[日本映画]ケータイ刑事(デカ) THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状


けいたいでかざむーびーばべるのとうのひみつぜにがたしまいへのちょうせんじょう / Cellular Phone Detective The Movie
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,739位3,043作品中総合点-4 / 偏差値44.69
2006年日本映画総合点111位132作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

気鋭の若手監督とフレッシュなアイドル、そして実験的手法の多用といった意欲的な作品づくりで人気を集めたBS-iの「ケータイ刑事」シリーズを映画化。
主演は2代目・堀北真希、3代目・黒川芽以、4代目・夏帆。銭形家を揺るがす大事件に銭形姉妹が立ち向かう。
上映時間 98分
監督: 佐々木浩久 製作: 高西伸兒 鈴木径男 飴井保雄 プロデューサー: 丹羽多聞アンドリウ
脚本: 林誠人 撮影: 近江正彦 編集: 大永昌弘 音楽: 遠藤浩二
主題歌: 黒川芽以 『ひこうきぐも』
日本 公開開始日:2006/02/04(土)
公式サイト
1. http://www.bs-i.co.jp/zenigatamovie/
5,00744
最近の閲覧数
1000001000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/09/02 / 最終変更者:もろっち / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/07/23 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7551(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 5024 ホスト:4854 ブラウザ: 10218
テレビドラマシリーズの方もリアルタイムで放送されていたときにちょくちょく視聴したことがありますが、劇場版も存在していたんですね。
確か自分が中学生ぐらいのときにドラマがやっていましたけれども、もう10年以上も前になるんですか。深夜ぐらいの時間帯にやっていた記憶が強いですが、キャスト陣が今見るとかなり豪華でしたね。もちろん、各シリーズのヒロインはまだ若手ぐらいのときなので、まだ分かりますが、いわゆるワトスン的ポジションの助手がベテラン俳優を使っていたのが特徴的だったかな。
冒頭で銭形四姉妹の活躍ぶりを紙芝居で簡潔に紹介しておりましたが、正直なところドラマを見ていた当時はストーリーのパターン自体は一話完結という性質ゆえに誰が誰なのか違いは分からなかったのですが、数学の天才だったり、インターポール志望だったりと、いろいろいたんですね。また、何気にインターポールの所在地がフランスのリヨンにあるというのも本作を観て初めて知ったように思います。
ストーリーとしては長女の愛がいわゆる大人の事情で演じていた女優さんが仕事とかでスケジュールが合わなくて出られなかったのかもしれませんが、残りの三人でそれぞれ出くわした事件を鮮やかに解決したりと、その活躍ぶりを掘り下げておりましたけれども、どうも肝心の推理要素に関してはそこまで目から鱗が落ちるほどでもなかったかな。かといってアクションの方も尺の関係もあったのかあんまり力入れておらず、微妙なため、あくまでもテレビドラマシリーズの延長線上といった印象は否めませんでしたね。
評価になりますが、「普通」とさせていただきます。

2007/03/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(81%) 普通:1(5%) 悪い:3(14%)] / プロバイダ: 24602 ホスト:24548 ブラウザ: 4483
ケータイ刑事の劇場版で銭形零から銭形雷までのつなぎにあたる作品です。
出演者は、次女の銭形泪役は、ドラマ版同様黒川芽以さん。
三女の銭形舞役は、「野ブタをプロデュース」・「クロサギ」で注目を集めた堀北真希さん。
四女の銭形零は、「女王の教室」に出演した夏帆さん。
柴田太郎役は金剛地武志さん。高村一平役に草刈正雄さん。
そして銭形四姉妹全員と相棒になった五代潤役に山下真司さんと
ケータイ刑事シリーズおなじみのメンバーが揃いました。
今作は一言でいえば銭形愛姉妹編の完結編的内容。(次回作の銭形雷は従姉妹で、雷以降は新シリーズ)
とはいえ銭形愛役の宮崎あおいさん不在により銭形四姉妹は揃いませんでしたが、
今回の見所は、舞と高村の新タッグと、銭形三姉妹の共演・五代・高村の相棒2人の共演です。
内容は、長女の愛が何者かに誘拐され、泪・舞・零がそれぞれの事件に挑むというものですが、
零の事件は1度相棒で組んだ五代ということで、インパクトに欠けドラマ版とあんまり変わらないような内容になってしまいました。これは少し残念な点。
舞の事件は、ドラマ版では舞シリーズが終わってから高村が登場したために、ドラマでは実現しなかった新コンビで、爽やかな感じでした。またまじめでやさしげな舞とお調子者の高村とのギャップがまたいい。
泪の事件は、五代・高村の相棒2人と柴田とケータイ刑事おなじみの3人が揃い踏み。
また泪のきめ台詞のときのCGも豪華でかつ圧巻でした。しかしドラマ版同様泪の仕草にイライラさせられますが。
そしてそれぞれの事件で、得たヒントを頼りに愛が誘拐されたとされるバベルの塔に泪がたどりつきます。
3人のそれぞれの特徴である泪・乱舞・数学の間があるのですが、これ全部泪一人でやってしまって、舞と零は完全に蚊帳の外。このシーンを見ている間はケータイ刑事銭形泪TheMovieといった感じでした。
そしてこれが祖父である警視総監と姉の愛がつくった試験と発覚。
泪・舞・零が愛の決め台詞を言うシーンも必見。
このミッションクリアで、泪・舞・零の3人は警視正から警視監に昇進。
そしてここで四姉妹以外にもケータイ刑事の存在があかされます。(それが次回作の主人公雷なわけですが)
この作品は銭形愛姉妹編の完結編だったわけですが、肝心の愛が不在だったのが残念な点でした。
しかしこれにより四姉妹の活躍は見れなくなりますが、ケータイ刑事の集大成としては良かったほうだと思います。
(ただし零はTheMovie2にも出演)

2006/12/25 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(64%) 普通:46(8%) 悪い:159(28%)] / プロバイダ: 7124 ホスト:6886 ブラウザ: 6673
黒川芽衣さん・堀北真希さん・夏帆さんの3人ファンのための映画でしょうか?

夜中にやっていたテレビシリーズを観ていない限り、ネタも分からないし、キャラクターもわからないという感じでした。ノリもテレビシリーズからそのまま来ているので、映画にするほどのものかと聞かれれば、テレビスペシャルで充分だと思いました。それでもダメだと思いました。

3人それぞれが散らばって、各事件を解決する。これだとテレビシリーズと同じなので目新しいものはなかった。3人とも警察手帳を出す時に学生証を出すというボケをしていましたが、3人ともやられるとしつこかったですね。そして3人それぞれの事件のトリックが簡単に分かるようになっていたのでつまらない。あまりにも簡単な展開というのは、裏があるといわれるが、結局ちっぽけな終わり方であった。

3事件の中でマシなほうだったのが、泪の事件だったと思う。すぐに証拠品やトリックが暴かれるのではなく、常に犯人と泪たちが一緒にいるというアリバイをつくったいたこと、死体を捨てた時に被れた肌が状況証拠になったことなど少し複雑になっていた。

最後に泪がバベルの塔に潜入して、3つの課題に突入する。それは3人の得意な分野を泪一人で挑んでいく。携帯で答えを教えるくらいなら、3人で乗り込んだほうが良かったと思います。面白かったのが数学の間だった。四角柱2本で三角形8個作れとか残ったろうそくの数は?とか、まともな問題であった。しかし乱舞の間においては、世界の3つのダンスを正確に踊るというものは、舞が商店街で踊って泪に教えるというくだらないものだった。舞の他に商店街の人たちも踊るというますますくだらないものでした。そして最後は泪の間では3本の導火線の中から安全なものを切るというもの。結局、ハズレを切ってしまうが、警視庁の考えた策略という3人の力試しというオチだったので、何も起こらずに終わってつまらないし、しかも新しいシリーズが始まるかのような番宣だったのもマイナスでした。

3人の銭形姉妹の役をやっている女優の方は嫌いでないが、作品そのものに問題点があると思いました。

2006/09/07 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 40863 ホスト:40832 ブラウザ: 7142
これは明らかに「アイドル映画」の類に属するでしょうねぇ〜(冷汗

もうね、黒川芽衣や堀北真希、夏帆といった主演の子達のファンか、もしくはテレビシリーズ版のファンでもない限り見るに耐えない作品で
とても映画などとは言えない出来栄えでした・・・

それぞれが主役だった為、映画の中では別々に事件に遭遇し、それぞれが解決するといった流れになっており
それらのシーンだけを見ていると、テレビ版となんら変わらない進行&演出
テレビシリーズで既に既出のトリックを使い回すなんてのは当たり前で、出てくる犯人キャラまで
同テレビシリーズで登場してた奴とそっくりなタイプばかり・・・
ま、劇場版だから豪華だ!といった一般論は通用しないようですw

ラストで犯人からの要求に従い、無理やりダンスを披露する黒川芽衣&堀北真希
こりゃファンサービスなんでしょぅね〜、いやここまでハッキリしてると逆に清清しいと言うか潔いですけどねw
商店街でいきなり踊り出す堀北真希、いつの間にか集まってきてそのままバックダンサーと化す野次馬群・・・
ダンスしてるシーンでしゃぼん玉を飛ばす演出ってどうよ?w
古臭いだけじゃなくってこの演出もテレビ版と同じじゃん・・・

まぁ個人的に黒川芽衣のファンではあるのだが、その贔屓目を考慮しても「最悪」意外の評価をしようがない・・・

しっかし映画版DVDに予告が入ってましたけど、テレビシリーズでは五代目が決定したみたいです。
このドラマってそんなに人気あったのか?、もしやプロデューサーの趣味で続けてないよね?と疑いたくなってきたw

うちの近所のTSUTAYA 何を血迷ったのか知らないが、このケータイ刑事THEムービーのDVD
何故か10本も入荷していやがった・・・・・もちろん連日誰も借りていない印象

この評価板に投稿する



2017/07/23 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 5024 ホスト:4854 ブラウザ: 10218 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ