[ゲーム]グランドチャンピオン


Grandchampion
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数2,197位6,117作品中総合点3 / 偏差値48.42
1981年ゲーム総合点11位19作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ゲーム性1.00(良い)1
ストーリー0.00(普通)1
難しさ1.00(難しい)1
楽しい100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
制作:タイトー
機種:アーケード
日本 発売日:1981
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
3,12633
最近の閲覧数
1000010000
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/11/14 / 最終変更者:ソンプーGU / 提案者:消しゴム (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7442(87%) 普通:626(7%) 悪い:459(5%)] / プロバイダ: 2263 ホスト:2110 ブラウザ: 10414
タイトーの「スピードレース」シリーズは、ここまで5作品が世に送り出されてきた。その基本はトップビューに縦スクロール、タイム制のレーシングゲームで、そのほかの部分は作品によってそれぞれ異なっている。本作もその伝統を受け継いだゲームだが、シリーズとしては最終作品といってもいいものになっている。そのため、集大成にふさわしいさまざまな機能やギミックが加わっており、プレイヤーを楽しませるようになっているのだ。

コースの中に新たに採用されたゾーンとしては雷雨と霧がある。雷雨ゾーンでは雷が車に直撃するとクラッシュ扱いになり、霧ゾーンでは画面の上半分が白くぼやけて視界が狭くなる。コースへのさまざまな仕掛けはこれまでの作品でも色々あったが、その中でも本作は最も種類が多い。

そして、本作独自の機能としてはクラッシュ時のピットインがある。従来のシリーズは敵車と接触した場合はミスとなり、一旦画面のスクロールが止まって再スタートとなったが、本作にはクラッシュが2種類ある。そのうち程度が軽いほうは自車がはじき飛ばされるだけだが、重度の方は自車が破壊され、ピットインするまで能力が大きく低下。コースによってはなかなかピットイン出来ない場所もあり、その場合は壊れた車でしばらく走らなければならない。このようにシリーズ最終作らしい本作だが、ナムコのあのゲームによって短期間で駆逐されてしまった。

2011/03/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2851(60%) 普通:800(17%) 悪い:1123(24%)] / プロバイダ: 14863 ホスト:14685 ブラウザ: 9932
クラッシュによるタイムロスとコース上のマシンを如何にして避けるか。
これが、この作品を攻略する上でのポイントです。

ジャンルは、レースゲーム。
プレイヤーの目的は、ハンドルとアクセル、ロウからハイ、ハイからロウへのギアシフトを駆使して6位以内に入賞する事。

実際プレイすると、雨で滑りやすい路面、トンネルの中は視界が不自由な闇の世界、光でマシンの正面が見辛くなる等、コースの状態は猫の目のように変化し、
コース上のマシンも、マシン1台がやっと通れる狭いコースで他のマシンに追突したり他のマシンに追突されたりする、
左右に幅寄せする等の妨害を仕掛けてきます。

中でも厄介なのは、プレイヤーのマシンを追い越しにかかるマシンです。
これは、プレイヤーのマシンを無理に追い越して正面のマシンに衝突する、周囲のマシンの走行パターンを変化させる等する為、
敵マシンを回避し難くなり、難しいハンドル捌きが要求されると言う具合にかなりえげつないです。

評価は、「とても良い」です。

2010/06/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3295(33%) 普通:3482(35%) 悪い:3241(32%)] / プロバイダ: 25130 ホスト:25013 ブラウザ: 10712
タイトー縦スクロールレースゲームの1作でしたね。

ゲーム自体は、当時が当時だけあって(?)、この本作も
シンプルなものでした。アクセルやシフトレバー等を
使って、6位以内の入賞を目指していくものでしたが、
それにはいかに他の車等障害物にぶつからないかに
かかっていましたね。運悪くぶつかると、ピットイン
(これをやらないと、操作がしづらくなる)して再走行する事となり、
時間をロスしてしまうので、レースゲームではこれに
限った事ではないけど、反射神経が普通に要求されますね。

ゲーム自体よりも、特筆されるべきなのは4チャンネルサウンド
が搭載された事でしょうね。グラフィックはまだ80年代前半の
当時の事、当然チープでしたが、そうしたチープさを、同サウンド
が十分カバーしていたというか、普通に臨場感を醸し出していた
と言えました。

まあ、これも決して凡作ではなく、作り手のチャレンジ精神
は確かに伝わりはしたのだけど、やはり流石に今から見れば
物足りないのは否めないもかもしれません。
3位以内でゴールした時にもらえるスコアも凡庸だし、ちょっと
した暇つぶしで遊んで見るには良いのかも知れませんね。
評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2019/08/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2263 ホスト:2110 ブラウザ: 10414 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさ難しい


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ