[日本映画]真田幸村の謀略


さなだゆきむらのぼうりゃく / SANADA YUKIMURA NO BORYAKU
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,685位2,867作品中総合点1 / 偏差値49.22
1979年日本映画総合点16位23作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
配給:東映
監督:中島貞夫
脚本:笠原和夫 松本功 田中陽造 中島貞夫
音楽:佐藤勝
日本 公開開始日:1979/09/01(土)
4,94422
最近の閲覧数
1110001102
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/11/03 / 最終変更者:ラマンチャ / 提案者:ラマンチャ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/04/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2696(60%) 普通:753(17%) 悪い:1041(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 7926
時代劇と言うよりもむしろ任侠物。
これは、この作品を視聴して先ず実感した事です。

話は、隕石が飛来した夜、霧隠才蔵が家康の首を狙う所から始まります。

まず目を引くのは、天下人らしい風格が微塵もなく、クマができて狂気を孕んだ眼をした家康、三成の髑髏で作った杯、
家康を取り巻く妖怪のような老人達、市中引き回しの最中に抵抗して斬られる親子、磔にされたキリシタン、連行されるかぶき者等、
暴君に描いてこれでもかと言わんばかりに強調される家康の悪役ぶり。

他にも、佐助が使った妖術とも超能力とも言える穏やかな波を津波に見せる、白雲斎の最期を映像にして見せる、
清海を乗せた籠を宙高く上昇させる等の術の数々、半蔵との抗争、油井から石油を水路に流し込んで火をつける、
阿片入りの酒を徳川の陣営に飲ませる、阿片漬けになった敵兵の目に映る空飛ぶ真田丸、真田丸から降ってくる丸太、
岩、炎に包まれた大玉、鉄砲の弾や大砲の砲弾に次々とやられる敵兵、立て続けに影武者に襲われて一人になった家康等、
作中は荒唐無稽な特撮、JACの忍者アクションのように時代劇ではまずお目にかかれないもののオンパレードで、
家康に恨みを持つ人々(十勇士)等が集まり、鉄砲玉のように家康を乗せた神輿に襲い掛かる影武者、
一人になった家康を討ち取って蜂の巣にされる幸村、それを見届ける佐助と話の展開も任侠映画そのもの。

巨悪と戦う幸村達の姿に制作者の声が込められており、そこに茶坊主のヘボ小説や○イナックス系のアニメのような
卑屈な下心が微塵もない事も好印象。

作品自体、荒唐無稽すぎて人を選ぶ事は否めない為、評価は「良い」止まりです。
[共感]
2017/04/07 結構好きな映画です。アクションシーンがJACが体を張ってるだけありまして迫力ありました。 by CHIGE

2012/02/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2152(50%) 普通:1078(25%) 悪い:1081(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
火野氏が演じる小助は簡単に周囲に染まって戦いたがったりしておらず
十勇士の中で一番、キャラが立っていました。

【悪い点】
映画の尺で十勇士のキャラ全員を描くには不充分。
だからこそ豪華キャストで補おうとしたのでしょうが…。

映像的にかなりイロモノ。
冒頭で名古屋城の真上を巨大隕石がかすめていくのにズッコケました。
加藤清正が虎を飼っていますがストーリー上に意味はありませんし、
比丘尼が脱いだりする場面はサービスカットが露骨。

【総合評価】
松方弘樹は真田幸村を後にTVスペシャル等でも演じていますが
その時にはマイルド志向な視聴者向けのキャラ造詣の上で無駄に持ち上げられていた印象でした。
対して本作の方が若くて動きにキレがありますし「京に火を放ち…」などと物騒な台詞を吐いたり凄みがあります。

しかし主人公である幸村の動きが前半少なく、上記に挙げたように十勇士もマメに描こうとした事が災いし、
「謀略」のタイトルを関するに相応しい存在感を出していたのはむしろ萬屋錦之介が演じた徳川家康の方でした。
これは前年に萬屋氏が悪の主人公ぶりを存分に発揮した「柳生一族の陰謀」が好評だった事に起因していると思われ
東映が二匹目の鰌を狙ったのでしょうが、自分にはイロモノ二番煎じの印象が強くなってしまいました。

この評価板に投稿する




結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ