[日本映画]劇場版 MOZU


げきじょうばんもず / Mozu the movie
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,902位2,714作品中総合点0 / 偏差値48.42
2015年日本映画総合点43位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.50(良い)2
音楽0.50(良い)2
声優・俳優0.00(普通)2
キャラ・設定-0.50(普通)2
ストーリー-0.50(普通)2
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
涙流した0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
【スタッフ】

監督:羽住英一郎
原作:逢坂剛
日本 公開開始日:2015/11/07(土)
公式サイト
1. http://mozu-movie.jp/
48822
最近の閲覧数
1121221201
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/07/23 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/03/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6042(88%) 普通:485(7%) 悪い:369(5%)] / プロバイダ: 25329 ホスト:25193 ブラウザ: 10179
テレビドラマ版に関してはまだ一度も見たことがないのでなんとも言えません が、何気に若手からベテランまで豪華な顔触れで固められていたのが特徴的でしたね。
特にそのなかでも冒頭から香川照之がハマリ役だったかなと、主役とかではないのですが、前半では、あのいかつい風貌とは対照的にどこか繊細さを感じさせるキャラが絶妙だったかなという印象で、半ば主人公を食ってしまうんじゃないかと思ってしまうほどの勢いがありましたね。また、舞台としてはアジアか中東あたりかなと思いますが、途中から場所が移り変わっており、このあたりは普通の日本映画では出せないかなあと言いますか、ちょっと違うかもしれませんが、寂寥感さえ漂ってくるような雰囲気も出ていて、いわゆる世紀末を題材にした作品にしても何ら問題がないかなと思います。
アクション面に関してはすでに先の方も述べられておりますが、カーチェイスのシーンもなかなか良さげで、クラシックの音楽を使うことによってよりバイオレンスさも強調していたかのように思いますが、しいていうと内容の方がおそらくテレビドラマ版を見る人前提に作られていたのか予備知識を入れないと苦しい部分もあったかなと。
それでもアクション等の見せ方もなかなか良かったし、引き込まれるものがあったかと思います。
最後に評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2016/08/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2947(33%) 普通:3054(35%) 悪い:2847(32%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 8320
この監督の最近の作品は、「暗殺教室」(1作目のみ地上波放送の際視聴しましたが)も
まあまあかなあと言った所でしたが、正直「もう少し面白く作られていたと思ったの
だけど」な微妙な出来でしたね。

多分TVドラマ版は知らないですが、冒頭からですね。松坂桃李氏演ずる権藤の
「絶望」云々とか台詞回しが凡庸で、つかみとしては「この先これでちょっと大丈夫
なのだろか」でしたね。まあモデルはベトナムだったのでしょうが、日本人が父親という
設定だったエレナも思ったよりもキャラが弱くて、良い意味で異様とか感じさせられた
オーラがイマイチ無かった。

アクションシーンでドボルザークの「新世界より」が挿入されていたのも特徴的
でしたが、カーチェイスや銃撃などのそうしたアクションも何か芸術の域とかに
達していたほどの新境地レベルなパフォーマンスでもなく、何だかミスマッチに
感じられただけでした。と言うかまた、このシーンでは主人公の倉木も既に血まみれ
になってましたけど、いくら主人公とは言え、ちょっとチートじゃなかったかい?

しかし、この劇場版で最も駄目だったのは大物ゲストキャストを活かしきれなかった
点です。権藤ももっと良い意味で暴れてくれるのかなあと思いきや、途中で串刺し
にされて死亡と結局中途半端な狂人にとどまってしまったし、ダルマを半ば妄信的
に心酔していていた高柳も終盤倉木を、捕らえた獲物を直ぐに殺さないで甚振る様に
足蹴にしていたかと思いきや、その足元をすくわれて喉をぶっ刺されて死亡なんて
間抜けな最期だったでしょう。ダルマも、自分が生きる為なら他人のものは何でも
利用するとか悪役のステレオタイプを大きく逸脱していたわけでもなく、松坂氏に
せよ、伊勢谷友介氏にせよ、ビートたけし氏にせよ一体何の為に出演されたのだろうか
と言うか、演技自体は普通に良かったのだけど、脚本に全く足を引っ張られてしまって
いた感じでしたね。まあそれは近年のドラマや映画では別に本作に限った事では全然
ないのですが。

「消化不良だった」と実際評していた人のHPもたまたま目にしましたが、確かに
これではTVドラマ版とか知っている人には余計物足りなく感じられたのだろうなあ
でもありましたね。評価はこれではまあ、「とても悪い」寄りの「悪い」です。

この評価板に投稿する



2017/03/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 25329 ホスト:25193 ブラウザ: 10179 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 百舌と新人類 by 銀河の星屑
... 土曜日に、前々から鑑賞予定だった劇場MOZUを観に映画館に行ってきました。 宣伝も大々的に行っていることもあり、お客さんも多く入っていました。 ドラマの一期から、ちょくちょく名前の出ていた 『ダルマ』の真相がついに明らかになりました。 よくもまあ、ここまで引っ張ったものだ。 ダルマ役はビートたけしさんということで、さすがの迫力でした。 そんな ...
記事日時:2015/11/08 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声