[日本映画]富江VS富江


とみえぶいえすとみえ / TOMIE VS TOMIE
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,002位2,897作品中総合点-1 / 偏差値47.75
2007年日本映画総合点73位120作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー-1.00(悪い)1
キャラ・設定-2.00(とても悪い)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督・脚本:久保朝洋

[キャスト]
富江(尚子):あびる優

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2007/11/17(土)
70411
最近の閲覧数
1000100203
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/10/11 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/01/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8335
富江シリーズって、テレビドラマ版も存在する様ですが、結構何作も作られたんですね〜。このVS富江はギャオで配信されていたのがきっかけで目にしましたが・・・・・・・・・・・・

確かに目の前であんな姿を見てしまったら大抵の人間はショックな気分になるだろうでしたが、恋人を殺されてしまった一樹は、表面上は適切なカウンセリングも受けて、就職先の工場でも工場長や先輩社員から懇切丁寧な指導を受けた等順調に社会復帰していたかに見えました。しかし、そこでも・・・・・・・だったのはやはり恋人の死を絶対に受け入れたくないという気持ちが無意識でも心の奥底に残っていたのもあったのですかね。

工場の人達もおかしくなっていった中で、殺されたはずの恋人に似ていた女性が登場して、その理由も終盤明かされましたが、思ったよりも怖くなかったし、その女性(富江の事だったのですが)の発生の原因を作った黒幕の男も中途半端な狂人で、意外性も感じられず、最期も全くあっけなかったとエンジンの中の歯車を超えた立ち回りは全く見られなかったとも言って良いです。

あびる優氏の演技は見苦しいとかは感じませんでしたが、演出と脚本がイマイチでしたね。設定の付け所は良かったのですが、複数の富江とか見所になりきれてなくて、結局微妙な出来になってしまった様に見えました。評価は「悪い」で。

この評価板に投稿する



2020/01/18 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8335 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/道徳心&モラル 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 伊藤潤二「コレクション」 感想#12(end) by エスパー
... 、 (でも声優陣は結構豪華だったよなあ、細谷さんや吉野さんは複数人演じてたけど) 以前から気になっていた伊藤潤二作品入門作としてこの1クール楽しませていただきました。 正直1クールだけだと足りないぐらいだったので是非とも2期が欲しいです。 でもこんだけイロモノキャラが多いとスーパー伊藤潤二大戦が見たくなるなあ。 既に富江VS富江があるけれど ...
記事日時:2018/03/30 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ