[日本映画]教祖誕生


きょうそたんじょう / Kyoso Tanjo
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数677位3,046作品中総合点3 / 偏差値51.09
1993年日本映画総合点10位20作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
怖い100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
1993年 日本
監督: 天間敏宏 製作: 鍋島壽夫 田中迪 プロデューサー: 吉田多喜男 吉田就彦
企画: 森昌行} 馬越勲 原作: ビートたけし Beat Takeshi 脚本: 加藤裕司 中田秀子
撮影: 川上皓市 美術: 磯田典宏 編集: 荒川鎮雄 音楽: 藤井尚之
日本 公開開始日:1993/11/20(土)
プロモーションビデオ (1個)
6,20677
最近の閲覧数
2022310022
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/13 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: kunku / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3324(33%) 普通:3510(35%) 悪い:3272(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8317
もう今はとっくに廃線となってしまった、鹿島鉄道玉造駅にもこの教祖一行
来ていましたが・・・・・・・富津から普通に遠いのによく来たもんだでも
あって、見るからに胡散臭かったこの一行でしたが、私の腰も治してくれと
言ってきた爺さんとか簡単に騙されちゃうものなんですね。でも、その教祖と
幹部達も必ずしも関係良好だったわけでなく、その幹部の一人だった
たけし氏はいい加減嫌気がさしていて、首を挿げ替える事まで考えて
いたけど、現金なものでしたね。でも、まあ実際そういう内部対立とかも
よくあるのでしょう。色々あって、最後も、この期に及んでも・・・・
・・・・でしたが、「もう一生やってろ」でしたね。(笑)尼さんになって
もう何年も経っているはずなのに、不倫を正当化する旨の発言していた某作家
もそうですが、人間なかなか悟りなんて開けないんだなあと言うか、
宗教、某宗教団体のボスも今や既にこの世の人ではなくなってしまいましたが、
特に新興宗教の嘘と欺瞞を鋭く風刺した異色のブラックコメディものでしょう。評価は「とても良い」で。

2016/09/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7563(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22081 ブラウザ: 1975(携帯)
公開された時代を考えると間違いなく日本中を震撼に陥れたとある宗教団体による凶悪犯罪事件よりも前に作られたことは容易に想像出来ましたが、確かそのとある宗教団体も教祖を主人公にしたアニメを制作したり、テーマソングを作ったり、選挙活動をしていたりしただけにおそらくというか十中八九でそれをモデルにしていたのでしょうね。

もっとも、本作の場合はそうした教団をフェリーの上で偶然目の当たりにした主人公がそれに興味を持って入ることになるわけだけれども、その実態等をユーモラスに描いていたのが特徴的でしたね。それはやはり、ビートたけしが脚本を書いているのが大きいかなと思いますが、そのビートたけし扮する志賀が強烈にキャラが立っていた印象で、主人公らを食ってしまわん勢いがありましたね。

一方で、その志賀のお金儲けばかりを考えたやり方に反抗的になった前任者の教祖が強制的に抜けることとなり、半ば消去法的な感じで教祖を引き継ぐことになった主人公が、2週間の断食を成し遂げたりと、想像以上のガチ勢で、ついには志賀やその取り巻きも押し退けて本物の教祖になってしまうというラストは今にしてみると、なんかゾッとするようなものがありました。

2006/03/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3432 ホスト:3525 ブラウザ: 5237
新興宗教を思いっきり皮肉をこめて風刺している作品という所でしょうか。
正直私はそれほど面白いとは感じませんでしたが、まあ新興宗教をコケにしていてそれなりには楽しめました。
その時の時代というものをよく反映している映画ではないか、とは思います。

2006/01/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(51%) 普通:6(14%) 悪い:15(35%)] / プロバイダ: 7417 ホスト:7667 ブラウザ: 4184
北野映画から皮肉めいた笑いをとったら何にも残らないんじゃないのでしょうか。
これも社会性とゆうより当時の新興宗教ブームに便乗した話題性だけじゃないのかな。。。

2006/01/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 10001 ホスト:9949 ブラウザ: 4487
まだまだビートたけしが事故る前に撮られて上映された映画。

ブラックユーモアたっぷりのかなり笑える映画だった記憶がある。

個人的にはビートたけしのブラックさとユーモアぶりが見事に決まっていた印象さえ感じさせる。
彼は事故る前はこうして毒のある感じの役をこれでもかとばかりに演じることが出来ていたのだが
残念ながら事故の後はすっかりその辺りが落っこちてしまった印象さえ感じさせるのが惜しい。

それ以外は「こんなものか」と感じさせる程度。

2004/09/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16614 ホスト:16432 ブラウザ: 3875
暇な若者・和夫(萩原聖人)は、旅先で目にした宗教団体の布教活動を追っていくうちにだんだんと興味を持ち始め、とうとう彼らの仲間となって手伝うことになる。教団の中には実質的に教団を動かし金もうけに腐心する司馬(ビートたけし)と司馬の立場を狙う呉(岸辺一徳)のコンビと、信仰心の厚い駒村(玉置浩二)がたびたびぶつかりあいながらもなんとかうまくやっていた。そんなおり、司馬は教祖(下條正巳)を追い出し、和夫を新しい教祖にまつりあげてしまう。

インチキ宗教団体のドタバタコメディかと思いきや、なかなかまじめな宗教ブラックコメディでした。この映画に出てくる宗教(真羅崇神ナントカ教・・・忘れた)の教えの中身や形式はなんともうさんくさいんだけど、中身ではなく宗教のありかたを揶揄している様がやたらリアルで見入ってしまいました。シニカルなラストもよい。「置物」の教祖がだんだんその気になり始め修行まで始めてしまい、とうとう本物の神通力を手に入れてしまう。
宗教団体の実態というのは大体似たり寄ったりなのだろう。何をするにもお金は必要。インチキでもそれが方便で、精神的に救われる人がいるなら、五百円の仏像を百万で売り出してもありがたければよいのだろう。神を信じる玉置さんよりもお金にこだわるたけしや岸辺さんが正しいように思えました。それが皮肉なのか。まつりあげられただけなのに断食までしてその気になってしまい「おまえのような人間にはバチも当たらん、立ち去れい!!!」なんて言ってしまう萩原聖人の姿は滑稽で、宗教が生み出すバカな茶番に見えるんだけど、本人が満足してるだけじゃなくてそれについていく信者がいるから不思議だ。そのハタから見える滑稽さが宗教団体が浮いている理由なんだけど、その滑稽な茶番を支える盲信って本質があるから何を言われようと強固で崩れない組織が出来上がるということなのか。

一番よかったのは寺島の兄貴が出てたこと。実はこれが一番の収穫。インチキ教祖にたてつく役なんだけど、岸辺一徳にボコボコにされて必死で謝っている。笑いどころである。他にももたいまさこも異様にハマリ役でした。玉置さんに似てる人がいるなあと思ってたら本人だったのも驚き。意外な役どころでした。あと、ソナチネの女の子が出ていました。この人もう引退したのか?あとこの天間さんという監督も、これ以降仕事してないようです・・・どうしたんだ?

音楽がなかなかよかったのも意外。調べたら元チェッカーズの藤井さんが担当しているそうで。サントラも出ていますね。やたら映像に合っていて、「おっ」と思いました。何にせよ結構楽しめたので、暇なときにおすすめです。ビートたけしの原作を読んでみるのもいいかもしれません。

2004/09/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6034 ホスト:6030 ブラウザ: 3875
ビートたけし出演作品って事で見ましたけど
彼の役どころ結構エグイんですよね。
まぁ実際の新興宗教って 実状はきっとこんなんだろうなぁ
紆余曲折色々あって最後は予想通りの終わり方なんで、話的にはそんなに盛り上がる所も無いのだが
メイン所のキャストが個性的で 個々の演技や掛け合い等で引っ張っている印象ですね。

この評価板に投稿する



2016/09/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22081 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事怖い/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ