[日本映画]快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film


かいとうせんたいぱとれんじゃーぶいえすけいさつせんたいぱとれんじゃー あんふぃるむ / Kaitou sentai Lupin ranger VS Keisatsu sentai Patranger en film
  • 熱血
  • 友情
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
  • 勇気貰った
  • びっくり
  • 可笑しく笑える
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数167位2,824作品中総合点13 / 偏差値60.38
2018年日本映画総合点1位57作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)3
音楽3.00(最高)3
映像2.67(最高)3
ストーリー2.67(最高)3
声優・俳優2.33(とても良い)3
熱血100%3人/3人中
友情100%3人/3人中
楽しい100%3人/3人中
格好良い100%3人/3人中
面白い100%3人/3人中
もっと見る
属性投票する
監督:杉原輝昭
原作:八手三郎
脚本:香村純子
アクション監督:福沢博文
日本 公開開始日:2018/08/04(土)
公式サイト
1. 劇場版 仮面ライダービルド/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊
プロモーションビデオ (2個)
『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』 本予告『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『
[もっと見る]
5,70455
最近の閲覧数
3205552011
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/20 / 最終変更者:オルタフォース / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:115(80%) 普通:3(2%) 悪い:25(17%)] / プロバイダ: 11397 ホスト:11285 ブラウザ: 10317
ルパパトらしい惹きつけられる出来でテンポも良く本編の濃厚さと爽快さと痛快さも健在で快盗と警察の共闘は激アツで30分でここまで出来たのは大したもんだ
ノエルの出番が少ないのはノエルファンにとっては寂しい気もするのと出来れば警察専用の装備も出して欲しかったな
キャスティングも悪くはないでしょう、ココリコの田中さんは探偵はマッチしてると思ったw

【総合評価】
30分で上手くまとまった娯楽作と言ってもいいでしょう

2018/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 36627 ホスト:36493 ブラウザ: 9177
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の劇場版。
名探偵エルロック・ショルメという、なんか『ルパン対ホームズ』でのホームズの別名を露骨に引用した名前の怪しい探偵がゲストキャラに登場。
本作では、ルパンレッドとパトレン1号が呉越同舟する姿を描きます。まあ、結構本編でも両者が関わり合うエピソードは頻繁にあったというか、ルパンレッド側は兄を重ねていたり、パトレン1号側はそもそも怪盗行為自体を止めるのが目的で悪戯に逮捕したいわけではなかったり(心のケアなども目的としている)という心理が掘り下げられていたんですが、今回はそこをあんまり深くはやらずにシンプルに纏め上げていた印象が強いです。

何と言っても、本作の良さはルパンレンジャーとパトレンジャーの共闘や和解という豪華なシーンに、ルパンレンジャー側も「合体」するという珍奇なシーン。わりと大盤振る舞いな夏映画だったかなという気がします。
ここはまさかの『仮面ライダービルド』の映画とそっくりそのままネタが被るというのも笑えてしまいましたが、どうせここまで合体してしまう映画なら、冒頭にビルドの面々とルパパトの面々の掛け合いみたいなのもあっても良かったかなと感じましたね。テーマ被りゆえにクロスオーバーで「『三人』になった『八人』」みたいな姿が並ぶカオスも見たかったというか、どうせならそういうテーマ被りさえも利用してほしかったかなという感じです。
あとは、今作の場合は、夏映画版でありながらも「VS」してくれるのがかなり見ていて面白かったんですよね。早い段階でルパパト特有のドローン撮影での三次元バトルが繰り広げられていて、スクリーンでそれを見る面白さもありましたけど、「みつどもえのバトル」である事を(その当時の展開ではあんまりこういう乱戦はしなかったような気はするけど)結構大きく主張して、今までと違う雰囲気や本作の作風に攻め込んでいるのは見事でした。

まあ、敵側の描写は普通っていうか、結構ザル警備ですよね……。
それにしても、ギャングラーの面子がテレビ版と共通しているのは、映画としてはなかなか珍しいかな?
同時上映の『ビルド』におけるエボルトもそうでしたけど、「テレビ版の敵とは別の脅威が出てくるため、基本的にテレビ版で活躍している敵キャラは脇役になる」というパターンが多かったのをちょっと変えてきましたよね。
エルロック・ショルメが案の定、ギャングラーで、この辺りは尺の都合であんまりちゃんとできなかったんだろうなというくらい探偵描写あく空気でしたが、そこはしゃーないなと思います。
追加戦士も相変わらず空気で、今回は「一応最初に真相にぶち当たったという事で立てといたけど大きな活躍したような実感がない」って感じでしたね。

評価は「とても良い」です。
夏映画としては結構充実した二作で、『ウィザード』以来久々に興行収入が十億超えしていったのもわからなくはないかなという感じがしましたね。
どちらもバディの良さが見事に発揮された良作だったなと思います。

2018/08/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(69%) 普通:1(3%) 悪い:11(28%)] / プロバイダ: 2516 ホスト:2480 ブラウザ: 10644
【良い点】
・快盗と警察の連携プレー
・劇場版限定ロボ。ルパンカイザーと違った派手さや荒々しさが良かった。声の主がチダニックの藤原啓治さんかな?ゴーバスターズファンとしてはニヤリとしてしまった
・カメラワークが良かった。本編だと特に序盤のカメラワークがあまり良いと思えなかったが、映画では派手さがありつつも酔わない程度に撮影してくれたように感じる

【悪い点】
・ノエルが序盤と最後にちらっと登場、その上かませになってしまった
・パトカイザーにも何か劇場版限定の武装かロボがあったら良かった
・悪いことか微妙なところだが、『快盗VS警察』の要素が序盤の戦闘くらいしか無かった。まあ開始早々トラブルに巻き込まれたしそれどころじゃないけど

【総合評価】
楽しめました。確かにVSしていないという問題点はあると思いますが、普段敵対している快盗と警察が一時的に信頼しあい戦うストーリーは面白かったと思います。
映画は良かったのですが、本編はどうなるでしょうか。やはり、警察側の扱いが一層悪くなるのではないかと不安な部分が多いですが…

余談ですが、前述の藤原啓治さんやゲスト怪人の声を担当していた茶風林さん(天装戦隊ゴセイジャーで膜インの声だった)の声の出演には思わずニヤリとしてしまいました。ゴセイジャーもゴーバスターズも思い入れがあるので。
それと、ルパンコレクションは2つありましたがそれぞれ
「サイコーキュータマ(宇宙戦隊キュウレンジャー)」→隕石を落とす
「ギンガブレス(星獣戦隊ギンガマン)」→森の中に連れ込む?
が元ネタでしょうか?

2018/08/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:558(54%) 普通:214(21%) 悪い:259(25%)] / プロバイダ: 10270 ホスト:10349 ブラウザ: 5173
好評放送中、正義のアウトローと絶対のヒーローとの闘いは劇場版へ。
わずか30分の中に同作品が持てる面白さを全て、惜しげもなく詰め込んだ。
乱戦アクション、特に銃撃戦のクオリティの高さとカメラワークの面白さ、
夜景が映える超ド級迫力のロボ戦は銀幕ならではのクオリティに仕上がっている。

敵対しているレッド二人の、お互いの戦う理由---信念を理解するシチュエーションづくりの演出の妙が冴え、共闘するに値する理由を形成。
ここにこの映画の神髄がある。

エルロック・ショルメはホームズのパロディキャラとして知られる。
演じるココリコ田中には個人的に思うところがあるが、タイキックを受けてほしかったわけではない。

ジャックポットストライカーはグッティの友達の一人だが、彼もまたルパンコレクションの守り手なのだろうか。

【総合評価】
SHTでは放送する順番が入れ替わったが、映画は従来通り戦隊のほうが先。
しかし、ビルドの前座とは言わせない出来の良さは健在。これを機に、今からでもルパパトを見てほしい。

2018/08/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(82%) 普通:2(5%) 悪い:5(12%)] / プロバイダ: 34114 ホスト:33930 ブラウザ: 10317
【良い点】
・アクション
もともとテレビシリーズ自体が魅せるアクションとカメラワークを見せていますが30分の間に濃厚なアクションを見せてくれました。
・快盗と警察の共闘
本映画が公開される前に一時的な共闘を本編で見せていますが、映画では魁利と圭一郎が拐われることにより共闘します。その際、魁利と圭一郎が話すシーンに2人の性格と覚悟が伺えます。

【悪い点】
なし

【総合評価】
30分という短い中、シンプルに快盗と警察の共闘を見せ、アクションも魅せることで非常に良質なエンターテイメント作品でした。OPが流れるシーンから興奮しっぱなしでした。
戦隊映画は短い分こういった方向でドラマは本編でという方がいいなと思いました。
最高でした

この評価板に投稿する



2018/12/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 11397 ホスト:11285 ブラウザ: 10317 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/びっくり/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ