笑えるようなシーンもあります。

ある親族に起きた『お葬式』という『イベント』を一歩ひいた立場から眺めている、そんな作品です。

空気の読めない故人の兄やお葬式会場で浮気をする夫、どんちゃん騒ぎの親族達…

その中で喪主を務めるおばあさんの存在がより浮き彫りとなります。故人を偲び、追悼を行う『お葬式』を行っているのは彼女だけかもしれません。

現代人が病院や施設に死を追いやった結果として、形骸化してしまった人の死の終着点たる『お葬式』。

それが良いか悪いかを論じるのではなく、そういうもんだとして、気楽に観る映画なのではないでしょうか。

単純に面白いかと問われれば、う〜ん…と言わざるを得ない作品ですが…。

2009/01/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8455
【良い点】

山崎努さん主演ですな。芸能夫婦の親族(父)が亡くなった時の葬式を映画にしたんですが、伊丹十三さんは反暴力団的作品も作れば訳の解らんシュールな作品創ったり、こんな地味な映画も創れるんですね。

【悪い点】

普通に葬式やるだけの話しです。なにも起こりません。

【総合評価】

平凡過ぎる意味で「悪い」。

この評価板に投稿する



2015/08/31 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22077 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/びっくり/考えさせられた/勉強になった 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 迷作ホスピタル〜「あらいぐまラスカル」の場合〜 by 十傑集
... のですが。 昨晩は「あらいぐまラスカル」で主人公のお母さんが大腸癌で亡くなった事から癌検診の大切さが述べられていました。 しかしお母さんの臨終の場面は放映されませんでした。 当時から放映されていないのだから放映のしようが無い。 13話のラストで医師が余命いくばくもない事を説明し、14話の冒頭にはもう葬式。 このため ...
記事日時:2014/03/15
2. 哀悼の意を込めて・・・!「パパ聞き」14巻を語る by カイネル・ドゥ・ラファティ
... とても安らかな、眠るような最期だった。 うおおおおおぉぉぉぉおぉぉぉ!! 自分も読んでて泣きそうになりましたよ。 だが もうひとつの真実 ここで小鳥遊ひなはもうひとつの真実に気づいてしまいます。 それは、パパ(信吾)とママ(祐理)の死、という真実です。 きっかけは、ジュウベエの葬式(祐太は ...
記事日時:2014/02/07
3. あけましておめでとうございます by エスパー
... 。 だからやはりひどい替え歌になってしまうていう。「高いね、ワッサン」「ポテトサラダありがとう」は苦しかった。 そば食いながら見ていたのでマジでむせそうになった。替え歌は愉しいが、リアタイでやるのが一番だろうなー。 そうじゃねーと面白くてヒデー替え歌なんざ作れねーしw ライブ感マジ重要。 3位:板尾の嫁復活 ハイスクールや葬式のときのよう ...
記事日時:2014/01/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ