[日本映画]踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望


G(全年齢対象)

おどるだいそうさせん ざ ふぁいなる あらたなるきぼう / ODORU DAISOUSASEN: THE FINAL
  • 楽しい
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数282位2,858作品中総合点8 / 偏差値55.90
日本映画平均点177位373作品中平均点0.73=良い/11評価
2012年日本映画総合点10位117作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.50(とても良い)4
声優・俳優1.00(良い)4
キャラ・設定0.50(良い)4
映像-0.25(普通)4
ストーリー-0.50(普通)4
楽しい50%2人/4人中
悲しい25%1人/4人中
怖い25%1人/4人中
びっくり25%1人/4人中
面白い25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

2012年12月、湾岸署が管轄内で行われている国際環境エネルギーサミットの警護で慌ただしい中、その会場内で誘拐事件が発生、数時間後に被害者は射殺体で発見された。捜査会議が開かれるが、使用された拳銃が警察が押収した物の一つだと発覚したことから、その隠蔽のため、全ての捜査情報を鳥飼に文書として報告し、所轄には極秘状態という異例の捜査体制となる。

やがて捜査本部はある一人の男性に注目。本庁に類が及ばないよう、現場を知る所轄を信頼しているからと言葉巧みに湾岸署刑事課強行犯係を誘導して、この男を任意同行させ、捜査本部による自白強要によって被疑者に仕立てて事態収束を図るが、青島はそんな上層部達の不審な動きに気付いていく。そんな中、第二の殺人事件が発生、被害者が当時交渉課課長時代の真下も関わった6年前の誘拐殺人事件の被告で無罪判決を受けていたことが判明する。一方、独自に動いていた青島は鳥飼の策により、先だって捜査本部が逮捕した被疑者に対する「誤認逮捕」「自白強要」という冤罪を着せられて辞職勧告にまで追いやられ上層部に警察手帳を奪われる。一方で室井も事件の捜査本部長の任に就いた後に青島の責任を取る形での辞職が決定されてしまう。

そして真下の息子が誘拐される第三の事件が発生。警察手帳を取り上げられてしまった青島だったが、誘拐事件の発生を知り室井に報告し共闘を進言。室井はこれを受け入れて青島に捜査への参加を命令する。青島は室井からの命令を受けて人質救出・犯人逮捕に奔走。一方、捜査本部を率いる室井は本庁・所轄問わずに集められた情報から事件の真相へと近づいていく。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:本広克行
脚本:君塚良一
製作:亀山千広永田芳男
シリーズ音楽:松本晃彦

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2012/09/07(金)
公式サイト
1. http://www.odoru.com/index.html
Twitter公式
1. https://twitter.com/odoru_movief
プロモーションビデオ (1個)
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 (プレビュー)踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 (プレビュー)
4,6551111
最近の閲覧数
1010002210
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/13 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/11/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(53%) 普通:123(25%) 悪い:107(22%)] / プロバイダ: 14971 ホスト:15144 ブラウザ: 7908
あんなに盛り上がりを魅せた「踊る」が、ここまでつまらないものになってしまったことが残念に思う。
映画になると途端につまらなくなる「踊る」だったが、やはり期待はずれだった。
たいした事件が起きるわけでもなく、それによる盛り上がりを見せる訳でもなく
「踊る」のキャラクターが動いているだけの惰性作品だったと思う。
最後、バスの突入もかなり無理があると思われます。
それも粗悪なCGだし・・・ちょっと興醒めな感じがします。

「踊る」のネームバリューで興行収入は見込めるのかもしれないが
「踊る」ファンとしてこのような作品を見させられたのなら、かなり残念である。

もちろん歴代の「踊る」を踏まえての良い部分というのはあるのだが
この作品のポジションや作品としての面白さというものを考えると一概に良いとは言えないと思う。

2014/05/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15235 ブラウザ: 5173
「踊る大捜査線」の映画がようやく普通レベルになった…!
これまで散々、こき下ろしてきたけど、この「踊る大捜査線THE FINAL」は「2」、「3」と駄作を連発してきた歴代シリーズでは、最もマシな出来だったと思います。
1作目は結構出来が良かったと思う一方で、2と3はアレでしたから、まあここで普通レベルの出来になってくれたのは嬉しい限り。

今回は、「青島いなくてもいいんじゃね…?」という疑問はわりと払拭されており、青島が現場を駆けまわるからこそ解決した事件です。
「事件に大きいも小さいもない!」と言いながら、実際は殺人事件の捜査を嬉々として行い、小さい事件を軽視する最も不快だった性格も今作ではほぼ見られず、普段の「一作の中で守れないテーマをゴリ押し」という傾向はなくなっていました。
最後でようやくまともになったのかよ…とも思いますが、今回は本当に「不快だった部分をなくしていった」という感じなんですよね。
だから、全体を通して悪くなかった。

基本的には、今まで以上にドタバタが目立ち、最初から最後までそこら辺は笑えました。
冒頭のから揚げ屋の掛け合いも、良い感じに無茶で楽しく、フィクションである事を全面に押し出した楽し気な捜査シーンだったと思いますし、事件の決め手となる「バナナ」に関しても、シュールさを武器とした良いギャグシーンだったかと思います。
今回はシリアスなシーンを崩すような形では行われませんでしたし。

で、青島を取り巻く周囲の人物もちゃんと掘り下げられているというか、基本的に青島と室井の絡みがちゃんとあって、恩田との関係もどんどん深まっているのは良かったかと思います。
特に、青島と室井の絡みなんてシリーズを経るごとに消えていって、役者同士の不仲が如実に表れていたくらいですからね。
ちゃんと完結編で二人を絡ませて、視聴者側が少しでも不快な気分にならないようにしてくれたのは見ていて気持ちよかった。
この頃のテレビでも、織田裕二とギバちゃんが揃ってテレビに出てくる事があったので、見やすかったでしょう。

ただ、まあ別に圧倒的な面白さがあるというわけではない…というのが結論になってしまいます。
犯人側の同情できる境遇なんかも悪くはなかったし、警察組織の腐敗はこれまでのシリーズの「権力批判だらけの日本映画の中でも、最悪の偏見レベル」だった踊るシリーズの中では「日本映画の平均レベル」まで落としてくれた感じ。
そのため、「これまでのシリーズの悪かった部分、不快だった部分の払拭」に終わってしまい、結局、脚本が特別秀逸というわけでもなく、無難な一作だったかと。
やはり、最初のテレビシリーズからも時間が経っているので、だんだんと衰えていくのもわかるので…。

評価は「普通」。

2013/12/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:435(47%) 普通:317(34%) 悪い:168(18%)] / プロバイダ: 53408 ホスト:53404 ブラウザ: 7410
【良い点】
・プロローグの唐揚げ屋:ドラマスペシャルや映画でもちょくちょくあった話の本筋には関わらない内容だが相変わらずテンポ良く面白い
・ほぼオールスター:全員ではないが主だった人物がほとんど出ていた事、ラストに僅かではあったが新城や沖田まで出ていた程で正に総決算と言える
・犯人達:今回初登場の人物のみでなく、以前から出ていた人物を犯人としたのは過去作のパターンを崩していて良かったかと
・久瀬:モニターの隙間からの顔のみで人相が解ったのがクライマックスシーンだが、そこに香取慎吾を持ってくる贅沢なやり方が個人的には好きである

【悪い点】
・事件の動機:「6年前の事件」が動機だが正直薄かった、真下が関わっていたなら「交渉人真下シリーズ」の第二弾として過去にドラマや映画で描いていたならもっと話に深みが出たかと
・すみれ:バスはやり過ぎ、って言うかアレは乗客や運転手を無理矢理降ろしてジャックでもしたのか
・真下:曲りなりにも主役やった事もあるのに、前半はスリーアミーゴス状態で後半もあまり存在感が無い
・青島の部下:和久二号は比較的マシだったが総じてあまり活躍していない、と言うか主人公だから仕方ないと言えばそれまでだが係長の青島が走り回り過ぎである、もっと部下を使え

【総合評価】
中盤では青島室井をスケープゴートに仕立てたり、犯人連中が揃って警察の人間だったりと腐りきったシーンばかりだったので「希望どころか絶望だろ」と思っていたが、最終的には確かに希望と言えるかなと思えてきた、様は警察改革を目指す青島室井にとっての最後の試練だったと言う事だろう
ただ警察組織そのものに焦点を当てるなら、結局最終作まで続いていた所轄とキャリアの対立をもっと数作前にある程度の目途を付けてその後に「警察組織」を描いた方がもっと良かったかなと

良い点悪い点双方結構多いが、シリーズ全てを見て来てその思い入れを込めて若干甘目の評価としたい

2013/11/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3580(33%) 普通:3771(35%) 悪い:3455(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682
ついにというか、たまたま見る機会がありましたが・・・・・・・・

食堂の主人になりすましていた青島、軽犯罪を犯していた某男を他の仲間との連携
等による逮捕に成功しましたが、まあこれはお約束の「ちょっとしたウォーミング
アップ」でしたね。

本作の核心は、真下の倅が誘拐された等の事件で、警察上層部の腐敗が大きな背景に
ありました。敵役が本作においては、小栗旬くん演ずる鳥飼だったのは大物感や新鮮味
に欠けていて、正直物足りなかったし、終盤に登場した「あの人」も特段見せ場もない
まま青島の引き立て役を演じさせられちゃった感じでした。見ていてワクワク感も
なかったですね。しかし、これがこの15年間、自分がこの「踊る大捜査線」シリーズに
対して否定的だった理由の8割方を占めましたが、「キャリア=神、ノンキャリア=人
にもあらず。」と言わんばかりなキャリア組の横暴で傲慢な脚色等これまでのシリーズ
とは一変してあざとくなかったという点では本シリーズに対する悪印象は払拭されて
はいきました。ある程度以上は。

最後も、鳥飼は彼なりの信念があった事を含む、「警察官とは何ぞや」なテーマ等
も伝わったし、名曲「Love Somebody」もシネマバージョンで一そう良く締め
くくっていました。思っていたよりは全然見れましたね。評価は「悪い」寄りの
「普通」で。

2013/10/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:894(67%) 普通:185(14%) 悪い:260(19%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 5345
【良い点】

ギャグのスラップスティックさが最高。
これは本当にシリーズの醍醐味だと思う。
ビールの件は声を上げて笑いました。

【悪い点】

解せないシーンが多々ある。
殺人犯を野放し状態、
バス(しかも何故か透明)など。

【総合評価】

正直、パート3があまりにもアレだったので、大きくハードルを下げたというのもあるが、面白かったです。

ただ、LASTの割には完結っぽくなかったのが残念。

2013/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2325(50%) 普通:1166(25%) 悪い:1167(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 9950
犯人側の描写を最小限に抑えて警察…というよりは官僚組織の腐敗や弊害を真っ向焦点を当ててきましたね。
「3」で既に登場しており室井を「理想主義」と批判していた鳥飼を上手く使ったなという印象。

この鳥飼が上層部に責任を散らつかせながら青島と室井の切捨てを迫る場面とリンクするのが
間違って納品されてしまったビールを青島が真下署長に対して口八丁で言い訳するシーン。
後者は笑い話で済まされるレベルですが、これが次第にエスカレートされた先に前者がある。

また青島とすみれが過去作品でそれぞれに大怪我をしている事に起因した古傷描写、
外的&内的要因により、それぞれに辞職の危機が訪れるくだり、
冒頭の囮捜査から事件解決に至るまでの全編に渡っての二人の淡い関係の描き方も匙加減が良く、
唐揚屋を通じての「庶民に愛される警察官」描写もニンマリしてしまいました。

シリーズを通じての要素を上手く抽出して無駄なシーンもなく幕引き作品として上手く纏まったなという印象です。
評価は「とても良い」で。

2013/10/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 17751 ホスト:17896 ブラウザ: 9673
【良い点】
キャストは、亡くなったいかりや氏以外はベストメンバーになったのは良かった

【悪い点】
最後の犯人の展開に、バスのシーンイマイチ

【総合評価】

個人的に、ビール隠しの展開で、ユースケ煽てたりの展開は面白かったけど、肝心の事件はイマイチだったかな。

2013/07/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:555(63%) 普通:137(15%) 悪い:194(22%)] / プロバイダ: 25732 ホスト:25566 ブラウザ: 5386
まぁストーリーはどうしようもなく普通で、犯人もすぐわかっちゃうし、
ファイナルにしてはショボイというか普通過ぎるというか・・・。
でも 頑張ったほうだと思いますよ。
青島が犯人の気持ちになって行動する(和久さんへの敬意かな?)、青島と室井の連携プレーなど前作には無かった"踊るらしさ"が垣間見えたのが個人的には良かった。
前作で増やし過ぎたキャラクターを全然生かし切れていないし、すみれさんは影薄いし、
登場人物一人一人の良さを引き出されていない気はするんだけど、
評価はだいぶ甘めにつけて「とても良い」で

2012/12/08 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 11533 ホスト:11365 ブラウザ: 10237
【良い点】
オープニングの出来

【悪い点】
一部役者の演技の下手さ
CGのしょぼさ
無理やりなストーリー展開

【総合評価】
観ててまず思ったのが、「日産とDoleがスポンサーなんだな」というところ。
やり過ぎと思えるほど宣伝をし、無理やりストーリーにもいれてくる始末。
誘拐犯がサミット会場とバナナマークの倉庫に子どもを連れていったという推理に「子どもはバナナが好きなんだよ」って根拠は失笑だった。
クライマックス時の香取慎吾の演技とバス突入のCGの酷さにも驚いた。
犯人役には他にもっといい役者がいたのでは?
CGもあれくらいの出来なら展開自体を変えたほうが良かったと思う。

ただ深津絵里や小栗旬などの一部俳優の演技は上手いと感じられたし、オープニングの構成と演出の良さは素晴らしかったと思う。

2012/09/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(83%) 普通:0(0%) 悪い:2(17%)] / プロバイダ: 28692 ホスト:28679 ブラウザ: 9566
【良い点】
踊る大捜査線っぽかったです。よくも悪くも。
前作では構成にマッタク立体感が感じられなかったけど、今回はなかなか面白かったと思います。各キャラがそれなりに成長?してたりして、世代の移り変わりなんかも描こうとしている感満載です。

湾岸書コントもちゃんとあって、すごくホッとします。

【悪い点】
やはり全体的に落とし方は雑です。短絡的かつ昭和的。
言い始めたらキリがないくらいですが、このシリーズを懲りずに応援しているものとしては、どうでも良いくらいの範囲じゃないですかね。

【総合評価】
気持ちよく観れました。これで最後ならまあいーか、と思える感じ。
前作はかなりひどい仕上がりに感じましたが、ファイナルの為に鳥飼?などのキャラを馴染ませたりとか、伏線的な意味で制作したのかなーって思いました。

とりあえずあと1回くらいはみに行くと思います。

[推薦数:1] 2012/09/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 36185 ホスト:36075 ブラウザ: 2048(携帯)
初めて映画館で観た踊る大捜査線ですが最初で最後の作品になるのは残念。評価点数としては65点位かな。※ネタバレになります、まだ劇場に行ってない方は閲覧注意!

【良い点】
□青島の良さが今まで以上に出ていた。真下の息子を大ボスの久瀬(香取)から身体を張って守るシーンは感動した。ムービー2で負傷し、後遺症で引退するすみれと距離が縮まったのもカタルシスがあった。

□後半に青島共々組織から排除されそうになる室井も青島に指示を出すなどいい味を出していた。青島『なんでオレが警察辞めないといけないんすか?』→『私もだ』のシーンは青島と室井の物凄い結束力とこれからクライマックスの戦いに挑む勢いを感じた。
□なんとなく先が読めたが池神警察庁長官と安住警察庁次長の極悪上層部の2人が辞任させられ室井と青島が望む結末になったのはファン待望の終わり方だった。

□前作から出た鳥飼(小栗旬)が気持ち悪い位、いやむしろ怖い位ダークな演技が上手かった。真下の出番を完全に奪っていた。まさかこれほどまでとは。前作からぽっと出なのに優遇されるわけだ。
前作もそうだが上層部が彼の策謀を取り入れるのはそれなりに頭が切れるんだな。
□予告から香取がラストボスみたいな告知してたから香取と対決、不祥事を隠す上層部を打破するという結末は見え見えなもののスリリングさがあったのでソレを感じさせなかった。
□立て続けに事件が起こるのはお約束だが今回は全て事件の関連性が線になっていて頭にストーリーが染み込みやすかった。なんで今までこうしなかった?
□キャリアとノンキャリアの対立のシーンがさほど無く傲慢なキャラクターが居たりしてた今までのストレスを感じずに視聴できた。それどころか後半は所轄(排除寸前の室井含)が本庁上層部なんてくそくらえという分かりやすい意思を劇中に掲げていたのはテレビドラマ最終回やムービー1以来の手法でスカッとした。
□オープニングBGMがいつものに戻された。エンディングLOVE somebodyが今までのをパートごとに切り替わるミックスに仕上げたのは感動した。
□背景に東京スカイツリーやお台場より南側のブリッジ等の東京新名所が映っていたのはシリーズも昔から続いて街も変わったなあと染々感じた♪
【悪い点】

□真下の役は何!?ホント冷遇し過ぎ…青島らがミスで発注し処分を恐れて真下に隠し続けたビールがバレたとき『隠そう!!』等の湾岸警察署でのコメディは笑えたがユースケ本来のコメディアン性を強調された終わり方だね。
真下は6年前の事件で部下小池が被疑者と交渉で話していてもう少しで被疑者確保の兆しのところで本庁捜査一課が48時間経ったから本庁に強制的に捜査権を回せというその命令を冷徹に冷酷に受け止め失敗(ローラー作戦で被疑者を刺激、被害者は殺された)に導いた。普段のキャラクターと矛盾していて納得いかなかった。今までの真下なら命令なんか聞かないはず。(テレビドラマ7話で『僕は警部になりました!誰にも僕の意思は覆せない!』と一倉に逆らってたのと比べてごらん。)そんなんだから鳥飼、久瀬、小池から恨まれたんだよ。
ダークな雰囲気や伏線が真下の性格不一致で台無しになった。なんで自分の息子が誘拐されたのに悔しそうにしない?なんで捜査をメインでやるのが他人なの?監督は真下を何だと思ってる?
雪乃(水野美紀)も今作品復帰も物凄い地味でおどおどした目立たない役だった。テレビドラマの初期頃に戻されたみたいな。この2人を冷遇したのはどうかと

□上記の鳥飼以下今回事実上の被疑者3名、真下の判断ミスで身内?の少女を奪われたのに6年も我慢できる心理が読めない。6年の間にムービー3もありました、鳥飼はパソコンの爆発喰らって豹変しましたが小池はまともに見えた。久瀬は初登場だからなんとも言えないが視聴者が初めて…一回観ただけでは久瀬と被害者の家族との関係が分からない。小池は被害者を死に追いやった怒り、鳥飼は正式に身内だと判明したが。前作では鳥飼は真下への怒りを示すこともなく室井を批判していた。明らかに後付け感がある

□これは前作の青島がシェルターに杭をドカンドカンに匹敵する。
青島vs久瀬(香取慎吾) 青島絶体絶命!!の時にタイミングよくバスが突っ込んで久瀬を確保。すみれさんがバス奪って現場。
なんだこれは!?ギャグかい(*´∇`*)と笑いそぅになった。リアリティー無さすぎ(泣)
みんな普通死ぬよ?
なんで横倒しになってけろっと出てくる?すみれさん(笑)しかもこれから青島撃たれますってタイミングで!!
これは納得いかなかった。まだすみれさんスマートなやり方なかったかなあ?陰から久瀬の足に発砲するとか、あるいはSAT出すとか。

□オープニングの下町で芝居張り込みのやつ。いきなりアレがリアルとか言われても唐突すぎ!新湾岸警察署のロケかと思った。

□内田有紀演ずる夏美や伊藤くん演ずる和久甥はまだマシで必然性もあるが中国人の王とかパソコン見つめ続ける巡査とかの端役が必要か?ただでさえごちゃごちゃした映画なのにわかり辛くしてるだけだ。

【総評】
たしかに織田さん曰く映画館を清々しく出れる終わり方です。真下だけは納得いかなかったけどギャグありシリアス半端なし、ハラハラドキドキな作品。ファンにはオススメします。
3は不評が多かったみたいだが今作品は普通に面白いのではないだろうか?

この評価板に投稿する



2013/11/17 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説―最終章"陣兵道 編"―第8話(2058話)「空白の26日間〜その7〜」 by 陣兵
... 独り言〜 【"新作DVD売上ランキングBEST10"】("13年5月13〜19日、"Yahoo!映画"調べ) 第 1位 ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ 第 2位 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. 第 3位 踊る捜査THE FINAL 新たなる希望 第 4位 アウトレイジビヨンド ...
記事日時:2013/05/23 [表示省略記事有(読む)]
2. ホワイト&ホワイト。「踊る捜査 THE FINAL 新たなる希望(日本映画)」 by えぼだいのひらき
... されている初期作品をありがたく観直してる状態で、本作を映画館で観ると、 勿論歳月の長さも感じますけれど、ついつい目が行ってしまうのは、スクリーンに映し出される 不自然な位に眩し過ぎる白く輝く青島くんの歯 。 確かに、昨今の禁煙ブームの影響か、どんな作品でも作中でキャラクターが煙草をぷかぷか吹かすって描写は 減ったとは思いますが、でも ...
記事日時:2012/09/12

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ