[日本映画]無限の住人


むげんのじゅうにん / Mugen no juunin
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: アニメ:無限の住人-IMMORTAL- / 漫画:無限の住人 / 文学:無限の住人 -刃獣異聞-
日本映画総合点=平均点x評価数2,376位3,046作品中総合点-1 / 偏差値47.42
2017年日本映画総合点53位67作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:沙村広明「無限の住人」(講談社月刊アフタヌーン』所載)
監督:三池崇史
脚本:大石哲也
音楽:遠藤浩二

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2017/04/29(土)
公式サイト
1. http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/
93722
最近の閲覧数
1112100001
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/11/12 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/31 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:59(65%) 普通:18(20%) 悪い:14(15%)] / プロバイダ: 16775 ホスト:16861 ブラウザ: 10345
連載開始当時は原作読んでたけど最終回まではおってない。内容もほとんど覚えてない。
【良い点】
役者陣
世界観、空気感
戦闘アクション
キムタク「待てよっ!」

【悪い点】
凛がナイフ投げの時に見せる不自然な反り
稀に出てくるワイヤーアクションのチープ感溢れる飛翔
"致命的なテンポの悪さ"

【総合評価】
悪い点に挙げたテンポの悪さが全ての良さを打ち消してもなおお釣りが出るほど酷い。
ダラダラ話が進んでると思ったら話ハショられた感丸出しの場面転換。でも大筋はたいして進まない。
映画館なら良いが、周りに誘惑が多い自宅だとついついスマホに手が伸びてしまう感じの飽きが来る。
良い点で戦闘アクションを挙げてるが、良いのは戦闘アクションであって戦闘アクションシーンではない。
戦闘アクションシーンもストーリー展開に負けず劣らずのテンポの悪さを感じる。
万次の強さを現す為とは言え、2度も長々と大立ち回りする必要があったのか?と個人的には思う。

マンガ、アニメの実写化によるコレジャナイ感は少ないと思うが映画としての完成度に疑問が残るので
原作が好きだから比較したいとか演者が好きとか作り手が好きとか関係者とか
そういう理由がない限りは見ないでもOKな作品。

2018/06/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2260(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1134(25%)] / プロバイダ: 16995 ホスト:17222 ブラウザ: 5173
【良い点】
アクションシーンは迫力がある。
キムタクも殺陣はそれなだし、監督はリメイク版「十三人の刺客」の三池崇史。
CGに頼っている部分も多いが刀を振り回す場面での敵味方のワイドスクリーンを生かした映し方、
特に終盤の集団抗争劇のシーンはさすがに迫力がある。

田中泯、山崎努、石橋蓮司の三者はさすがの貫禄。
特に田中氏は刀を鞘に収める場面の立ち振る舞いに惚れ惚れさせられる。CGチャンバラより、こういうのが好き。

【悪い点】
キムタクの演技はやっぱりチンピラ臭が抜けない。

【総合評価】
アフタヌーン連載の時代劇コミックを邦画化。アニメ化もされているので知名度はそれなりのはず…。
ただ邦画版「るろうに剣心」と系統が被る事から損をしているかも?
ヒロインの凛が剣術道場の娘でクナイ投げを得意技にしている所とか「るろ剣」の薫と操を足して二で割った感じ。
また、邦画版「るろ剣」が世界観自体も原作同様に漫画チックだったのに対して
本作はベテラン俳優を中心に展開される世界観は真っ当な時代劇なのに対して
主人公の万次や敵手たる天津影久一党ら所謂、戦闘狂的キャラだけが漫画チックで妙に浮いている。
江戸時代に、あの髪型は無いやろ。あの髪の髪の色は無いやろ…。

万次が不死に近い再生能力を持っている事も剣心の戦いに比べて緊張感が削がれてしまう難点。
(本人も防御の技術を磨く必要が無くなったので戦闘力自体は生身の頃より低下したという自覚があるようだ)
「ヴァンパイアハンターD」等を見ても設定上、なかなか死なない主人公でストーリーを盛り上げるなら
弱点を明確にするか相応の強大な敵を用意しなけれならない。しかし祖父の代の跡目争いを理由に凛の父を殺害したり、
幕府お抱えになりたくて道場破りを繰り返していた天津影久は志々雄真実等に比べて貫禄不足は否めないし、
吐鉤群率いる幕府軍も小娘一人に一喝されて動きを止めたり仲間が半数以上、斬り殺されてから鉄砲を持ちだしたり微妙。
万次の死ねない苦しみなども描かれますが、キャラやストーリーには「そこそこ」以上のモノは感じない。
アクションシーンを加味して「普通」ぐらい。

この評価板に投稿する




1. 仮面ライダーゴーストこれならよかった第49話 by アントイーター
... 編なしで。 タケル「俺たちより人足先に乗り込んだアランおかげで、アデルは家族絆を取り戻し、家族一丸になって、ガンマイザ―暴走を止めてくれた。いいもんだな、家族って。でも、どうしてガンマイザ―が暴走したかは、わからない。まだ戦いが続きそうな予感がする…」 イーディスは一堂に会したタケル、マコト、アランたち眼魔世界住人に、深々と頭 ...
記事日時:2017/03/28
2. 今年公開される実写化作品出来を予想 by バジリコ
... たりしてる)というやる気が無いとはとても思えない努力はしているので、少なくとも適当に原作流し読みしたような作品にはならないかなと思います。 それに第一章ってことはちゃんと丁寧に作る気は感じられますし、ネットでよくよく言われてるほど作品にはならないかと 自分が知ってる作品実写化は以上ですね 喰種とか無限住人は原作読んで ...
記事日時:2017/03/14
3. 「『BRIGADOON まりんとメラン』BD 感想④」 by ks-eleven
... ないことだし、唯一肉親であったモトばあちゃんが亡くなった今、頼りになる存在はメランだけである。つまり「自分が自分でいられる存在であるメランを失いたくない」というまりん想いがあの発言となっただ。その気持ちを理解した上でメランは「このまま現実から逃げ続けていたら世界はドンドン崩壊して行く。そうなったら友人も長屋住人達もみんな無くなっ ...
記事日時:2016/04/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: アニメ:無限の住人-IMMORTAL- / 漫画:無限の住人 / 文学:無限の住人 -刃獣異聞-
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ