[ゲーム]インセクターX


いんせくたーえっくす / INSECTORX
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数4,261位5,743作品中総合点0 / 偏差値47.44
1989年ゲーム総合点137位202作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作・販売:タイトー
機種:アーケード:メガドライブ:ファミコン:PS2
日本 発売日:1989
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1メガドライブ版小ネタ墨汁一滴 2012/04/20264文字
2小ネタ(FC版)TCC 2012/09/29172文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
3,39133
最近の閲覧数
1112111212
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/05/09 / 最終変更者:634 / その他更新者: TCC / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/02/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2345(60%) 普通:645(16%) 悪い:936(24%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 5171
撃たれる前に撃て。
これは、この作品のプレイ中に聞こえてきた制作者の声です。

内容は、全5ステージ構成の横スクロールシューティング。

操作系統を見ると、八方向レバーで移動、ショットボタン、殺虫剤を取ると撃てるサブショットボタンとシンプルで、連射も利いて移動速度もやや速く、
2ウェイショット、6ウェイショット、爆弾投下、貫通弾等、パワーアップのバリエーションが豊富で、サブショットを同時に使うと攻撃の手数も多いと言う具合に
「中華大仙」にそっくりです。

実際にプレイすると、自機の大きさに対して敵弾の粒が小さい為、避けるのが難しく、パワーアップも使い勝手の良い悪いの落差が激しい。
その上、パワーアップなしだと天井と地面に張り付いた敵にも通常弾で対応しなければならず、一撃で倒せない敵もいる為、連射能力頼みになり、
自機の動きが大きくなって敵の撃ち漏らしも増えると言う具合にパワーアップがあるのとないのとでは難易度が天国と地獄ほどの開きがあり、
やられた後のリカバーも困難を極める。

「中華大仙」と似た箇所が多い事が響いた為、評価は「普通」です。

2010/03/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2947(33%) 普通:3054(35%) 悪い:2847(32%)] / プロバイダ: 10774 ホスト:10932 ブラウザ: 10065
昆虫をモチーフとした、タイトーシューティングゲームの一作ですね。

中華大仙に類似していた面が多かったけど、特に各ステージの背景や、敵も含む
登場キャラクターのデザイン等は、平成になったばかりであった当時としては、
健闘したレベルではあったのではと思います。

しかし、肝心のゲーム自体は、つまらなくはなく、アイテムゲットである程度は
ショット攻撃をパワーアップさせるという、「シューティング系のお約束」があった
けど、本当に「ある程度」でした。特殊攻撃も、やはりある程度ショット攻撃と
比べて強化されていた程度で便利だったかどうかは正直甚だ疑問でしたね。

決して駄作や凡作の類ではなかったのだけど、グラフィックの面ではそれなり
以上に頑張っていただけあって、ゲーム自体の方ももう少し盛り上げてほし
かった「残念な作品」の一つでしたかね。まあ評価は「普通」ですかね。

2005/11/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1954(50%) 普通:738(19%) 悪い:1212(31%)] / プロバイダ: 13427 ホスト:13261 ブラウザ: 5234
アーケード版しかやった事がありませんが、コミカルな昆虫たちが敵となって登場し、主人公のトンボ(ヤンマーという名前だから多分、トンボだろう)でそいつらを倒しながら進んでいく横スクロールシューティングでした。

このゲームは同年に出た『ダライアスⅡ』のある意味原型といえるゲームで、パワーアップして強化されていくショットがダライアスⅡと同じようにある程度強化されたら、斜め上下にも攻撃できるという機能が加わりました。そして、前方のショットが捕虫網の形になっていったのも笑えました。

MD版はそんなコミカルなノリとは違い、非常にハードな展開となり、機械昆虫軍団と戦っていくというシリアスもののゲームに変えられていました。ゲームシステムは大体同じだったような・・・。

ファミコン版では二人同時プレイとなり、業務用と同じくコミカルなノリとなりましたが、2Pが女の子に変えられていた事が特徴でした。最終ボスも業務用のカマキリではなく、ファミコンオリジナルのキャラへと変わっていました。

昆虫が敵となって襲いかかるというのは同社ゲームの『レイメイズ』(タイトルからして『レイフォース』シリーズの原点となった・・・訳ないけど、主人公が女性なのは・・・)のボスも巨大昆虫型ロボットだったので、タイトー特有の世界観とボスはダライアスシリーズの魚型巨大戦艦、『イグジーザス』のメカロボット達、そしてレイメイズと本作の巨大昆虫というテーマはかなり興味深いです。

この評価板に投稿する




結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声