[日本映画]ストロボ・エッジ


Strobe edge
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ストロボ・エッジ
日本映画総合点=平均点x評価数805位2,706作品中総合点2 / 偏差値50.19
2015年日本映画総合点10位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.50(良い)2
音楽0.50(良い)2
声優・俳優0.50(良い)2
映像0.00(普通)2
ストーリー0.00(普通)2
びっくり50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
監督:廣木隆一
製作:市川南
共同製作:岩田天植野崎研一郎井上義久弓矢政法吉川英作高橋誠宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
日本 公開開始日:2015/03/14(土)
プロモーションビデオ (1個)
�˜��”祉€��‚鴻ƒˆ�ƒ㏍ƒœ�ƒ祉‚��ƒƒ�‚吾€��‰劫�掩˜��ƒ��˜��”祉€��‚鴻ƒˆ�ƒ㏍ƒœ�ƒ祉‚��ƒƒ�‚吾€��‰劫�掩˜��ƒ
72533
最近の閲覧数
1111111212
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/14 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/12/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5981(88%) 普通:469(7%) 悪い:368(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22107 ブラウザ: 1975(携帯)
原作であるマンガ版に関してはまだ一度も読んだことはありませんが、こちらでもかなり高い評判を得ていたようでしたね。

ごく普通の女子高生だった主人公でしたが、それまで恋をしたことがなかったのが高校からの下校途中で初恋するわけなんだけれども、その相手はなんとよりにもよって学校中に注目を集めている同級生の男子一ノ瀬蓮だったわけで、いわば高嶺の花。それでも少しずつ言葉を交わしていくうちに親しくなっていきましたが、やはりというべきか蓮にはすでに中学時代から付き合っている年上の彼女がいたわけで、それでもなお好きである思いをあきらめられなかった主人公は告白するものの、あえなく振られてしまいます。大抵の場合だとこれですっぱり終わってしまうわけだけれども、そこからもなおもあきらめることなく、片思いのままストーリーは進んでいくわけで、とりわけそこから三角関係はおろか四角関係さらにはいろんな人を巻き込んで複雑なものとなっていったりと、オーソドックスな恋愛物から群像劇となっていきましたね。

しいていうと、2時間という限られた尺だったせいか出来ればじっくり描いて欲しかったなと。

評価ですが、普通よりの「良い」とさせていただきます。

2016/02/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2947(33%) 普通:3054(35%) 悪い:2847(32%)] / プロバイダ: 3668 ホスト:3475 ブラウザ: 5213
ギャオでも公開直後特集とか見る事が出来ましたが、まあちょっと一味変わった
恋愛映画でしたな程度だったかもですね。

有村架純氏は役作りの為に髪切ってもそんな違和感とかはなかったですが、彼女
演ずる木下は一ノ瀬が好き。しかし、他に付き合っていた女がいる。さあどうしよう・・・・
な所、その付き合っていた女が一ノ瀬が自分よりも好きな別の女がいる事に気づいて・・・・
で、2人は・・・・・・・だったのはちょっとタイミング良すぎだったのかもしれませんね。

その一ノ瀬の元彼女、是永姉にももっとフォローがなされるのかなあと思いきや、案外
思ったほどでもなく、今度はその一ノ瀬と、安堂に絡んだ過去(安堂の元彼女だったが
・・・・・)があった、転校生の杉本の方が以降良くも悪くも目立った立ち回りを
していたのですが、木下に「一ノ瀬に今後は近づかないで。」と言ったくだりはやや
一方的だったかもですね。根は悪い子じゃなかったのも分かるし、だからこそ文化祭
でごじゃっぺな別の兄ちゃんに絡まれた時も安堂も過去のわだかまりもありながらも
助けてあげたのでしょうが・・・・・・・・

彼女ら5人の男女(是永姉は除外しても良いかもでもありますが)がそれぞれの組み合わせ
として接点があって、それはそれで起伏はあり、そこそこ程度には面白く描かれては
いたのですが、最後はやはり木下×一ノ瀬で・・・・・・・・しかし、間に合わなかったかと思いきや、
間に合って、そして・・・・・・・はややベタだったかもしれませんね。
GreeeeNの「愛唄」も作風によく合った選曲ではありましたが・・・・・・・

何と言うか、もっとまさかのあの人達の意外な関係とか見ていてビックリさせられる
様なパンチも欲しかったかもですね。単行本巻数2桁出せたらしい原作は知らないけど、評価は「普通」で。

2015/12/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(67%) 普通:2(22%) 悪い:1(11%)] / プロバイダ: 23546 ホスト:23471 ブラウザ: 7464
福士蒼汰と有村架純の主演映画です。
アオハライドの原点と言われる作品ですが僕は比較してこちらの方が面白いと感じました。
アオハライドが淡々としたストーリ展開だったのに対してストロボは割と引き込まれる展開があったのではないかと。
(例えば一之瀬、安堂が中学時代は親友関係だったときの件など)
ただあまりに劇中の木下の行動(?)が狙いすぎな様にも感じました。
階段で都合よく転んだりしたのはコイツ狙ってんじゃねーの?(笑)と感じるほどでしたねw
音楽、演技に関しては特に不満は無かったかと思われます。
福士蒼汰と有村架純さんに関しては年齢相応の演技というか、これからに大いに期待ですね。
この映画に関しては可もなく不可もなしただ一之瀬役の福士蒼汰に関しては木下に対する「好意」の
もう少しハッキリと表してほしかったかもしれません。
あと安堂拓海役の山田裕貴の演技に関しては大変良かったです。
木下を思う一途な男の気持ちと言いますか、感情が見ている側にもしっかりと伝わってきます。
特に表情の作り方というか目力が素晴らしいです。彼が他に出演してる映画も見てみたいと感じるほどでした。

誰もが十分に楽しめる映画だとは思います、評価は「良い」で。

この評価板に投稿する



2016/12/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22106 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ストロボ・エッジ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声