[日本映画]仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX


かめんらいだー かめんらいだー ふぉーぜ あんど おーず むーびーたいせん めが まっくす / Masked Rider Masked Rider Fourze and OOO Movie War MEGA MAX
  • 格好良い
  • 熱血
  • 友情
  • 面白い
  • 楽しい
  • 感動
  • 勇気貰った
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数24位3,047作品中総合点47 / 偏差値91.29
日本映画平均点10位381作品中平均点2.24=とても良い/21評価
2011年日本映画総合点1位103作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.44(とても良い)16
ストーリー2.44(とても良い)16
音楽2.38(とても良い)16
声優・俳優2.31(とても良い)16
キャラ・設定2.25(とても良い)16
格好良い100%16人/16人中
熱血94%15人/16人中
友情88%14人/16人中
面白い88%14人/16人中
楽しい75%12人/16人中
もっと見る
属性投票する
〇スタッフ
原作:石ノ森章太郎
スーパーバイザー:小野寺章
プロデュース:塚田英明武部直美高橋一浩本井健吾

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2011/12/10(土)
公式サイト
1. http://www.fourze-ooo.jp/
オープニング動画 (1個)
SAMURAI STRONG STYLESAMURAI STRONG STYLE
歌:綾小路翔VSマーティ・フリードマン 詞:綾小路翔 作曲:マーティ・フリードマン [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
11,3122121
最近の閲覧数
1733715650
2人の方がこの作品が日本映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/11/09 / 最終変更者:永田 / その他更新者: mosukuwa / kunku / アセチルサリチル酸 / 提案者:剣先烏賊 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/09/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:953(59%) 普通:365(22%) 悪い:309(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177
オーズが本編の続きの話でアンクが復活したのは嬉しいし、
すでに顔見知りのメンバーに対しての反応は前よりも良かったし
生身での戦闘も多くアクションシーンを見ているだけで楽しく
W、オーズ、フォーゼそれぞれの主題歌を流しての戦闘は盛り上がりました。
見ていて楽しい部分が豊富だったのは確かだったと思います!

ただ話の内容自体が面白かったかと言われるとそんなにって感じで
不要に感じるキャラもいました。

アクアは1話ちょいくらいの時間しかなかったのもあってか魅力不足に感じたし
なでしこも弦太朗が恋をするということ自体は面白いけど展開が読みやすくて普通でした。

Wはフォーゼ本編にも財団xが出るから橋渡しとして登場してるんでしょうし
少ない絡みでも良いと思えたシーンがあるから良いんだけど
バース二人組はライダーとしてもかませで船で助けに来たシーンもアクアに全部持ってかれちゃってる。

7人ライダーはちょっと話す程度で後は戦闘してるだけ。
オールライダー呼んでて戦ってるシーンだけとかならまだ分かるんだけど
わざわざ人数絞ってる割にこれなのかーって思っちゃう。

評価は「普通」かなっ。

2018/01/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(82%) 普通:2(5%) 悪い:5(12%)] / プロバイダ: 532 ホスト:361 ブラウザ: 8822
平成ジェネレーションfinal後に視聴です
【良い点】
・アンクが再び映司と会う話にも関わらず、最終回の後の話として綺麗にまとめてた
最終回はオーズという作品を綺麗にまとめていた傑作だったが後日談としてアンクが再び出る以上、あの別れを台無しにしかねないところがあった
しかしアンクとの再会をまた次の未来に会うために頑張ろうという最終回とは違う「希望」という形での別れで良かった。
・フォーゼのノリもしっかり出しつつ弦太朗の心情と仮面ライダー部の団結
1クール終わった段階で上映される冬映画。わたしも1クール視聴した段階で見ましたが弦太郎のバカだが真っ直ぐなところを「人間ではない」ソルに恋心を抱くことで葛藤も描くけどやはりまっすぐなところを描写するのはすごくいいと思いました
仮面ライダー部に関しても1クール目で集まった部員が弦太朗を支えるというのも団結が見れて良かった

【悪い点】
・7人の昭和ライダーたち
こう40周年作品ですしやりたかったことわかりますけどこういう客演は難しいなあと思いました。
後半巻き返したとはいえ噛ませみたいになっちゃいましたし
・バース
こちらも噛ませとなってしまったのは痛いなと
伊達さんも後藤さんも良かったんですけどね

【総合評価】
オーズは後日談、フォーゼは物語の途中で始まるmovie大戦。それぞれがそれぞれの味がありながらWも合わせて3組の仮面ライダーが変身するのはまさに壮観。
翔太郎が映司に「ライダーは助け合いでしょ」と過去の名セリフをいうのも仮面ライダーというシリーズが培ってきた重みが感じられていいです。

平成ジェネレーションfinalで感動した後に見たこともありますが「知ってるよ仮面ライダーだろせっかくライダー同士なら俺はその手を掴みたい」には映司らしさがふんだんに出てて感激しました。名セリフだと思います
今からオーズを見てハマった方はぜひmegamaxから平ジェネfinalまで見ていただきたいと思います

2017/06/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(81%) 普通:2(1%) 悪い:25(18%)] / プロバイダ: 1488 ホスト:1614 ブラウザ: 10218
オーズパートもフォーゼパートも濃厚で面白かったですね それぞれしっかりと練ってあり整合性が取れてる
ポセイドンにアクアになでしこも出ててんこ盛りですね
なんつってもゲストライダーのWと栄光の7人ライダーも豪華なゲストですね
坂本アクションもキレがあり漏らしそうになりましたね
冒頭からかっこいいアクションに戦え7人ライダーのアレンジ版は反則過ぎ
Wとオーズとフォーゼの変身もカッコよかった!
確かにバースがかませは微妙でしたが…
7人ライダーがスイッチとメダルになるのは微妙でしたがライダースイッチの販促上仕方ないと割り切ってます

【総合評価】
冬映画で3つの指に入る傑作だと思います
本作が公開された翌月にはゴーカイギャバンも公開され濃い映画が2ヶ月連続で見れるのは夢のようでしたね
評価は最高で

2017/03/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(83%) 普通:1(4%) 悪い:3(13%)] / プロバイダ: 7595 ホスト:7799 ブラウザ: 10168
【良い点】
ダブルの共演、アクションがすごい、なでしこがかわいい

【悪い点】
無し!

【総合評価】
最高!

2016/01/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(62%) 普通:2(12%) 悪い:4(25%)] / プロバイダ: 6881 ホスト:6710 ブラウザ: 4721
【良い点】
・フォーゼ、オーズ、Wという平成ライダーと7人の昭和ライダーの共演という幅広い年齢層を意識した作風。
・TV版以上にクオリティが高いアクションシーン。ライダーでのアクションシーンはもちろんのこと、生身でのアクションシーンもとても格好良かった。
・どのパートも見所がある。オーズ編では仮面ライダーアクアとしての自信を出し切れずにいた湊ミハルが映司たちの戦う姿を通じて、アクアとしてオーズと共にポセイドンを倒し、その後もアクアとして戦うことを決心するという成長物語と、アンクの希望ある最期、
フォーゼ編は美咲撫子がどんな姿であろうとも愛し続けた弦太朗の想いと、撫子がカンナギによって消滅させられたことによって弦太朗が悲痛を受けていた中、仮面ライダー部の面々が弦太朗のためにサドンダスに立ち向かった姿、
MOVIE大戦編はフォーゼ、オーズ、Wと7人の昭和ライダーとの新旧ライダーの共演が実現し、Wはフォーゼとオーズに最大の敵カンナギとの戦いを引き継ぐ形で、7人ライダーはフォーゼとオーズによって復活し、それぞれ財団Xと戦い、
その後カンナギが超銀河王となり、最強形態となったフォーゼとオーズと超銀河王の熱い闘いと、それぞれ素晴らしい出来だった。

【悪い点】
バースがやられ役とされてしまっていたので、もっと活躍する場を作ってほしかった。

【総合評価】
フォーゼとWの本編はそこまで好きではないが(オーズはそれなりに好き)、今作は全体的にアクションシーンの迫力がTV版以上に凄かったし、ストーリーもしっかりとしていたので評価は「最高!」で。

2015/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3326(33%) 普通:3512(35%) 悪い:3273(32%)] / プロバイダ: 2134 ホスト:1926 ブラウザ: 5213
シリーズ生誕40周年記念の、ラストを飾るに相応しい力作だったでしょう。
結論から言って。

特撮畑ではデカレンジャーのドキーとかでも有名な、稲田徹氏の堂々な演技にも
流石なライダー1号等、昭和ライダー戦士が冒頭で見せた変わらぬ勇姿からして。
「ぐっとくる様な掴み」だったでしょう。実際の出典シリーズを見た事すらない
世代の人にとっても。

彼ら昭和7人ライダーに負けじと、他の平成ライダー達にも焦点が良く当てられて
ましたが、仮面ライダーポセイドンとなったミハルの話は、映司の彼に対する
友情とか熱いものがあったし、映司と消滅したかに見えたアンクのやり取りも
彼ららしかったのかもしれなかったですね。弦太郎の、撫子に対する慕情も真っ直ぐで、
しかしその撫子自身も仮面ライダーなでしことして共闘もしたのも「運命の赤い糸」
故だったのでしょうね。人間だった時の姿とは裏腹に(?)ある意味ノリノリだった
のも他のライダー戦士とは良い意味で特異なパフォーマンスだったと言えたかもしれません。

鴻上役の宇梶剛士氏は本編同様やや演技過剰だったかなあで、ラスボスの神薙も。
主張とかも他のアニメや特撮ものでも聞いた様なもので、悪役としてはまあまあと
言った所でしたが、財団をも裏切った等その野心の強さは人一倍で、ギラギラと
したオーラはありましたね。翔太郎と、良い意味で掴み所がなかったフィリップ
の登場も、良いアクセント利かせていたんじゃないの?で、終盤は勿論彼との戦いと
なっていったのですが、平成ライダー達が昭和ライダー達と合流して、僅かながらも
言葉を交わしたシーンは「受け継がれる、『真実へ向かう強い力』」とか象徴していたかもしれませんね。

確からXキックとか華麗なライダーキックや、エクソダスの艦隊をバイクで追っかけたり
(それでも届かなかったが、フックも利用して漸く追いついた)等仮面ライダー「らしさ」
を存分に活かしながら、派手なアクションを連発したのにはシンプルな爽快感があり
ました。「残念無念!」との叫びも残しながらだった神薙の散り様も、悪役らしく華々
としたもので、いっそうカタルシスが感じられました。最後撫子が・・・・・・・
だったのも、月並みながらも「愛の絆も永久に不滅です!!」という事でもあったの
でしょうが、世代を問わずほぼ誰でも楽しめる作りに仕上がっていましたね。
平成ライダー本編ももっとシンプルに楽しめる様なシリーズがまた制作されれば良いのですが・・・・・・・
評価は「とても良い」で。

[推薦数:1] 2015/10/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6036 ホスト:6027 ブラウザ: 3983
MOVIE大戦シリーズ3弾。
仮面ライダー40周年をラストスパートを飾る傑作。

仮面ライダーオーズ編 最高!
オーズ本編の最終回の後日談として最終回に繋がった内容。
映司がアンクのコアを戻すために旅をした。未来のライダー、ポセイドンが出現し、バースチームが戦いに挑むが、敗れる。オーズはポセイドンにのっとられてるミハルの異変を感じた。
映司はミハルが弱気なので明日のパンツを上げた。
未来のライダーの暴走を止めるため、映司とアンクはポセイドンと戦う。
ミハルが自分に足りなかったものはこう言った。「怖いなんて言ってられない。俺に足りなかったのは勇気だ!」
ミハルは未来のライダー、アクアに変身する。ポセイドンと戦いに挑む。
オーズとアクアがライダーキックを決め、ポセイドンを撃破。
最終回に繋がった内容で良かったです。
個人的にはオーズが好きな俺としては
本当に良かった。
アンクのコアを戻すために、未来を掴もうとする映司は格好良かったです。

MOVIE大戦MEGAMAX第二パート とても良い

翔太郎は財団Xを追いかけ、財団Xが出したヤミー軍団と戦う。翔太郎はジョーカーに変身し、ヤミーと戦う。
栄光の7人ライダーはカンナギを追い、財団Xの基地まで潜入するが、敗れる。

仮面ライダーフォーゼ編 良い!
恋愛要素みたいな感じ、なでしことの愛の物語という感じ。
弦太郎がヒーローぽく、格好良かったです。
後半が本当に良かった。撫子を失い、弦太郎が戦えない状況で、ライダー部のみんな財団Xと戦う姿は涙流しました。

MOVIE大戦MEGAMAX 最高!
Wの復活は嬉しい。財団Xの雑魚の手下と戦うWは本当に良かった。しかも主題歌流れて本当に素晴らしい。
愛のある客演。
フォーゼがライダースイッチとメダルを見つけ、栄光の7人ライダーを呼び出す。
「ヒーロー大戦シリーズ」みたいに扱いは悪くないです。
オーズとフォーゼはカンナギと戦う。
ロケットスティツとスーパータトバのライダーキックで超銀河王を撃破する。

MOVIE大戦シリーズと言ったら傑作は間違いなく、これでしょう。

評価は最高!で。

2015/05/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3858 ホスト:3801 ブラウザ: 3994
【良い点】
全部!!!!!

【悪い点】
なし!

【総合評価】
最高傑作です!!!

[推薦数:1] 2014/08/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:283(77%) 普通:29(8%) 悪い:54(15%)] / プロバイダ: 459 ホスト:463 ブラウザ: 5171
実質的に「フォーゼ、オーズ、W、そして伝説の7人ライダー夢の共演」を果たした良作です。

オーズパートは仮面ライダーアクア&ポセイドンの描写不足、伊達さん&後藤さんがやられ役を担っている点を差し引いたとしても「里中君が大活躍」「未来に於いてアンクが復活している事を示唆している」「時系列上有り得ないプトティラ以外のフォームが大活躍」している点は高く評価したいです。

フォーゼパートは…本編とリンクする「弦太朗の悲恋、そして彼を支える(流星を除く)ライダー部の健闘」に比重が置かれ、財団Xや仮面ライダーW、美咲撫子の存在理由、7人ライダーの『伝説』を巧くミックスさせています。

クライマックスではオーズ、フォーゼ、そしてW、伝説の7人ライダーが意外な形で共演され、翔太郎&フィリップが「映司の言葉を受け継いで後輩ライダーに託し」、Wの意志を受け継いだ後輩ライダー達がカンナギの野望を粉砕する様は「平成ライダーのノウハウを良い意味でふんだんに使用している」のが窺えます。

問題点は…スカイライダーが出ていないのに銀河王をモチーフとした『超銀河王』が出ている事、アクア&ポセイドンの存在の希薄さくらいのもので、「本編を熟知している人間」にも「単なる映像作品」としても「ヒーロー夢の共演」としても十分楽しめるのは東映特撮の面目躍如と言えるでしょう。

評価としては甘いかもしれませんが「平成ライダーと昭和ライダー夢の共演」と「W、オーズ、フォーゼの集大成的な内容」、そして「弦太朗の悲恋」を違和感なく混在させている手腕に敬意を表して「最高!」とします。
[共感]
2014/08/18 「MISSING ACE」とともに、ライダー映画の最高傑作だと思います。 by 天装絵里

2014/06/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(43%) 普通:0(0%) 悪い:8(57%)] / プロバイダ: 23235 ホスト:23484 ブラウザ: 5171
【良い点】全部!!!!!

【悪い点】なし

【総合評価】最高!!!!!!!!!!

2013/06/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2160 ホスト:1938 ブラウザ: 5386
【良い点】
7人ライダーとWの登場。
オーズの帰還。
フォーゼの恋。

【悪い点】
アクアとポセイドンの登場。

【総合評価】
仮面ライダー40周年のフィナーレとして、7人ライダーが登場しました。アンクとメダルを失ったオーズが復活し、フォーゼが女性ライダー・ナデシコに恋をします。ライダーの帰還と恋愛を楽しめるような映画になりました。

[推薦数:1] 2013/05/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(77%) 普通:0(0%) 悪い:3(23%)] / プロバイダ: 18252 ホスト:18178 ブラウザ: 7397
【良い点】
・坂本監督作品ならではのド派手なアクション。七人ライダーやバースの戦闘シーンを見てから「これはヤバい!」と驚嘆しました。ライダーだけでなく、映司、アンク、弦太郎などの生身の戦闘も必見で、アクション面では外れ無しです
・弦太郎の初恋。元々この手の話はあまり好きではありませんでしたが、撫子の消滅とその後のライダー部各々が立ち向かうシーンは感動モノで、私がJKにハンカチを貰いたくなりました(泣)
・Wの名コンビ再来。翔太郎の単独変身が再び見れたのは嬉しかったし、フィリップ君も良い味だしてました。「うぃっす!」の掛け合いは中々シュールでしたが(笑)
【悪い点】
・あくまでオ―ズとフォーゼに主眼を置いた作品であることには異論を挟む気はありませんが、どうもサブキャラ、敵キャラの扱いが可哀想です。後藤さんとか個人的に好きなので、もうちょい活躍させて欲しかったですかね。
・終盤のフルCG戦闘シーン。最初見た時はカメラアングルなどの演出で凄いと思いましたが、後々考えると若干中途半端な気がしてなりません。

【総合評価】
今まで見た中では最高の映画です。DVDも購入して見直してみましたが、全く衰えない面白さと感動でした。坂本監督、グッジョブです!

2012/11/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(50%) 普通:9(17%) 悪い:18(33%)] / プロバイダ: 6021 ホスト:5939 ブラウザ: 11724
【良い点】
話の展開はスピーディーだけどうまく纏まっている。

戦闘シーン。

ジョーカーの登場。

7人ライダーのBGM。

オーズ全コンボフル活用(プトティラ、映画除く)とフォーゼ20番までのスイッチフル活用。

【悪い点】
アンクの復活した経緯を描かなかった部分。

バースの出番の少なさ。

財団Xとの決着がつかなかった。

【総合評価】
昭和平成ファンにもおすすめできる映画なので、90%!

2012/09/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 35832 ホスト:35777 ブラウザ: 9354
オーズを見終えると同時に、これを視聴。
オーズの続編、フォーゼの劇場版として充分楽しめる作品でした。
主軸になっているオーズ編、フォーゼ編の出来は良かったし、オーズ編のラストは凄く良かったと思う。
ペースも早く、本来なら結構時間をかけてやるべきエピソードをMOVIE大戦はあっさり纏めてしまうので、まあこんなもんかな。
ぶっちゃけ、7人ライダーもダブルもいらないんですが…。昭和ライダーのメダルやスイッチで出すのもなんか変だったし。

えー、敵は総じて魅力が薄かったかと。尺が短い為に物語が薄っぺらくなってしまうのは仕方ないでしょうが、財団Xはなぁ…。
なんで他作品まででしゃばってくるんだよ、と思いますね。
しかも、ダブルの敵はメガネの中年男性なら威厳あると思ってる節があるのか、悪役で偉そうなキャラはそんなんばっかりです。 益岡徹さんには申し訳ないですが、毎回こんな人ばっかりで飽きました。何も印象に残りません!
ポセイドン、サドンダス、超銀河王……どれもデザインがカッコいいだけに、キャラとか総じて微妙だったのが残念です。

あとゲストの翔太郎とフィリップ。いつにも増して態度が不快で、先輩面にイラッとする二人でした。
弦太朗を小ばかにしたような言動に、相棒の戦闘中にくだらない用事で検索かけてるフィリップ。
弦太朗やライダー部は、好感の持てる人物になってたのに、こいつらは少し喋っただけでイラっとさせるキャラにさせたのが凄いです。
翔太郎、フィリップ、弦太朗と並ぶと映司が凄く常識人に見えるんですが、そんな映司に対しても凄く偉そうなのも不快な要因でした。

それから、なんで7人ライダーだったんでしょう。こいつらのアナグラムがアマゾンまでで、ちょうど7人だったのも一つの原因でしょうが、それでもスカイライダー、スーパー1、ゼクロスが出てきてもいいんじゃないかと思います。
さっきこいつらはいらないと言いましたが、敵はスカイライダーの敵ですし、ロケットスイッチスーパーワンという名前までついてるし、出すならばZXまでの昭和ライダー全員出しても良かったんじゃないかって思いました。
アマゾンと弦太朗の絡みは一瞬で終わったけど面白かったよ。

あとはバースの扱いが残念だったこと、プロトバース破壊も一つの問題点ですね。
財団Xとかさっさと壊滅か自然消滅させてほしい。もう大ショッカーに比べても画面的な魅力は薄いし、引っ張らなくて良いと思う。
まさか今後のMOVIE大戦にもダブルや財団Xを出さないよね……?

まあ、主軸のオーズとフォーゼが良かったので、評価は「良い」。

2012/02/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:229(72%) 普通:48(15%) 悪い:40(13%)] / プロバイダ: 674 ホスト:547 ブラウザ: 9431
最近のライダー大集合的なアレの乱発に辟易していたので、
観るのがだいぶ遅くなってしまいました。

内容はとても良かったです。
オーズ編は本編終了後の話を(アクア登場の流れはやや強引ですが)矛盾などもなく
丁寧に描けていたと思います。
特に映司たちの「もう一度アンクに会いたい」という思いをメインに据えたことで、
その復活から再び去るまでの流れが上手くできていると思いました。

フォーゼ編もまぁ佳作かなと。
宇宙生命体に初恋をするというのはなんともはや型破りな感もありましたが、弦太郎の
愚直なまでのまっすぐさが種族感の壁をも超えるというのは面白かったです。
懸案だったなでしこの登場もあれなら納得のいくものでした。

そしてWがタイトルに全く出ないにも関わらず大活躍していましたね。
チョイ役かと思いきや財団Xと戦ってきた先輩としてオーズとフォーゼを
徹底的にサポートしていました。フォームチェンジも本編を彷彿させるもので、更に
ジョーカーまで出してきたことに製作陣の愛を感じました。

ここまでは褒めてきましたが、もちろん不満点もそれなりにあります。
まず7人ライダーの必要性。ぶっちゃけ彼らはお父さん世代を呼ぶためのパンダでしたね。
序盤と終盤で活躍はあったもののその思いが拭われることはありませんでした。
そしてバースの壮絶な噛ませっぷりも酷かった。プロトと二体出すならせめてどっちかは
バース・ディ状態にしてあげましょうよ……。
映司が「ライダーは助け合いだ」と言ったことが3大ライダーを結びつけるキーワードに
なったのはいいですが、肝心のオーズ関連の映画がことごとく本編の時系列を無視していた
せいでそこまで感動できなかったのもマイナスですね。
最後にこれは個人的な思いですが、ここまでWが活躍していたのにタイトルに出さなかったのは
かなり不満に感じました。せめてfeat.Wくらいつけることはできなかったのでしょうか。
財団X自体がWのおかげで出せるようになった便利な敵だというのに。

坂本監督のアクションやよく考えられたそれぞれの編の間のつながりと見所は多かったですが、
Wとフォーゼをつなぐオーズが本編・映画間の整合性でやらかしてしまったために肝心のテーマが
破綻してしまったように感じました。本当に残念です。
それでも単独の映画としては非常によくできていたので「良い」で。

もっと読む

「この映画は評価をする1ヶ月前(厳密には昨年の12月)に映画館まで足を運んで観に行ってきましたが、まずは前...」 by Mr.KN


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/09/21 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/楽しい/格好良い/悲しい 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 約5年振りに映画館へ by 霧の童話
... 月曜 ! メンズデー割引き ! ちゅーコトで、遅ればせながら『シン・ゴジラ』を鑑賞するべく 実に『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』以来、 約5年振りに映画館へと脚を運んで参りました …「割引きデー狙い」つーのが何ともセコイ話ですけどね。 まあ、あまりにも久々だったんで映画館の場所をド忘れして2区画 ...
記事日時:2016/09/19
2. スーパー特撮大戦がスパロボみたいにシリーズ化してたら by mosukuwa
... 仮面ライダークウガ』(ユニット参戦) 『仮面ライダーアギト』 『仮面ライダーディケイド』(ゲスト参戦) 『仮面ライダーW』 『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』 『小説 仮面ライダーW 〜Zを継ぐ者〜』(ユニット参戦) 『仮面ライダーOOO/オーズ』 『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブルfeatスカル MOVIE大戦CORE』 『仮面ライダーフォーゼ』 『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA ...
記事日時:2014/01/03
3. 特撮ヒーローの共演で良かったと思えた映画作品 by Mr.KN
... たものの、内容的にはオーズ勢(特にアンク)とイマジン達の絡みや40年後に向けたメッセージ、そして1号、2号、V3、Wはご本人がそれぞれ声を担当してくれたのや、Wキカイダーとイナズマン、ズバットも出演するなどしていて、ライダーの共演作品では非常に良かったと思えた作品という印象です。 ・仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA ...
記事日時:2012/11/16
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ