[日本映画]殺しの烙印


ころしのらくいん / Koroshi no Rakuin
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,339位2,793作品中総合点1 / 偏差値49.57
1967年日本映画総合点12位17作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
格好良い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

殺し屋がランキングされ、すべての殺し屋がナンバー1になろうとしのぎを削る世界。ナンバー3の花田五郎は、ある人物の護送を依頼され、その任務中にナンバー4の高とナンバー2の佐倉を倒してナンバー2の座を獲得する。しかし、栄光の座についたのも束の間、部屋中に蝶の死骸を散りばめ自らも死に取り憑かれた謎の女・美沙子に依頼された狙撃に失敗した花田は、彼をナンバー2の座から蹴落とそうとする殺し屋たちの追撃を受ける羽目になる。挑戦者をすべて倒した花田の前に最後の敵として現れたのは、正体不明の伝説の殺し屋ナンバー1だった。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
91分

監督:鈴木清順
企画:岩井金男
日本 公開開始日:1967/06/15(木)
1,00811
最近の閲覧数
62314438031
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/13 / 最終変更者:銀河の星屑 / 提案者:銀河の星屑 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/12/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2281(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1144(25%)] / プロバイダ: 16051 ホスト:16293 ブラウザ: 5173
「私はコレ(本作)で会社(日活)を辞めました」な鈴木清順監督作。
脚本はキャストにも名を連ねている大和屋竺らとの合同ペンネームであり、
彼らの名前でピンと来る人は昭和の映画通かルパン通かの、どちらかでしょう。

高度経済成長期の日本を背景としながら登場人物が限られていて殺伐とした雰囲気が漂い、
殺し屋同士がランキングを競っている等、異国のハードボイルド的な雰囲気。
同業者抗争では(かなり豪華な)山荘の屋根から撃ち殺されて転がり落ちてくるカットや
家屋ごと焼き殺されて火達磨になって飛び出してくるカット、
蝶のコレクターである猟奇的かつ神秘的な女等、
ほぼ「ルパン三世」第1シーズン(それも前半)に相通じる要素。

それだけなら良かったのですが、演出とシナリオの乖離が大問題となった。
山荘の正面に向かって運転していた車がハンドルを切った途端に一本道の山道を進んで対向車と追突したり、
話の大筋は観ていて大体、解るものの、その流れに沿っていく事よりも
監督がハードボイルドタッチのカッコイイシーンを撮る事を優先させたため場面場面がかなり意味不明。
しかし全編通じて渋い雰囲気は漂っている事もありマニアにはカルト的作品として知られている。

評価は「良い」で。

この評価板に投稿する



2015/10/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34156 ホスト:34036 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. "『邦画〜公開作品〜』史Ⅲ" by 陣兵
... 空」 「恋門」 「交渉人 THE MOVIEタイムリミット高度10,00m頭脳戦」 「交渉人 真下正義」 「皇帝いない八月」 「国際秘密警察シリーズ」 「ごくせん THE MOVIE」 「五十万人遺産」 「ゴジラシリーズ」 「COSMIC RESCUE」 「この胸いっぱい愛を」 「ゴルゴ13」 「殺し烙印」 「昆虫 ...
記事日時:2011/06/22
2. 全速力で趣味に突っ走ってみました。 by 蔦屋
... 視した段階では、侵入者にとってミレニアは「正体不明見知らぬ少女」なである。 侵入者たちは、そのほとんどが(一応、一般的に)理性・良識・常識みたいなものをある程度持ち合わせているであるが、それならば、いきなり有無も言わず言わさずミレニアに襲いかかってくるだろうか? 「刻命館」主人公ように、ミレニアは「国王殺し容疑がかかった ...
記事日時:2005/09/09

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ