[日本映画]怪獣総進撃


かいじゅうそうしんげき / DESTROY ALL MONSTERS
  • 楽しい
  • 面白い
  • 格好良い
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数87位2,821作品中総合点23 / 偏差値69.37
日本映画平均点143位367作品中平均点0.92=良い/25評価
1968年日本映画総合点1位23作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.38(良い)8
映像1.25(良い)8
音楽1.25(良い)8
ストーリー1.25(良い)8
声優・俳優0.62(良い)8
楽しい88%7人/8人中
面白い88%7人/8人中
格好良い62%5人/8人中
びっくり38%3人/8人中
可愛い12%1人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

小笠原沖の島ではゴジラをはじめ、世界中の怪獣を集めた「怪獣ランド」が建設され、怪獣は人類のコントロールと管理の下、平和に暮らしていた。

そんな時、怪獣ランドが何者かに襲撃され、異変を察知した月基地は地球に向かってムーンライトSY-3を発進させる。

それは地球侵略を狙うキラアク星人の攻撃だった。
●スタッフ
制作:田中友幸
脚本:馬淵薫
監督:本多猪四郎

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1968/08/01(木)
オープニング動画 (1個)
怪獣総進撃マーチ怪獣総進撃マーチ
作曲:伊福部昭 編曲:伊福部昭 [ファン登録]
12,9422525
最近の閲覧数
3040002100
1人の方がこの作品が日本映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/02/01 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: kunku / TCC / ラマンチャ / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/05/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:278(71%) 普通:52(13%) 悪い:64(16%)] / プロバイダ: 176 ホスト:389 ブラウザ: 5213
日本映画専門チャンネルで放送されたのを久々に視聴。前作「怪獣大戦争」よりずっといい出来。
上映時間89分だったんだねこれ。昔観たときはちょっと冗長かな〜と思ったけど
再視聴したらそんなことはなかった。かなり余計なシーンを削りに削ってるのが分かりました。
エピソードがぎっしり詰め込まれてて退屈しなかったわ。

本当はこの作品で東宝怪獣映画は終焉を迎えるはずだったんだよね。最後だからってことで
思いっきりお金をかけて豪華絢爛な出来になってます。東京をゴジラ ラドン マンダ モスラの4体が
襲撃する前半のクライマックスが白眉。

アナログ特撮の頂点かもしれない。ちゃんとセットを組んでそれを破壊するのってとてつもなくお金が
かかるので昭和40年代後半のゴジラ映画は富士山麓なんかで戦うシーンが増えてるんだけど
この映画はお金のかけ方が全然違うわ。

キングギドラを集団でボコるシーンはどうかと思いましたが(モラル的に)

【良い点】
主役メカ「ムーンライトSY-3」のデザイン。
昭和43年でこの流麗なデザインは驚き。合体までするし。
姿勢制御のバーニアまで吹かしてるのがカッコいい。

キラアク星人(吉良+悪っていうネーミングだそうです。当初のタイトルが「怪獣忠臣蔵」だったらしい)
の基地に乗り込むシーンで探検車を発進させるギミックも秀逸。
宇宙空間でロケットの噴射煙がモクモク出てるのはちょっと安っぽかったけどまあこれも味のうちですね。

あとは東宝怪獣一同が大画面いっぱいに勢ぞろいする富士山麓のシーンは
壮観で見ごたえありました。

【悪い点】
キラアク星人の伊豆半島の基地に乗り込むシークエンスがちょっとくどい。
なかなか上手くいかないもんだから視聴していてもどかしくてしょうがない。

【総合評価】
今の基準で視聴すると特撮シーンは正直しょぼいところもあるけれど
当時のレベルではこれが限界だったんだろうと思います。

この一年後に「2001年宇宙の旅」が公開されるのかと思うとちょっと感慨深かった。
アナログ特撮も味わい深くていいもんだと思いますけど。

評価は【良い】

2019/03/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:103(64%) 普通:16(10%) 悪い:41(26%)] / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10170
謎のキラアク星人出現!宇宙をゆるがす11大怪獣の大激闘!
【良い点】
・娯楽作品としてヒットして、まだまだゴジラシリーズが続くきっかけになりましたね。
理由としては、「怪獣島」という設定、ゴジラシリーズの怪獣の総集結による、悪役宇宙人の使いとしてまたまた現れた「キングギドラ」との
対決もそうですが、最初こそ取り繕っていたものの(胡散臭さはあったが)、結局は悪役だったX星人とは違い、最初から自分達の理想の為に怪獣や地球人達を操り、使役していた分かり易い悪党との戦いである「ドラマパート」がメインである今作だからこそ、ある種のお祭り騒ぎの様な賑やかさのある作品といえるでしょう。
やや不満点はあるものの、地球の怪獣達と、宇宙の怪獣のキングギドラと宇宙人達との決戦は確かに中々見応えはありました。

・X星人に続き、今度は「キラアク星人」という悪役宇宙人に、地球人も怪獣島の怪獣達も良い様に使われていたものの、結局、最後には自分達の為だけに散々利用した者達に敗れ去ったという展開からの、怪獣島にも平和が戻り、登場した全ての怪獣を(今度は)しっかり総登場させる演出にはホッとしました。

【悪い点】
・一部の怪獣の扱い
登場しなかった怪獣達はまだ仕方ないとしても、折角登場した怪獣達、
特にバラゴンは戦いも無ければ、暴れるシーンもないし、バランに至っては、遠くからのモデルを映して、最後にやっとマトモに登場したくらい。
こうも怪獣が多いと、やっぱり扱いが難しくなるものなのでしょうね。

【総合評価】
まあ、ゴジラシリーズがまだまだ続く事になれたのは、今作の功績のおかげでもありますし、上記の様に、娯楽映画として成功した作品だというのにも納得のクオリティではあったと思いますので、

評価は「とても良い」です!!!

2019/01/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:115(80%) 普通:3(2%) 悪い:25(17%)] / プロバイダ: 11821 ホスト:11815 ブラウザ: 10317
一つの娯楽作品としては悪くないでしょう、怪獣が沢山出てくるのは子供目線で見たらワクワクしますし
怪獣ランドって設定も面白味がありましたし、怪獣ランドで暮らしてる怪獣がキラアク星人の陰謀により怪獣が野放しになってしまったのも悪くはないと思いました
娯楽重視でもある本作ですがドラマパートは疎かにはしてないと思うし本筋は守ってると感じた
この手の作品の欠点が目立つのはまあ仕方ないかな、特定のキャラが目立たないのは否定出来ないかな、本作でも戦闘に参加してないのがおるし

【総合評価】
夢とワクワクがある娯楽作品だと思いました
最後のバトルやりすぎなのは(ry

2018/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:125(54%) 普通:42(18%) 悪い:64(28%)] / プロバイダ: 16742 ホスト:16900 ブラウザ: 4721
怪獣ランド、ここは地下のコントロールセンターで怪獣達を自動的に管理しているらしい。
のだけど……緊急事態になった途端「全然原因が分かりません!」「考えられんな」とか、ダメ過ぎじゃないかと思ってしまう。
いくら侵略者の仕業とはいえ……まぁあくまで今現在の感覚で見ての話だけど。

特筆すべきはやはりクライマックスである富士山麓での怪獣バトルだけど、キングギドラとの戦闘で目立って活躍してたのって
ゴジラとアンギラスとゴロザウルスくらいなんですよね。
残念なやついますよ。
まずラドン。こいつは過去にキングギドラと戦った実績があるのに、それほど積極的に戦いに参加してないのは違和感が……。
翼で風を起こしていたけど、そのくらいじゃね。
あとバラゴン。彼は高速ジャンプとか熱線とか結構ハイスペックなのに、目立たなくて残念。
まぁ戦いとなると、あんまり多くの怪獣動かすのはさすがに無理があったのかも知れないけど。
目立たなくても「ギャラ、おんなじ!」だったら不満はないんだろうな、とそう思うことにしてますが。
一方で、戦闘で頑張った方にも触れねばなるまい。
何といってもゴロザウルスのカンガルーキックですけど(これのおかげで今回のゴロザウルス、ムチャクチャ強いイメージが)、
その前に、ゴジラとゴロザウルスとで何かやりとりをしてるんですよね。おそらくあそこで、カンガルーキックに至る
作戦について話を合わせてたんじゃないかな。そう考えると、怪獣にしちゃずいぶんとクレバーだよなって思う。
(人間にコントロールされてるというのもあるんだろうけど)
アンギラスについては、かなりやられてたけど、その後で敵の基地が見つかったんだし苦労が報われたみたいで良かったな。
あー、あと、ミニラね。こいつほんとラッキーだな。前年の上映作品っていうギリギリのタイミングで初登場したおかげで、
この『総進撃』に出られたんですもんね。本作じゃほとんど賑やかしみたいな感じだけど。
それにしてもキングギドラ、「咬ませ」役がすっかり板についてしまった感があって何か寂しい気がしますね。
ところでこれ、TVで実況中継してるって描写ありましたけど、視聴率相当とっただろうなー。局はウハウハだったでしょう。

評価は「良い」で。細かいこと気にしたらアレだけど、観て楽しめたのは確かなのでこの評価。
「お祭り映画」としては大成功だと思う。

2013/12/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 16515 ホスト:16546 ブラウザ: 5386
怪獣たちが総登場するスーパーお祭り映画。
「ゴジラ」、「モスラ」、「ラドン」のほか、「フランケンシュタイン対地底怪獣」のバラゴンや、「大怪獣バラン」のバラン、「海底軍艦」のマンダ、「キングコングの逆襲」のゴロザウルスなどが総登場。
ゴジラシリーズの一作とされていますが、これだけあらゆる作品から怪獣が登場しているならば、もう東宝特撮映画シリーズにしてほしいです…。
えっと…できれば、「大怪獣バラン」、「海底軍艦」、「キングコングの逆襲」も視聴してテンションを上げてから望みたかったのですが、本作がこれらの作品までカバーしている事を知らなかった事、そもそもこれらの作品がレンタルされてない事などが原因でちょっと見てないですね。
もし、「東宝特撮映画シリーズ」みたいな感じで、これらの作品がゴジラシリーズと同列に扱われたならば、ちゃんとシリーズ作品として置いてくれるかもしれないのですが…。

んで、今回は冒頭から度胆をぬく設定で始まります。
「怪獣ランド」なる島が出来ており、そこでこれまでの怪獣たちが閉じ込められて仲良く暮らしているという…。
いや、まあ怪獣ランドの姿は確かに壮観なんですが、なんかゴジラシリーズは毎回衝撃展開ですね…。
それで、その怪獣ランドの怪獣たちがキラアク星人のせいで野に放たれ、街を襲うのが本作のストーリー。
怪獣たちが街をブッ壊すところも、共闘してキングギドラを倒すところも、怪獣ランドで倒すところも、いずれも壮観であり、まあ怪獣映画に対する「ニーズ」に万遍なく答えてるんだろうな…って作品でした。
モスラが幼虫である事、アンギラスやクモンガといった妙な人選(ゴロザウルス、マンダ、バラゴンに至っては、ぶっちゃけ誰だよ…)など、まあ多少気になるところはあるのですが、ゴロザウルスとゴジラのように明らかに雰囲気の違う連中が一同に会するカオス感は結構良いかも。
なんだかんだ、バトルシーンや破壊シーンは必見!一部の怪獣は何してたのかよくわからんけど!キングギドラが集団されてて全く強そうに見えないけど!それも含めて素晴らしいんで見てください!

んで、今回は人間側の描写が軽くヤバい。
怪獣ランドの人々が射殺されるシーンもそうだけど、個人的に一番うえっ…となったのは、耳の洗脳装置(イヤリング型?)を引きちぎるシーン。
耳から血出てるよ!!……これかなり痛そうっていうか、生々しいですよね。
射殺とかは現実味がないんですが、耳たぶを切り裂くあのイヤリング引きちぎりはかなり顔が真っ青になりました…。
これならまだ「怪獣大戦争」のほうがドラマがあって面白いんじゃないか…と思えるくらい微妙な人間ドラマもアレでした。

結局、キラアク星人やキングギドラの倒され方がアレなせいで、終わる頃には全く人類の脅威に見えなかったのは残念ですが、とりあえず怪獣愛があるのが本作。
明らかに悪役じゃん…っていう怪獣たちも、キングギドラ以外は救済されたというか、あのほんわかした怪獣ランドの姿を見たら何でも許せちゃうような作品ですね。
音楽は無駄に良い。

評価は「良い」。

2013/10/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:769(51%) 普通:425(28%) 悪い:316(21%)] / プロバイダ: 7600 ホスト:7632 ブラウザ: 9932
怪獣映画の時代に終止符を打つべく「最後の花火」とばかりに人気怪獣を総動員して作ったら、思いのほか受けちゃったので図らずも「中興の祖」と化した感の有るゴジラシリーズ第9弾にして、元祖「特撮お祭り映画」。怪獣達に匹敵するキャラクター性を誇る超兵器・ムーンライトSY-3の魅力も光ります。

人類の脅威であった怪獣を「飼い慣らす」程の科学力を有する世界観に若干の抵抗を覚えたものの、一大パノラマとも言える雄大さと牧歌的な雰囲気を漂わせる怪獣ランドは見た目にも楽しく、子供の観客を喰い付かせるのに恰好の設定だったと言えるでしょう。その怪獣ランドに早々と異変が起こり、キラアク星人に操られた怪獣達の都市破壊や防衛隊の奮戦振りも絡めながらテンポ良く話が進む事も有って、観客を飽きさせない作劇スタイルに徹している点は好感が持てました。まあ怪獣達が孤島で飼われている時よりも、各国を襲撃している時の方が明らかに生き生きとしているのは何とも皮肉ですが。
もう一方の主役を担うムーンライトSY-3も垂直上昇から水平飛行へと切り替える際に姿勢制御ロケットを点火させたり、大気圏内を飛行する時には主翼を展開したりと製作年数を感じさせない細かなメカ描写が何気に嬉しかったですね。尤も、「月探検ロケット」という本来の使用目的に反する万能振りを発揮し過ぎな感は否めませんけど…個人的にも好きな東宝メカのひとつではあるんですが、ゴジラの放射火炎にも耐えるわラドンの追撃も振り切るわって、幾ら何でも遣り過ぎじゃね ?
エンタメ性に富んだ展開の裏側で割とエグイ描写が目立つのも本作の特徴であり、キラアクに操られているに過ぎない怪獣ランドの職員を何の躊躇も無く射殺するSY-3隊員(職員の眉間を撃ち抜いてます…((((;゜Д゜)))ガクブル)や、首筋に埋め込まれた洗脳装置を摘出するシーンなどは子供が観たらドン引きするんじゃないでしょうか。

なんだかんだでカッシーニ山のキラアク基地攻略までは概ね楽しめたんですが、やはりクライマックスに於けるキングギドラへの集団リンチが減点材料と成ってしまいましたね。タイマン勝負でこそ分が悪いものの、最低でも2匹居れば勝てる事は『怪獣大戦争』で立証済みな事も有り、差ほどギドラには「強敵」としてのイメージが持てないんですよね。本作でもゴジラ & アンギラス & ゴロザウルスのトリオに敗北したようなモンだし(ミニラ ? アレは漁夫の利でしょ)、せめてもう1匹ぐらいギドラの相棒と成る怪獣を登場させた方が、バラゴン達のようなギャラリー要員を出さずに済んだと思うんですが…。
一応「新怪獣」扱いされていたファイヤードラゴンの正体が、単なるキラアク円盤の擬態に過ぎなかったというオチも肩透かしでしたね。

「お祭り映画」としては及第点の出来なんですが、肝心のクライマックスがほぼゴジラ側の一方的勝利に終わった事も響いて評価は「良い」に一歩及ばぬ「普通」と相成りました。ギドラ攻略の相談( ? )を交わすゴジラとゴロザウルスのツーショットが、まんま兄貴分と舎弟の構図に見えてクスリとさせられるなど好きなシーンも結構多いんですけどね。
映像特典として収録されている『オール怪獣集合せよ ! 』なる秘蔵フィルムが、本作のコンセプトを完全否定してたのには爆笑しましたけど、いいんですかね東宝サン ?
[共感]
2018/05/12 特典映像の8mmについてですが、あれはゴジラ版『ウルトラファイト』のように思えましたね。 by ウクレレ

2013/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(54%) 普通:23(27%) 悪い:16(19%)] / プロバイダ: 55219 ホスト:55180 ブラウザ: 4680
見所はゴジラ軍団VS宇宙最強怪獣キングギドラ!
でも実際は、ゴジラ軍団によるキングギドラへの集団リンチという内容になってしまった本作。

ただ、東宝特撮怪獣が大集合しているので、お祭り映画として豪華なメンツを揃えております(見せ場があるかは別として)。

まぁこういった映画を真剣に批評するのもどうかと思うので、評価は「普通」で。
子供が見るとそれなりに楽しめる作品ではあると思います。

2012/12/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16333 ホスト:16345 ブラウザ: 5345
ムーンライトSY-3を通して科学万能及び怪獣たちとの共存をテーマにしていて、科学と動物理解の両方を描いていますが、2つとも悪用されると一気に怖いものになる事も描かれています。キラアク星人の科学力を持ってすれば怪獣を大勢操る事が可能で、これだけの怪獣が暴れたらどうなるかと言う事を描いていました。ただ科学にも弱点があり基地を苦労しながら何とか破壊、ゴジラも本能で基地を攻撃する。ラスト付近の戦いはかなり凄く、アンギラス、ゴロザウルスが特に立っていました。

2011/10/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(87%) 普通:3(8%) 悪い:2(5%)] / プロバイダ: 22478 ホスト:22255 ブラウザ: 10412
この映画を最初に観た時の感想は「…ミニラって本当にゴジラに似てないなあ。」でした。我ながら「そこ!?」って感じですね(苦笑)。

さて、物語としてはキラアク星人が「怪獣ランド」にいる怪獣達を洗脳し世界中で暴れさせようとしたが失敗、これはたまらんと最後の切り札キングギドラを登場させるも怪獣全員(一部除く)から総攻撃を受け、結局侵略の野望は打ち砕かれてしまいました、といったところでしょうか?
…あれ、意外と味気ない…(ただ単に自分の文章力不足のせいな気がする)。

個人的にはクモンガが意外と活躍していて吃驚でした。守護神マンダはあの扱いなのに…。しかもこの映画の同時上映はマンダの登場する「海底軍艦」の短縮版だったらしいのに…。
ミニラも中々の活躍。アンギラスもまあまあ。…「三大怪獣 地球最大の決戦」の時も思ったけど、モスラって幼虫の時の方が強いんじゃないかなあ(多分錯覚。多分…)。

「光線もほとんど吐かないし、このキングギドラやる気あるのか!?」とか思ったりもしたけど、それなりに楽しんだので評価は「良い」。

2011/10/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(75%) 普通:8(12%) 悪い:9(13%)] / プロバイダ: 16937 ホスト:17070 ブラウザ: 15862
【良い点】
大好きな怪獣が沢山出ていること
【悪い点】
リンチだよ

【総合評価】

良い

2011/10/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(77%) 普通:32(16%) 悪い:13(7%)] / プロバイダ: 6789 ホスト:7098 ブラウザ: 5345
【良い点】
怪獣がたくさん登場している
凱旋門の破壊シーンもある

【悪い点】
一部不遇な怪獣(バラゴン,バラン)がいる
最終決戦(はっきり言ってリンチです)

【総合評価】
個人的にはファイナルウォーズよりこっちのほうが好きです

[推薦数:1] 2011/08/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:69(61%) 普通:17(15%) 悪い:28(25%)] / プロバイダ: 15971 ホスト:16034 ブラウザ: 3441(携帯)
怪獣・近未来・宇宙。3つの要素を盛り込んだゴジラシリーズ第9作「怪獣総進撃」ですね。

キングギドラへ一言。
「地上に降り立たないで上空で反重力光線で攻撃しろよ!毎回地上に降りてゴジラに痛い目に遭ってるんでしょ!」。
今回も地上に降りたがために、地球怪獣軍団にフルボッコされ絶命。キングギドラにとっては敵数が尋常じゃないんだから、ちょっと考えればわかるだろうに…。

ストーリーについては、「怪獣ハーレム」インパクトが際立ち過ぎて、派手さや宇宙レベルの劇的展開がある割には、どこか淡々として基本ラインに則りすぎてドラマインパクト的に「ここがポイント!」という山場がよく判らなかったです。いえつまらないという意味では全然ありません。とはいえ期待していたほどではなかったです、というのが正直なところ。

ゴジラを始めとする怪獣の登場も、怪獣たちが集めれて暮らす島、つまり「怪獣ランド」に既にいますという設定でお話が開始するので「ゴジラ来た来た!遂に怪獣出た!」みたいなワクワクやドキドキが味わえないんです。
これは残念といいますか、物足りない感じがしました。怪獣ランドに住んでいる怪獣を紹介しながらゴジラたちの映像が流れるんですが。
何がどうというわけでもなく島に隔離された怪獣がフッツーに居て「ほら、ここにこういう怪獣がいるよ」「ああ、そうなんですか」みたいな、動く怪獣図鑑を見ている感覚といえば判りやすいでしょうか。
物語もタイトルこそ怪獣総進撃だけど、メインたる怪獣たちは「宇宙人の地球征服の阻止に一役買っている」程度で盛り上がりきれていない、振り切れていない印象なんですね。つまりはタイトルを担いきれていないんです。人間側の活躍も描きたい気持ちはわからないでもないんですが、タイトルはあくまで「怪獣総進撃」であることを忘れちゃいけません。
だから本来クライマックスに持ってきてナンボの、怪獣たちが富士山麓に大集結する展開もクライマックスに持ってきていないのでイマイチ盛り上がらない感じが気になって仕方ないといいますか、「何か違う、こうじゃないでしょ」みたいな違和感が強い印象なんです。

さらにゴジラ怪獣軍団対キングギドラのラストバトルも本気でバトルしてるのがゴジラ、アンギラス、ゴロザウルスだけなんですね。他の怪獣は軽く参戦もしくは遠巻きに見ているか。しかも遠巻きの「その他大勢怪獣」たちが、すごーくハリボテくさい(にがわらい)。怪獣総進撃と大見栄をきっちゃったのは良いけど実のところ捌ききれないって演出を諦めてちゃっているんです。
本気で頑張って酷い目に遭っているアンギラスが相変わらず可哀想。キングギドラへのゴロザウルスのドロップキック・クリーンヒットやトドメがミニラの放射能火炎てのは面白かったですけど。
ていうかあんだけ居りゃあいくら相手がキングギドラでも負ける訳がない。
アントニオ猪木だっていくら新人レスラー相手でも何十人と束でかかってきて袋叩きにされたら勝てないでしょ。敵怪獣とは言えキングギドラが凄く可哀想になってきました。

めちゃめちゃ気になった点がひとつ。
怪獣達が世界各国を襲撃した際のアナウンスで「パリの凱旋門が地底怪獣に破壊されております」て言ってるんだけど…
あれ地底怪獣(バラゴン)ですか?どう見てもゴロザウルスにしか見えないんですが。ていうかモロにあれゴロザウルスですよね。
本編と特撮の連携がきちんと取れていなかったのか、有川貞昌特技監督の大勘違いによる超凡ミスなのか、はたまた作品製作過程におけるやむを得ない何か別の理由があったのか。その辺はよく知りません。知りませんが、どういう理由にしてもこれは観ていて絶対的に変です。
編集してから「やべえ!これ違うじゃん!」て苦し紛れにゴロザウルスの鳴き声を無理矢理バラゴンの鳴き声に差し替えても駄目なんだってば。撮影中スタッフさん「監督、これバラゴンじゃないっすよ!全然違う怪獣っす」て教えてあげてもよさそうなのに…。

エンディングは大好き。
怪獣ランドで幸せそうに暮らすゴジラたち、哀愁漂う音楽。
人間達にいじめられっぱなしだった怪獣達が唯一安住できるのが怪獣ランド。怪獣ランド上空でヘリコプターからゴジラ親子を始めとする怪獣たちに向かって優しく微笑みながら手を振る主人公たちのラストシーンには、ちょっとしんみりしちゃった。
ご託宣並べちゃったけどこの作品、好ですよ。 内容的には、まあ普通っちゃ普通ですけど(笑)。 忘れた頃に、ふと観たくなる作品ですね。

[推薦数:1] 2011/07/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2921(60%) 普通:827(17%) 悪い:1145(23%)] / プロバイダ: 14444 ホスト:14367 ブラウザ: 9928
出演怪獣が多過ぎて影が薄くなってしまった怪獣が目立つ。
これが、この作品最大のネックだと思います。

話は、「怪獣ランド」と言う名を付けられた硫黄島に突如異変が起こり、そ
こに住むゴジラ、ラドン、アンギラス、モスラ等が島の外に出てパリ、クレムリン、ニューヨーク等に被害をもたらす所から始まります。

怪獣達に破壊される世界の大都市、ムーンライトSY-3の関係者が島に乗り込んで発覚するキラアクの野望、
島の怪獣達が手を組んでキラアクを迎え撃つ等、
作品自体は、シンプルなストーリーを背景に娯楽性の高い内容に仕上がっていました。

ただ、水爆の申し子とも言えるゴジラ、小美人を捕獲して見世物にしたネルソンがモスラに追い回されて自業自得の最期を遂げる、
本能のまま飛び回るラドンに翻弄される人間達等、
作中に登場した怪獣が、人類に警鐘を鳴らした作品で主役を張った怪獣ばかりな為、
どうしても抵抗を感じてしまう。

その為、評価は「良い」止まりです。

2010/04/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(64%) 普通:7(13%) 悪い:13(24%)] / プロバイダ: 28773 ホスト:28963 ブラウザ: 11159
ゴジラ映画で2番目に怪獣が多く登場した作品ですね。
タイトルは「怪獣総進撃」と、確かに怪獣は11体登場し、キングギドラと地球怪獣軍団が戦う、という内容なんですが、そのうちバラゴンとマンダと僕の大好きなバランの3体は戦ってない・・・。
マンダは都市破壊シーンで活躍してましたが、バラゴンは冒頭でモニター画面に小さく映ったり、怪獣集合シーンでマンダとともに登場したり、最後に平和が戻った怪獣ランドのカットで登場するだけ。僕の大好きなバランなんて怪獣集合シーンで空から光臨したのと、最後の怪獣ランドのカットで空に飛ぶだけ。名前すら呼ばれてない・・・。

そして、キングギドラと地球怪獣軍団の激闘シーン。ポスターなどでは地球怪獣みんな戦ってたのに、実際は3体しか戦ってない。
ミニラはキングギドラの首に輪っかつけて遊んでただけ。モスラとクモンガは最後に糸ふいただけ。ラドンは空飛ぶ変な火と鬼ごっこしてただけ。バラゴン、マンダ、バランはさっき言ったとおり、登場すらしていない。
体はって強敵キングギドラと必死に戦ったのはゴジラとアンギラスとゴロザウルスだけ・・・。

ポスターから見ても迫力ある映画だと思ってたが、実際はこんなものか・・・と。
評価は悪いで。

2010/04/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:279(39%) 普通:189(26%) 悪い:247(35%)] / プロバイダ: 9317 ホスト:9305 ブラウザ: 7336
ゴジラシリーズは数多く観ましたが、「ゴジラVS○○」の中では当時一番面白かった様に思えます。
まぁ、今観たら茶番劇なんですけどね。
「キングギドラ」の強さには驚きました。
アンギラスの存在をこれで初めて知ったのですが、頑張っている姿が可愛くてファンになりました。

もっと読む

「東宝怪獣オールスター大集合作品の最高傑作です。メインメカはかなりいい出来をした宇宙戦闘機のムーンライ...」 by ムラタマン


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/03/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10170 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/格好良い/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. またまたゴジラ映画のDVD収穫 by クエンサー
... 収穫 今回収穫したのは キングコング対ゴジラ モスラ対ゴジラ 怪獣大戦争 3大怪獣地球最大の決戦 怪獣進撃 vsデストロイア GMKことゴジラ、モスラ、キングギドラ大怪獣攻撃 GMKはガキンチョの頃映画館で見たのはいい思い出でした、当時人気があったハム太郎とゴジラ公開は今思うとカオスだと感じますw ゴジラシリーズのSHモンスターアーツも財布と相談して購入したいです ...
記事日時:2018/11/25
2. 派出所・・・・・・・ by 634
... 周年を迎え、先日はBSで『三大怪獣地球最大の決戦』をやって、アニメ第三作の『GODZILLA 星を喰う者』の宣伝も盛んにやっていました(こっちはク ソも期待しねーけどよ)。 来年のハリウッド版に備えて・・・というもんでもないですが ゴジラ両津が https://farm2.staticflickr.com/1980/44696671474_a45e66 ...
記事日時:2018/11/04 [表示省略記事有(読む)]
3. スベっても構わない・その2っ! by けんぼー
... ないです。所詮はけんぼーだから(笑)。 ★はい、今回はこちらっ!↓ =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン(怪獣進撃、なんならゴジラ ...
記事日時:2018/10/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ