[日本映画]仮面ライダー電王 俺、誕生!


G(全年齢対象)

かめんらいだーでんおうおれたんじょう / Masked Rider Denou - my birthday - (Kamen rider denou - Ore tanjyo -)
  • 楽しい
  • 面白い
  • 友情
  • 格好良い
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 熱血
  • ロマンチックな気分
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: アニメ:仮面ライダー電王+しん王 / 特撮/人形劇:仮面ライダー電王
日本映画総合点=平均点x評価数41位3,047作品中総合点37 / 偏差値82.13
日本映画平均点63位381作品中平均点1.48=良い/25評価
2007年日本映画総合点3位120作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.33(とても良い)6
声優・俳優2.17(とても良い)6
ストーリー2.17(とても良い)6
キャラ・設定2.00(とても良い)6
音楽1.83(とても良い)6
楽しい100%6人/6人中
面白い100%6人/6人中
友情83%5人/6人中
格好良い83%5人/6人中
感動83%5人/6人中
もっと見る
属性投票する
原作:石ノ森章太郎
スーパーバイザー:小野寺章
プロデュース:梶淳白倉伸一郎武部直美
監督:長石多可男
日本 公開開始日:2007/08/04(土)
エンディング動画 (1個)
夢で逢えたなら…
歌:175R 詞:shogo.k 作曲:shogo.k 編曲:亀田誠治 [ファン登録]
[もっと見る]
24,1002525
最近の閲覧数
1202231302
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/06 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: アセチルサリチル酸 / 管理人さん / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/05/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(81%) 普通:2(1%) 悪い:25(18%)] / プロバイダ: 11609 ホスト:11665 ブラウザ: 10214
映画だからこそ出来たストーリーでテレビシリーズとリンクしてる所も興味深い内容でしたね
アギト〜カブトまで平成ライダー映画と違う雰囲気も良かったし興行収入を回復させて楽しませるぞ!って意気込みも伝わりました
平成ライダーシリーズファンなら「おっ!」って反応するキャスティングもこの映画の見所
牙王はスピンオフで掘り下げして欲しがったが 大人の事情で(ry

【総合評価】
平成1期ライダーの夏映画と電王のストーリーとして優れた出来だと思います
ウィングフォームがやられてしまうのは残念だが

2017/10/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:78(99%) 普通:1(1%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 878 ホスト:901 ブラウザ: 9175
「電王」ファンなら、まず100%満足出来る文句なしの映画ワイド版。以上!

2013/01/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(54%) 普通:212(21%) 悪い:255(25%)] / プロバイダ: 40409 ホスト:40580 ブラウザ: 5345
電王の名誉のため、最初に言っておく!
この映画は、電王がまだ数ある仮面ライダーの一作品に過ぎなかった頃の映画で、完成度は一番高いと思う。

特筆すべきは、今までの平成ライダー劇場版がパラレルだったのに対し、これは本編と連動した作品であること。
今でも異彩を放つ電王らしい大胆な試みで、それでいて映画単体でも楽しめる一品。

本当に満を持して降臨したウィングフォーム。相手が萩野氏演じるコブラ怪人なのは、龍騎劇場版のオマージュなのだろうと個人的には踏んでいる。
他にも、4フォームそろい踏みや牙王のガチのワルっぷり、デンライナー全合体など見どころにいとまはないが、
何より、モモタロスの物語と見せかけて良太郎の物語だったのが大きい。
失った物は取り戻せなくとも、思い出を紡いでゆくことはできる。
電王の本質である記憶の大切さを再認識させてくれる。

敢えて難を挙げるなら、ゼロノス組の扱いや話題性の為だけの有名人ゲストなど。
まあそれでも苦にならないか。

ただ、電王自体の人気がのちの作品に影響を及ぼしたとなると、やや複雑な気分になる。
評価は「良い」で。

2012/11/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 25514 ホスト:25733 ブラウザ: 12180
電王最初の劇場版にして、電王劇場版では最も出来の良い作品。リアルタイム時に初日に見に行きました。今作がきっかけで、MOVIE大戦2010までは劇場で見るようになりましたね。
今作は、テレビとのリンクが強く、この映画なしではテレビ版がわかりにくくなる…というものでしたが、ストーリーは非常に良かったと思います。
また、最近ではもう珍しくも何ともないですが、電王4フォーム揃い踏みがなかなか燃える展開でした。「仮面ライダー 世界を駆ける」なんてのもありましたが、それ以来ですからね。
各フォームごとに外見や能力だけでなくキャラクターまで違う電王ですから、序盤からずっと見たいと思ってた映像でした。また、ちゃんと良太郎から変身してくれるのも良いですね。
「予備ベルト」や「イマジンの状態から変身」など、テレビ終盤からは平然と出てくる設定でしたし…。

ストーリーも、タイムスリップものでありながら90年代より前にあまり飛ばないテレビ本編の不満を解消してくれる部分がありました。
戦国時代にとび、真田幸村やら千姫やらが登場します。まあ、出番は本当に少ないんですけどね。
それでも、なんとなく時代の雰囲気はありましたし、大昔に飛ぶのは結構面白かった。

ガオウはキャラクターとしてはそんなに印象に残らず、ライダーのデザインも普通な感じなんですが、まあ渡辺裕之の貫禄はすさまじかったと思います。
神の路線の設定の方が印象に残るかも。
ウイングフォームがこれにあっさりやられるのは非常に残念でした。

この後、この話の影響でイマジンたちが消えちゃうのは本当に泣いたなぁ…。
俺にとってはなかなか思い出深い一作ですね。とても良い。

2011/12/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:313(73%) 普通:68(16%) 悪い:50(12%)] / プロバイダ: 14009 ホスト:13777 ブラウザ: 5047
チビ電王や本来有り得ない各フォームの同時登場など、映画ならではの派手さはあります。
ただ内容として面白いかと問われると微妙、とはいえ平成ライダーの映画自体正直心底楽しめたというのは少ないというのもあるんですが、まあ電王として普通ですね。
でもこれってドラえもんが時間軸の違う自分を無理やり連れてきて、宿題をやらせた話と同じようなものですよね。
だからどうというわけでもないんですが、勝利の鍵としてはちょっとセコい気がしました。
時を越えることのできる電王という作品、そしてTV本編との兼ね合いも含めたという点では別にいいんですが。
あと個人的にイマイチだったのが、どうも牙王のキャラが結局傍若無人なだけとしか思えなかったこと。
役者の方は、デンライナーを使って死去した子供に会いにいこうとしていたと思って演じていたらしいのですが、脚本ではどこまで想定されていたのか気になるところです。

電王が好きな人ならまあ見て問題はないんでしょうが、平成ライダー特有の特徴のある展開を期待するのは無理ですね。

2011/04/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(92%) 普通:2(8%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 11000 ホスト:11029 ブラウザ: 7943
【良い点】
・相変わらず笑えてド派手なアクションシーン。
・モモタロス筆頭にイマジン達とデンライナーの愉快な仲間達のコントがやっぱり面白い。
・ラスボス牙王の存在感。神の列車登場時の不気味な怖さ。
・クライマックスの全フォーム集合が燃える。そしてその後の絶体絶命からM電王が立ち上がる→連続フルチャージ→電車戦→一騎打ちの王道展開でテンションクライマックス。
・EDの夢で逢えたなら...が最高。

【悪い点】
・これを見ないと本編の途中が理解できないというのは良いのか悪いのか…

【総合評価】

単体での娯楽映画としての出来が思っていたよりもずっと良く見終わった時にすごく気持ち良い映画でした。
過去の良太郎一家に見送られながらデンライナーの音が遠ざかってそこからEDに入る流れは本当に綺麗です。
ED中の後日談にも爽やかなオチがついてて最高でした。

2010/03/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:50(74%) 普通:13(19%) 悪い:5(7%)] / プロバイダ: 9886 ホスト:10056 ブラウザ: 15632
今までの平成ライダーの劇場作品と違って、
TVシリーズと完全に連動していて、
ジーク登場の布石やいろんな時間から良太郎を連れてくる過程や
この作品の後日談などをTVシリーズで展開し、
電王のテーマとする時間とはこういうことも可能とするのかとすごく感心しました。

ギャグのノリも本編のままで、また記憶を失った良太郎とモモタロスのやりとりも良かったと思います。

また平成ライダー特有の劇場版サプライズも今回は度肝を抜かれました。
なんたって、電王全フォーム勢ぞろいですからね。
電王ならではのサプライズだと思いました。

ラストもEDと合わさってなかなか良かったと思います。

[推薦数:1] 2009/08/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 5045 ホスト:4880 ブラウザ: 9573
時を行き来出来る電王ならではの映画でした。登場人物別で感想を。

良太郎(電王本体):一時記憶を無くし変身(イマジンとの融合)不能。相変わらずの使えなさですが、持ち前の正義感と優しさで苦難を乗り越えました。こう言う主人公もありでしょう。

モモタロス(電王ソード):こいつの単細胞さも相変わらずですが、常に良太郎にくっ付いているのがミソですね。子供ソード電王も笑わせてくれました。ピラミッドを視て「富士山だ!」と言うお馬鹿さも好きです。やはりフィニッシュはこの男(イマジン?)でした。他の味方イマジンと共に今回は素体でも活躍してましたなあ。

ウラタロス(電王ロッド):最終戦では見せ場もありましたが今回はキンタと共に牢屋に居る時間が長かったですね。性格のナンパも今回はなく残念。

キンタロス(電王アックス):ウラタと同じですね。素体の活躍もありましたが「出番の少なさに泣けるでえ!」でしたなあ。

リュウタロス(電王ガン):まあ、少しはマシ(成長?)してますが、相変わらずの天邪鬼ぶりです。ガオウ渡辺にもきっちり利用されてましたな。しかし、きっちり味方としては機能してました。何時も思うが取り巻きのダンサーは何時調達しているのだろう?

ジーク(電王ウィング):一回こっきりのウィングフォームでしたが、今回は彼と共に再登場を果たしましたな。実際、中盤で唯一良太郎と融合可能で非常に役に立ちました。無駄な傲慢も御愛嬌で、実は良い奴です。「借りは返したぜ」が本音かな? 私としてはTVでもレギュラー化しても良かったと思います。

ハナ:活発かつ粗暴さは相変わらずですが、彼女が居ないと味方イマジンもコントロール出来ませんしね・・・・まあ、彼女が入れ替わる為にほしの嬢(姫)の登場も意味があったかと??

悠斗(ゼロノス):昨今存在意義が問われる平成の味方ライダー(ライバル?)の中で非常に重責を果たしましたね。彼のライナー(時の電車)が無ければ敵も追跡不能でした。良太郎を別の時間から掻き集め電王揃い踏みを達成させる気転も見事。彼の頭脳無くして今回の勝利はありませんでした。

デネブ:お人好し振りも相変わらずで良太郎(ジーク憑依)にも料理を振る舞うし。何時も思うけどイマジンの完全態として素体でも活動可能で善良な性格も生来のものなのか謎が多いですな?

ナオミ:こいつは・・・ったく、敵イマジンや牙王までにオーダー提供してるし。実際、人質の中にこいつが含まれてるかは不明です。

オーナー:今回は奇行は無かった(良かった、汗)のですが、ウラタとキンタを監禁してる牢屋を破壊する活躍も魅せました。「もっと早くやれ!」と思ったのは私だけでしょうか?

牙王(ガオウ):渡辺裕之と言うビックネームを当てましたね。芝居は流石ですが大人目線が強いのか?、児童番組専任的な面が強い声優陣とは今一噛み合ってないのが気に成りました。しかしラスボスとしての憎々しさと威厳は見事でした。

おまけ

千姫:ほしのあき嬢ですが・・・・別に彼女で無くても良かったのでは? 水着に成る訳でもなし・・・・・出番の少なさにも呆然としてしまいました。

【総括】 まあ、全体的にイベント性が高く、恐竜時代、戦国時代なども観られるのはTVと違いますね。TVでは現世の人間の記憶をたどっての敵イマジン討伐なので精々10年内の過去移動ですが映画でないと観れない、このイベントは良かったと思います。タイムワープがミソの本作ならではと思います。

でも、これの復線をTV版でもやっており(ライナージャックや各時代の良太郎の招聘)、本遍のワンエピソードである事が推測されますが、放送のみ視聴の方には不親切な面もありますね。
最後の舞台に成った良太郎出生日も「記憶があれば街が復元する」と言うご都合主義にも釈然としませんでした。タイムパラドックス説も無視状態な作品ですが面白かったとは思います。「良い」

2009/07/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:791(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 11085 ホスト:11208 ブラウザ: 9124
『電王』人気にあやかって、製作された劇場版ですが、これによって、良太郎がどうして電王になったのか?特異点となり、デンライナーに乗れる資格を有したのかという部分が興味深く描かれていました。

【良い点】
テレビシリーズのノリがそのままだということ。
牙王にトレインジャックされても、相変わらずのノリと、緊張感の無いイマジン達の掛け合いには本当にあまり肩を凝らずに見られます。

相変わらず、4フォームの形態と、それによる良太郎の表情チェンジに、子太郎電王という部分もモモタロスがきちんと、モモの字となって暴れているのが良かったです。欲を言えば、ジークも交えて、子太郎電王に、ウイング+3形態というものにしてもと思った程。ナオミは相変わらず役立たずだし、オーナーの隠れた威圧感もテレビと同じノリでした。

途中で降板になってしまったハナ役の最後の見せ場も興味深かったです。牙王の悪役振りと、さりげないコブライマジンの役が仮面ライダー王蛇=シャンゼリオンというのも、ファンサービスになっていました。

【悪い点】
特別ゲストのほしのあきですが、ハッキリ言って、出さない方が良かったです。とゆーか、ほしのあき以外で充分に、いや、無名の女優で務まったんでないの?と思えそうなくらい。出す必要が無かったです。有名人出すギャラよりも、もっと良い方向に金使えよ・・・と思ったのは私だけではないはず(基が子供向け番組とはいえ、力入れてないほしのあきのド下手演技には頭きた)。

忍者達が結局、「あんたらの役目はなんだったの?」と突っ込まれそうなくらい、必然性がなかったし、西部でガンマンに向かって、生卵ぶつけるのは、「時を壊してどーすんねん?」と言いたくなりました。

ウイングフォームも一回こっきりだし、しかも、牙王の不意打ちにあっさりやられ、ジークもそれ以降出番無しなのは、ちと可哀想。

まあ、世界は自分中心で回ってると思う奴なので、あんまり同情心も湧きませんけど。(もっとも、イマジン自体が、全員世界は自分中心に回っていると思っているのですけど。)

【総合評価】
電王独特の世界観とノリで楽しめました。ガオウライナーは翌年の戦隊の『ゴーオンジャー』のキャリゲーターの基になったように思えて、興味深かったです。クライマックスでのデンライナー&ゼロライナー相手に互角に戦う部分も、悪役の迫力に溢れていました。

ただ、これの成功がいろいろと電王映画が創られる要因となった感も強く、電王自体、平成ライダーファンからの意見百出が激しい作品なので、嫌いな人にはどーにも・・・という感じで見られそうです。

これまでのライダームービーでは、パラレルワールドだったり、別な話なども入れられることがありましたが、電王は電王という良さが活かされていて、こういった独特のノリが電王というものを他のライダーとは違う作風として、上手く独立させたと思います。

しかし、懲りずに映画を何本もこの後に創るようになったのは、問題ではあるでしょうね。

2009/04/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4500 ホスト:4313 ブラウザ: 15090
平成仮面ライダーシリーズの中でも抜群の人気を誇る電王の劇場版第一作ですね。

時を支配する神の列車を手に入れようと企む悪党・牙王一味に、良太郎たちが立ち向かうと言うのが主筋ですが・・・・色々面白い試みがなされてますな。

良太郎が記憶を失った影響なのか、モモタロス達イマジンがデンライナーの外でも実体化して行動したり、江戸時代など様々な時代を覗いてみたり、クライマックスで全ての形態のライダーが登場したり、複数の時の列車が登場して連結したり・・・・。

渡辺裕之さん演じる牙王はなかなか渋くて格好良い悪役でしたな。まあ、最期がアッサリしすぎていた気がしますが。

正直言って、彼の悪事の理由がハッキリしないのもマイナス点ですねえ。もう少し捻ってもらいたい所でした。

まあ、そこそこは楽しめましたかな。

2009/04/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17823 ブラウザ: 2037(携帯)
【良い点】
・牙王がとてもカッコイイ。ベテランならではの渋さが滲み出ている。
・映画ならではのスケールのでかさ。
【悪い点】
・陣内とほしのはいる意味ありましたかね?
【総合評価】
これでやめときゃいいものを・・・

2009/03/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(74%) 普通:10(19%) 悪い:4(8%)] / プロバイダ: 21991 ホスト:21662 ブラウザ: 6312
これを観て「俺、誕生」の意味がようやくわかった。

電王だからこそできる本編と映画とのシンクロ。むしろ本編を観ると映画が二倍どころか三倍楽しめた。
そーいえば本編で良太郎の過去が明かされなかったな〜、と思ったらここで登場。
内容は相変わらずのコメディ色。けどそれは電王だから許される!かなぁ?
とにかくウィングフォームのフルチャージを観て感動した後にがっかりする映画だと思へ、
という感じでしょう。
そしてEDの175Rがやたらと良かった!ほしのと陣内は何のために出た?

2008/06/23 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:245(40%) 普通:166(27%) 悪い:201(33%)] / プロバイダ: 2386 ホスト:2424 ブラウザ: 4983
やっぱり子供が見るように作ってある(当然だ)
ただTVと連結させる方法は面白いと思いましたし
自分の好きな白い殿様イマジンが出てきてくれたらのでまぁ「普通」で。

2008/06/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(79%) 普通:63(12%) 悪い:45(9%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29397 ブラウザ: 7783(携帯)
最近めずらしくハマった特撮作品の劇場版でしたがテレビ放送とのリンクという新しい魅力があり本編を知っていると更に楽しめる作品ですね。

時間を支配しようと乗り込んで来た牙王に主人公良太郎が立ち向かうんですがその仮定で過去の自分と出会ったり色々な時代をデンライナーで旅する辺りは印象に残ってます。

前に助けたイマジンであるジークが再び登場する場面もあり懐かしかったです。
そして再び電王になり活躍するジークのアクションもよかったと思います。

そして最大の見せ場は四体ライダー夢の共演ですね。
色々な時間の良太郎を引っ張り出し強引にも見えましたがそれが電王らしさかなと自分は思いますね。

敵ライダー牙王もとても手強く最初のバトルではゼロノスでも圧倒される場面がありますが最後のクライマックスにはいいものを見せて頂きました。

しかし少し残念なのはゼロノスの活躍がバトルシーンではあまりない事でしょうか?
まあ気にする事ではないので減点にはなりません。

評価は最高!
俺は最初からクライマックスだぜ!!

2008/03/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:283(77%) 普通:29(8%) 悪い:54(15%)] / プロバイダ: 23988 ホスト:23755 ブラウザ: 3876
本編を最後まで観てから此方を観ました。

テレビ本編中盤とリンクする作品で、本放送当時は所々の演出に「?」と感じましたが、劇場版を観て「ああ、そういう事か!」と納得するに至るものでした。
だからといって「TVを観ていない一見さんお断り」というものではなく、劇場版単体としての作品は分かりやすいエンターテイメント性と脚本がギリギリの所で完成されていると思います。

「神の列車」を手に入れて全てを喰らう牙王、彼の企みを阻止せんと奔走する良太郎・ハナ・モモ達、本編(中盤)では分かりにくかった侑斗の行動、良太郎の両親に関わるエピソードといった一見繋がりそうに無い「パーツ」がデンライナーの路線の如く「一つに繋がって」、ちょっとしんみりするデンライナーの車窓&リュウタの絵のラストに収束する脚本の力量は素晴らしいと思います。

劇場版ならではの「広い幅での時間の行き来」も面白いと思いました。
本編では「近しい人の記憶」がテーマとなっているので「ごく近い過去」でのみのバトルなのですが、劇場版では娯楽性を優先してか恐竜時代や江戸時代などにタイムスリップして事件に巻き込まれる様が面白く、特に敵の忍者軍団とイマジン達(とハナ)が格闘するシーンは分かりやすいバトルでした。
また、その中で良太郎が逃げる様も「細かい!」と感じます。

劇場版のみのライダー・牙王は野卑・尊大・大胆を地で行く悪党で、デンライナーをジャックする、数々のイマジンを従える、過去で真田幸村とつるむ、変身して電王&ゼロノスを圧倒するという強烈な印象を残し、此方で幾人かの論客さんが仰っている事と同様「本編のラスボスはカイでなく牙王のほうが相応しいのでは?」と思いました。

ジークの復活に伴いウィングフォームが出てくる他に、途中で良太郎の子供時代(=小太郎)が変身したり、文字通りクライマックスでゼロノスの他にまさかの電王4フォームが一つの画面に揃い踏みする展開は(侑斗の行動がここで結実します)、映画ならではの「てんこ盛り」感溢れる豪華なものです。
その理由もちゃんと作中で説明されているので「強引だけど、電王だからしょうがないな」と許せるものだと思います。

本編同様「仮面ライダー」という枠組みでは疑問符を投げかけてしまうところは多々あるのですが、これまた本編同様「面白いのか?」と言われれば「面白い!」と即答する作品の一つです。
昔のライダーもシリアス一辺倒ではなく、女の子達や少年仮面ライダー隊などの「明るい要素」「華」はあったのですから、「電王」のようなアプローチも十分アリだと思います。

もっと読む

「555以来、久しぶりに劇場で見たライダーとなりました。劇場にやたらあっちな感じのお姉さま方が多いのが気...」 by バツ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2009/01/27 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 18003 ホスト:17794 ブラウザ: 2050(携帯)
評価を間違えました。
本当は「とても良い」を、「とても悪い」にしてしまいました。

変更できますか?

2018/05/12 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 11609 ホスト:11665 ブラウザ: 10214 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/勉強になった/勇気貰った 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 平成ライダーの楽しみ方 by mosukuwa
... 記憶を失った巧が平然とコーヒーを飲んでいるシーンがある…など、その辺の設定は作中では言わず、薄らとほのめかすように作っていたようです。 草加雅人がウエットティッシュで手を拭く理由とか、その辺りも作中で薄らと仄めかされております。 こういう、人物の細かい癖に設定があるのは面白いですね。 あとは、「仮面ライダー 誕生!」 ...
記事日時:2013/07/13
2. "特撮史〜仮面ライダー史〜"(再) by 陣兵
... 版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」。 【"04年】 「劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE」。 【"05年】 「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」、「仮面ライダー THE FIRST」。 【"06年】 「劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」。 【"07年】 「劇場版 仮面ライダー 誕生!」 ...
記事日時:2011/04/27 [表示省略記事有(読む)]
3. 本当に人気だなあ。 by バカボケ
近所のレンタルショップでは仮面ライダーがレンタル中の嵐でした。 残っていたのは一巻と二巻程度…。 それぞれ二本ずつ配置されているのに全部レンタル中でしたよ…。 とにかく今週は誕生!はレンタルしたので早く八巻に行きたいですね。
記事日時:2008/06/10
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: アニメ:仮面ライダー電王+しん王 / 特撮/人形劇:仮面ライダー電王
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ