[日本映画]娚の一生


おとこのいっしょう / Otoko no Isho
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:娚の一生 / 文学:男の一生
日本映画総合点=平均点x評価数1,385位2,678作品中総合点1 / 偏差値49.32
2015年日本映画総合点23位71作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.50(良い)2
映像0.50(良い)2
声優・俳優0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
音楽0.00(普通)2
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
涙流した0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
■スタッフ■

監督:廣木隆一
原作:西炯子

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/02/14(土)
公式サイト
1. http://otokonoissyou-movie.jp/
プロモーションビデオ (1個)
71022
最近の閲覧数
1010100001
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/11/01 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/06/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3133(34%) 普通:3153(34%) 悪い:2861(31%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213
【良い点】

●ちょっと一癖あるけど、厭味ったらしいとかは感じなかった、トヨエツの絶妙な
好演技。

●そのトヨエツ演ずる海江田とつぐみの祖母を繋ぐ鍵の謎もある程度以上に気にさせる
ものはあった核心に。

●どうやら主に三重県を中心にロケした様で、数度見えたロケ地の川も、「ここどこなん
だろう?」とふと気になったけど、その他晴れた大地を走った列車の線路とか
色々煩わしい事も忘れられる様な田舎の風景には「乾杯!!」だったカメラワークも
良好。

【悪い点】

●変に嫌な気分にさせられたシーンとかは皆無という点等では悪印象は殆どなかった
けど、テンポはそこそこながらも概して地味。お祭りシーンとかも見られて、ある
子供との交流も見られた。この子役の子も演技は下手ではなかったけど、その掘り下げ
とかももっと心にグッとくるような一押しが欲しかったけど。

●終盤の海江田×つぐみのラブシーンも、何だか見ていて目から鱗が落ちたほどの
ディープさとかあったわけでもなかったのもそういう地味さに拍車をかけてしまった
のかも。

●終盤と言えばまた、同じ監督繋がりで向井理氏も重要キーキャラとして満を持して
登場・・・・・・・かと思いきや、海江田に殴られて入院とちょっとトホホな役柄
だったかも。「オトナ女子」の斎藤工氏よりはまだマシでしたが・・・・・・

【総合評価】

どこかでも聞いたようなタイトルの映画でもありましたが、トヨエツ×榮倉奈々
両氏のちょっと不思議な恋の物語だったのですかな?田舎の風景や、また少し違った
役者としての顔が垣間見られたトヨエツの好演等光るものもいくつかはあったの
ですが、あの台風も海江田万事休すか?と思いきや、全然ピンピンしていて、
勿論それ自体は良かったのですが、ドラマとしては弱く、何だか拍子抜けでしたしね。
そこそこと言った所でした。評価は「普通」で。

2016/03/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5830(88%) 普通:451(7%) 悪い:360(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21754 ブラウザ: 1975(携帯)
榮倉奈々と豊川悦司主演のラブストーリーといったところでしょうか。

ふとしたことがきっかけで40~50代ぐらいの中高年の男性と20代ぐらいの若い女性がひとつ屋根の下で暮らすというわりとありがちでベタそうなのですが、よくよく考えてみると結構無理があるシチュエーションでした。

大抵こういう時はもうすでに結婚していて男の方が経済力があるといった印象なのですが、独り者であったのはもちろんのこと、無愛想であったこともあり、女性はともかくとして、男の方に関しては正直、第一印象は冴えない感じが否めませんでしたね。

そうしたこともあって会話も弾むことなく、単なる形式上の同棲生活で自然消滅待ったなしだったのが親戚の男の子を成り行きで預かってしばらく面倒を見ることになったのがきっかけで、それまで無愛想にしか見えなかった男の方にも良い分があったりと、徐々にその魅力に若い女性が惹かれていくさまが掘り下げられていたように思います。

ただ、男の子の立場からすると薪を運ぶときに細かいところまでいちいち指図されたらちょっとイラッとするかな。

最後に、この作品の評価になりますが、ギリギリ「良い」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2016/06/11 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:娚の一生 / 文学:男の一生
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声