[日本映画]ピース オブ ケイク


Piece of cake
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ピース オブ ケイク
日本映画総合点=平均点x評価数1,928位2,994作品中総合点0 / 偏差値48.34
2015年日本映画総合点50位89作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作:ジョージ朝倉
監督:田口トモロヲ
脚本:向井康介
音楽:大友良英
日本 公開開始日:2015/09/05(土)
公式サイト
1. http://pieceofcake-movie.jp/
プロモーションビデオ (1個)
1,07411
最近の閲覧数
11102021432
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/21 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3209(33%) 普通:3383(35%) 悪い:3160(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8285
この原作者の作品も他にも何作か実写化されたのあるらしいですが、仕事も恋愛もなかなか上手くいかなかった女性の恋模様を描いた映画だった様で?

特に恋愛の方は、最初の彼氏の正樹は自己中な男で、主人公の志乃はこいつの何処に惹かれたのだろうか・・・・・・・でしたが、その後も数回残像として登場した等ウザかったですな。(苦笑)配役の柄本佑氏は、役柄に対する好悪とは全く別でしたが、まあはまり役ではあったでしょう。

そいつと別れて、心機一転のつもりで引っ越して、職場もビデオ店で働く事になって、そこの店長だった菅原を好きになったのですが、社員教育についてのビデオを見させられたシーンも何気に印象に残りましたな。茶髪だけでなく、白以外の上衣も着ちゃダメと身なりに厳しい職場だった様ですが、茨城県にもあるゲオとは大違いでしたな。(苦笑)染髪していた従業員に悪印象を抱いて以降全く行かなくなって、その店舗自体も既に閉店していますが・・・・・・・

まあそれはどーでも良い事ですが、その一方で、菅原は社員の退職金に店の売上金を充てた等情の深い一面もありましたね。志乃も、彼とつきあっていたあかりも惚れるのもさもありなんでしたが、その別れた筈のあかりにもまだ未練があった様で、志乃を怒らせてしまった等2人の異性の間を行ったり来たり(?)していたのは既視感も感じられて、まあ最後も予定調和的だったかなと。

その他にも、オカマの友人だった天ちゃんが参加していた劇団の舞台等そこそこ以上の見せ場はいくつかはありましたが、まあまあの佳作と言った所ですね。評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2019/04/13 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8285 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ピース オブ ケイク
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ