[ゲーム]速攻生徒会


そっこうせいとかい / SonicCouncil
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:速攻生徒会
ゲーム総合点=平均点x評価数4,300位6,130作品中総合点1 / 偏差値47.77
1998年ゲーム総合点197位278作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

宇宙番長 ・ 柴田明夫が母校である迅速高校に帰ってきて、 『 大宇宙活祭 』 を開催する。
製作:バンプレスト
機種:セガサターン

キャスト
日本 発売日:1998/01/29(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1裏技詰め合わせ墨汁一滴 2012/05/051,260文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
5,29233
最近の閲覧数
403323212110
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2007/02/11 / 最終変更者:宇宙刑事ジャンギャバン / その他更新者: カトル / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2869(60%) 普通:804(17%) 悪い:1130(24%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8244
ゲーメストの遺産と言っていいのか、置き土産と言っていいのか・・・
これは、今、この作品を手に取った時、脳裏を過った言葉です。

内容は、今は亡き「コミックゲーメスト」に連載されていた同タイトルの作品をモチーフにした2D格ゲー。

操作系統を見ると、十字キーで移動、ジャンプ、しゃがむ、ガード、6つのボタンがそれぞれ弱、中、強のパンチとキック、
Lボタンで挑発、ゲージが溜まった状態でガード中にRボタンで高速移動、十字キーを下に半回転、波動拳コマンド、
昇龍拳コマンドとパンチやキックで必殺技、ゲージを消費して超必殺技と「ストⅡ」にそっくりで、
キャラの移動速度も「ストZERO」に近い。

実際にプレイすると、ほぼすべての通常技でキャンセルがかけられるようになっており、ガードキャンセルもしやすく、
乱舞や当身投げが使えるキャラもいる、足元が死角になっていたギースと違って足元の攻撃も当て身投げができるようになっている
と言う具合に作品そのものの完成度が高く、中級者以上のプレイヤーの痒い所に手が届く造りになっています。

既存の作品、基になった作品をなぞり過ぎた為、新鮮味に欠ける。

その為、評価は「普通」です。

2018/03/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:766(41%) 普通:448(24%) 悪い:653(35%)] / プロバイダ: 21126 ホスト:21210 ブラウザ: 4693
【総プレイ時間】
けっこうやったし、今も現役。

【良い点】
・原作のムチャクチャな雰囲気が良く表現できている。特にヴァンパイアハンターを
下敷きにした?チェーンコンボ、空中ガードや必殺技キャンセル、ダッシュジャンプ(!)等は
当時アーケードで注目の対戦格闘ゲームの要素を詰め込んだ感じ。スピーディーで
ゴリ押しで傍若無人な(でもゲージ消費縛りはあっても「避け」を用意するなど
ハメ対策もしてあり、フェアな対戦格闘の枠としてはキッチリ踏みとどまっている)
ノリは「そうそう、こーゆーのが『速攻』な感じだよな〜」と原作ファンの自分としては
かなり満足。対戦ダイアグラム下位の加藤なんか「哲章なのに」扱い悪〜、とか思うかも
しれないが、これも原作ダイアグラム通り。その他キャラのダイアグラムもホントに
ほぼ漫画設定通りなのには、なかなか驚かされる。やり込まないと納得レベルほど
使えないキャラも多いので、一見さんは簡単に切って捨てないで欲しいところだ。
・原作通り、設定通り、ネーミング通りのメジャー声優揃い踏みなのでボイス方面は
あまり声優に興味の無い自分でもワクワク物。聞いてるだけで豪華ぶりにしびれる。

【悪い点】
・グラフィックと音楽はかなりショボい。対戦格闘のシステム周りが下手に良く
できているので、勿体無い感倍増。
・メッセージや幕間はスキップできず、声優芝居を強制的に聞かされる。
・服部菜桜子の忍猫技が激減・・・コロニー落としとか、どーしてくれんだ。
あ、本人は使いこなせば「それなりに」強い。本人技は自爆技や脱衣に(!)収束させ、
猫ガンダム技増やして欲しかったなぁ。
・酒井綾の漫画、漫画家技が無い、魔ペン使いなのにドノヴァン準拠(パクリ)技が無い、
ホッケーマスク&チェーンソーが無い、など原作改変が著しい。さすがに版権に尻込み
したのだろうが、一番原作から遠くなったキャラの印象が・・・「だが使う」。

【総合評価】
「良い+」。グラフィックのショボさはかなり痛いが、対戦格闘としてのシステムと
原作のエッセンスを表現する事は良くできており、個人的にはお気に入りソフト。
CPU戦の難易度はそれなりなので(理不尽な超反応などせず、良心的とも言える)、
やり込み度の高い対戦相手が居ないと醍醐味は減ってしまう。キャラの特性がかなり
違い、ひたすらスピードを生かして反撃封じに徹する石田、性能ハンデをゲージ稼ぎと
避けで一発逆転に繋ぐ加藤、先読みカウンター狙いの綾など、キャラ毎の戦術が大きく
異なるのも面白い。キャンセルキャンセルやコンボがあるため、ある程度やり込まないと
ゴリ押し上等になりがちだが上級者同士なら相当遊べる。お奨め・・・と言いたいところだが、
「原作ファンなら」が妥当な評価だろう。

※対戦バランスはそんなに悪くないと思うが、そう言う為には、かなりのヤリコミと
習熟が必要とは思う。

2008/02/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(64%) 普通:3(14%) 悪い:5(23%)] / プロバイダ: 6475 ホスト:6348 ブラウザ: 4982
コミックゲーメストで連載されていた同名の漫画のゲーム化です。

キャラゲー的にも見えますが、実際やってみると
空中ガード、チェーンコンボ、必殺技キャンセル超必殺技など、
当時格闘ゲームに取り入れられていた要素は大体網羅されており
意外と普通に格ゲーとして遊べました。
本多愛の鬼畜ぶりや、やたら突進技ばかりの井伊みかといったキャラたちには
原作を知っていると、ああこんななんだな、と思える部分もありました。
1人用のストーリーはオリジナルなので、原作を知らなくても問題ないと思います。

難点は絵がちょっと汚く、キャラが小さいので迫力には今ひとつ欠けます。
対戦の合間のロードが非常に長いのが少々気になります。また、音楽が凄くチープな出来です。

知人と遊ぶネタとしては結構楽しめました。
ただ原作のキャラありきとすると仕方ない話ですが、バランスは極めて悪いと思います。
評価は普通ぐらいです。

この評価板に投稿する




1. ハイスコアガール 感想#04 by エスパー
... 大変有名です。本誌を読みたいほど気になります。 誤植そのものは本来ならば流石に不愉快にさせてしまうのだけれど(特に社会だと致命的な致命傷です)、 ゲーメストのばあい最早伝統芸になっているのがすごい。流石に今同じことやるのは厳しいでしょうけどね…。 ゲーメストはぼくの中では誤字のほかにも小川雅史先生の「速攻生徒」って漫画に ...
記事日時:2018/08/04 [表示省略記事有(読む)]
2. 友情実話伝説-Part2″陣兵の専学生活編″- 第195話(845話)「視覚伝達論〜その11…″視覚とデザイン″&″心理四原色″〜」 by 陣兵
... ベーシックデザイン編その41〜44…希望者のみの個展鑑賞!! 第196話(846話)へつづく… ☆特別企画・人気漫画家の作品特集〜SEASONⅣ〜ⅩⅩⅠ☆ 561.【小川悦司先生】 「中華一番!」、「ジパング宝王伝」、「アストライアの天秤」(竹内一郎原作、連載中)他。 562.【小川雅文先生】 「速攻生徒」、「悪 ...
記事日時:2010/01/27

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:速攻生徒会
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ