[日本映画]新座頭市 破れ!唐人剣


しんざとういちやぶれとうじんけん / Shin zatouichi monogatari : Yabure! touijn ken
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数423位2,854作品中総合点5 / 偏差値53.17
1971年日本映画総合点3位8作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
配給:東宝 ダイニチ
監督:安田公義
製作:勝新太郎
原作:子母沢寛
日本 公開開始日:1971/01/13(水)
3,49322
最近の閲覧数
1011010100
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/08/12 / 最終変更者:永田 / 提案者:ラマンチャ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/10/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2967(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 5171
言葉が通じない者同士の漢のドラマを引き立てるメンツにこだわる南部藩とやくざ者の小物ぶり。
これも、この作品の肝です。

話は、南部藩の大名行列の前に出てきた子供を庇って大道芸人の夫婦が侍達に斬られる所から始まります。

作中では、座頭市が大道芸人の子供を保護する所から座頭市と王剛の因縁が生まれ、互いに握り飯を真っ二つにしてみせる、
坊主の裏切りで遺恨が生まれる、宿場の藤兵ヱ一家と南部藩を血祭りに上げた後、座頭市と王剛の一騎打ちと言う具合にドラマが進行します。

披露されるアクションも、親分の耳を切り落とす、外に出る所を襲ったやくざを戸ごと一突き、地蔵の前で待ち伏せて子供を奪回、
坊主を子ども扱いにする王剛の功夫、大ジャンプを絡めた王剛の立ち回り、縛り首の罠を切り抜ける座頭市等、見応え抜群。

加えて、南部藩と耳を斬られた親分の下らないメンツが二人を引き立てていた事も、好印象。

2012/08/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2319(50%) 普通:1165(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
所謂、座頭市版「キング(ホング)コング対ゴジラ」というべきか。
1960年代後半の香港で座頭市人気の影響から製作されたジミー・ウォング主演「片手ドラゴン」という作品があり、
(背景にブルー・スリー台頭の煽りなどもあり)若干、名前を変えながら日中時代劇ヒーロー共演と相成りました。

お祭り企画の側面がありながらもプロットはしっかりしています。
同郷の旅芸人一家を大名行列から庇った王剛に対し、権威を護ろうとする雄藩が濡れ衣を着せ、
異国人である彼の視点で改めて武家社会の理不尽さが際立たちます。
一方ではヒロインの一人である、お米が両親を失った唐人の少年に自分の姿を重ね王剛にも想いを寄せながら、
市に対しては藤兵エ一家に吹き込まれた言葉を真に受けて悪意のフィルターをかけている辺りも座頭市テイスト健在。
ここに王剛の親友であった覚全の裏切りが加わり、一度は心を通わせたと思われた二人が対決に至る流れ。
結果は推して量るべしですが、香港バージョンの結末も当時は製作されたとか…。

ただ結末だけ香港バージョンにすると話の流れが少し不自然になってしまいます。
覚全の裏切りを知った時点で、お米は誤解を悔いていたのに
(旧友には護るためにしか刀を抜かないと評されていた)王剛が「貴様は悪い奴だ!」と勘違いしたまま
市に対して攻撃を加えていくのは、義や情に厚いのを通り越した熱血バカに見えてしまう。
盲目故に人の本質をしっかりと見極めていく市が、そういう奴に遅れを取るラストでは正直、如何なものか。

命のやり取りを通じて相手の剣に邪念が無い事を知り、最後に「言葉が通じていれば…」と互いに洩らしますが、
両国の言葉を喋れる覚全に王剛はしっかり騙されていたし、市っあんも元から口下手な方だしねぇ(笑。
資金稼ぎの博打に赴いた市の歩いてきた方角から藤兵エ一家は王剛達の潜伏先を絞り込んだ節があり、
王剛の耳元に勝新の高笑いが幻聴となってこだまする辺りは結構、面白いのですが…。

尚、もう一人、作品に華を添えているのがお仙。
食事をしている市を襲撃にきた藤兵エ一家が無言のまま店主である彼女の胸元に迷惑料の一両を突っ込んだり、
お仙の方では「お米をくれてやるよ」と一家連中に吹き込んで情報を欲する市の所におびきだしたり、
こういう強かな庶民と地元ヤクザのドライな関係描写も座頭市ワールドの見所。

この評価板に投稿する



2015/06/11 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34156 ホスト:34040 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/道徳心&モラル 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第378話(1028話)「ベーシックデザイン-その69〜72…〓配置〓アイディアチェック-」 by 陣兵
... をして授業は終了した。 次回、従兄弟宅に外泊…祖父母と再会Ⅱ編その1 第379話(1029話)へつづく… ☆特別企画・日本を代表する映画監督の作品特集〜LAST SEASON〜Ⅵ☆ 316.【安田公義監督】 「春秋一刀流」、「江戸最後の日」、「お馬は七十七万石」、「赤い鍵」、 「座頭破れ!唐人 ...
記事日時:2010/07/29

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ