[日本映画]誘拐


ゆうかい / Kidnapping (Yukai)
  • 考えさせられた
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,109位3,059作品中総合点2 / 偏差値50.16
1997年日本映画総合点12位31作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)2
キャラ・設定1.50(とても良い)2
映像1.50(とても良い)2
ストーリー1.00(良い)2
音楽0.50(良い)2
考えさせられた100%2人/2人中
熱血50%1人/2人中
悲しい50%1人/2人中
面白い50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
製作:富山省吾 製作補:本間英行 監督:大河原孝夫 音楽:服部隆之 脚本:森下直 音楽プロデューサー:北原京子
撮影:木村大作 助監督:手塚昌明 編集:長田千鶴子 美術:部谷京子

田畑刑事:渕野直幸 藤一郎:永瀬正敏 安藤刑事:磯部勉 石濱朗:跡宮壮一郎 米崎マヨ:酒井美紀 佐々木刑事:岡野進一郎
日本 公開開始日:1997
画像集サイト
1. http://plaza10.mbn.or.jp/~TOSHIYA/jmove/details/08/08-14.html
5,71755
最近の閲覧数
1100111221
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/18 / 最終変更者:永田 / その他更新者: カトル / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/11/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3372(33%) 普通:3564(35%) 悪い:3315(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8287
先日地上波放送されてましたが、個性派役者も多数起用した、劇場型犯罪もの映画だったという事ですか。本作は。

親子ほどの年齢があった津波と藤の刑事コンビを中心とした誘拐事件の顛末が明かされる事となって、後者は序盤は生意気な口を利く奴な印象も強かったけど、その一方で前者の家で共にご飯を食べたシーンも見られた等その絆は確かでしたね。

中盤以降、しだいに犯人の犯行の動機が明らかになっていきましたが、確かにああいう動機では尚更マスコミも大いに利用した犯行を思いついたのも無理なかったかもしれないですね。無理もなかったと言えば、最初の身代金運び役だったけど、心筋梗塞の発作を起こしてしまった神崎もそうだったけど、身代金が入っていたバッグはホントに30キロの重さがあったのだとか・・・・・・・・大の健康な大人でも持って歩くだけでも重労働なのに、長距離では無かったとは言え、背負って自転車を走らせていた藤なんか特に凄かったですね。前述した態度も見られましたが、決して口先だけの男じゃなかったですね。流石だったでしょう。

さあ、そんな苦労までして指定した場所に置いたバッグを間違いなく取りに来る犯人はどんなやつなのだろうと思いきや・・・・・・・・いつの間にすりかえられていて、彼等の必死の努力も嘲笑っていたかのようでしたが、その犯人が「あの人」だったのも普通に意外性が感じられましたね。見ていて飽きさせないものは確かにありました。評価は「良い」で。

2015/07/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7744(87%) 普通:661(7%) 悪い:474(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21973 ブラウザ: 1975(携帯)
誘拐身代金三億円の受け渡し過程を犯人側の要求で、延々とテレビで生中継するシーンが続くが、撮影はすべて都内の街頭でロケされているため臨場感があり、この作品の大きな魅力になっている。生中継シーンが全部終了するのに本編109分のうち約半分の50分強を要している。過去の回想等がインサートされたりはするが、これだけの大規模なロケはものすごい力業であるのは素人にもわかる。ヘリコプターからのショットも含めて銀座その他の街頭で21台のカメラを同時にまわしたとされるから、おそらくオリンピックの記録映画撮影に迫るだろう。取り直しが効かないロケーションのモッブシーンの成否が映画自体の出来不出来を決定するから日本映画としては画期的な撮影であったにちがいない。編集も丁寧かつ巧妙に仕上がっているとみた。

開始から65分ぐらいで事件の背景と誘拐動機が判明し、90分で犯人が分かってしまう。犯人の意外性には驚くが、動機の社会的背景の確かさが、この映画をエンターテイメントながらも重いものを観客につきつけてくる。これほどの社会派サスペンスは松本清張もの、例えば「砂の器」あたりを最後にして、ほとんどなかったといってよい。産業廃棄物によるダイオキシン公害が浮かび上がってくる。企業の巨悪を暴く映画の姿勢がはっきりしている。現代的で切実な問題が犯罪の裏に隠されていたのだ。犯人を追う刑事によって語られる「緻密に練られた計画、大胆な実行力、リーダーは40歳以上の男、感情に流されず抜群に頭がよく、かつ執念深い」という犯罪の輪郭が丹念に画面に裏付けられていく。

とりわけ犯人からの電話の指示で次々と身代金をたらい回しにされるシーンの電話の使い方や人間の動かし方は「ダーティハリー」にあったからオリジナルではないが、ドキュメンタリータッチという点ではハリー・キャラハンが走り回る姿を追いかけるカメラを遥かに凌駕しており、第一級の迫力を持っている。

ともあれ密室殺人トリックや非現実な知的ゲームだけでは現代という複雑な時代に迫るミステリーは生まれてこない。その意味では社会派の犯罪映画として骨格のしっかりしたこんな映画が出来たことの意義は大きい。大人の観客の観賞に耐えることができる。また、渡哲也、永瀬正敏、酒井美紀の織り成す刑事とその家族の哀楽の描写はそんじゃそこらの犯罪映画をはるかにしのぐ現実感がある。

2006/02/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
映画が公開された事なぞ知らなくてテレビで見たけど、特に意外性も感じないが、悪くもないといった印象。
2時間サスペンスドラマと一緒のような物と感じました(だからどうというわけではありませんが)。
もう一つ、ここのこの部分が凄い!と思えるような箇所がほしかったですね。
まあ本当にありがちなストーリーではありましたな。

2005/03/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7335 ホスト:7374 ブラウザ: 3875
ずっと前にTVで見ましたが、展開がなんか大げさのような気がして、あまり楽しめませんでした。
確かにトリックとかはなかなかでしたけどね・・・・真の犯人の正体とかまあありがちだったし。
誘拐ものとしては、どこか新鮮味に欠けた感じがします。
展開が緊迫感がなく、スピード感もない。誘拐事件としては重要なピースがないことが最大の欠点かもしれません。

2004/11/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6034 ホスト:6020 ブラウザ: 4184
誘拐物って好きなんすよね私。岡嶋二人さんの影響で
ってな事で見る事になった渡哲也&永瀬正敏の誘拐
肝心の誘拐・身代金受け渡しのトリックはまぁまぁだったけど
ちょっと脚本的にイマイチな印象。
途中で間延びしちゃうんですよね。誘拐物の緊迫感を維持するのが困難だったのが残念。
邦画が嫌いな訳では無いんだけど、これだったらメル・ギブソンの身代金の方が
テンポ・脚本共に面白かったと思う。

この評価板に投稿する



2019/11/08 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8287 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/悲しい/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 無題 by 紅葉青水
... は戦闘時には無自覚だったりする。ちなみに作中では良い事のことを「いいもん」といい、悪いことを「わるいもん」という言葉で表現している。 ちなみに全話みたわけではないので実はアシュがどういう組織だとか彼らの行動の全話見終わった後の評価は違う可能性もある。 で、このアシュを見ているとき、今の中東での誘拐騒ぎに対する日本の ...
記事日時:2015/01/31 [表示省略記事有(読む)]
2. さぁ行くぜ 俺達の出番だ by 伏魔の剣
... 第1話「赤ちゃん暴走!」 横浜で赤ちゃん誘拐事件が発生。誘拐されたのは高沢博士の孫だと判明したが、犯人の身元は不明。犯人は盗んだタンクローリーで横浜市内を爆走していた。 これに対して、正木俊介警視正は特別救急警察隊「ウインスペクター」に出動を命じる! 特警ウインスペクター 第49話「翔べ希望の空へ!」 さらばウインスペクター。君たちの事 ...
記事日時:2018/10/28 [表示省略記事有(読む)]
3. 2018年ジャンプ46号感想(『THE COMIQ』短期集中連載&読切『初めての持ち込み』掲載号) by エスパー
... 駿海おじさまへの手紙も御尤も内容、試合前に送るものとして十分相応しい。 相撲部屋をひとつの家族に捉えたばあい柴木山親方が父親で駿海おじさまが祖父。…しっくりくる言葉です。 そも学生編からね、まるで火ノ丸くんのお父さん・おじいちゃんのようだと思ってきたクチなんすよ私も。 ソーマ ええー、えりなさま誘拐の件はマジ ...
記事日時:2018/10/15 [表示省略記事有(読む)]
video video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ