[日本映画]勝手にふるえてろ


かってにふるえてろ / Katte ni furuetero
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,603位3,043作品中総合点-3 / 偏差値45.60
2017年日本映画総合点55位67作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)1
音楽-1.00(悪い)1
声優・俳優-2.00(とても悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
ストーリー-3.00(最悪)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ『勝手にふるえてろ』
エグゼクティブプロデューサー:福嶋更一郎津嶋敬介
チーフプロデューサー:新村裕鈴木俊明

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2017/12/23(土)
公式サイト
1. 映画『勝手にふるえてろ』公式サイト
1,19811
最近の閲覧数
10101680000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/04/06 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/07 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3322(33%) 普通:3508(35%) 悪い:3267(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8319
原作は織田作之助賞大賞候補になったらしく、OLの新感覚恋愛(?)を描いた様ですが・・・・・・・・・・

そのOL、ヨシカは好きだったイチとの脳内恋愛(もっと分かりやすく言えば妄想?)をしていたけど、それからして全然笑えなかったですね。でも、彼女に惚れたのは二で、相思相愛ではなかったながらもなし崩し的に付き合っていった内に同総会で再会したイチとも話す機会を得ましたが、実はいじめを受けて同窓会に来るのを嫌がってましたってえのもさりげなさ過ぎたのかそんな意外性感じてさらりと流せた感じ(まあ、相手にそのつもりが無くても自分が不快に思うのならいじめだという様な主張には異議はなかったですが)だったし、何より北村匠海氏の演技は本作でも棒気味でした。

ヨシカも妄想の他にも妊娠したと嘘ついたり、会社を辞めようとしたり、二に怒ったりと忙しい姉ちゃんでしたが、どうもウケ狙いしようとして詰め込み気味になってしまった様にも見えました。中盤ミュージカルを披露していたシーンも中途半端でしたが、松岡茉優氏も渡辺大知氏も使い方がズレていて、あざとさや寒々しさしか残らなかったですね。

綿矢りさ氏も、一時期思う様に作品が描けなくてアルバイトしていた等苦労されていた様だし、ご自分なりにもっと違うものを書こう、もっと自分の殻を破ろうと努力されていたのを否定するつもりも笑うつもりも毛頭無いです。しかし、いかんせんことごとく空回りしていた様に見えて、ヨシカがイチと二どちらを選ぶのか正直どーでも良いわでしたが、共感させられたわけでもなければ笑えたわけでもなく、伝わるものはなかったですね。Yahoo映画レビューでは高評価だけど、これでは興行収入も氷菓とかと大して変わりなかったのも無理ありません。北村氏も自分の見た限りでは演技力が大してなくてもある程度は誤魔化せる役柄が多い様な印象を受けますが、これだったら同じスターダストタレントでも他にもっとブレイクしてほしいと思う兄ちゃんもいます。でも、北村氏だって他人にはなかなかない良いものだって持っている、そうでないのなら早くから推される筈も無いのですから、そういうのもご自分でももっと活かせる様頑張り過ぎない程度に頑張って下さいと強く思います。評価は厳しいですが、そういう意味でも「最悪」とします。

この評価板に投稿する



2019/07/07 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8319 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)

1. 綿矢りさ 考察 by 論客X
... 、その中で乳くりあったほうがよりエロいという事を勘づいて居るから。あくまで「日常的」というのがポイント。で、どうやら綿矢りさにとってそのシチュエーションを作りやすいのが「高校生活」らしい。 よっぽど高校生時代が印象的だったのだろうか、その場を与えられると綿矢りさは水を得た魚なる。 「夢を与える」や「勝手ふるえてろ」等では ...
記事日時:2014/02/13

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ