[日本映画]劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー


げきじょうばん かめんらいだーどらいぶ さぷらいずふゅーちゃー / Kamen rider Drive The Movie Surprise future
  • 格好良い
  • 熱血
  • 感動
  • 面白い
  • 友情
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数543位2,678作品中総合点4 / 偏差値51.96
日本映画平均点200位351作品中平均点0.40=普通/10評価
2015年日本映画総合点9位71作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.44(良い)9
声優・俳優1.33(良い)9
音楽0.89(良い)9
キャラ・設定0.44(普通)9
ストーリー0.33(普通)9
格好良い67%6人/9人中
熱血56%5人/9人中
感動56%5人/9人中
面白い56%5人/9人中
友情44%4人/9人中
もっと見る
属性投票する
プロデューサー:大森敬仁
原作:石ノ森章太郎
製作:東映

日本 公開開始日:2015/08/08(土)
公式サイト
1. 劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣
2,4501010
最近の閲覧数
21103301236
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/10 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:785(61%) 普通:286(22%) 悪い:223(17%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
アマゾンプライムに追加されてたので見てみました!
結論からいえば楽しめました!

けどちょっと説明不足なとこが多い気はします・・・。
未来からの子供登場にベルトさんが実は敵!?で変身しないように未来の息子とともに警察から逃げてる
あたりは面白くなりそうだなーって感じで見てました。

まぁ結果的には現れた息子は偽物でベルトさんが敵ってのも嘘っていう無難な感じでしたが
刑事としての名誉よりもみんなの未来を守ろうと戦った進ノ介が素直に格好良かったです!
(これは自分がTVのほうだと進ノ介よりも他のライダーのほうが格好良く感じてたから余計にかもです。
雷でベルトさん復活とか子供の幻と一緒に変身とかもわくわくしました!

むしろ自分的には説明不足なところはそんなに気にならなかったんだけど
・・・ゴースト登場はやめてほしかったかな。せっかく真面目な内容で盛り上がってたのに明らかに水を差してます。
オールスター映画なら気にならないんだけど一作品だけでやってる映画ではやってほしくないですね。

あとあのアイドル?はなんだったんでしょうか。緊迫した所を壊すわりにはそこまで物語に絡まないし
かといってギャグには見えないしー。確かにドライブってTVでも途中まではギャグが滑ってた感じはしましたけど
ギャグでやってるんだろうなーってことぐらいは分かったし今回のはなんのつもりだったのかよくわからなかったですねー。

評価は「良い」でっ!当時見に行ってればもっとTVのドライブも楽しめたかもしれないなーと思いました。

[推薦数:1] 2016/03/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:136(46%) 普通:72(24%) 悪い:86(29%)] / プロバイダ: 2630 ホスト:2661 ブラウザ: 7920
話としては色々突っ込みどころがありますね
・ベルトさんの機能停止……冬映画でもやったよね?
・本編でも警察に追われるネタやってるじゃん
・息子との絆? みたいなことやっても結局本編に出てきたのほぼ偽物で……
・タイムパラドックス的にいいの?
・暴走の原因は本編でばんのが細工した描写があったからそれだと思うけどそこもちょっと掘り下げるべきでは?

まあ展開としてはよくも悪くもイベントが連続して見せ場や山場があるので退屈はしませんでした。
そういった意味ではエンターテイメントとしてはいいのかもしれません。
映画限定の超デッドヒートは設定上にも作中でもその場しのぎの存在で強くはないのですがそれでも戦う意思やデザインや活躍はカッコ良かったのですが……既存のタイプと名前がかぶり気味なのでもうちょっと変えても良かったの思いましたが
私は本作をレンタル円盤で見たのですがCGなどのVFXなどは結構良かったとおもいます
また、おそらく劇場で見ると光や音量の関係でド迫力だったんだろうなあと思いましたし。(特に最後の必殺技とか)
そういった意味では本来の面白さを知ることが出来なそうだったのは残念だったのかもしれません。

2016/03/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(56%) 普通:2(2%) 悪い:42(42%)] / プロバイダ: 44475 ホスト:44430 ブラウザ: 10199
平成ライダー映画屈指の名作!!

Yahooレビューで本作は絶賛の嵐だった。
ダブルを超えた!平成二期最高傑作!そんな文言が殆どを占めていた。それにMovie大戦フルスロットルは鎧武ドライブ双方かなり良い出来だった。

テレビは微妙だけど、映画は良いよね!

これが特撮仲間でのドライブに対する印象。
だから僕は本作に、かなり期待をしていた。

結果から言うと、裏切られた。
ディレクターズカット版ならば少しはマシかもしれないが、少なくとも劇場版自体の出来は褒められるものではないと思う。

時間の制約ゆえ説明不足な設定が多く、偽物だとしてもエイジとの交流が短過ぎるし、そう簡単に受け入れられない出来事に対して理解が早過ぎる。
進之介が怒りを燃やすのが腑に落ちない。
やたらチェイスに意味ありげな言動が多かったが、進之介を庇ってドライバーを渡しただけだし、マッハに関しても扱いが不憫。
特状課の面々が目立たないことは仕方ないとして、上層部の決定に思うように動けないみたいなシーンがあるわけでも、警察上層部が何をしてるのかも描かれてないから、警察のメンツや名誉を気にする古葉参事官を説得する霧子の姿も全然グッと来ない。
本願寺も霧子が怒ったあと急に真面目になって説得し始めたからふざけてるとしか思えない。
そもそも、進之介を指名手配すること自体あまりにも短絡的な判断に思える。
世界が敵に回っても、未来を守るためにひとり孤独に戦う。そして最後は警察が助けに来て共に未来を守る。
こういうシチュエーションは確かにかっこいいけど、どこか空虚なものを感じる。人物描写が上手いとは思えないし、格好良さげなセリフを言うだけ。
上っ面でステレオタイプな警察上層部の描き方と上っ面な特状課メンバーの説得のせいで、警察がドライブを助けに来る展開は興醒めした。

こんなシーンを撮りたい、こういう展開にしたい。
作品作りにおいて必ずこういった願望は芽生えてくるものですが、本作の場合それらを無理矢理繋げただけのパッと見カッコイイだけの映画になってしまったように思えます。

ダークドライブはドライブ系統のライダーでやっとカッコイイと思えるライダーだったし真剣佑さんの演技は良かったですね。
しかしタイプスペシャルはなんでダサくしちゃったんだろう。
この映画は進之介とベルト、進之介のエイジ、どっちの絆を描きたいんだ。
全体的にやりたいことは明確だったけど、ただやっただけで説得力に欠ける。
ダブルもそうだったけど、三条さんの脚本は 人物が自身の意思で行動を起こすというより、やりたい展開にするために人物を動かしてる感じがする。
クリムが悪人だった!?と大きく話題に挙げた予告も結局はうそ。
登場人物の心情が描かれないままカッコよさげな展開をしてもつまらないということを学ばせてもらった。

2016/02/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:137(52%) 普通:20(8%) 悪い:109(41%)] / プロバイダ: 14466 ホスト:14320 ブラウザ: 7920
【良い点】
勢いとメリハリに満ちた、スピード感あふれるストーリー。タイムトラベルがきちんとストーリーに生かされている点も、ちゃんとSFしていて、見応えがありました。

【悪い点】
ストーリー上の謎が、映画の中で、全て明かされていない。後、時間の関係で端折ったと推測される部分が目立つ。

【総合評価】
映画ならではのスケール感に満ちた、緊迫感のある映画でした。ストーリーは、ある程度は、予想がつきます。でも、序盤からいきなり主人公を窮地に立たせる絶望的な状況を用意し、どんでん返しを上手くストーリー展開に活かた、飽きさせない内容でした。
終盤の展開も、王道ならではの面白さがあって、良かったです。

2016/01/11 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1948(57%) 普通:679(20%) 悪い:772(23%)] / プロバイダ: 25394 ホスト:25514 ブラウザ: 9081
「仮面ライダードライブ」の劇場版。
どうもリアルタイム時にわざわざ見る気が起きなかったので、最近レンタルで見てみる形になりましたが、今作は未来と現在とが繋がる作品という事で、ターミネーターチックな話になってます。
まあ、洋画みたいな要素を多分に取り入れられたのがどうも肌に合わなかったんですかね。
当時は絶賛の声も大きかったけど微妙だったかなあという感じでした。

今作の場合は、進ノ介の息子のエイジが未来からやってくる…という話でしたが、演じているのが千葉真一の息子だった真剣佑でしたね。
あの濃い顔の父親からこんな正統派の現代イケメンが生まれたのが結構驚きでしたけど、やっぱり東映と縁のある俳優だっただけに、ここで仮面ライダー役に起用されたのは面白かったと思います。アクションも出来るらしいので、そういう描写が少なかったのは残念かなぁ。ああいう役どころじゃなくて、普通に息子として出てきてほしかったですわ。
あと、俳優でいうと、去年の末に捕まったばかりのキングオブコメディ高橋も出てましたねえ…。
まさか刑事で仮面ライダーの作品にリアル犯罪者が紛れ込んでいるなんて、スタッフも思わなかったでしょう。…笑えねえ。

で、今回は父と子の絆をテーマにしてるんだろうけど、肝心の息子自体が「ニセモノだった」っていう扱いを受けた為、これがどうもピンと来ない感じでした。前半の展開は真に受けるとバカを見るというどんでん返し。さっきまでの親子の絆描写とかは全部ウソ。
まあ、はっきり言って、「親子の絆」の描写とかはこういうビックリ箱をやっちゃいけないと思うんですよね。結局、親子で出てたわけじゃないのねって。「キバ」なんかは親子共演を題材にしてた映画をやってたけど、やっぱり普通に親子でそろったほうが面白いかな。
最後の方で息子の想いがあってドライブがパワーアップ…とかも、肝心要のはずの息子の方がニセモノだった話とか、未来が繋がらなくなった話とかのせいで、どうにも感情移入しづらい話になっちゃいましたし。

個人的に見どころ的に感じたのは、警察がドライブを支援する場面で、「ベルトさんが悪者だった」とか「進ノ介の息子が未来からやってきた」とかそういったメインの描写が悉く微妙だったなぁと思います。
タイムスリップの話も、上手に捌いたという感じではなかったので、普通にルパンと敵対させたほうがまだ面白い話になりそうな感じでした。
しかも、ベルトさんはドライブ作中で壊れすぎて、今回もまたブッ壊れてもまったく悲しくなりませんでしたし、進ノ介の息子は結局本人じゃないし…。

キャラクターデザインもあんまりよくなかったです。108はナンバーはラストナンバーだし強いんだろうけど、コイツがどうもデザインはカッコよくない感じで、全体を通して出てくる新キャラのデザインはイマイチでした。
最終的にドライブもタイプスペシャルに変身しましたけど、これはドライブとしての原型がなさすぎるし、どうもパワーアップ感がなくて進ノ介とも結びつかない…。普通にドライブが闘ってるシーンですらカッコよくないし、パワーアップ形態も軒並みダサかったとは思ってましたけど、タイプスペシャルはダークドライブとして出てきたキャラのデザインの方に酷似している為、気持ちが盛り上がりませんでしたね。
強いて言うなら、超デッドヒートドライブとかはそこそこ良かったんじゃないでしょうか。

うーん…なんというか、進ノ介を掘り下げる系の話はぶっちゃけ、原作でも面白くなかったし、剛やチェイスみたいなサブライダーや3号のようなゲストライダーが出てこないとイマイチなんでしょうね。
今作の場合、やっぱり主役が進ノ介としか言いようがない為、剛やチェイスやハートあたりが、そこまでちゃんと描かれず、物足りない感じでした。せめてゲストキャラのエイジはもうちょっとまともに描いてほしかったかも。
そして、いくら荒唐無稽な話から始まったとはいえ、進ノ介は初対面のエイジに対してブチギレすぎじゃないですかね…。
全体的に、「初対面の相手の必死の懇願を前にもブチギレる進ノ介」、「テレビの時期的な問題もあって、進ノ介の冤罪を信じずに進ノ介を追い、チェイスとは仲が険悪なダークヒーローじみた剛」、「ロイミュードたちを疑いにかかるチェイス」と、主人公側がものすごく感じの悪い人物として描かれ続けているのが目立ちました。
感じ悪い奴といえば、切迫した状況でも「ドライブと写メ撮れないじゃん~」とか言ってた一日署長とかもそうでしたね…。あいつはなぜ出てきたんだろう。

評価は「とても悪い」。
当時は結構評価が高かったと思いますが、まあ映像面はそれなりに派手で、何より「チェイサーが敵機を一刀両断」などのトドメ演出シーンに関してはかなり凝った絵作りで見てて盛り上がった感じはありました(問題はデザインの方だな…)。
ただ、やっぱり話とキャラの方で大きなマイナスが出ちゃったという作品ですね。
映画やイベントの度に「誰かが死ぬorベルトさんが壊れる」っていう事態が起きて、それに慣れすぎたのもかなりドライブという作品の問題だったなぁ…と今作を見て思いました。

2015/09/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(67%) 普通:7(21%) 悪い:4(12%)] / プロバイダ: 7692 ホスト:7678 ブラウザ: 10071
【良い点】
(ロイミュードの変装とはいえ)エイジの親孝行ぶり。
ドライブの集大成(まだ終わってないけど)

【悪い点】
TVシリーズ見ていない人が置いてけぼりになる
アイドルが物語に非常に不要。
・一緒に見てた弟にこれを言ったら「僕としては柳沢慎吾もあんまり出す意味無い」と言われました。
ゴーストがキャスト発表していないにも関わらず登場。

【総合評価】
とても良い

2015/08/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(75%) 普通:3(3%) 悪い:27(23%)] / プロバイダ: 8703 ホスト:8671 ブラウザ: 4701
【良い点】
アツいところ。
勢いがすごい。

【悪い点】
説明不足なところが多い。
少し中途半端。

【総合評価】
あまりよかったと思えない。

2015/08/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6036 ホスト:6027 ブラウザ: 3994
今年の夏映画の中でも一番の傑作。
「ドライブ」本編よりは面白いです。
「ニンニンジャー」で退屈だった時、本作は駆け足なストーリーだったのである。
今回は、TVシリーズ本編から繋がっている。夏映画ではよく「ディケイド」や「555」、「ウィザード」といったパラレルワールドじゃなく、TVシリーズと繋がった内容である。
序盤は突如、自分の息子が現れて、困惑し、巨大ロイミュードに、トレーラー砲が発射されたが、工場施設に向けて発射されたのだ。
それで、進ノ介は指名手配されてしまう。
ダークドライブは進ノ介とエイジを狙い襲う。
今回のサブライダーの扱いは、マッハは良かったが、チェイサーは微妙だった。

夏映画で昔あった、
「カブト」や、「ディケイド」、
「鎧武」みたいな、無意味なライダー同士の殺しあいは無かった

サブライダー達は、進ノ介を庇いダメージを受けて倒れるですよ。
その後は、どうか知りませんが、
死んだ可能性も高いですね。

今回の映画の三条陸は、井上敏樹と、虚淵玄の劣化版の印象を受ける

井上敏樹大先生の作品は
これまでで、カイザや、サソードなどをよく殺していたが、トラウマシーンを植え付けたり、謎が謎を呼ぶストーリーは、大好きだった。

虚淵玄は、「まどマギ」や、「鎧武」みたいに、井上大先生のトラウマや、キャラをバンバン殺して行く設定の印象を受けたが、

三条陸は上記の脚本よりは、キャラが死なない話を書く。

初代ドライブピットは興奮した。
そこで涙が出ました。

プロトトライドロンは予算が無かったからトライドロンを改造したと思える

超デッドヒートドライブは、今までダサかったドライブフォームの中で一番格好いい印象を受けた。

全国の警察がドライブを助けるシーンは興奮した。
ドライブは、擬態した(ワームかよ!)エイジの所に急いだ。

ロイミュードが重加速をだし、そこで現れたのは、

新たらなライダー「ゴースト」である

「ウィザード」以降新ライダーの先行登場を、2年間やっていなかったが、
2年振りに、やったのである。

声が非常に若かった。

タイプスペシャルの登場、そして親子で変身は興奮した。

最後の予告で、「2010」~「フルスロットル」までの予告が流れ、
新章開幕!ていう予告が流れた。

「2010」も、「CORE」も、「フルスロットル」も凄く出来が悪かったのですが今回はなんと言っても普通かも知れません。

ドライブ編は「ディケイド」みたいに「続きは映画で!」とか、予告流したのに、ラストから繋がらないというみたいにやらないで下さいね。

評価は、最高に近いとても良いで

2015/08/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(53%) 普通:173(22%) 悪い:191(25%)] / プロバイダ: 20796 ホスト:20839 ブラウザ: 5171
いよいよドライブの晴れ舞台。評価せねば。

未来から告げられた、衝撃の情報。これに翻弄され、相棒を失うことになる。
それでも決して諦めず奮闘する進之介たちの活躍を描いたのがこの映画だ。
先にTVでエイジの1分ストーリーを見せておいて安心させてからのあの展開には宣伝の巧みさが光る。ロイミュード本来の設定を活かすことも含めてね。

霧子たちの説得によって、上層部が考えを改め協力するまでのTVシリーズでの積み重ねが活かされている。
この辺はクウガを彷彿とさせるが、いかんせん相手が悪い。
“魔進ドライブ"こと超デッドヒートドライブは、似たような誕生経緯のジョーカーよりもぱっとしない。幹部クラスの敵を倒してないからかな。

過去と未来の108が一つに・・・!(6年前見た光景)
このシーンの為にわざわざ回りくどい芝居を打つ108さんパネェっす!ダークドライブのカッコよさもさることながら、劇場版に珍しい頭脳派の敵なのもポイント。

あとゴーストは明らかに蛇足だろう。キャラもまだ固まっていないのかほとんど喋らず、声の主も非公開だし。
ちなみにチェイス、仮面ライダーチェイサーとしては映画初参戦。ブースターライドクロッサーも見れたしいい感じ。

【総合評価】
夏映画の中でも上位に来ると評判の本作。アクションに次ぐアクションと時空を超えた熱いドラマが魅力。
じっちゃんさんに代わって高く評価しよう。

[推薦数:1] 2015/08/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44284 ホスト:44532 ブラウザ: 4721
【良い点】
・ベルトさんと進乃介の友情
・泊エイジ
・ベルトさん破壊シーン
・旧ドライブピットのシーン
・マスク割れ
・親子の合体変身

【悪い点】
・ベルトさんの不良理由が不明(ベルトさんの悪い部分って言っちゃえばおしまいなんだけど)
・過去のベルトさんを破壊したのに未来のベルトさん健在(まぁこれも108が作ったって言えばそれまでなんだが)
・進之介が死ぬ未来が消えたはずなのになぜエイジが持ってた形見のネクタイが消えないのか(死ぬ未来は消えてない?)
・警察が総動員でドライブを援護しに来たのにロイミュードに手も足も出てなかった
・プロトトライドロンがギャグ要因
・事件解決後の未来の事が全く触れられてない

【総合評価】
純粋な気持ちで見るとアツく友情のあるとっても面白い映画だった!
でも、真面目に考察すると悪い点は結構出てきます。
なんというか、惜しい作品です。
しっかりしているようで、どこか抜けてる。
勢いで誤魔化していたイメージ。
説明不足な点。
ベルトさんの不良は・・・何故起きた?
ここの説明が足りない。
クリムの邪悪な部分が起こした不良?
そしてこれから先は今回みたいな事態は起こらないのか?
トライドロンのキーでベルトさんの良い記憶だけ引き継がれたのか?
謎だなぁ。
それと、悪い点で挙げたように、警察が総動員で駆けつけたのにロイミュードにやられ過ぎ。
警察の登場シーンはかっこよかったのに、ゴーストに全部持ってかれて見てる時萎えました。
もう少し詳しくしてくれてたら「とても良い」なんですがねぇ・・・
あと、チェイスがドライバーを進乃介に渡した後、魔進チェイサーとして変身するのかと期待してしまった・・・
魔進チェイサーになってたらもうちょっと評価上がったかも・・・?
本当に惜しい映画ですね。
と言っても、平成二期の夏映画ではAtoZの次に面白いと思いましたね。
評価は「良い」で。

ちなみにこれは評価とは無関係なんですが、過去と未来の108が合体して最強になるシーンはスーパー17号かな?って思ってしまったw

この評価板に投稿する



2017/01/20 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/面白い/格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声