[日本映画]ヒロイン失格


ひろいんしっかく / Heroine shikkaku
  • 熱血
  • びっくり
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ヒロイン失格
日本映画総合点=平均点x評価数853位2,682作品中総合点2 / 偏差値50.18
2015年日本映画総合点13位71作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)4
映像0.75(良い)4
音楽0.75(良い)4
キャラ・設定-0.25(普通)4
ストーリー-0.75(悪い)4
熱血50%2人/4人中
びっくり50%2人/4人中
可愛い25%1人/4人中
悲しい25%1人/4人中
楽しい25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
監督:英勉
脚本:吉田恵里香
音楽:横山克
制作プロダクション:ダブ

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/09/19(土)
公式サイト
1. http://wwws.warnerbros.co.jp/heroine-shikkaku/
Twitter公式
1. https://twitter.com/heroine_movie
プロモーションビデオ (1個)
87144
最近の閲覧数
2000001210
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/04/28 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3102(34%) 普通:3074(34%) 悪い:2861(32%)] / プロバイダ: 868 ホスト:606 ブラウザ: 7916
ジョジョでも主演が決定した山崎賢人氏は特に有名漫画の実写化作品に縁がある
ようですが、大きく分けて、前半が恋愛の行方は果たしてどうなる?なコメディ、
後半が色々乗り越えてついに・・・・・・なシリアス重きを置いていた感じでしたね。
タイトルからして終始コメディに重きを置いたのかと思いきや。

前半は、あの嫌がらせしていたごじゃっぺな兄ちゃんらも登場してすぐ分かる
噛ませ犬っぷりを見せてくれたのには「いかにも」(苦笑)でしたが、竹内力氏は
本作でもアクの強いおじさん担当と、まあ出番以上の存在感はありましたが、
かっては爽やかな好青年も演じられた事もあった事を覚えておられる方はもう
そんなにいないのかなあとも・・・・・・・・ヒロインのはとりが無数の矢に
さされたシーンはまあまあ笑えましたね。その後トイレから出てきて、やっと
矢を抜いた様だけど、「そういうのいい加減さっさと済ませろよ。」と。(笑)

イケメンな寺坂の彼女になれそうでなかなかなれなかったはとりの奮闘が続く
と思われ、坂口健太郎氏や我妻美輪子氏の二番手ポジも各々なりの個性を良く発揮
されていた。変なしこりとか残ったわけでも無かった様だし、そういう意味でも
悪い印象とかはなかったけど、まあもっと前半のようなノリで最後まで行った方が
良かったかなあで、オチも予定調和の粋を大きく超えたわけでも無く・・・・・・

まあちょっと一味違った切り口で描いてみましたな程度の佳作もの恋愛映画だった
でしょう。評価は「普通」で。

2016/11/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:282(83%) 普通:38(11%) 悪い:18(5%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
原作のヒロインは、まさにヒロイン失格です。私は、漫画で、挫折してしまいました。美玲ちゃんの方が、好感が、もてて感じが良かったです。今の子達は、こんな漫画がいいんですね・・・好きな人を手に入れるのに、なんとか、彼女から取り上げ様とする・・・
美玲ちゃんの変顔もとても可愛いです・・・

【悪い点】
また、ざきやま君かー他に男子は、いないのかな・・・飽きちゃったよー

【総合評価】

美玲ちゃんが、やりたかったヒロインだけあって、がんばったので動員数多かったですね・・・

2016/10/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5902(88%) 普通:455(7%) 悪い:364(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22102 ブラウザ: 1975(携帯)
そういえば、だいぶ前に金曜ロードショーで地上波放送されておりましたが、タイトルのとおり自らをヒロインだと思い込んでいる自意識過剰な女子高生を主人公にした恋愛物でしたね。

冒頭でのクセの強さからして、少女マンガっぽいな~と思っていたら、案の定少女マンガが原作だったらしいですが、見た目は美人ながらも自意識過剰だったヒロインが、いつも一緒だった幼なじみの男の子をあまりパッとしない女の子に取られてしまってすっかり鼻柱を折られてしまった挙げ句に、ひょんなことから出会ったイケメンの男の子と付き合うことで再起していくという流れでしたが、どんなに見た目が良くても、いかにも少女マンガっぽいシチュエーションの前にはほぼ無力でしかないということを序盤で鼻柱を折られる光景でまざまざと見せられた感じでしたが、その一方でヒロインのじゃじゃ馬娘的な感じでクダを巻いているところもわりと少女マンガのコミカルシーンで用いられている感じで、そういう意味では王道的な作品だったかなと。

しいていうと、終盤でよりを戻してしまうのはなんか釈然としませんが、比較的気楽に観られる佳作だったかなと思います。

評価は「普通」とさせていただきます。

2016/10/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1977(50%) 普通:992(25%) 悪い:993(25%)] / プロバイダ: 10140 ホスト:10278 ブラウザ: 4721
少女マンガの原作があるであろう事は容易に想像できるが少女マンガのセルフパロディのような作品。

容姿に自信のあるヒロインのはとりは自分と幼馴染の利太を少女マンガのヒロインと相方よろしくな運命の二人だと信じきっていたが
利太が地味な容姿の安達未帆と交際を始め、はとりもクラスの別のイケメンにアプローチされ…という内容。
恋敵達も含めた四人の葛藤を交えながら元鞘という良くも悪くも王道パターンのストーリーに変化球をつけているのが
少女マンガの読み過ぎとしか思えない自意識過剰で思い込みの激しい、はとりのキャラクター。
桐谷美玲のドヤ顔演技と漫画チックな過剰演出の数々がこれに拍車をかける。
これは人の好みがかなり別れる(容姿が良ければ性格もいいなどと女に幻想抱いてるんじゃねぇ!という作り手のメッセージかも?)し、
遠巻きに見ている分には面白いかもしれませんが、近づく分には覚悟が必要といった所。

評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2016/11/20 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 868 ホスト:606 ブラウザ: 7916 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. ギャルジャポン by アンジェリーナ
... た~。 ヒロイン失格目当てで買った別マで見て 何この漫画!?と思った頃には地味にハマってた。 単行本を買って驚いたのは、 主役のギャル あゆと樹理亜が 最初は別の漫画の脇役だったこと! そして別の漫画の主人公椿ちゃんが まんま爽子! 普通の綺麗な少女漫画らしい絵柄… 更に衝撃的だったのが ...
記事日時:2012/06/18 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:ヒロイン失格
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声