[日本映画]お墓がない!


おはかがない / Ohaka ga Nai
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数408位2,888作品中総合点5 / 偏差値53.22
1998年日本映画総合点5位32作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
可愛い100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:原隆仁
脚本:大森寿美男
出演:岩下志麻,袴田吉彦,安達祐実,村野武範,石橋蓮司,高橋ひとみ,橋爪功
日本 公開開始日:1998/02/07(土)
3,85633
最近の閲覧数
1010021300
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/04/28 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / 提案者:Merci (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/09/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7300
「人生に吹き替えはきかないのよ」
「死ぬのはちっとも怖くないの。わたくしが死んでお墓がなかったらみんなわたくしのことなど忘れてしまうわ。赤木敬一郎だって裕次郎だって美空ひばりだって尾崎豊だってみんなお墓があるから悪れられないのよ。だからしぬほどお墓がほしいのよ」
・寿陵(生前に立ておくお墓)
監督は原隆仁
出演は岩下志麻、安達由美、天地真理、袴田吉彦。

岩下志麻演じる女優の勘違いからはじまった奔放なお墓探しがコミカルで面白く、そして最後には
自分の死後のことに思いが及ぶ映画。

説教じみることもなく、イデオロギーを押しつけることもなく気持ちよく
死について考えさせてくれる素晴らしい作品でした。

今作を気に入った方は伊丹十三の『大病人』なんかがお薦めですよ。

使われた音楽
プッチーニ:『トゥーランドット』〈誰も寝てはならぬ〉

[推薦数:1] 2012/03/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3709(33%) 普通:3945(35%) 悪い:3576(32%)] / プロバイダ: 39708 ホスト:39569 ブラウザ: 4895
ギャオで見ました。

【良い点】

・俳優陣の演技がまず高ポイントです。主役の岩下志麻氏は
高慢ちきな普段の姿と変装していたお婆さんな姿との演じ分けは
見事でした。(彼女演ずる主人公は仕事では自他に厳しく、プライベートでは
高慢ちきだったけど、暗所を怖がっていた一面も見せたのは何だか微笑ましかった)
安達裕実ちゃんも、ガン患者を演じる子役という役柄
だったけど、病気に苦しんだ姿とか迫ったものがありました。
葬儀会社の社員役だった袴田吉彦氏も、デフォルメの少ない人物像を
良く表現されていて、良い味出してましたね。

・ミョーに(変装姿)の主人公に対して態度が横柄だった葬儀会社のお偉いさん
や、もっともらしい事を言って金儲けを狙う等俗人根性が抜けていなかった
坊さん等の脇役キャラも印象に残ったけど、そうした人の死を弔うお手伝いを
すべきな人達の「大人の事情」も生々しく描かれていてリアリティありました。

【悪い点】

まあ特には無いですね。

【総合評価】

末期ガンと診断された主人公、実は・・・・・・・であり、虚栄心に駆られて
奔走したのは滑稽でしたが、そうしたコミカルさと、前述の「大人の事情」等の
シリアスのバランスが良く取れていました。俳優陣の演技も伝わるものはあったし、
最後もいい終り方で纏まった良作映画だったと思います。評価は「とても良い」で。


2009/09/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

華やかな女優とお墓を探すおばあさんルックの両方を見せる岩下志麻さんの演技力に乾杯です。
身寄りがないにも関わらずお嬢様系女優から出発した主人公の見栄と寂しさが上手く出ていました。
そして、身寄りのない純朴なおばあさんと信じて一生懸命に世話を焼くお人好しの若手お墓セールスマンもいい味でした。

死生観みたいなものにさりげなく繋げて行く構成も良かったです。
劇中映画の使い方も巧かったなぁ。

【悪い点】

本編的には全く問題ありません。
ただ・・・ちょっと若手女優役の安達さんの演技が浮いてたかなぁ(汗)。
彼女がハマっていれば、「最高!」を付けられるのになぁ
(主人公と衝突しながらも成長していくというキャラクター的には面白いポジションだったんですが)。

【総合評価】

コメディだったのに、クライマックスの主人公の結論には泣けました。
そして、さらに落とす展開には笑いましたね。
主人公の高飛車っぷりが、ここまで行くと素敵です。

テーマ性のあるコメディが好きな方にはお勧め。
評価は「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2019/11/02 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23975 ホスト:24207 ブラウザ: 10415 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可愛い/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

1. ドラゴンクエストⅣ プレイ日記(27日目) 第五章・その9 by ろぎ
... 城の名前は「デスパレス」。 ■ ■とりあえず、その辺りをうろついている魔物を片っ端から、倒していく。 ■その上で、小さなメダルや命の木の実を見つけたり、牢屋に閉じ込められた人を救出したりした、特に何も起こらない。逆に言えば、魔物にちょっかいをださなければ、何も起こらない。なにここ? ■離れの階段を降りるとあった。誰 ...
記事日時:2011/11/16

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ