[日本映画]不良番長


ふりょうばんちょう / Furyou banchou
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,764位2,823作品中総合点0 / 偏差値48.68
1968年日本映画総合点21位23作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督:野田幸男
企画:吉田達矢部恒
脚本:松本功山本英明
撮影:山沢義一
日本 公開開始日:1968/10/01(火)
1,34522
最近の閲覧数
1010010100
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/01/31 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/03/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2300(50%) 普通:1150(25%) 悪い:1152(25%)] / プロバイダ: 25756 ホスト:25963 ブラウザ: 4721
山手中央署署長の「若気の至り」的作品。
冒頭から暴走族愚連隊な主人公達が浜辺を疾走してイキナリ、集団レ〇プ…。
リーダーにして主人公の神坂が「苦労知らずの金持ちが」的な台詞を吐き捨てます。
最近、エリート大学生のレイ〇事件が報道されていますが、そいつらがムカつくからといって、
そいつらと同じぐらい裕福そうに見えるだけの相手に同じことをしてイイ訳ではない。
しかも30前で、バイクに乗っては悪役プロレスラーじみた格好、平素は一人背広で悪たれ共を率いる「不良番長」は浮きまくり。

ヤンキー世界の住人の分際で調子に乗ってヤクザの世界にまで踏み込んだ彼らはツケを払う事になりますが
そもそもヤクザと刺し違えられる銃火器類の登場が、かなり唐突。
せめて神坂が巨大組織に一人で立ち向かう松田優作的な一匹狼か、
率いられる若者達が「傷だらけの天使」的な地に足がつかないまでもつけようと足掻き、何らかの職種に就いていれば良かったのですが。
破滅に向かって転がり落ちていく「俺たちに明日は無い」的な際どさより
青春エネルギーを持て余した「ヤンチャ」は許されるという甘えが前半から漂っていて(80年代ツッパリの走りか?)
現在の視聴者が終盤を見ても「自業自得」的印象が強く感慨が湧きにくいでしょうか。
前半の主人公達にあまりに感情移入できないので後半の展開でもって相殺されて辛うじて「普通」。
[共感]
2017/03/21 シリアスムードが漂うのはこの第一作と二作目「猪の鹿お蝶」あたりまでで、あとはハチャメチャな下ネタギャグが連発されるコメディ路線です。機会があればご視聴ください。 by CHIGE

2017/01/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:278(71%) 普通:52(13%) 悪い:64(16%)] / プロバイダ: 46092 ホスト:46203 ブラウザ: 5213
ついにこれが登録されましたか。
東映の誇る(誇ってないと思うけど)バカ映画シリーズの代表作です。
ちなみに映画作品としてはたぶん下の下なのでわざわざ今の時代にこれを観る人というのは
よほどの物好きだけでしょうね。

確か全部で15作あったと思うけどどれをとってもグダグダでくだらない(誉め言葉)
ですがこれが妙に癖になる。
どの回を観てもストーリーは同じです。だいたい梅宮辰夫の率いる愚連隊カポネ団が
一攫千金を狙って悪さを働くけどその上前をヤクザにはねられて
仲間がヤクザに殺されて、敵討ちとばかりに敵陣に殴りこみかけて
梅宮をのぞくカポネ団のメンバーが全滅しておしまい。

それよりも全編で炸裂する下劣なギャグの嵐にこそこのシリーズの価値がある(たぶん・・・)
70年代の日本ってこういう風土だったんだ〜っていう貴重な資料として
観るのもけっこう乙なもんです。

トラック野郎シリーズと同じく映像作品としてはゴミに近いものがありますが
妙な中毒性があります。
文字通りのジャンクフードムービー。

70年代東映プログラムピクチャーの醍醐味を堪能すべし。
良いとか悪いとかじゃなくてこの野卑なノリは現代の映画ではお目にかかれないものですので
興味のある人は一回くらい観ておいてもいいかもね。

たぶんハマるか「くだらねー(w」ってうっちゃるかのどっちかだと思うけど

ちなみに面白い逸話がありまして
梅宮辰夫が敵陣にバイクでなぐりこみをかけるシーンで「Let's Go!」って掛け声をかけたら
監督から「東映のお客はバカだから横文字はダメです。」
「行くぜ!」でお願いしますって言われたんだとさ。
まあ全編こんな調子なんで作品の出来は推して知るべし。
だが、そこがいい。

興味のある人は「ダイナマイトロック」で検索をかけてみよう。

この評価板に投稿する




1. くにおくんが実写映画&ドラマ化 by Mr.KN
... &ドラマ化が決定した。 9月13日から開催される「第6回したまちコメディ映画祭in台東」(通称:したコメ)で映画版が上映されることもわかった。 主人公くにおに抜擢されたのは、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』『ライアーゲーム -再生-』の注目の若手俳優・大野拓朗。 映画初出演の大野は、不良番長に立ち向かう硬派な ...
記事日時:2013/07/12
2. 魔法使いサリー レビュー 第78話 「魔法の学園祭」 by HARIKYU
... てあげたのでした。 『 エリート中学校の学園祭に、男子生徒のガールフレンドとして参加することになったすみれ。サリーも中学校の番長のパートナーとして、学園祭に参加することを決める。ところが、そのことを良く思わないサリーのパパは、サリーが参加できないよう学園祭を中止にしてしまう。 』 さて、「サリー」はというと、英才中一の「不良番長」からプロポーズさ ...
記事日時:2011/06/08
3. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓- 第251話(901話)「夏休み"09〜その22〜」 by 陣兵
... 、ドラマ「こち亀」を見て夏休み22日目が幕を閉じた。 次回、夏休み編その23…"09年で最も暑い一日!! 第252話(902話)へつづく… ☆特別企画・日本を代表する映画監督の作品特集〜SEASONⅡ〜ⅩⅠ☆ 231.【野田幸男監督】 「プロレスWリーグ・血ぬられた王者」、「"不良番長"シリーズ」、 ...
記事日時:2010/03/24
video video video video

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ