[日本映画]おっぱいバレー


Oppai Valley
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,600位3,047作品中総合点-3 / 偏差値45.65
日本映画平均点266位381作品中平均点-0.14=普通/21評価
2009年日本映画総合点88位114作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)8
映像0.50(良い)8
声優・俳優0.38(普通)8
キャラ・設定-0.25(普通)8
ストーリー-0.25(普通)8
面白い38%3人/8人中
可笑しく笑える38%3人/8人中
熱血25%2人/8人中
びっくり25%2人/8人中
楽しい25%2人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

新任教師の寺嶋美香子は臨時教師として三ケ崎中学校に赴任してくる。
しかし、この学校に赴任する前の学校である事件を起こし生徒からの信頼を失い、教師としての自信も失いかけていた。
新しい学校に赴任して心機一転、美香子は男子バレーボール部の顧問になる。
しかし、部員はやる気が無く、バレーボールすらまともに触ったことが無い部員ばかりで、女の子のことしか頭に無く常にHな妄想にふけっていた。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
[キャスト]
寺嶋美香子:綾瀬はるか(中学時代:大後寿々花)
堀内健次:青木崇高
城和樹:仲村トオル

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2009/04/18(土)
公式サイト
1. http://wwws.warnerbros.co.jp/opv/
OP/ED以外または不明曲 (1個)
個人授業
歌:Caocao(持田香織,田島貴男) [補記] [ファン登録]
11,5922121
最近の閲覧数
1201021100
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/06/08 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:管理人さん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/02/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(61%) 普通:53(27%) 悪い:24(12%)] / プロバイダ: 22542 ホスト:22414 ブラウザ: 4721
【良い点】
綾瀬はるかがかわいいこと。
こんなテーマを映画にした監督の熱意。

【悪い点】
バレーボールがあまりに下手。
無理に70年代にしたのが不自然。

【総合評価】
当時、真っ昼間からテレビで広告を流してました。小倉駅ではなんと大画面で予告編。
実話を映画化したと聞きましたが、おそらく中年の先生だったと思う。生徒はむろんそんなのは見たくない!
スポコンとはほど遠い。本当におバカなお話。70年代の音楽は、映画を見ている方が恥ずかしくなりました。なんで、70年代にしたのだろう。
ラストはなるほどと納得。頑張った生徒たちは感激した先生の胸に飛び込む。こういう作戦だったのか。
評価ですが、ボツ企画を映画にした監督に敬意を表して「よい」とします。

2016/06/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:262(54%) 普通:122(25%) 悪い:105(21%)] / プロバイダ: 3485 ホスト:3526 ブラウザ: 5171
おっぱいを見る為に1勝を目指す!

そのキャッチフレーズにどれだけの見所があるのかと思えば・・・
ただ、それだけの作品でした。
結局、実力じゃ勝てずに終わるし・・・

ちょっとエッチな妄想爆発の青春ドラマなのだけど、
そこに深みが無かったのが、面白さに繋がらなかった点だろう。

2016/02/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:44(44%) 普通:28(28%) 悪い:28(28%)] / プロバイダ: 10531 ホスト:10385 ブラウザ: 11233
「中学生の性欲なめんなよ」って言葉がぴたりとはまる青春映画

【良い点】
1979年の時代設定ですが、当時の自動車をあれだけ集めたのは、制作陣の意気込みを感じます

挿入歌が良いですね。当時の大ヒット曲そろいですが、一部マニアックな隠れた名曲も含まれ、なつかしいです。

【悪い点】
1979年に中学時代を過ごした男子にとっては共感できて最高と感じるでしょうが、それ以外の世代にとってはややピンときにくいと思います。

【総合評価】
前半は下品、中盤は高貴で高級な内容をおりまぜます。
後半にまた下品な展開、典型的な青春映画ですが、評価は普通です

2015/12/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7580(87%) 普通:643(7%) 悪い:463(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21950 ブラウザ: 1975(携帯)
公開当時、綾瀬はるか主演ということもあり、まあまあ話題になっていた作品でしたが、なんでも実話を題材にしていたらしいですね。

タイトルからしてちょっといかがわしいものを想像してしまうものがあり、幸いにもテレビで放映されていたのを視聴することができましたが、内容自体はオーソドックスな青春映画といった印象でしたね。

過激そうなものは皆無で、しいていうならば綾瀬はるか扮する新任教師の自己紹介の挨拶のときにバレーボール部の男子部員連中が道程というワードに過剰反応してしまったということでしょうか。しかしながら時代的に考えて昭和のあの時代にあんな今風なノリしていたのかなと言いますか少なくとも日活の青春物とかをひととおり目を通した限りでは見られなかったですね。

くだらないしょーもない目的のために弱小男子バレーボール部員連中が一生懸命になって練習していくさまは悪くありませんでしたが、かといって感情移入するほどではなかったかな。

それから終盤でその約束のせいで先生が顧問をクビにさせられるくだりに関してはそれが当たり前というかむしろ男子部員連中がやたらオープンにしすぎていたのはさすがに軽率すぎだったとしか言い様がありませんでした。

2014/03/19 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1597(52%) 普通:792(26%) 悪い:690(22%)] / プロバイダ: 15084 ホスト:15090 ブラウザ: 5944
中学生男子の最大の動力源であるエロ!その力強さを見せ付けられた。

真剣にバレーに取り組み始めて、どんなに努力をしても
その先におっぱいがあるもんだから何をやって何を言っても説得力がなく笑ってしまう
いや、むしろ何よりも説得力のある理由なんですけどね。。。

青春映画としては王道的な展開ですが
青春ど真ん中の生徒ではなく先生(とオッパイ)が主役だったため盛り上がりきれなかった印象
なによりも期待していたおっぱいが最後まで出てこなかったぞ。ちくしょう騙された
おっぱいが出てくれば(そんなわけない)最高にしましたが出てこなかったので【悪い】とさせていただきます

2014/02/09 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:613(59%) 普通:264(25%) 悪い:169(16%)] / プロバイダ: 4409 ホスト:4331 ブラウザ: 7902
【良い点】
・どこか懐かしい雰囲気

【悪い点】
・中学生たちの演技力が低すぎる
・ギャグがサムい
・展開がべたべた

【総合評価】
あまり期待しないで視聴していたが、それでも見るのが苦痛な映画だった。
まずストーリー自体がベタな展開で、コメディ映画にしていはギャグがサムく、ウザいと
思ってしまうほどだった。役者の演技力でカバーできているかと思うと、それも低いために
全体的な質の悪化に拍車をかけている。

2013/02/14 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 17361 ホスト:17537 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆「ナイスおっぱい!」に吹いた。
☆キャッチコピーが良い。「見せられるわけ、ないじゃん?!」だそうだ。
☆女子バレー部の子が可愛かった。むしろこの子の・・いやなんでもない。

【悪い点】
★おっぱい見れないのはわかってたがそれでも普通に面白くない。
綾瀬はるかが主演の時点でそりゃあ見れないのはわかっていたが
見れないなら他の何か粋なシーンを用意してほしかったところ。
★駄作だと開き直ってるかのように名曲だらだら流し過ぎ。
チューリップだけで良かったのでは。この作品にぴったりだし。
★メインメンバーの演技がなぁ・・

【総合評価】
変態映画?いやいや、健全でしょ。
男って誰しもおっぱい見たくて頑張ってる所ありますからw
強豪校相手に善戦するなど話が出来過ぎ?
いや、中学生男子のおっぱいに対する思いをあなどっちゃいけませんよ。

面白くはないけど、「ナイスおっぱい!」に免じて「とても悪い」にします。

[推薦数:1] 2013/02/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(92%) 普通:0(0%) 悪い:1(8%)] / プロバイダ: 42570 ホスト:42485 ブラウザ: 5345
【良い点】
中学生男子の発想と行動が、ばかばかしくて笑える。
先生は真剣なとこが、かえって笑える。
先生と恩師とのエピソードに泣いた。

【悪い点】
試合で強豪といい勝負するところありえんと思った。もう少し強そうに見えたらな、と。

【総合評価】
変な題なので全く期待せずに視たら、笑いあり感動もありのすがすがしい、いい映画でした。

2012/12/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2261(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 12343
「(ハレンチ学園的な)エロバカギャグ」と「教師と生徒の青春物語」のハイブリット
という辺りは70年代カラ―を意識した作品ですね。
バレーがスポーツの題材としてメジャーだったのは東洋の魔女大活躍のあの頃でしたし。

双方の要素がそこそこの出来にはなっていたと思いますが、
逆に言えば両者の作風(具体的にいえば「逆境ナイン」と「スクールウォーズ」?)
が喧嘩して、どっちつかずの内容になっていた感じもします。

また主演の綾瀬はるかさんですが、
スタッフが当時の流行歌、車、テレビ&エロ(?)深夜番組、人物の髪型と
時代の空気を再現しようとして腐心していただけに今時の美人という感じの彼女が浮いて見えました。
昔の恋人など無理に出す必要があったとも思えないし、
フリだけのラブシーン等、自分の胸をネタにするような作品に出演するのは
本人があまり乗り気ではなかったのでは?評価は「普通」で。

2012/03/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3326(33%) 普通:3512(35%) 悪い:3273(32%)] / プロバイダ: 39708 ホスト:39569 ブラウザ: 4895
綾瀬はるかちゃんが演じたのは、北九州市の某中学弱小バレー部顧問の先生役でしたが、子供の時は優等生とは言えなかった
彼女が教師になったきっかけや、生徒達(頑張るようになったきっかけは不純でしたが)との絆は一定の掘り下げは
なされていたと思います。きっかけについては、故人となっていた恩師の先生も良い人で好感が持てましたが、
高村光太郎の道程には前向きに進んでいく勇気の大切さが良く伝わりました。配役の小林勝也氏の存在感も光りましたね。
甲斐バンドの「HERO」等当時の時代の名曲も積極的に挿入されていたのも特徴的でしたが、粒揃いでハズレが無く、
時代を感じさせるものがありましたね。

良い所もいくつかあったのですが、肝心の話はややお約束的でスポコンとして見ても、コミカルとして見ても物足りなかったのは
否めませんでした。いや、それだけならまだ良かった。少なくとも佳作以上の評価は出来たと思います。

明らかな減点要素となってしまったのは、何気にうっとおしい脇役キャラが目立った事でしたね。主人公が前赴任していた学校
での事件も、彼女にも非が無かったわけでもなかった(やはり人間いざとなると、自分が一番可愛く思えるのは当然出し、
この時の「嘘」を頭ごなしに責めたりはしません)けど、学校のお偉いさん方も、息抜きでちょっと遊ぶぐらい良いじゃんと
言うか、変に重箱の隅を突っついていたみたいで不快でしたね。

今度の学校でも、生徒達との「約束」がばれてしまって、確かに教育上褒められた事ではなかったかもしれない。
でも、その事を揶揄した黒板への書き込みを一緒に消したのは後ろめたさも僅かに感じていたという事だったのだろうけど、
自分がばらした事を暴露して、(表面上は)一方的に主人公を非難した某女子生徒って、どれだけ性格悪いんですか?でしたね。
(苦笑)この後登場しなかったけど、おそらく謝罪の一つもしないで、お偉方の先生共々のうのうとしていたのでしょうね。やはり不快でした。
あと最後試合で対戦した相手の学校、最初は余裕こいて一軍メンバーを温存してたけど、これも何だかなあでしたね。ただ強いだけで
つまらない連中でした。

試合に負けて、主人公もまた学校に去る羽目になるも、生徒達とちゃんとお別れの挨拶ができたのはまだ救いだったかもしれませんが、
消化不良な青春映画の一作でしたね。綾瀬はるかちゃんも演技は下手ではなかったし、不良系評価で切り捨てるには惜しいとも
思ったけど、これでは評価は「悪い」です。

2011/11/11 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4895
新任女教師とバレーボール部員の青春ドラマ。"おっぱい"というアイテムを取り出しながら使いきれない脚本と垂れ流された70年代のヒット曲が残念。
エロ話に夢中な中学生男子だが、そこはエロにも近づくことはなく、ただの中途半端な下ネタでとどまる。そのユーモアの中途半端さから、ダラダラした部員たちの情緒とそれに対比されたバレーボールへの情熱が一向に高まることがないまま物語は進んでいく。寺嶋美香子(綾瀬はるか)と堀内健次(青木崇)、そして元カレ(福士誠治)との恋愛事情も中途半端で何の盛り上がりもない。最初からなくてもいい代表的なエピソードだ。美香子が先生になることを決める頃(大後寿々花)のエピソードも無駄に長い。
重要になるバレーの試合についてもグダグダしている。まったく強くなったとは思えない、華奢な少年たちのプレイに感情移入などできるはずもない。がんばった雰囲気もない彼らの試合には声援も何も出ることはない。最終的には感動物語として治めようとしているが、美香子も生徒たちだけでなく、映像全体が意気消沈した状態のままで高揚感を感じることはなかった。

2011/06/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 20066 ホスト:20208 ブラウザ: 7136
【良い点】
・キャストが合っている。
・軽いノリで観やすい。
・昭和の雰囲気が良い。

【悪い点】
・感動はない。

【総合評価】
たいした中身はないし感動するほどのポイントもないけど、楽しく観ることは出来ました。
中学生らしい行動とノリ、風景も相まって、懐かしさを感じる映画でした。

2011/04/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(92%) 普通:2(8%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 49058 ホスト:49021 ブラウザ: 7943
【良い点】
・ナイスおっぱい!
・バカ部ことバレー部員の悪ガキ共のキャラクターが良い。
・古風なヤンキーの先輩が何か格好良かった!
・寺嶋先生を演じる綾瀬はるかの揺れるおっぱい最高!
・昔の雰囲気が良く出てたと個人的には思う。
・城くんへの世代交代シーンや寺嶋先生が応援に駆けつけるまでのシーンなどの感動シーン。

【悪い点】
・見たかったなぁ。
・先生とともに話の中心のバレー部員達は一生懸命演じているのだがさすがに子役なので演技では大人に劣る。

【総合評価】

おっぱいが見れれば最高の評価でしたが娯楽映画としては上々の出来。それにおっぱいが見れずとも男ならその魅力は充分堪能できるのではないでしょうか。
ふざけたタイトルに反して意外や意外、笑って泣けて笑える爽やかな良い青春映画でした。

2011/04/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 20888 ホスト:20743 ブラウザ: 7449
おっぱいを見るために頑張るバレー部の男子たちの姿が微笑ましかったです。中学生男子の異性への興味の示し方が上手く描かれていてとても好感が持てました。
動機はどうであれ目標に向かって頑張るのって良いなぁと、初心を思い出す作品でした。
面白い部分だけでなく、寺嶋のエピソードも上手く纏めてあって良かったです。恩師との話も印象的で良かったです。

訓練する様子は悪くはなかったのですが、バレー試合の様子が雑な感じがしたのが勿体無かったです。
試合シーン特有の熱くなる感じが無かったのが欲求不満でした。

先生と生徒たちの別れのシーンが切なさとコミカルさが入り混じっていて絶妙ですごく気に入っています。みんなボールをシャツに入れておっぱいに見立てて「ありがとう!おっぱい先生」のパネルを持ってる姿がツボでした。バカだけど微笑ましく少しホロっとしました。

スポ根の熱さはありませんでしたが、バカだな〜って微笑ましくなる作品でした。

2011/02/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1411(50%)] / プロバイダ: 3334 ホスト:3198 ブラウザ: 15254
思った以上に面白かった。
なんだかんだ言って青春ムービー+スポーツものに外れないな〜と感じた。

色々問題点はあって時代を70年代〜80年代にする必要あったのかなって思うし、昔の有名な音楽を色々使っていたけどあまりにも唐突で合ってないし他の作品の主題歌である有名な曲なだけに音楽が浮いてしまっていた。

北九州が舞台なのに全く方便がなかったのも疑問に感じるし、最大の悪いシーンはバレーシーン。
はっきり言って明らかに手抜きです。
恐らく中心の男子生徒にバレーの練習もあまりさせてないんだろうな〜って思います。
素人目線から見ても最後の試合で相手チームの二軍でも実力が雲泥の差だったのが分かります。
中でも女子と試合する時、試合シーンを全く流さず勝ってしまったり、スローモーションを多用してごまかしたかったのか分からないけど、スポーツとしての臨場感やスピード感も失われてしまった。
スポーツものとしてタイトルにバレーと名を打ってるだけにこれは致命的だった。
バレーシーンさえ良ければとても良い〜最高はつけれたかも知れない。

ストーリーは王道で意外性もなく読めるけど、だからこそ入り込み易いし熱くなれて面白く感じた。
バレーシーンはイマイチだったものの脚本自体は悪くなくこの王道ストーリーを壊すことなく盛り上げてくれた。

一見したらただのお馬鹿映画や変態映画に見られがちだけど、結構理にかなっていてもし中学生時代にこんな先生がいたら何でもやる気になっただろう。
中学生の男子生徒を奮い立たすにはエロが一番だということ。

個人的にはタイトルにおっぱいを付けたことも正解だと思うし、それは売れるからという意味ではなく固いタイトルよりかはそれによって気軽に見ることが出来る。

ストーリーの上手いところは伏線もあって利用しながら、最初は一勝したらおっぱい見せてくれると流れに乗せられて断りきれなかったけど、徐々に先生もやる気になっていって、不戦勝した時は『そんなんでおっぱいを見て、私に失礼じゃないのか』ともっもらしいことを言って更に生徒らをやる気にさせ、最後には動機が不順ながらも一生懸命練習してきて(最初はふざけていたけど)覚悟を決めた生徒を見て、先生も生徒の気持ちを裏切りたくないし生徒が覚悟を決めたのだから自分も同じように同じ立場で(戦って)覚悟を決めていく。

こういった段階を作っているから自然と入り込めていけるし、先生のエピソードを絡めながら作っているのも良かった。

一番良いを付ける決め手となったのが先生と恩師とのエピソードで、先生が中学生時代の時に万引きして補導された時、その恩師は怒りも問い詰めも慰めたりもせず、ただ忘れ物の本の感想文を書かすだけだった。
でも実はその本というのは忘れ物ではなく、恩師が悩んで自ら選んでいた本で、表には見せなかったけど生徒の事を真剣に考えていてくれたんだな〜というのが分かる。
単純ながらも胸に響く深い内容だったし、だからこそ道程の一文が説得力を帯びてくる。

真剣に見ようと思った作品ではないのにいつの間にか真剣になっていたし、少しギャグを絡めた生徒達のバカっぽさ悪ふざけも良かったし、最初は単なる悪ふざけで言っていたおっぱいという掛け声も最後にはマジになっていて、真剣なシーンなのにその掛け声がミスマッチで余計にこのシーンの意味合い度が増してくる。
掛け声がギャグでなくなったのと悪ふざけに見えるからギャップで試合を引き立ててくれる。

試合自体は盛り上がらなかったものの、先生が辞めてボロボロに負けている中、先生が来て勝ったらおっぱいを見せると言って急にやる気になって燃える生徒達も良かったし、それで二軍とはいえ相手チームに勝ったり都合いいと言えばいいけどこういうのはありかなと思う。

校長たちにバレるのが生徒の幼なじみの女の子の告げ口によるものかなと思ったけど、噂からというのも女の子を責めずに良かったかなと思う。

印象に残ったセリフでは『おっぱいを見ることが恩返しになる』。

上手くギャグと真剣さと熱さが絡み合っていたし天然っぽい先生のキャラは魅力的だったけど、もう少し生徒達の方のキャラ付けやドラマが欲しかったのと、綾瀬はるかのお色気シーンを出しても良かったのではないかなと思う。
そこが惜しい。

綾瀬はるか自体は可愛かったし、なんでこんなに色が白いんだろうって思うぐらい肌が透き通っていてアップにも耐えれてずっと見ていられる。
だからこそお色気シーンやって欲しかったし、キスシーンを隠したりとかそこら辺も綾瀬はるかのイメージビデオという気がしてならないし日本の悪いところで、アイドルを大事にして作品は中途半端になってしまう。
綾瀬はるか自体の演技は悪くなかったしこの先生役としてはピッタリはまっていただけに勿体ない。

ギャップとして大胆(生徒には見せない)な部分やドジな部分を見せていればもっと惹かれただろう。

もっと読む

「【良い点】良い感じの挿入歌。(特に、ルージュの伝言)青春って感じ。時代背景?合宿とか楽しそう。【悪い点...」 by 努力家その一


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/10/19 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 47448 ホスト:47315 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 筑豊電鉄・今年で開業60周年 by KAMIKAZE
... されています。 又、最近では旧型車両の置き換えもあって「低床車両」、即ちステップが無く乗り降りのしやすい車両が新しく登場して活躍を始めています。 このうち、黒崎駅前近辺では松並木が310mにもわたって史跡として保存されている他、萩原駅には九州で現在唯一の金平糖工場があり、又この駅の周辺が映画「おっぱいバレー」のロケ地 ...
記事日時:2016/02/08
2. うちのエロ親父ェ… by ヴァイス
題名におっぱいってついてるからっておっぱいバレー借りやがって! 何を期待してるんだ! いいぞ親父!後で見せr
記事日時:2012/05/12
3. おっぱいバレー(リアルな話) by めたこ
... 30日に初観戦することになりました。 観に行くのは男子プレミアの二試合です。 基本的にバレーボールの知識は『少女ファイト』で得た知識しかないので、予習変わりにBSのVリーグ中継を見てポジションやら選手やらを覚えているところデス。 しかし、女子の試合……と言うか、木村沙織を見ていると、アップになったときのおっぱいばかりを見て ...
記事日時:2011/01/17
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ