[ゲーム]イースIII (ワンダラーズ フロム イース)


いーす3 わんだらーずふろむいーす / Ys-3 (WANDERERS FROM Ys)
  • 格好良い
RSS
この作品は「イース」のシリーズに所属します。
ゲーム総合点=平均点x評価数1,252位5,722作品中総合点7 / 偏差値49.64
ゲーム平均点675位919作品中平均点0.70=良い/10評価
1989年ゲーム総合点32位201作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽3.00(最高)3
映像2.00(とても良い)3
ゲーム性2.00(とても良い)3
キャラ・設定1.67(とても良い)3
ストーリー1.67(とても良い)3
難しさ1.00(難しい)3
格好良い100%3人/3人中
熱血33%1人/3人中
勇気貰った33%1人/3人中
美しい33%1人/3人中
ロマンチックな気分33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
■ 対応機種 ■
PC-88(SR以降) PC-98 MSX2 X68000・・・制作:日本ファルコム 発売日:1989/07/21~1990/03/24
PCエンジン・・・販売:ハドソン 制作協力:アルファシステム 発売日:1991/03/22
メガドライブ・・・販売:日本テレネット 発売日:1991/11/01
日本 発売日:1989/07/21(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ボスキャラ攻略法一覧十傑集 2011/07/124,951文字
2スーファミ版とPCエンジン版での各裏技墨汁一滴 2012/05/112,533文字
3各種裏技について遊戯 2014/04/193,115文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://www.falcom.com/ys6/complete/ys_cw.html
8,0691010
最近の閲覧数
3110000010
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/11/24 / 最終変更者:カイネル・ドゥ・ラファティ / その他更新者: もろっち / O3Warp / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/04/23 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2321(60%) 普通:640(16%) 悪い:929(24%)] / プロバイダ: 7828 ホスト:7725 ブラウザ: 5171
半キャラずらしができなくなった。
これは、この作品をプレイして最初に驚いた事です。

ジャンルは、アクションRPG。
話は、前作から3年後、アドルが共に旅をするドギの故郷フェルガナに辿り着く所から始まります。

先ず、真横からのアングルに変わり、攻撃も体当たりではなく剣を振る形に変更、ジャンプが追加され、魔法ではなく
「パワーリング」「シールドリング」等のリングを装備してパワーアップする形に変更と言う具合に前作とは別物と言って良いほどの変わり様で、
難易度も低い。

それも、テンキー操作でも十分対応可能なレベルのアクション、シンプルなダンジョン構造、種類が少ないアイテム等、

アクションが苦手な人でもレベルを上げれば詰まる事がない程親切な造りで、PCエンジン版ではCDロムのおかげで
登場人物の台詞に声を入れる等で演出面がパワーアップしていました。

難易度の低さが響いた為、評価は「普通」です。

2013/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(55%) 普通:14(12%) 悪い:37(33%)] / プロバイダ: 4437 ホスト:4470 ブラウザ: 5345
(スーパーファミコン版のみプレイ)

ファンから色々と悪名(?)高きスーパーファミコン版ですが、個人的にはそんなに悪くわ無いし、可も不可も無い作品。

悪い点を挙げるとすると、「絵のクオリティの低さ」や、「音源の劣化」、「一部のゲームバランスが多少良くない」事だろう。

それ以外の点は別に悪いと思わなかった。

個人的に言わせれば、「リンクの冒険」的にアクション性が増え、その分RPG性が減った異色の「イース」である。

2011/09/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5904(88%) 普通:455(7%) 悪い:364(5%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34037 ブラウザ: 2413(携帯)
スーパーファミコン版をプレイしました。
私はファミコン版のイースⅠとⅡをやった後にやりました。前作と違い横スクロール型ですがレベル上げが単純作業に成りがちなのは共通ですね。
すごい面白いという訳ではないです。ただ同じところに出てくる敵を切るだけなんですが不思議とはまってしまうんですよ。これは勉強でいうところの反復学習と似ています。どちらも同じことを繰り返すだけですが力がついてきますからね。あとは基本的にレベルが高ければサクサクいけます。ボスは戦い方次第でプレイヤーがやられることもありますがセーブを直前にしておけばその時点から再開できます。ただこれが諸刃のつるぎなんですよね。ダンジョン内でもどこでもセーブできるために後戻りが出来ない所まで来てセーブしてしまうとクリア不能という取り返しのつかない自体に陥りますので注意しましょう。
後は回復はアイテムで行うのが基本ですがダンジョンを脱出できれば一瞬で回復しますのでご安心して下さい。
個人的なことですが特にOPが味があって素晴らしかったですね。澄み切った青い印象を感じました。その他のBGMも耳に残りやすくてスーパーファミコン特有の古さが織り成すハーモニーがよく表れていたと思います。ゲームバランスは個人的にかなり微妙ですが私は不思議と最後まで楽しめましたので評価は良いとします。

2010/06/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:702(64%) 普通:172(16%) 悪い:216(20%)] / プロバイダ: 53090 ホスト:53045 ブラウザ: 11162
【良い点】
・この作品により、後のイースシリーズに大きな影響をもたらした
要素がいくつかある点ですね。
(1)アドルの相棒となったドギ。
(2)アドルという男の人物設定の確立・・・【冒険家】の称号

・エレナを救えなかったときの己の非力さに苦しむアドルに
ドギが「本当に強いヤツは自分の弱さを知っているものさ」と
励ますシーン。

・剣を振ったり、ジャンプしたりするアクション性。

・SFC版:イルバーンズの遺跡と溶岩地帯のBGMやエンディング曲は、最高。
・PCエンジン版:OPが最高ですね。
・ファミコン版:ファミコン版として制作されたこと、それ自体がすごいです。
・PS2版:エルフェール戦の直前に「エドガーとチェスター、衝突エピソード」
があったところ
(エルフェールの部屋の奥で、衝突というのはちょっと無理があると思っていました)
ところやアドルが喋っているところです。

【悪い点】
・前作ほど感動には至らなかったところですね。

・PCエンジン版:会話シーンでアドルが早口(喋っているわけではないのですが)と
思ったりしました。
・PS2版:操作性が若干見劣りしました。

【総合評価】
それでも【最高!】の作品のひとつでしょう。

2006/08/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(86%) 普通:1(5%) 悪い:2(9%)] / プロバイダ: 11208 ホスト:11206 ブラウザ: 4184
イースを始めてしたのは本作からなので書きます。
(評価はS,A,B,C)
SFC版

ストーリー A+
システム B+
音楽 S-

全体的に「難しい」と感じたSFC版(1部の人には悪名高いらしい)のY'sⅢ。
しかし、クリアした時の達成感が大きかったです。

PS2版

ストーリー B-
システム C+
音楽 A

全体的に「優しくなった」と感じた作品。
だが、SFC版の達成は無かったです。(簡単すぎると感動が無くなります)

イース-フェルガナの誓い(とりあえず全体的にY'sⅢとストーリーは同じなので)

ストーリー A-
システム S+
音楽 A-

全体的に「真剣勝負」と感じた作品。
ストーリーもY'sⅥと補完する様になっており、Ⅵをやっていれば「ニヤリ」とさせます。
システムも「Ⅵのシステムを取り入れたⅢ」なので、上下左右に戦えます。
音楽もオリジナルをアレンジされかっこよかったです。

評価は「良い」とさせていただきます。
(「フェルガナの誓い」を含めば「とても良い」ですが、含んで良いのかちょっと解りにくいので後で書く人によって評価を変えます。)

2006/08/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(50%) 普通:40(30%) 悪い:27(20%)] / プロバイダ: 30899 ホスト:30959 ブラウザ: 5978
PC-88(SR以降)版・・・評価:"良い"
サイドビュー(横視点)の8方向スクロール型アクションRPGとしては、とても軽快で遊びやすい。
この時期に発売されたゲームとしては目新しさに欠けるが、手堅い作りでライトユーザーに薦めやすい。
その分、手慣れたアクションゲーマーには物足りないかも。
取扱説明書は懇切丁寧な上に豪華な製本だった。

PCエンジン版・・・評価:"良い"
BGMの大半と豪華声優陣による演技がCD-DAとして再生され、どれも非常に聴き応えあり。
オープニングとエンディングにはアニメーション・ムービーも追加されている。
取扱説明書がCDケースに収まるよう簡略化されたのは仕方ないが、別に悪くはない。
それ以外は最初に日本ファルコムから発売されたPC-88(SR以降)版と同じ内容。

PS2版・・・評価:"悪い"
PCエンジン版に比べると声優陣が大幅に貧弱で、BGMも多少は貧弱になった印象が強いのは仕方ない。
でも剣戟アクションの操作性が格段に悪くなった気がする。
バグは無いけど、これではなぁ・・・

私が買ったのは以上3つ。
ここでの総合評価は3つの平均をとって"普通"としたい。

2006/07/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:30(54%) 普通:4(7%) 悪い:22(39%)] / プロバイダ: 9160 ホスト:9009 ブラウザ: 3793
この作品は、メディアによって結構違うみたいですが、私の評価はPCエンジン版です。
「リンクの冒険」と同様の横スクロールARPGになった3作目ですが、
正直言って、凡百のARPGですね。

レベルが上がるのが早いので、とっとと最高レベルにしてしまえば、
あとは「パワーリング+下突き」で楽勝です。
いくらイースが難易度の低いゲームとはいえ、これじゃ多彩なアクションが台無しです。

音楽もぱっとしない。他のシリーズなら、耳に残る曲が結構あるのですが…

シナリオも退屈。太古に滅びた魔人の復活なんざ、ありふれたネタですわ。
ヒロインも、歴代の中でもっとも影が薄いと思います。
アドルに選ばれるような娘には見えませんね。

まあ、すぐにクリアできるので、息抜きにはいいですが。

2006/05/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1978(50%) 普通:992(25%) 悪い:993(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
イースというタイトルはつけないで、やって欲しかったという気がします。
バトルは幅を出そうと横スクロールによる斬ったり飛んだりの動きを入れたのは評価しますが
何だか中ボス的なキャラと延々、戦うような展開になっていたような。
Ⅰ、Ⅱで伏線を生かしたストーリーが上手く纏っていただけに落差を感じてしまいますし
この作品が切欠でタイトルと無関係の続編が続き(せめて「アドルの冒険」とかにしてくれ)
「イース」という作品自体が有終の美を飾れなくなってしまったイメージがついてしまいます。

2006/03/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:64(56%) 普通:17(15%) 悪い:34(30%)] / プロバイダ: 4907 ホスト:4737 ブラウザ: 9025
久々にのんびり眺めていたら懐かしいタイトルが!

ということでこれはかかねばっ!という感じにレビュー?してみます。

自分がプレイしたのはPCエンジン版だった気がします(うろ覚え
それまでのイースは常に「トップビュー(上から見下ろした視点)」がメインだったのですが
この作品のみが「サイドビュー(横からみた視点)」になっていました。
# 将来的にはクオータービュー→3D化となっていくわけですが…

正直普通にプレイすると途中で雑魚が突然強くなりボスなんて到達しても倒せない…
という状況になりがちになる、最近のゲームでは無いLv上げの必要なゲームだと感じてました。
# そのころはそういうゲームが普通だったのですが…

…さて邂逅はこれぐらいにして早速評価いたします。

○音楽
正直ファルコム系は音楽が良い!というのは周知の事実(多分)。
なのでもちろん今作もかっこいい音楽が満載でございました。
それもプレイはPCエンジン版だったので当時珍しいCD音源を使った音楽は当時凄い!という感想を
抱くのには十分にして余りある音楽だった気がいたします。

○話
話…は実はもう余り覚えていないのですよね。
システム面ばかりがインパクト強くて…。
ただ、本伝という感じではなく外伝という感じの扱いだったのは覚えています。
まぁ外伝だからこそ出来た設定であり、システムだったのかもしれませんね。

○絵
グラフィックに関しては可もなく不可もなし。
トップビューにはない背景という概念があったおかげで、今までより地域ごとの雰囲気が
つかみやすいという恩恵はあったと思います。
ただ…横スクロールなので少々迷宮的にはわかりづらいものがありましたけど…汗

○総合
実は…PCエンジン版でのプレイでは連射パッドもちだったので途中で詐欺的なLv上げをしてました。
エリアごとの条件を満たした場所にいると、敵が同じ方向からのみかつ正面からしか来ないので、
そこで武器を振り回しているだけでLvがガンガンあがっていくという…汗
最高Lvまで上げるとボスの攻撃すら普通に耐える強さになってしまいバランス面で崩れる…。
そういったちょっとした気配りはなかったのがちょっと残念。
でも、音楽はいうまでもなく、システム面でも個人的には悪くない一作だったと思います。
あぁ…あと、武器や防具の数が相変わらず?少なかったのが記憶にありますね。
アイテムスロット少なすぎ!とか、今思うと…ですけどね。

さて…色々な思い出等も加味して評価の方は
「良い」
とさせていただきます。

当時だったら「とても良い」ぐらいは言っていたと思いますが。

しっかし…PS2でリメイクされてたの全然しらなかった…汗

2006/03/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(74%) 普通:65(18%) 悪い:32(9%)] / プロバイダ: 40935 ホスト:41100 ブラウザ: 3650
おそらくイースシリーズの中でも、最も評価の分かれる作品だと思います。
イースシリーズは1、2ともに、パソコンRPGの新たな道を切り開いてきたシリーズであったのですが、
3ではむしろ原点に立ち返っているような印象であり、シリーズの中でも最も一般ウケし難い雰囲気があります。

3の特徴といえば、やはり画面がサイドビューになっていることですね。
1、2は通常のRPGらしく上からの見下ろしだったのですが、3は全編横視点でゲームが進むので、
街の中でもダンジョンでも、すべてサイドビューです。
視点が横になったのを「ジャンプやしゃがみができるようになって面白くなった」と考えるか、
それとも「古臭い」と考えるかは人それぞれですが、一般的には否定派が多いように思います。

横視点になったことでアクション要素がより強くなり、1、2ではできないアクションが可能になった一方で、
難易度は1、2と比べてかなり高くなっており、ボス戦は一瞬のミスも許されないかなりの難易度になっています。
この点は後に家庭用に移植された時にもいえることで、
特にSFC版とメガドライブ版は同時期に出ていた他のRPGと比べても、かなり難しい部類に入ると思います。

また、ストーリー面では、1と2はタイトル通り古代大陸イースに関連した話が展開しますが、
3ではドギの故郷が舞台であり、イースとは関係のないストーリーになっているため、この辺も賛否両論ですね。
しかし、チェスターを初めとする魅力的なキャラがストーリーを盛り上げてくれますし、
4や5と違ってヒロインの存在感がちゃんと示せてあるのは良いところです。

そして、イース3といえば絶対に外せないのが音楽でしょう。
3のゲーム性に批判的な人は多いですが、音楽の完成度まで否定する人は滅多にいないと思います。
バレスタイン城はイース3を代表する名曲ですし、全体的によりロック調の曲になった感じですね。
PC88版のFM音源は今聞いても、音源の弱さを全く感じさせない名曲ばかりですし、
PCエンジン版のCD-ROMの特性を活かしたアレンジは、ファンの間でも非常に評価が高いです。
また、最近発売された3のリメイク作「イース~フェルガナの誓い~」では、
生演奏を用いたロックアレンジがしてあり、近年のファルコムサウンドの中では最高の完成度だと思います。

個人的には3よりも、2に方向性が近い4の方が好きなんですが、
3も見た目はイースっぽくはないけど、実際にプレーしてみるとイースらしさを随所に感じる作品だと思います。

この評価板に投稿する



2016/02/20 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 44113 ホスト:43956 ブラウザ: 10091 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/格好良い/美しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性とても良い(+2 pnt)
難しさとても難しい

もっと見る
1. 2月23日配信のゲームアーカイブス by エスパー
... のアーカイブスはー ・キラーバス ・大江戸風水因果律 花火2 ・キッチンぱにっく ・初恋ばれんたいんスペシャル ・OverBlood ・ウキウキ釣り天国 魚神伝説を追え どれも………知りません………。因みに先週のは、 ・ラングリッサー 光輝の末裔 ・改造町人シュビビンマン2 ・オルディネス ・イースIII Wanderers from Ys んじゃ一挙に適当にコメント。ホントに ...
記事日時:2011/02/25

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声