[日本映画]猫目小僧


ねこめこぞう / NEKOME KOZO
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,348位2,931作品中総合点1 / 偏差値49.39
2006年日本映画総合点51位128作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
上映時間:103分 配給:アートポート 製作:松竹 制作:円谷エンタテインメント
監督:井口昇 原作:楳図かずお(少年画報 少年キング 週刊少年サンデー掲載) 脚本:安田真奈
音楽:中川孝 音楽協力:テレビ東京ミュージック VFXディレクター:奥野浩介

日本 公開開始日:2006/06/10(土)
公式サイト
1. http://www.nekomekozo.jp/
4,19811
最近の閲覧数
1001200010
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/05/05 / 最終変更者:kunku / その他更新者: TCC / 提案者:アーリマン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/04/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2280(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1144(25%)] / プロバイダ: 7699 ホスト:7481 ブラウザ: 5173
楳図かずお原作作品の邦画化。
「ゲゲゲの鬼太郎」と「となりのトトロ」をハイブリットさせた楳図テイストの作品と言えば解り易い(笑。

父親が東京で失業して田舎に引っ越してきた藤崎姉弟。
姉のまゆかは顔に大きな痣があり、弟の浩は喘息持ちであったが家に住みついていた妖怪、猫目小僧の力で病から解放される。
しかし容姿への劣等感が無くなりイケメンと付き合えるようになったヒロインは
封印を解かれ、災厄をもたらす妖怪ギョロリと間違われた猫目小僧を我が身可愛さで見捨ててしまう…。

低予算のため猫目小僧はマスクにCGで表情を作る以外、手足は普通の子供(最初に実写化された「ハットリくん」並?)等
それこそ二昔前の特撮的なチープ感はありますが、ヒロインを綺麗な所に立たせたままにしない
妖怪よりも醜い人間の心を描くストーリーや、ギョロリの力で村人の殆どが怪物化する「マタンゴ」テイストなど
さすがに楳図かずお作品と思わせてくれます。

一般受けしない部分も多く昭和50年代にアニメ化もされていながらメジャー化していないのも納得ですが
観る価値が無い作品ではありません。評価は「良い」で。

この評価板に投稿する




1. ニャニャニャの猫娘 by ウクレレ
... ですって? 自分、久しぶりに評価書こうと思ってたのにタイミング悪過ぎ。 まぁ今回のは「悪い」系の評価なんで、そんなに焦るものでもないかも知れませんけど。 ……さてさて、小僧、ねこ自慢警察署ときたからには、『鬼太郎』の猫娘にも触れねばなるまい。 鬼太郎同様に、シーズンごとに特徴が見られますね。ある意味鬼太郎 ...
記事日時:2018/06/12 [表示省略記事有(読む)]
2. 2015秋アニメの感想その3。(備忘録的な) by bit
... ともなかなか優れた采配だと思う。一方で戦争というものを描くのに戦争というものがファンタジー的設定である原作ストーリーに一抹の不安がよぎる。上手く料理できれば極上のエンタメになりそうなんだが…どうなることやら? ・影鰐-KAGEWANI 謎の生物UMAを探す人々の遭遇するミステリーホラー。 …まさかのデジタル版「劇メーション」(笑)。まるで「小僧」のようだ ...
記事日時:2015/10/18
3. "各局のアニメ史 " by 陣兵
... II」 「アマガミSS」 「戦国BASARA 弐」 「STAR DRIVER 輝きのタクト」 「咎狗の血」 「それでも町は廻っている」 【"74年】 「星の子ポロン」、「ダメおやじ」、「ガンとゴン」。 【"75年】 「ドン・チャック物語」。 【"76年】 「妖怪伝 小僧」、「新 ...
記事日時:2011/05/28 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ