[日本映画]シュアリー・サムデイ


Surely Someday
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数815位2,928作品中総合点3 / 偏差値51.04
2010年日本映画総合点26位126作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.50(良い)2
声優・俳優0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
映像0.00(普通)2
音楽0.00(普通)2
道徳心&モラル50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
監督・原案:小栗旬
プロデューサー:山本又一朗
脚本:武藤将吾
美術:橋本創
日本 公開開始日:2010/07/17(土)
公式サイト
1. http://www.surely-someday.jp/
2,24833
最近の閲覧数
11523250000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/11/03 / 最終変更者:怪盗乱馬 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6804(87%) 普通:574(7%) 悪い:419(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21978 ブラウザ: 1975(携帯)
小栗旬の初監督作品でしたが、大抵の俳優が初監督した作品というと映画が自体も主演で出るイメージがあるけれども、そうせずにあくまでも監督に徹した辺りに意気込みが感じられたかなといった印象でした。

小栗旬自身が長年企画を温めていたみたいですが、ストーリーとしては五人の若者たちを主人公に文化祭でモテるためにバンド練習に精を出していたのが文化祭の中止がきっかけでまるでジェットコースターのようにドタバタの展開になっていくというものでした。

文化祭を復活させるために教室を占拠した上に爆弾を爆破させてしまい、その事件により、学校を放校処分となり、プライベートもめちゃくちゃに。自暴自棄になっていた彼らにまたとんでもない事件が舞い込んできて文字通り最悪の状態だったものの、これ以上落ちきれないところまで落ちた彼らがむしろピンチはチャンスといわんばかりに開き直って奮闘するさまが実に清々しいものがあり、また今風の若者特有の軽いノリが良い意味で緩和させていて重苦しい感じにならなかったのは好印象でしたね。

もっともモラル的にアレな部分もありますが、肩肘張らずに楽しめる作品だったと思います。

評価は「良い」とさせていただきます。

2015/07/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:549(58%) 普通:235(25%) 悪い:158(17%)] / プロバイダ: 1605 ホスト:1372 ブラウザ: 7911
【良い点】
・ストーリー、展開がきれいにまとまっていた
・豪華なキャスト陣

【悪い点】
・突出した個性がなく、無難な仕上がりになっている

【総合評価】
俳優:小栗旬の初監督作品。この時点で穿った目で見られがちな作品だと思うが、なかなか上手くまとまった作品だと思う。奇をてらいすぎること
なく、しっかり映画作品として成立させようという意気込みが感じられた。
しかし、この長所が裏を返せば短所にもなってしまっているのがちょっともったいない。特徴らしい特徴がなく、まとまり過ぎている分、かえって
記憶に残りにくいのである。ストーリーも起承転結もわかりやすかったと思うのだが、不思議ともう一度観たいと思えない。

今回レビューを書くにあたってキャストを確認したのだが、かなり豪華な人たちが出ているのに驚いた。誰がどういうシーンで出ていたのかを確認
したいという意味で、もう一度観たいと思ったぐらいである。小栗旬監督の交友関係の広さがうかがえる。

2012/01/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1355(50%) 普通:0(0%) 悪い:1382(50%)] / プロバイダ: 3334 ホスト:3198 ブラウザ: 4895
もしこれが本当に小栗旬一人で監督したのだとしたら大したもん。
色んな芸人とか俳優とかの初監督作品見てきたけど、その中でも頭ひとつ抜けている。
というかちゃんと映画になっている。

自分としてもどうせお遊びの作品何だろうなって思って見始めたんだけど、普通に良く出来ていたから逆に疑ってしまう。
まずカットとか細かいところは分からないけど、客観的に見てテンポも止めなかったし結構凝っていたカメラワークしてた割にグダグダにはならなかった。
初監督作品とか下手な人で目立つのはやっぱり、キャラ同士の掛け合いの部分で違和感もなかったし五人中心人物がいるけどキャラも立っていて面白かった。
このカメラワークと会話でまずこの作品大丈夫かなと思えた。
最初の爆破から女が金と車を奪ってヤクザのボスが登場するまでのストーリーの流れも、最初では肝心で十分に視聴者の心をつかんで引き込ませた。

基本的にはコメディ作品ではあるけどシリアスな部分もあってそのバランスも良くて、キャラとか世界観を壊さなかった。
何より良かったのがストーリーで、主要人物五人の過去を見せながら1人の女が関わってきて最初に起きた爆破事件に繋がってくる。
原作とかある訳じゃないのにパズルのようになっていて良く考えて作られていた。
辻褄を合わせなきゃいけない為に多少都合良かったりおかしな部分ってのはあるんだけど(都合よく警察が居なくなったり、無駄に殺されたり)、見せたいのはそこではなくてもし主人公たちが爆破事件を起こしていなければ、もし小学生の時に女に会いに行って捜査の邪魔をしていなければ、女と知り合うこともなかったし男が殺されることもなくて、出会いとかこの作品(ストーリー)が作られることはなかったっていうところ。

こういうネタってのは結構あってでもネタだけで終わってしまいそうなところなんだけど、上手く構成させる事が出来たしシーンを入れ替えたりする見せ方なんかにしても良かった。
最初はなにが起きたか分からなくても、次のシーンで過去に戻って答えが分かったり実は自分たちの近くでこんな事が起きていたんだと分かったり、パズルが組み合わさるから見ていても普通に面白い。
なんと言っても最後の決着の付け方も良くて、良いところで竹中直人が出てきたり、コメディオチも良かったし煙玉の伏線もあったしガリガリ君の替え歌のふられた君は地味に笑った。

普通初監督作品だと余計なシーンを入れたりシーンがバラバラだったりしてテンポを止めてしまうんだけどよく最後まで駆け抜けていったなと思う。
その一つはストーリーが良かったことと繋がっていて流れがあって最後まできちんと考えられていたんで中には起伏もあったし、飽きずに最後まで突っ走った。

この凝っていて良く考えられていたストーリーに加え、もう一つ良かったのがこの作品の本当のやりたかったことであろうライブのシーンだった。
高校時代に文化祭でやろうとしていたライブが出来なくなってしまい、やり残してしまった事が出来てそれから三年一人一人のキャラに色んなことがあってその内の1人は引きこもりになったりもしたけど、知り合ったギターの先生がいてその人に作ってもらった曲の伏線があって、最後の最後に銀行強盗する前にライブをやる。
ライブが出来なかったことを目の前に置いて、そこまでのストーリーの持って行き方が良かった。
個人的に好きだったシーンが引きこもりのキッカケを作った仲間の一人が、最初は母親か誰かに留守電を入れていると思っていて他の仲間もそう思っていたんだけど、実はこっそりその引きこもりの仲間を気にかけて電話をかけていた。
表面的には気にしてない素振りをしていて、他の仲間には内緒でこっそりかけていたってのがいい。
脇役の出演陣もめちゃめちゃ豪華だったけど、個人的にはこのこっそり電話をかけていた勝地涼が一番印象に残ったしキャラも良かった。

悪い点を挙げると街中で暴行したり銃を発砲してもなかなか警察が来なかったり、町人がなぜか怖がりもせず暴行されてる主人公たちを見て拍手を送ったり、そういう行動から警察のことなんとも思ってないのかと思ったら海外に逃亡したり整形したり警察にビビっている素振りがあってそこら辺のチグハグさがあったり、警察のことなんとも思っていないんだったら交番に警察がいても行動起こしただろうから居なくなることに意味がなかったり、細かいところを挙げればまだまだあるんだけどそういうのを押しのける勢いみたいなものがあった。

コメディだからそういう都合の良い部分も許される範囲ではあるかも知れないけど、意図してやってるようにも思える。
都合の良さよりもテンポを選んでいてとにかく割り切って関係ないんだっていうぐらい勢いだけでやっていて、初監督作品としてはそれで良いと思うし、暴行されてるのをただ見てる観客も演出としてやっている。

よくある青春ものだから自分のやりたい事を詰め込んで成功した作品かなって思う。
初監督作品としては最高に近いとても良い。
出る杭は打たれると言うけど、この人の作品はもっと観たいし期待したいからこのまま終わって欲しくはない。

この評価板に投稿する



2016/11/18 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21979 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "『邦画〜公開作品〜』史Ⅳ" by 陣兵
... 「GTO」 「四月物語」 「自虐の詩」 「資金源強奪」 「シーサイドモーテル」 「自殺サークル」 「静かな生活」 「七人のおたく」 「忍 SHINOBI」 「シベリア超特急シリーズ」 「シムソンズ」 「下妻物語」 「ジャズ大名」 「社長シリーズ」 「Jam Filmsシリーズ」 「Shall we ダンス?」 「シュアリーサムデイ」( ...
記事日時:2011/06/24 [表示省略記事有(読む)]
2. 何の映画を見る? by Lachesis
... 感じかも。 するとこれが松竹限定のチケットなんですよ。 そこで10月末迄までで見れる松竹映画を調べてみた。 イエロー・ハンカチーフ ザ・ウォーカー RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター おとうと マイマイ新子と千年の魔法 シュアリーサムデイ 昆虫 ...
記事日時:2010/08/19

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ