[日本映画]激動の昭和史 軍閥


げきどうのしょうわしぐんばつ / Gekidou no shouwashi 'Gunbatsu'
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数772位3,059作品中総合点3 / 偏差値51.08
1970年日本映画総合点6位22作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)1
ストーリー3.00(最高)1
映像2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
音楽1.00(良い)1
考えさせられた100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:堀川弘通 製作:藤本真澄 針生宏
脚本:笠原良三 美術:阿久根厳 育野重一 音楽:真鍋理一郎 監督助手:松本正志 配給:東宝


日本 公開開始日:1970/08/11(火)
3,81011
最近の閲覧数
1102001210
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/08/14 / 最終変更者:永田 / その他更新者: カトル / 提案者:ラマンチャ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2016/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7739(87%) 普通:661(7%) 悪い:471(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21756 ブラウザ: 1975(携帯)
タイトルにもなっている「軍閥」とは、強大な軍事力を背景に政治的特権を握った軍上層部集団のことを指します。この映画は、政治の頂点に登り詰めた一人の軍人を中心とする軍閥がたどる悲劇への結末と、真実を報道すべく奔走するジャーナリストたちの勇気と努力を描いた激動の昭和史の一断片でした。

本作について特筆すべきは随所に太平洋戦争当時の記録フィルムを挿入し、ドラマとのモンタージュ化を図った点でしょう。これに関してはよりドキュメンタルな視点で作品を貫こうとするスタッフの意欲がうかがえます。また海戦シーンの特撮は、過去の作品からの流用が大半を占めており、このあたりは特技監督を手掛けてきた円谷の死により新たな特撮場面が使えなかったのが大きかったかなと。しかし、その反面、サイパン島での陸戦場面の激烈さは東宝戦争映画でもかつてなかったほど悲痛で、洞窟で若い母親が赤ん坊を絞め殺すくだりはさながら地獄絵図を思わせるものがありました。

歴史を相対的に眺めようとする姿勢は、それだけにとどまらず、太平洋戦争に突入していく経緯や陸軍と海軍のパワーバランス、言論統制、懲罰召集の実態、今も変わらぬ曖昧な日本的官僚主義の構造、個人の力では止めることのできない戦争という巨大なメカニズムなど、これまでの東宝戦争映画では省略されてきた部分がかなり客観的に描かれている点が真新しく、従来の作品と一線を画すものがあります。

また、新聞をはじめとするマスメディアの責任もこれまでは触れられなかった部分だ。言論統制に屈せず、プレスキャンペーンを展開する新井たち新聞記者の行動は実話ということも相まって深い感動を呼びます。しかし、これをただ綺麗事の美談で終わらせていないあたりに作者たちの強い意志が感じられます。若い特攻隊員の口から報道機関への批判を語らせるくだりは、その白眉だ。そして映画はさらにその奥を見据える。冷静沈着な指揮官から独裁者へ、ついにはファナティックな狂信者へと移り変わる東條英機のキャラクターは戦時中の国民感情の推移を表すものだろうが、映画はその東條を育てた軍閥の背後にあるもの、すなわち日本人の心の底に潜むものを告発する。戦争を引き起こしたのは軍閥だが、それを支えた日本人一人一人の無責任さを訴えている。この作品の主張は戦後70年経った現在でも決して終わっていません。

この評価板に投稿する



2016/09/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21755 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた/勉強になった 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ