[日本映画]劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド


G(全年齢対象)

げきじょうばん かめんらいだーうぃざーど いん まじっくらんど / Kamen rider Wizard in Magic land
  • 格好良い
  • 美しい
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数146位2,857作品中総合点15 / 偏差値62.17
日本映画平均点58位373作品中平均点1.50=とても良い/10評価
2013年日本映画総合点1位109作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.12(とても良い)8
音楽1.88(とても良い)8
キャラ・設定1.62(とても良い)8
ストーリー1.62(とても良い)8
声優・俳優1.50(とても良い)8
格好良い75%6人/8人中
美しい50%4人/8人中
楽しい50%4人/8人中
面白い50%4人/8人中
熱血38%3人/8人中
もっと見る
属性投票する
原作:石ノ森章太郎
脚本:香村純子
音楽:中川幸太郎
アクション監督:石垣広文

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2013/08/03(土)
オープニング動画 (1個)
The Finale Of The Finale
歌:RIDER CHIPS 詞:藤林聖子 作曲:野村義男 編曲:RIDER CHIPS [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
4,4201210
最近の閲覧数
2051101041
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/06 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: アセチルサリチル酸 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/03/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:187(77%) 普通:1(0%) 悪い:55(23%)] / プロバイダ: 2665 ホスト:2611 ブラウザ: 8330
ウィザードの映画と言っても鎧武とのムービー対戦のイメージの方が強いので
肝心のストーリーはあまり覚えていないだろうと思ったら世界観などは
しっかりと頭の中で覚えていました。

まず、インフィニティードラゴンのデザインですが、ダイヤモンドでキラキラと輝いているデザインに金色を合わせるのは相性が悪いと思いました。そこは銀色のかっこいい
ドラゴンが現れて欲しかったです。

世界観が独特な発想だったので評価は【良い】にします。
この金色の魔法使いと言う言葉が今回の新形態のヒントになっていたのだと思います。
魔力流通システムという発想には大変驚きました。

2018/03/18 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(96%) 普通:0(0%) 悪い:1(4%)] / プロバイダ: 5645 ホスト:5620 ブラウザ: 10092
【総合評価】
ドラマ本編の私的評価は、いい所あり、イマイチの所ありで、「普通〜良い」ぐらい。

惜しいと思ったのは、「魔法」というコンセプトが余りいかされていなかった点。
色々技は出すが、いつもCGであのぐらいの技は出している。

この劇場版、前半の一般市民が普通に魔法を使い生活しているシーンなど面白かった。
ドラマ本編もこのぐらいの遊び心があれば良かったのにぃ〜。

2018/03/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:115(80%) 普通:3(2%) 悪い:26(18%)] / プロバイダ: 10973 ホスト:10905 ブラウザ: 10214
見たときはファンタジー要素と魔法使い要素が強い印象がした
ソーサラーのデザインも悪くないです
フォームを時間内に全て出してるのも悪くない
晴人とコヨミが手錠を掛けられたシーンは本編で晴人が手錠を掛けられたシーンのセルフオマージュじゃね?って思った
予算の都合で途中で空気になったドラゴンとキマイラの巨大戦も見れたのもファンサービスでもあるだろうし気に入ってる自分も満足しました
ストーリーテンポはいいけど最後は地味かな

【総合評価】
あっさりとしましたが仮面ライダー映画としては悪くなかったです
評価はとても良いで

2017/05/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(70%) 普通:0(0%) 悪い:3(30%)] / プロバイダ: 16560 ホスト:16698 ブラウザ: 8813
【良い点】
マジックランドが面白い
フラワーリングの扱い、新しいおもちゃを売りつけてる感があまりしない
つまらないな、っと思った瞬間が記憶にない
主題歌:The Finale of the Finale (RIDER CHIPS)は良曲
アクションが多すぎず、派手でもある(アクションが多すぎる映画は個人的に嫌いです)
ソーサラーはかっこいい

【悪い点】
本編ファントムの扱い。フェニックスなんて設定崩壊してるし…後、ソラがあんなにあっさりやられるなんて認めたくない
ソーサラーはこの映画だけじゃ物足りない、もうちょっと尺をあげて欲しかった
設定が少し適当

【総合評価】
仮面ライダーウィザードが好きな方は絶対見たほうがいいです。僕はウィザードが好きなので、最高でした。個人的には平成二期の映画はほとんど微妙なので、この作品はダントツで五本指に入ります。
ウィザードにちなんで
チョーイイネ!
サイコウ!
にしときます。

2016/03/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:983(58%) 普通:380(22%) 悪い:332(20%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
目が覚めたらそこは科学より魔法が発達したパラレルワールドで、そこで暮らす人々はベルトや指輪を持っていて
魔法を使うことができ、人間はみんな仮面ライダーなんだよ!な
ドラえもんの魔界大冒険の序盤を思い出すような世界が舞台です。

すごく盛り上がったというほどではないものの
瞬平や凜子が世界は違っても晴人を信じてくれたシーンなどきちんと熱いシーンはあったし
マヤ大王の行動の理由などは面白味があったと思います。

あと映像面は、だいたい序盤の部分ですが魔法の世界という感じがよく出てたと思います。

評価は「良い」でっ!

2015/12/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6036 ホスト:6027 ブラウザ: 3989
TV本編のウィザードはあまり好きではないがこちらは本編と違い、面白さがある。

【良い点】
・パラダイスロストを意識した作風。
量産型メイジは制作者は「パラダイスロスト」を意識して作ったという。

・インフィニティドラゴンの格好良さ

平成二期の劇場限定シリーズはどれも好きです。格好良さはバツグンです。

【悪い点】
特になかった。

【総合評価】
TV本編より面白さがあります。テレビは、ちょっと・・・て感じです。
パラダイスロストを意識した作風は良かったです。
評価はとても良い

2015/07/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2972(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 5171
作品の舞台がムラ社会やネット社会に似ている。
これは、この作品を視聴して最初に分かった事です。

話は、晴人とコヨミが金色の魔法使いに魔法と科学が逆転した世界に飛ばされる所から始まります。

作中では、魔力が現金の役割を果たす、魔力流通システムに魔力を吸われる人々、晴人とマヤどちらを信じていいのか迷うシイナ、
マヤに扇動されて晴人を襲う人々等、ネット世界やムラ社会に酷似した世界で晴人とコヨミの目を通して映る光景を通して制作者が常に視聴者に問いかけており、
晴人とコヨミに直接関わったシイナ、瞬平、凛子が晴人とコヨミを信じ、扇動された人々から二人を護る画が視聴者に投げかけたテーマの答えになっていた。

冒頭で晴人がフォームチェンジしないで金色の魔法使いと戦う画(押されてる)の様に違和感がある画が目立った為、評価は「とても良い」止まりです。

2015/05/26 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3858 ホスト:3801 ブラウザ: 3994
テレビウィザードは好きじゃないだけど今回よく出来てました
上映時間が少ない代わりに
クオリティーも高めでした
これはDC版で出てほしいです

2015/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3577(33%) 普通:3768(35%) 悪い:3455(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15194 ブラウザ: 7905
平成ライダーとしては13作目の劇場版だったようですが、単独劇場版としては
頑張っていた方なクオリティだったと思います。

タイトル通り魔法使いの国に迷い込んでしまった晴人、そこで改めて出会った
勝手知った筈の仲間達は彼との面識の記憶こそありませんでしたが、元の世界
との繋がりを感じさせるような描写等無難な脚色がされていたでしょう。
その中でウィザードリンクの販売店主だった繁の世話になっていたシイナの
母親探しがキーで、途中襲ってきたチンピラ連中に負けそうになった所を、
晴人らに・・・・・・・でしたが、真実を求める為に逃げないで戦う「勇気」
は伝わりました。

そんな彼が疑っていたのがマヤ大王で、まあその背後にオーマ大臣が存在していた
時点でどうなるかは先は読めました。しかし、そのシイナ役の子役の子も普通に
演技上手かったとも思うけど、配役の陣内孝則氏もですね。史上最高齢の
ライダー役でもあったらしいですが、野心家らしい堂々とした好演技でキャラ
立ってましたね。戦闘シーンと言えば、あのドラゴンへのダブルライダーキック
も普通にカッコ良かったけど、オーマ大臣とのラストバトルも見ていて熱くなれる
ものがありました。

最後は無事に元の世界に戻れた様ですが、シイナがこの世界ではちゃんと母親と
仲良く手をつなぎながら楽しいひと時を過ごしていた事も示されていたのも
見ていて心が和んでくるような良い余韻がありました。良作だったでしょう。評価は「良い」で。

2014/03/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 16635 ホスト:16692 ブラウザ: 5173
予告で提示された内容がちょっと地味かな…って感じたので、劇場に見に行くことはありませんでしたが、実際レンタルしてみてみると、「おおっ!これ見に行けばよかった!」と思わされました。
これ一本で端的にウィザードのテーマを描きつつ、「魔法」というコンセプトをよりはっきりした形で描いた作品なんですよね。
歴代仮面ライダー映画の中でも、これは結構屈指の出来なんじゃないでしょうか…。

今作は、まず晴人とコヨミが不思議な世界に迷い込む所から始まります。出だしのわかりにくさは損でしたね。
もうちょっとはっきりと時空移動している事を説明してほしかったし、冒頭から何してるのかわからないのは残念でした。
まあ、迷い込んだのは「魔法」が流通している世界なのですが、この見せ方は結構うまかったと思います。
日常のあらゆる場面で「ドライバー」と「魔力」を使って行動するので、ちょっと真新しい不思議な世界観を描いてましたよね。携帯電話は勿論、移動手段も娯楽も衣食住も殆どが「魔法」とかかわりあっているし、輪島のおっちゃんの店も繁盛していて色んな人がやってくる…。
異世界仕立ての仮面ライダー映画は結構ありましたが、その中でも日常の些細なギミックに凝っていた印象です。
特に仁藤がマヨネーズを釣っている姿は良かった。
誰もが仮面ライダーメイジに変身している姿は、まあよかったといえばよかったんだけど…あんまり新鮮ではないかなぁ。これは555の映画でも見ましたし。

人々の希望として戦う晴人の姿や、周りと違う存在である事に悩みコヨミの姿…やっぱこの二人がメインですね。
本編では、ちょっとヒロインとして目立たない「不思議(すぎて地味)な子」という印象で、いまいちキャラがつかめなかったコヨミですが、今作ではちゃんと前に出ていた印象です。
このあたりは、Wの映画におけるフィリップの扱いを彷彿とさせますね。
んで、コヨミとマヤの関わり合いをはじめ、案外伏線が張り巡らされて終盤につながってくるストーリーも良い感じでした。
コヨミやマヤ、あるいは魔法を失ったシイナが持つ孤独や、そこから引っ張り上げてくれるような晴人や仁藤の活躍が胸を打ちます。
敵であるマヤの孤独を見抜き、元の世界でもマヤの幸せを願った晴人たちが、最後に幸せな家庭を築いてるマヤを見つけるシーン、本当に涙があふれるばかり…。あ、じゃあ劇場で見なくてもよかったかも(恥ずかしい…)。

バトルシーンも、各フォームを活かした「魔法バトルの面白さ」が出ていましたけど、ちょっとインフィニティドラゴンが出番短かったかな。
まあ、ビーストも案外出番多かったし、アンダーワールドでの巨大戦もよかったとは思うのですが…。
ソーサラーも短いながら、案外ボスキャラらしい威厳や強さは持っていたし、ライダー映画の中でも良い接戦を見せてくれたキャラクターではないでしょうか。
バトルで残念なのは、やはり三人のファントムがちょっとした見せ場しかなく爆散されたことでしょうか。
不死のフェニックスが爆散されるのはまあ良いんですけど、ラスボスであるグレムリンがこの扱いなのはどうかと…。
というのも、やっぱりここであんなあっさり死ぬと、ラスボスとしての格が落ちちゃうんですよね…。
まあ、何度もいうように、グレムリンは「テーマ性を際立てるためのラスボス」で、「寄生獣」でいうところの殺人鬼のようなラスボスなので、仕方がない気がするといえば、確かにそうなのですが…。

ウィザードはこの劇場版に限らず、その世界では回避できず、元に戻すこともできない悲劇が、どこかの世界で救われているのが良いですよね。
最終回で、晴人が希望をあげた「はると」と「こよみ」の姿も思い出されます。
しかし、ディケイドでもないのに異世界にわたることが多い主人公だな…。

評価は「とても良い」。
熱くなれたし感動しました。

2013/08/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:229(72%) 普通:48(15%) 悪い:40(13%)] / プロバイダ: 14882 ホスト:14821 ブラウザ: 4891
新進気鋭の脚本家、香村純子女史の映画デビュー作ということで期待半分不安半分で観てきました。

見終わった感想としては「初めての映画脚本にしてはよくまとまっていたなぁ」ですね。
まぁ東映生え抜きの人なので練習としてこれまで何本か書かされてはいたと思うのですが、
テレビ本編でも冴えていた「物語の収束のさせ方」が秀逸だと思いました。
ゲストキャラのマヤ大王とシイナの二人を軸にした物語の組み立て方は流石の一言。

逆に手馴れてないなと思ったのは、映画の予算の限界を超えた描写が端々にあった事。
魔力流通システムを始めとしてガジェットとしては面白いものの、予算の限界から
実際の画面ではどうも低予算でショボくみえてしまうところがいくつかありました。
次は東映の厳しい予算の中で「出来ること」「出来ないこと」「太秦の使い方」を意識して
書いていけるよう頑張ってほしいですね。

アクション面は見事の一言でした。
一年間の蓄積があったからか魔法演出のCGも分相応の違和感がないものでしたし、世界を
改変といいつつ舞台を一つの街に限定したおかげで戦闘場面では思いっきりライダーらしい
ケレン味溢れる市街戦を堪能できました。
役者の方々も体を張ってアクションをしていたのが好印象ですが、しかし終盤のバトル、
メイジだらけだとわけがわかりませんね。あれはもう少し差別化してほしかった。

あとは鎧武もカメオでいいから出して欲しかったですね。ファントムを倒したらロックシードの
濁りが消えるような演出をしてみてほしかった(
総じて脚本からは処女作らしい若々しさが良くも悪くも出つつ、特撮面では熟練の技が光る
アンバランスさが妙味を出していたと思います。
香村女史は構成力もありイマドキの特撮を書ける貴重な人材だと思いますので、これからも
頑張ってほしいですね。「良い」で

2013/08/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:567(54%) 普通:218(21%) 悪い:262(25%)] / プロバイダ: 40409 ホスト:40580 ブラウザ: 5386
今回の夏映画は、これと言って奇をてらったところは無いようだ。まぁ、ウィザードらしいといえばらしいけれど。

全員が魔法使いで、ファントムなんか怖くない!と言った様子だ。瞬平はある意味願いを叶えたな。
金の代わりに、魔力を対価とする魔力流通システム。輪嶋さんの弟子など、一見どうでもよさそうな事柄がストーリーの根幹に絡むのは流石と感心。
とりあえず、この世界の攻介は確実に頭がいい。

ソーサラーの変身者については、「陣内孝則が最年長ライダーになる!」と散々宣伝されていたので、
正体が発覚したところでサプライズはなかった。
なお、鎧武については出てくるのは不自然なので出さなくて正解だ。というより、撮影時期の関係で出したくても出せないのが現状だ。

魔法バトルが少し豊富な、いつも通りのウィザードだった。

この評価板に投稿する



2018/07/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 297 ホスト:172 ブラウザ: 15377 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/美しい/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説-最終章"陣兵道 編"-第99話(2149話)「陣兵とM阪ⅩⅨ…"うわぁ!ダマされた カラオケ大会は苦痛でした?!"」 by 陣兵
... モンスターズ・ユニバーシティ 第 3位 映画 謎解きはディナーのあとで 第 4位 ワールド・ウォーZ 第 5位 ホワイトハウス・ダウン 第 6位 少年H 第 7位 ローン・レンジャー 第 8位 パシフィック・リム 第 9位 劇場ポケットモンスターベストウィッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 第10位 劇場 仮面ライダーウィザード マジックランド "11年 ...
記事日時:2013/08/23 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ