[日本映画]はなちゃんのみそ汁


G(全年齢対象)

はなちゃんのみそしる / Hanachan no misoshiru
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: ドラマ:はなちゃんのみそ汁
日本映画総合点=平均点x評価数1,387位2,939作品中総合点1 / 偏差値49.23
2015年日本映画総合点32位87作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)2
キャラ・設定0.50(良い)2
映像0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
音楽0.00(普通)2
悲しい50%1人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
原作:安武信吾安武千恵安武はな『はなちゃんのみそ汁』
脚本・監督:阿久根知昭
音楽:石橋序佳
撮影監督:寺田緑郎

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/12/19(土)
公式サイト
1. http://hanamiso.com/
プロモーションビデオ (1個)
72022
最近の閲覧数
1000000020
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/09/03 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6892(87%) 普通:585(7%) 悪い:425(5%)] / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10172
24時間テレビで製作されたドラマ版も存在しているようで、そちらに関してはまだ一度も見たことはありませんでしたが、一時期かなり話題になった作品だったようですね。

夫と娘を残して、若くしてこの世を去った女性の生きざまを描いた実話でしたが、この手の作品だと大抵は結婚してある程度年数が経って子どもが大きくなってから難病が発覚して闘病する内容が多いですけれども、結婚前から闘病していたのが特徴的でしたね。

新聞記者だった信吾と大学院の声楽科に在籍していた千恵との出会いから描かれておりましたけれども、恋人関係になり、やがて結婚となった矢先に千恵にガンが見つかり闘病生活を送ることに。このときに信吾が千恵の父親から娘をよろしく頼むとお願いされて、信吾もこちらこそよろしくお願いしますといったやりとりをしていたのに対して、一方、信吾の両親は結婚に反対だったようで、そりゃ病気で子どもが産めないかもしれない女性と結婚なんて、信吾の両親の立場からしたら孫の顔が見られないのでたまったもんじゃないといった感じでしたけれども、この時の信吾の母親の反対ぶりをヒールっぽく描いていたのはアレだったかな。

それでも結婚をしてガンが完治して子どもも産めて幸せな日々かと思いきや子どもがある程度大きくなってからガンが全身に転移していたのが発覚したわけでしたが、ここから闘病生活をしながら娘の成長記録と玄米とみそ汁中心の食生活をブログに発信していくわけだけれども、その裏ではみそ汁作りを通して母と娘の絆が描かれておりましたね。

この手の作品にありがちなお涙頂戴のところがなかったのも好印象でした。

2016/10/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3110(33%) 普通:3253(35%) 悪い:3047(32%)] / プロバイダ: 2899 ホスト:2666 ブラウザ: 7961
これ、24時間テレビのジャニタレ出演ドラマでも題材にされた事があったらしいですが・・・・・・・・

所謂難病ものだった様ですが、公募参加者最年少だったらしい娘役の子役の子の演技は
細やかな感情表現も良くできていて、普通に上手かったと思います。主人公の信吾
はどうやら前の奥さんとの結婚は「子供はいらない」なんて言われて、失敗した苦い
過去があった様ですが、次にであった千恵が再発のリスクを抱えながらも娘のはな
を儲けたのは、まあ愛を忘れなかった信吾へのなによりのプレゼントだったのでしょう。

そして一時は苦しい抗がん剤治療も受けながら、ガンが消えたと思いきや・・・・・・・
千恵の親父さんが直後急死してしまったのは、そうした暗転を暗示していたのでしょう
かね?どうやら転移してしまった様で、古谷一行氏演ずる源十から食事療法
を進められた様ですが、ガンはつくづく怖いと言うか、すでに時遅しだったのか・・・・

お涙頂戴の押し付けとかにはなってはおらず、非情な現実にも負けず、終盤のあの
パフォーマンスとか最後まで精いっぱい生きようとした千恵の賢明さ、それを
支えていた信吾のひたむきさ等特に実際ガン等で闘病されている方々には勇気を
与えられたものはあったとも思います。特別、彼女らはこの先どうなってしまうのか
とか凄い意外性とかあったわけではなかったし、評価は「良い」寄りの「普通」
ですが、今後も信吾氏とはなさんは末永く・・・・・・・・・です。

この評価板に投稿する



2018/12/25 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10172 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: ドラマ:はなちゃんのみそ汁
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ