[日本映画]デスフォレスト 恐怖の森2


ですふぉれすと きょうふのもり2 / DeathForest 2
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,372位2,856作品中総合点-2 / 偏差値46.53
2015年日本映画総合点63位83作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督・編集:一見正隆
脚本:小川努
原作:Kazz
製作:張江肇鈴木ワタル

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/03/21(土)
99111
最近の閲覧数
1000000000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/02/03 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/08/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2138(50%) 普通:1077(25%) 悪い:1075(25%)] / プロバイダ: 17113 ホスト:17242 ブラウザ: 5173
ゲーム『DeathForest〜森からの脱出〜』映画化第2作。
前作から、たった3カ月後の公開であり最初から原作ファン限定で低予算で分けて作る構想だったのか?
一作目の旅行先で外界から隔離された世界に迷い込むスプラッタホラーが原作基準でまだ納得できたのに対して
本作はホラーの、もう一つの定番である学校の怪談展開で森が全く出てこない。
一応、恐怖の対象である「ヨシエ」や「ストーカー」との関わりが前作から示唆される謎の老婆を徘徊させていますが
それにしても作品世界観のルールが一作目に比べても曖昧。

そもそも移築が行われている高校の旧校舎を舞台にしていますが普通なら取り壊し目的で立ち入り禁止になりそう。
不良のたまり場になっているのならともかく、女教師の方が転校前に傷害の前科が噂される不良少女を指導に呼び出したり
白川達演劇部はチョコチョコ練習する程度なのに日没まで「襲ってくれ」と言わんばかりに居座っている。
要はキャストや舞台に金かけずにホラー本筋に関わりの薄い女子高生同士の絡みを水増しして映画の体裁を整えたのでしょう。

このため前半は前作同様に退屈な導入となり、夜間となる後半も前半から不自然に薄暗かったためメリハリに欠ける。
凶状持ちと噂される不良に「人殺し!」と相手を刺激する暴言連発中に背後から「ヨシエ」に食い殺される女生徒は滑稽で、
そもそも「ヨシエ」や「ストーカー」は前作以上に暗くて見え辛い中で現れ方がワンパターンだったり。
準主役の内田も本筋への絡みが前作以上に薄い等、舞台設定の選定段階からの無理が目立ってしまいました。

評価は「とても悪い」で。

この評価板に投稿する




結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ