[ゲーム]不如帰


ほととぎす / Hototogis
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 文学:不如帰
ゲーム総合点=平均点x評価数1,684位6,412作品中総合点5 / 偏差値49.17
1988年ゲーム総合点49位199作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)1
ゲーム性3.00(最高)1
ストーリー2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
難しさ1.00(難しい)1
熱血100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
制作・販売:アイレム機種:ファミコン
日本 発売日:1988/08/19(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1予告編のリピート再生TCC 2013/05/11157文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
5,60222
最近の閲覧数
1100011020
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/05/25 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/04/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3151(59%) 普通:912(17%) 悪い:1236(23%)] / プロバイダ: 14756 ホスト:14916 ブラウザ: 5234
この作品には、3つの特徴があります。

一つ目は、ボードシミュレーションゲームで定番の「フェイズ制」を採用している事です。

この作品では、一年を一ターンとして政略、経略、戦争等、複数のフェイズに分けて順々に操作していくと言った物で、
これらの作業を家臣に任せる事も可能です。

二つ目は、家臣の能力パラメータを見ることが出来ない事です。
家臣には、羽柴秀吉、真田昌幸など、有名な人物から無名な人物までおり、実際使ってみて、予想以上に優秀だったり、
その逆だったりと能力を目で把握できない事を逆手に取った制作者のアイディアには目を見張ります。

三つ目は、戦闘システムです。
戦闘システムは、野戦、攻城戦の2種類で、敵の領地を奪うには、その国の城塞値を0にして落城させなければならず、
敵が城に近づけないように兵士を出すと野戦が始まり、それに勝利した後、城攻めに移ります。
野戦では、兵士の数だけでなく、士気がなくなっても負けになってしまうため、敵の士気を削る心理戦が主流になり、
「突撃」、「挟み撃ち」、「奇襲」といった作戦を展開し、城攻めは更に厄介で、手間がかかります。

これらの工程を無理なくプレイできる、操作が簡単で誰でも手が伸ばせる等、配慮が行き届いており、
初心者を受け付ける敷居の低さ、上級者を受け付ける奥の深さを併せ持った作品です。

2006/03/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2071(50%) 普通:805(19%) 悪い:1285(31%)] / プロバイダ: 20686 ホスト:20579 ブラウザ: 5234
「独眼竜政宗」や「信長の野望」といったシミュレーションゲームが出ていた当時のファミコン界に、オリジナル要素を多く持った戦国歴史シミュレーションとして登場したのが本作である。
本作は信長と同様、多くの大名達の中から一人を選び、その中の人物が内政統治をしたり、戦争を行ったりという部分は他のシミュレーションと変わりはない。

しかし、本作の魅力は取っつきやすさと、ゲーム性だと言えるだろう。
当時としてはまだ珍しかったフェイズ性も導入し、そのフェイズによって敵の行動にしろ、こちらにしろ、いろいろな事態に備えたり、それに応じた対策を立てたりという事が可能だった。
このフェイズ性は後のシミュレーションゲームの多くに取り入れられていったし、登場する大名や武将も、信長程緻密だという訳ではないが、メジャー、マイナー問わずに多くの実在の人物が登場しているのも特徴である。

本作はやや難解なイメージがあるシミュレーションゲームを、昔やっていたクイズ番組の「三種の国盗りゲーム」的な世界に収めたり、信長程複雑すぎず、かといって単調すぎずといった制作方法を取ったのが特徴である。このバランスの良い制作方法が本作を名作シミュレーションという形にまとめ上げてくれたと言えるだろう。

リメイクして欲しいシミュレーションゲームの一つなのではないだろうか。

この評価板に投稿する



2019/02/02 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 278 ホスト:207 ブラウザ: 10317 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ難しい

1. PSP体験版ダウンロード『戦国絵札遊戯 不如帰 大乱』 by カシオペア
... た体験版を紹介します。 「戦国絵札遊戯 不如帰 大乱」 アイレムソフトウェアエンジニアリング制作のトレーディングカードゲーム+シミュレーションゲームです。 このゲームは戦国絵札遊戯シリーズの最新作で、カードの収集やデッキの構築といったカードゲーム要素に加え、シミュレーションゲームの戦略性を取り入れた戦国カードゲームです。 本シリーズの魅力の一つであるカードのイラストは、総勢50名以上の豪華イラストレーターが描いたイラストとなります ...
記事日時:2010/09/14 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 文学:不如帰
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ