[ゲーム]イース ~フェルガナの誓い~


CERO:B(12才以上対象表現有)

いーす ふぇるがなのちかい / Ys : The Oath in Felghana
  • 可愛い
  • 熱血
  • 悲しい
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 感動
RSS
この作品は「イース」のシリーズに所属します。
ゲーム総合点=平均点x評価数1,099位5,707作品中総合点8 / 偏差値49.96
2005年ゲーム総合点55位255作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)2
映像3.00(最高)2
音楽3.00(最高)2
ストーリー3.00(最高)2
ゲーム性1.50(とても良い)2
難しさ2.00(とても難しい)2
可愛い100%2人/2人中
熱血100%2人/2人中
悲しい100%2人/2人中
友情100%2人/2人中
考えさせられた100%2人/2人中
もっと見る
属性投票する
制作:日本ファルコム
日本 発売日:2005/06/30(木) Win
日本 発売日:2010/04/22(木) PSP
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1小ネタ遊戯 2014/03/23389文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://ito.cside.com/kamonet/game/ysf/index.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.falcom.co.jp/ysf/
2. http://www.falcom.co.jp/ysf_psp/
プロモーションビデオ (1個)
3,59733
最近の閲覧数
1243428441
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/06/13 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/04/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2302(60%) 普通:635(16%) 悪い:927(24%)] / プロバイダ: 7828 ホスト:7725 ブラウザ: 5171
「イースⅥ」で使われた技術でリメイクした「イースⅢ」。
この作品を一言で表現すると、こうなります。

ジャンルは、アクションRPGで、背景になるストーリーもアドルがドギとフェルガナに足を踏み入れる所から始まる「Ⅲ」と同じ。

実際にプレイすると、町の地形や人等、画面に映る物が全て立体化して視点も変化し、敵の攻撃パターンや謎解き要素も多彩になっており、
これまで出来たボタンを押したまま剣を振る等の操作が出来なくなった代わりに2段ジャンプや旋風ジャンプが出来る様になり、
敵が下突きを喰らうと暫く動かなくなる、連続で攻撃を当てるとボーナスで更に経験値が増える等の要素が追加されて
Ⅲとは全くの別物に仕上がっています。

加えて、敵にはそれぞれ属性があり、物理攻撃を受け付けない敵もおり、それらに「リングアーツ」と呼ばれる
装備で対処と言う具合に戦略性もオリジナル(Ⅲ)を超えていました。

作品コンセプトの難易度の低さが人を選ぶことは否めない為、評価は「とても良い」です。

2015/04/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(71%) 普通:11(17%) 悪い:7(11%)] / プロバイダ: 3283 ホスト:3365 ブラウザ: 10257
PC版、PSP版共に難易度ハードまでクリア。この作品をプレイするためにPSP本体を買ったといっても過言ではありませんでした。
元の作品もFC版とPS2版はクリアしました。

【良い点】
・より深くなったキャラクター。
チェスターとエレナの兄妹愛を始め、極端な話空気キャラがいないといってもいいほど一人一人に大なり小なりの人間ドラマがありました。

・手強いボスキャラ。
縦横無尽に動き回る・弱点を変えて対応するリングアーツ以外の攻撃をはじく・敵の攻撃で浮き上がった床に乗らないと攻撃が届きにくい等意外とこの手のアクション作品にありがちな「レベルを上げてごり押し」というスタイルで突破する事が容易ではないボスが非常に多かったです。

・シリーズ最大級、曲名の通り正に「最強の敵」であるラスボスガルバラン。
「突破口は死んで覚えなさい」という製作陣の声が聞こえるようでした。初見かつ事前情報無しで打倒された方は本気で尊敬させていただきます。

・BGM
現代風に大幅なアレンジがされていましたが、雰囲気はきちんと残っていました。PSPではバージョン別に選べますがフェルガナの曲に慣れていたのであまり使いませんでした。

【悪い点】

・アドルが喋らない。
他のシリーズでは普通に喋っているので違和感の方が強かったです。チェスターに彫像を渡す所やラストでジェノス島を脱出する前、エピローグでのエレナとの会話シーン等喋ってくれと思った所は数知れず。
周りのキャラクターの個性が強くなった分アドルの印象が薄くなっていた感じがしました。

・ラバール鉱を使っての武具強化の恩恵が薄い。
合計2回しか強化出来ず、序盤はともかく中盤以降や高難易度の時はあまり恩恵を感じませんでした。

【衝撃だった点】

・デュラーンとガーランドそれぞれの正体。
2人とも予想だにしない人物、しかも正体を現す直前までそんな素振りをほとんど見せない為に初見の時は結構驚きました。
特にデュラーンは優しく非常にいい人というイメージしかなかった上に2度目の戦いが正体を現した直後な為、プレイヤー的な士気は上がらないわ相手は本気で殺しにかかってくるわ強いわでエライ目にあった記憶があります。

【総合評価】
単なるリメイクに留まらず、進化といってもいい完成度でした。評価は【最高】とさせていただきます。

2010/07/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:697(64%) 普通:171(16%) 悪い:216(20%)] / プロバイダ: 1415 ホスト:1289 ブラウザ: 11743
パソコン版は未購入であり、PSP版のみプレイしました。

【良い点】
・各々のドラマ性が格段に向上しているところですね。
チェスターの復讐心
ガルバラン復活を具体的にどう行うのか
ガーランドの陰謀
使命の石板入手の過程
マクガイア城主の家族の存在
ストダート兄妹の故郷の村
レドモントの街の住人たち
etc

・セルネイド(魔物と化した元メイド・・・因みにザコ敵です)
の戦闘は(ある意味)インパクト大ですね。
首をカクカクさせながら包丁を投げるあたり(笑)。

・喋るボスキャラ(デュラーンとかガーランドとか)戦闘
がかなり熱いです。迫力満点でしたね。

・3種類のバージョンのBGMを自由に選べるところです。
これにより、PC88版未使用BGMを耳にすることが
できました(笑)。
個人的には、ジェノス島へ行けるようになった頃に
レドモントの街で流れたBGMが、大のお気に入りです。

【悪い点】
・うんざりするほどの連続ジャンプテクニックを要するところ。
(パソコン版が出た当時は、「イース6~ナピシュテムの匣」の
そういうところに嫌気がさした経験から、この「フェルガナの誓い」を
購入するのをためらったほどです。)
このあたりは、正直疲れました・・・・・。
「もうイーッス」

【総合評価】
それでも【最高!】の作品という認識ですね。

この評価板に投稿する



2015/04/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3283 ホスト:3365 ブラウザ: 10257 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/悲しい/びっくり/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさとても難しい

もっと見る
1. ぽいむさん質問に回答します。 by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 質問に回答します。 http://www.accessup.org/pj/6_A4DDA4A4A4E0/20100719.html >質問企画内容は余りにも偶然的に嬉しいキャスティング >キャラ、作品でいいです。 【作品】 ・PSP版「イース7」特典ドラマCD ・PSP版「イース フェルガナ誓い」特典ドラマCD ・ドラマCD版イース1&2( http ...
記事日時:2010/07/19 [表示省略記事有(読む)]
2. ゴッドイーター体験版 感想 他 by ut
... ボリュームがあり、見た目も派手でレベルアップや新スキル、新装備入手が楽しい。 体験版はかなり楽しめたので製品版にも期待している。 空飛ぶ戦艦をバラバラに解体していく爽快アクション! SCEJ、PSP「100万トンバラバラ」 超期待作 アルケミスト、PSP「咲-Saki- Portable」 オリジナルストーリーも収録した美少女対戦麻雀 『イースフェルガナ誓い~』がPSP ...
記事日時:2009/11/29
3. イースフェルガナ誓い~特典CD感想その2 by 古典派の男
... 嫌いですが、このCDに収録されている「夢色瞳」はOK。 JDKバンドアレンジによる「KILL OR CURE(最強敵)」はヘビメタっぽくてかなりカッコイイです。 JDKアレンジ「BELIEVE IN MY HEART」は高田延彦入場テーマにでも使えそうな雰囲気ですw 特典CD総評 個人的に特に満足できたは「イースフェルガナ誓い~プレアレンジバージョン ...
記事日時:2005/07/04 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声