[日本映画]東京・オブ・ザ・デッド 3日


G(全年齢対象)

とうきょう おぶ ざ でっど みっか / TOKYO OF THE DEAD
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,146位2,855作品中総合点-1 / 偏差値47.77
2006年日本映画総合点72位125作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督・脚本:山本政志 撮影:伊藤寛 照明:山本浩資 美術:松尾文子

出演:佐藤杏子 佐藤葉子 森岡龍 太田荘
日本 公開開始日:2006/04/15(土)
1,27711
最近の閲覧数
1001100010
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/11/11 / 最終変更者:カトル / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/11/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 19639 ホスト:19576 ブラウザ: 5386
突然、主人公達の周囲の人間が突然人を殺すようになった、という内容でゾンビ映画とは言えず、
同じ幻覚シーンを二回繰り返したり、ドアや窓が開かなくなってしまったりと不可解な演出に加え、
町内に住む老婆が異変の原因だった、の締めくくり方も理解し辛く、
老婆の家の仏壇に数珠を備えたら「今までの全部なし」で死者は復活、日常再開の超展開も納得出来ず、
タイトルに惹かれて視聴しましたが、説明不足のオカルト映画に思われました。
スケール的には「町内・オブ・ザ・デッド」といった印象です。

評価:悪い

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ