[日本映画]フレフレ少女


ふれふれしょうじょ / FURE FURE GIRL
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,531位2,860作品中総合点-3 / 偏差値45.93
2008年日本映画総合点103位128作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

櫻木高校2年の百山桃子は、現実の恋よりも小説の中の恋に夢中な文学少女だった。
あの大事件が起きるまでは―。
読書しながら下校する桃子の脳天を、野球部のエース・大嶋が放った暴投が直撃!!
優しく介抱してくれた大嶋に運命の一目惚れをしてしまうのだった!!
スタッフ

監督:渡辺謙作
脚本:橋本裕志
日本 公開開始日:2008/10/11(土)
公式サイト
1. http://www.fure-fure.jp/index_pc.html
5,38588
最近の閲覧数
1001100001
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/10/06 / 最終変更者:宇宙刑事ジャンギャバン / 提案者:ダイゼンガ- (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/01/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 30751 ホスト:30839 ブラウザ: 5171
【良い点】
一人しかいない桜木高校の応援団、弱小野球チームのエースを応援したくて、入ったももこ事、ガッキー。最初の1時間くらいは、力も入らず、つまらない感じでしたが、先輩との合宿で、鍛えられ、学ランを先輩からプレゼントされ学ラン姿に身を包んだガッキーの、さまになってきた応援は、かっこついてきたなーと思いました。徐々に周りの吹奏楽部やチアリーダー他を巻き込んで、誰にも認めてもらえなかった応援団の応援で、甲子園に行ける事になったのは、最後の最後で泣けました。ほんとに最後の決勝戦だよね・・・・脇共々応援団らしくなったのは・・・

でも、応援の力で、勝利に導くと言う、応援団の様々なプラス発言は、正直、ほんとの事なので、
ありがちなストーリーと思われたとしても、何回聞いても良いと思う。

相手高校の応援は、ほんとに応援団らしいので、桜木高校より実力として上回っているとは、思うのですが、
やっぱり。ももこ率いる応援団の野球部勝利へ気持ちが、桜木高校全体の応援部達に伝わったと思う。
なにしろ、相手高校は、最初から、野球部にしても応援団にしても桜木高校をなめている所に隙がある。

【悪い点】
応援団として、目覚めるまでの途中の段階が、退屈。

【総合評価】
良いでいいと思います。ガッキー、可愛いしな・・・

2014/11/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(72%) 普通:7(15%) 悪い:6(13%)] / プロバイダ: 14897 ホスト:14993 ブラウザ: 5139
【総合評価】
新垣結衣目当てで鑑賞しましたが。全く期待してなかったけど全体にある間の抜けた雰囲気が面白くて観ながら1人笑ってしまったり。ガッキー以外にも柄本くんや永山絢斗など今まさに実力派と呼ばれるような俳優さんたちが初々しい演技をしていて見どころだと思います。

2014/11/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2325(50%) 普通:1166(25%) 悪い:1167(25%)] / プロバイダ: 23605 ホスト:23886 ブラウザ: 5171
素材と調理の手法が相性が悪すぎた作品。応援団という暑苦しい世界を少女マンガ目線で描いてしまっている。

野球部エースの大嶋にボールをぶつけられたのを切欠に彼に一目ぼれしたヒロインの桃子。
彼と結ばれるラブストーリーではないとはいえベタ過ぎ…。
そして大嶋はプロも注目の逸材という事ですが何故、櫻木高校に在籍していたのかも不明。
応援団は一人、チア部は応援に関心がない。桃子の文学を引用したスカウトで釣られてくる他部の生徒。
本当に部活に対する意識が学校全体で普通というか弱小で今更、強豪に転校するなど彼のキャラがブレまくり。

そして唐突に登場するOB軍団。彼らが桃子に「女の癖に」的言動を取らないのは好感が持てるが同時に作品としては問題。
女の身で応援団を束ねる、それだけで理不尽な事は沢山あるだろうに、その器量を問われないため彼女の成長が感じられない。
それでいて転校先で頑張っている大嶋を見かけた桃子がちょっとヤル気を出したら夜練習の具体的描写もなく他の男子生徒が逃げ出す、
不知火校の女子マネが「何、この女」的態度をとったり応援団が大嶋の過去を穿り出したり女性視点の「嫌らしさ」ばかりが描かれます。

このため後半に入ると、さらにご都合主義が強く感じられました。
応援というのは、する方とされる方の信頼関係が大切だろうに、そういったものがまるで描かれていないのにもかかわらず、
桃子率いる応援団に応援された部は瞬く間に大躍進とドラえもんの必勝アイテムのごとし。
せめて最後は惜敗ぐらいで大嶋が自分が一度は見限った相手を見直すぐらいなら「とても悪い」ぐらいでしたが…。

テーマ的には今夏、放映されていたドラマ「あすなろ三三七拍子」に近いのに
ストーリーは「ヒロインが自分をふった(というより一貫して眼中にはないのですが)男を見返す」程度の内容。

2014/10/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1700(52%) 普通:845(26%) 悪い:732(22%)] / プロバイダ: 13716 ホスト:13580 ブラウザ: 5989
青春映画は若手中心の配役になるため演技力不足なのはよくあることですけど
主役のガッキーの演技は特にひどい、これでは物語に説得力が生まれません

むろん典型的なアイドル映画であるため、どこが見所かと言われるとガッキーの可愛さなのであって
「ガッキーが可愛いんだから何の問題もなかろう」ですべて解決する話なのですが
ガッキーが足を引っ張っているのに、ガッキーによって成り立っているという不可思議現象が起こっています

内容については応援する支える側というちょっとかわったテーマがあって
青春映画の最大の盛り上がりどころである努力の総決算での試合応援はキレッキレで気合が入っていました。
しかし支えられる側の野球部についてはおざなりなことも多くて、応援団と野球部の一体感が力になる
という描写はついぞありませんでした。そこがこのテーマの一番の見所になるべきだと思うんですけどね。
おもしろくはあったけど褒められる点が少ないので評価は【普通】とさせていただきます

※野球部って転校して学校が変わると一年間公式試合に出られないルールがありませんでしたっけ?大嶋くんどんな手使ったんや
[共感]
2014/11/01 >転校して学校が変わると一年間公式試合に出られないルール そういえばそうですね。それだけ、この作品は作りこみが甘いということでしょうか。 by 十傑集

2012/03/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3584(33%) 普通:3774(35%) 悪い:3457(32%)] / プロバイダ: 9800 ホスト:9466 ブラウザ: 4895
応援団を題材とした映画でしたね。

主人公が応援団に入団した動機は不純でしたが、一言で言えば「ややベタな
青春映画」だったでしょう。良く言えばそれなりの安定感はある。
悪く言えばお約束的で面白みには欠けたのかもしれません。

途中、そんな不純な動機もあって、散々な状態となってしまった応援部
でしたが、そんな時に合宿を提案したOB、柳原源蔵役の内藤剛志氏の
存在感は光ったと思います。

肝心の主役・新垣結衣ちゃんは、普段の場面では無難に演じられていたとは
思いますが、その合宿を経た、入団のきっかけを作った大島が転校した
学校との試合での応援はやや声量不足でしたかね。まあ女性だし、しょうがない
所もありましたが・・・・・・・・・

その試合の行方も、ほぼ「想定の範囲内」で、ちょっとうっとおしい女だった
ジャーマネと共にガックリ来ていた大島にとっては皮肉な結果でしたが、
他の方も指摘されていた通り、野球部の面々の掘り下げが不足していたと言うか、
応援の対象が野球で無ければいけない必然性が感じられなかったのもまた
事実だったと思います。

主題歌は作風に合った歌だったと思うけど、まあ佳作だったでしょう。
評価は「普通」で。

2010/04/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:741(64%) 普通:180(16%) 悪い:229(20%)] / プロバイダ: 29963 ホスト:29785 ブラウザ: 10070
主人公の女性が、野球部のエースの男に想いを寄せることになり、
それがきっかけで彼を応援するために応援団員になるという話。
だが、現実は甘くなく、野球の試合において応援活動は失敗に
終わり、自分の不甲斐無さを悟るという。
さらには、エースの男が他の学校に行ってしまい、
主人公にとって、「踏んだり蹴ったり」の展開だ。
だが、応援団活動そのものに意義を見出し、厳しい特訓にも耐え、
そして、応援活動が周囲に認められるという、そんな物語だった。

ただひとつ不満なのは、個人的には野球部の面々に、
彼らを応援したいと思わせるだけの魅力が
感じられなかったことにある。
だいたいにして、「応援」というのは好意・善意のものだろう。
そのやり方が下手だった程度で、応援をする者に対して
攻撃的な言動をとるような「器の小ささ」・・・
そこに魅力を感じなかったのである。

ぶっちゃけ、「なにさま?」ってところだ。

よって、【総合評価】はプラスマイナスゼロで、【普通】とする。

2009/08/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:515(71%) 普通:0(0%) 悪い:215(29%)] / プロバイダ: 16820 ホスト:16807 ブラウザ: 3876
全く統制がとれていなかった応援団を、新垣結衣さん演じる桃子が立て直し、その主たる応援対象である野球部を力強く後押ししていく、という作品です。
キャストの方々の演技には不満はありませんでしたが、印象としてはややインパクトに欠けていた感があると思いました。

応援団の団員は非常に個性的で、初期の応援は通常の応援団では考えられない失敗の連続です。それらの描写はギャグとして効果的に機能しており、非常に笑えました。
そのような状況を打破しようと過酷な訓練が続くのですが、その努力の描写がやや弱く少なかった印象を受けました。
かつ野球描写も不自然な点が多く、展開も先が読める様な感じで、観ていてワクワク感があまり感じられませんでした。
正直、後半部よりも前半部の方がギャグ要素が多く楽しめただけに、残念に思いました。

ストーリー展開は、不快感を抱く程ではないですが、ややお決まり的で先が読め、淡白な印象でした。そのため、ストーリー自体にはあまり面白みを感じませんでした。
しかし、前半部のギャグ描写は本当に面白く、「応援」という行為について真剣に考えさせられる描写があったのは良かったと思います。
ストーリー面はイマイチでしたが、その随所で挿入されたギャグ描写・応援の意義などの描写が良かったので、少し甘いですが、評価は「良い」にします。

[推薦数:1] 2009/05/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 3466 ホスト:3639 ブラウザ: 7087
この映画を見て最初に感じたのは、「野球部ってそんなに特別なの?」だった。まぁ、これは個人的に「応援はスポーツマンだけのものなのか?」と思っている(その意味でスポーツに拒絶反応がある)所為なのだが…この辺りが、自分と本作の間に致命的なズレを引き起こしていた。

筋立ては、イケてない主人公(桃子)が何らかの切っ掛けを得て、努力の末に素晴らしいモノを得るという、いってみれば青春系サクセス・ストーリーの王道であり、桃子の場合はその切っ掛けが「応援」だったわけだ。こう言えば、本作は紛うかたなき「普通の青春映画」なのだが…ただ、本作は「応援」という形で、競技を「行う側」ではなく「見守る側」に注目している。その着眼点こそ素晴らしいとは思うけれど、残念ながら、これが自分にとって厄介だった。

当たり前ではあるけれど、応援ということは、「ウォーターボーイズ」などのように「自分(広くみても自分とその仲間)のために」打ち込めばよし、というワケにはいかない。応援されるべき「対象」が絶対に必要だ。そして、自分はその対象のために力を尽くす、という立ち位置が自然と出来上がる。

本作の場合、対象となるべきものは野球部だった。いや、より乱暴に言ってしまえば、本作に於ける応援団は「野球部の為に存在している」感さえ漂う。つまり、偏りすぎている。いちおう将棋部などの応援もしていたけれど、桃子が「応援の力を見せてやる」と言っていた以上、それは応援団に心を開かない野球部への「示威行為」の意味合いが強いので、結局のところ偏りは解消されないどころか、益々激しいものとなっている。「人の為」という謳い文句からは、信じられないほどの狭量さだ(「人の為」の範囲が広すぎることもあるが…)。

まして、本作では「野球部を応援する」という行為が無条件に肯定される。応援活動への参加を渋っていた生徒たち、「やったところで野球部が応援してくれるんですか?」と正論を発していた生徒も、結局はインスパイアされて応援活動という「善行」に巻き込まれる。

それも、そもそもどうして野球部には利他の心でもって健闘を祈らねばならないのか、他のクラブ、いや、もっと広く言えば、どうして他の活動ではなくて野球部なのか、その辺の疑問を全く解消しないままに(これは桃子をはじめとする応援団員にも言えることで、なぜ「利他」の対象をああも絞るのか見えない…そのため、彼らには殆ど共感できなかった)。上述の「無条件」とは、こういうことだ。

だいたい、本作の野球部には作中で支持されるほどの絶対的存在感があったのか、という疑問も残る(それが明確に示されていたとしたら、自分の本作に対する印象は大きく変わっていたはずだ)。それでも応援するところに、本作の言わんとするものが秘められているのだとは思うが、それにしても本当に野球部の存在感に対する説得力を付加する箇所がないので、大いに困惑させられる。

こういうのは、野球部に関心がなければアウトだ。盛り上がるのはいいし、応援には確かな力が宿るのもわかるけれど、対象を斯様に限定されると、その分ストライクゾーンは狭まる。本作の対象を軽く流せるか、同調できるかすればいいのだが、それに少しでも綻びが出ると、途端に印象が悪くなる危険を孕む。最悪の場合、「胡散臭い」とさえ捉えられかねない。

そのため、自分は本作から元気を貰えなかった。応援というのは、受け手が好印象を抱いていない者に向かっており、尚且つ限定的である場合、空しく響くだけなのかも知れない。「どうせ俺も含めた他の奴には向いてないんだ…」というネガティヴな諦めとともに。

少し余談になるが、応援団をモチーフにしている作品だったら、(ゲームであるけれど)NintendoDSの「押忍! 闘え! 応援団」シリーズに沢山の元気を貰ったが、それは、同作品に於ける応援の対象がボーダーレスだった(スポーツマンのみならず、受験生、職人、幽霊、擬人化したナニモノか、果ては天体まで!!)ことが大きな理由となっている。

ただ、ゲームに於ける謎の集団である「応援団」とは違って、応援する場が限られる学校行事の一環としての応援団に、普遍性を求めること自体が非常に酷な話だし、例えば本作に於ける「応援団」を「チア」に、「野球部」を「サッカー部」に変えても話は成立する…即ち物語そのものには普遍性がある(起承転結のパターンは青春映画の王道を踏襲したもの)わけだから、本作の場合、「対象がたまたま野球部だっただけ」と割り切るより仕方ないのだろう。できないとしたら、それこそ「相性が悪かった」としか言えない。これは、構造的な限界なのだろうか。

「応援団とはどんな集団であるべきなのか」「人を応援するために為すべきことは何なのか」…といったことに対して、桃子たち応援団員の姿を通して、真摯に向き合っていたであろうことは感じるし、ロジックの部分では、納得できる箇所も沢山あった。その意味では「できた映画」だ。しかし、それをシンパシーとして実感することは、残念ながら冒頭の猜疑を抱いている自分には、どうしても不可能だった。本作を好きになるには、「青春映画好き」以上に「スポーツ好き」であることが重要なのだろう。

些かアンフェアな気もするが、作品との不一致から感想は「とても悪い」とさせていただきたい。しかし、自分のようなケースはイレギュラーだという想いもあるので、他の方、特にスポーツ好きな方のご意見を伺いたいところ。

この評価板に投稿する



2010/07/29 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 50990 ホスト:51045 ブラウザ: 11743 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ