[日本映画]宣戦布告


せんせんふこく / Declaration of war
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数646位3,047作品中総合点4 / 偏差値51.98
2002年日本映画総合点9位60作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:石侍露堂
脚本:石侍露堂 小松與志子
原作:麻生幾
製作:石侍露堂
日本 公開開始日:2002/10/05(土)
4,25133
最近の閲覧数
1010100200
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/06/28 / 最終変更者:無線機 / 提案者:無線機 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/10/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7574(87%) 普通:641(7%) 悪い:463(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21979 ブラウザ: 1975(携帯)
原作である小説版に関してはまだ一度も読んだことはありませんが、なんでもかなりのベストセラー小説だったようですね。

もしも現代の日本が戦争状態に入ってしまったらという最悪の時代を題材にしておりましたが、その背景としてはちょうどこの映画が公開された前年にアメリカの9.11テロにより、イラクとの戦争を始めており、日本でも確かこの頃あたりに隣国がミサイルを発射して外れるものの不穏な雰囲気となっていたりと、そんななかでいわゆる日本の自衛隊等の防衛システムの問題点に警鐘を鳴らしておりましたね。

個人的には序盤で隣国の戦闘員を尋問にかけるところが印象的でしたね。刑事ドラマでの重要参考人に対する尋問とはまた違ったもので、何しろ国家の存亡にも関わってくるわけですから、あの手この手を使ってなんとしても聞き出そうとしていたりと、その必死さが伝わってくるものがありましたね。わりとシリアスだったけれども、そんななかで尋問をかけた戦闘員に対して結構美味しそうな食事を出していましたな。このあたりは刑事ドラマでいうカツ丼に通ずるものがあったかなと思います。

最後にこの作品の評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2012/01/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3324(33%) 普通:3510(35%) 悪い:3272(32%)] / プロバイダ: 19877 ホスト:19829 ブラウザ: 4895
原作は奇しくも某国のミサイル発射実験直前に発表されたらしいが・・・・・・・

ギャオで見たけど、警察力の限界や、法令上は軍隊である事を
公言できない、中途半端な自衛隊の出動問題等のジレンマや、
有事体制の不備等に警鐘を鳴らしていて、リアリティのある
内容だったと思います。特殊部隊との戦闘でも、実際死傷者が
何人も出た描写がなされてましたが、緊迫感があって、実際
に起こった時の事を考えるとやはり重みのあるシーンでもありました。

俳優陣も好印象で、主役の古谷一行氏や夏八木勲氏等重厚な演技を
披露されていて、特にミスキャストはいなかったですね。ただ、
パク・アンリー等敵方サイドの人物掘り下げはやや不足していた
かもしれません。

最後は夏八木氏演ずる瀬川の機転で危機を避ける事は出来たも、
完全なハッピーエンドとは言いがたかったのですが、当時の防衛庁と自衛隊から
強力を拒否された等の制約も考えると、健闘された部類に入った
良作だったと思います。某国以外にも日本の周辺国は油断できない
国ばかりですが、やはりこの映画で描かれた事態にならないよう
改めて危機管理していく事の大切を認識させられました。
評価は「良い」で。

2006/07/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(36%) 普通:254(34%) 悪い:229(30%)] / プロバイダ: 30417 ホスト:30358 ブラウザ: 5234
迫力は抜群で緊迫感がありスリリングでとても楽しめました。同時に日本の安全性への不安を感じさせられました。
私の知識は激薄で本当のことろはよく知らないので、リアルに出来ているのかはわかりません。
私個人としてはおすすめしたい作品ではありますが、作品追加の際に見た、ウィキペディアのページでは
評価が非常に厳しいと書いてあったので不安です。周りに流されちゃいけませんよね(汗
一度は見た方がいいとおすすめしますが、個人の判断で見てください。クレームはお断り願います。
北○○をかなり意識した作りになっていることは明確です。ミサイル問題などまだ不安は解消されませんね。

この評価板に投稿する



2016/10/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22077 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. キャプテン翼 感想#36 by エスパー
... あのそれ普通に器物損害じゃないですかね! つーかよくボール破裂しなかったよな!人体に向けて打ったら再起不能にできるんじゃねえの。 ただ撮影班のひとりも反町くんの2点目より日向くんに注目していたのだし新技アピールとして十分、 涼しげに「先にクラブハウスに帰ります」と言って去ったのも北詰監督への宣戦布告なんでしょうなあ ...
記事日時:2018/12/07 [表示省略記事有(読む)]
2. 7/11漫画レビュー(オリエント、ツルとカメ、ポプテピピック) by ゴーグル侍
... 32号 オリエント(大高忍) 武蔵と小次郎がじっくりと絵巻物を見て鬼神の事に関して研究した所、日ノ本に鬼神が100体程いる事、最強の鬼神を倒した暁には天下統一を成し遂げる事が出来る事が判り、尚虎が天下統一の為に鬼神を駆除していると確信した武蔵は尚虎に絶対に最強の鬼神を倒す事を宣言する形で宣戦布告したのでし ...
記事日時:2018/07/11 [表示省略記事有(読む)]
3. Just Because!7話・感想 by 竜巻回転
... 、 それにしても美緒って中学時代から陽斗に片想いしてたけど、 実際の所は瑛太との絡みの方が多く思い出深いという感じですかね。 そして美緒が駅から出た所を恵那が待ち合わせしながら さらに瑛太とデートしてよいかと恵那が美緒に言ったのに対して 美緒が駄目と言った所で続きは次回へと……。 恵那が美緒に対して宣戦布告をした所 ...
記事日時:2017/11/26
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ