[ゲーム]ゼノブレイド2


ぜのぶれいど2 / Xenoblade Chronicles 2
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数2,290位6,173作品中総合点3 / 偏差値48.46
2017年ゲーム総合点10位38作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)2
音楽2.00(とても良い)2
キャラ・設定0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
ゲーム性-0.50(普通)2
難しさ1.00(難しい)2
セクシー50%1人/2人中
可愛い50%1人/2人中
熱血50%1人/2人中
悲しい50%1人/2人中
ロマンチックな気分50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

天空にそびえ立つ「世界樹」を中心に広がる雲海の世界「アルスト」。アルストができる遥かな昔、人は世界樹の上に住む創生の「神」と共に暮らしていたという。天空に築かれた豊穣の大地。昼を夜に、雨を晴れにすることもできる理想郷。

人はそこを「楽園」と呼んでいた。


※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
制作:任天堂

【STAFF スタッフ】
総監督・原案・構成・脚本:高橋哲哉(モノリスソフト)

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 発売日:2017/12/01(金) Nintendo Switch
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. ゼノブレイド2(Xenoblade2)攻略まとめwiki【Switch】
2. ゼノブレイド2 | 神攻略wiki
3. ゼノブレイド2 攻略 【Xenoblade2-wiki】
4. ゼノブレイド2(Xenoblade2) 攻略Wiki【ゼノブレ2】 : ヘイグ
5. ゼノブレイド2 攻略wiki | hyperWiki
6. ゼノブレイド2初心者用攻略ガイド:序盤に感じた疑問や知っておい
7. ゼノブレイド2 記事まとめ|hyperT'sブログ

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. ゼノブレイド2 | Nintendo Switch | Nintendo
Twitter公式
1. ゼノブレイド2 (@XenobladeJP) on Twitter
プロモーションビデオ (5個)
ゼノブレイド2 トレーラー [登場人物編]ゼノブレイド2 トレーラー [登場人物編]
[もっと見る]
2,18732
最近の閲覧数
2132112101
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/01/31 / 最終変更者:ルネサント / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:187(77%) 普通:1(0%) 悪い:55(23%)] / プロバイダ: 2731 ホスト:2656 ブラウザ: 15131
この作品のテーマとは非常にシンプルで
『繋がっていく』ということ。

これは9話でもわかるが
『楽園はいずれ500年前のイーラやモルスの地のようにするだけだ』とシンは説いた。

しかし、天の聖杯の本当の力を引き出したレックスが示した答えとは『記憶や意志は誰かが必ず受け継いでくれる。』という答えだった。

そう、シンは悩んでいたのだ・・・500年前にラウラと
共にに訪れた村でオルネラという女性がもうすぐ
亡くなる事について綴った日記に書いてあったあった
一言やブレイドの存在意義について悩む以前の
自分の日記を見て、彼はその時に『ブレイドの
存在は何の為にあるのだろう?』という
問いの答えを出せないでいた。

レックスは9話でシンに言った。『その為にあんたたちがいるんじゃないか』と。
更に彼はこう言う。

『そして、それを一緒にやり遂げるのはオレじゃない
誰かだぁ』と叫んだ。その時、シンの中に迷いが出た。何故なら予想外の答えだったからだ。
だから負けた。しかし、彼はトドメを刺さない。

レックス『そうだよ 人間は死んだらそれまでだ
でも、その思いや記憶は別の誰かが必ず受け継いでくれる。あんたらブレイドだってそれは同じだろ?
前の自分を別の誰かと一緒に受け継いで新しい自分になってそうやってこれまで生きてきたんだろ?
だったら同じじゃないか。』

そういわれ、彼は思い出していた。ラウラと初めて
同調して初めて出会った最初の日を・・・・。

レックス『ブレイドはやがて巨神獣(アルス)になって
そして、多くの新しいブレイドを生んだり
世界そのものになったりして続いていくんだろ?
すごいよ 羨ましいくらいさ』
シン『羨ましい-俺達が?』

そして、レックスは神様に聞いてたいことがあるという。それは天の聖杯やシン等・・・
どうしてこんなすごい連中を生んだのかってさ
いや、何となくはわかってるんだ。
だからその答え合わせをしたいと彼は言った。
僕はこれを最初に聞いた時、不思議な気持ちになった。そして、レックスが出した言葉に心が震えた。

そして、10話で何故戦う誰の為に?何の為に?
と説うメツに彼は答えを示す。

レックス『誰の-為でもない そうすることで皆が笑えるなら 命が繋がっていくならそれが
俺の役目だからだ』更に彼は・・・・
『シンに言われたよ。あんたを頼むって!
シンは消えたかったんじゃない-あんたに命を
繋げたかったんだ自分に道を示してくれた
あんたに』という。

メツ『それで何人が死んだと思ってる 許せるのか
お前は』
レックス『許せる訳ないだろ でも、それが
オレ達のいる世界だ
なら、その中で前に進むしかないんだ』
それがレックスという少年が出した答えだ。

他にもキーワードが2つありそれが『変化』と
『役割』だ。前述で述べたのが『役割』
と繋がるということ。

マルベーニは幼い頃に母を盗賊に殺されて盗賊を殺した。そして成長し、アーケディア教徒として敗残兵
の救助を行っていたがその助けた兵士が盗賊となり
殺人と略奪をに手を染める現場を目撃し、
人間を救い価値も存在する意味もないと考えるようになる。そう、彼は変化せず過去に囚われている男なのだ。だからブレイドを見下し人間を嫌い世界を憎んでいるのだ。
しかし、野盗に襲われたジーク達を助けたのはサイカがジークを必死におんぶしながら運んでいるところに
自身の母親と重ねているところがあり、彼にも
人の心はまだ残っていたんです。
ジークが言った。『あれもあんただったんとちゃうんかい・・・・・。』と言う台詞は僕の心に強く残っています。彼を一言で表すと『変化を拒んだ弱い人間』
なんです。

メツはシンと出会い変わりました。だから
苦しんだ顔でそれで何人が死んだと思ってると言ったのです。破壊こそが自分の存在意義だと思っていた彼がシンと出会い『感情』を知ったのです。
それで彼は『俺はあいつ(シン)のために存在している』と3話でホムラに言ったのです。

ヨシツネやベンケイは元々、マンイーターでアーケディアへと輸送される途中だったのをシンに救われて共に仲間に加わります。
ドライバーが実の兄妹ということもありヨシツネはベンケイを妹とみているようです。
ヨシツネはギャグキャラ的な立ち位置で『まぁ最初から全部僕の脚本に書かれていましたけどね。』
という台詞がありますが最後は無残にもマルベーニにやられますがやられたベンケイの為に弓を引き絞った姿は無様にもかっこよかったです。

サタヒコは500年前の人間でブレイドイーターといい人間の体内にコアクリスタルを移植した人間の事を指します。
孤児で親に売られて飛ばされてきた村を人間に焼かれて何もかもなくなっていて一人でいるところをラウラとシンに保護されて
仲間になります。最初は中々、心を開かなかったサタヒコですが同じ年くらいのミルトのかいもあり少しずつ心を開き始めます。
ですが、力を抑えながら戦うヒカリの姿を見たメツは見せしめとしてイーラをデバイスで攻撃し、ミルトがサタヒコを庇い
重傷を負い亡くなります。その後に新しくアーケディアの法王を暗殺し、新しく率いたマルベーニ達の襲撃を受けてサタヒコは
ブレイドイーターの実験台にされますがなんとか処分から免れます。
シンと同じく人の業を見てきたこともありイーラのメンバーに加わります。最後はマルベーニに特攻を仕掛けて散ります。
まぁアップデートでサタヒコは生存しており、レックス達のブレイドになりレックス達が見つけた答えを見つけるためにブレイドとして同行します。

【世界観について】アルストと呼ばれる雲海に覆われた世界で「巨神獣(アルス)」と呼ばれる巨大生物が存在し、人々は巨神獣に国を築き生活しています。それぞれの名前ですが

・アヴィリティア商会 世界に11あるノポン商会の中でも最も大規模な商会。創始者はノポン商会を作り、語尾に「も」をつける近代ノポン語を最初に使ったキャプテン・ノポポンの末裔と言われています。
名前の由来は名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「強欲」のラテン語「avaritia」です。

・グーラ 自然豊かな見渡す限りの草原が広がる大地ですが名前の由来は七つの大罪」のひとつ「暴食」のラテン語「gula」です。

・インヴィディア烈王国 巨神獣の体内を国土とし、発達したバイオ技術を持つ自然主義国家で
名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「嫉妬」のラテン語「invidia」です。

・スペルビア帝国 機械技術で滅びに瀕する巨神獣を制御する軍事国家。アルストでは最も歴史ある国家で、人口はインヴィディアよりも多いようです。
名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「傲慢」のラテン語の「superbia」です。

・テンペランティア 聖杯大戦で滅んだ亡国ユーディキウムがあった地。ユーディキウムは生物の技術の粋を極めた当時のアルストを代表する文明国家で、マンイーター発祥の地としても知られる。国としては滅んだが当時作られた巨神獣兵器がいくつか眠っています。

名前の由来は「七つの美徳」のひとつ「節制」でラテン語読みで「temperance」と言います。

亡国ユーキディウムの名前の由来は「判決」「審判」を意味するラテン語「judicium」からとられています。

・アーケディア法王庁 巨神獣を敬い信仰する宗教国家。人類の魂の救済を目指している。ブレイドを生み出すコアクリスタルの管理・供給を掌握し、軍事にも強い影響力を持つ。アーケディア人は青い肌が特徴で、アルストで最も寿命が長い種族です。
名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「怠惰」のラテン語「acedia」です。

・ルクスリア王国 古代からの文化を守り続けている国家で巨神獣は巨大なカメのような姿をした「ゲンブ」と言います。ジークのブレイドである
サイカがコントロールしています。
名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「色欲」のラテン語「luxuria」です。

・リベラリタス島嶼郡 レックスが育った村で彼の両親はイヤサキ村の出身ではなく、理由は不明だが住む土地を追われ、イヤサキ村があるリベラリタス島嶼群まで流れ着いたらしいです。そして、レックスは500年前の英雄であるアデル.オルドの子孫の可能性が高いです。
何故なら同じ金色の瞳をしているからです。ラウラやカスミや二アも同じです。これはきっと裏設定があるはず!
名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「色欲」のラテン語の「luxuria」です。

・イーラ王国 500年前に滅んだ国で聖杯大戦の英雄アデルの出身国。ユーディキウムと並ぶ文明大国で、機械技術の粋を極めた国家だった。
名前の由来は名前の由来は「七つの大罪」のひとつ「憤怒」のラテン語「ira」です。

【総合評価】僕はゼノブレイド2に出会えてよかったと思っています、。いっぱい、たくさんの事を教わりました。間違いなく平成に残る最高のゲームの一つです。欠点があるとしたらホムラちゃんやヒカリちゃんの露出や女性キャラやベンケイの格好でしょう。
女性ブレイドはセクシーな格好や衣装をしているのが
多いですからね。後はニアの過去をもっと掘り下げて欲しかったです。インヴィディア烈王国に出番がなかったことも残念です。ラゲルト女王はクエストの方で関わりがありましたがストーリーで関わりが少なかったのが難点です。スイッチのソフトの中でも最もやりこんだゲームです。
総合プレイ時間は906:58:26です。世界観は前作と同じくらい凄いです。
書き込もうと思えばもっと書けますがこれでいいでしょう。凄く満足です。ずっと書き込みたかったので
凄く嬉しいです。もちろんゼルダもオデッセイも好きですが僕はこれが一番好きです。
とてもメッセージ性が強く設定もブレイドのデザインもお見事です。更に前作のゼノブレイドの主人公
シュルクが住む巨神界や機神界と繋がっており
ゼノブレイドワールドを産み出した創造主のクラウスの半身が前作のラスボスのザンザだとは思わなかったです。更にアルヴィースが3人目の天の聖杯だとは思いませんでした。まさかDLCでゼノブレイドクロスのエルマさんまでブレイドとして加わるとは思いもしませんでした。

そして、本編で語られた500年前の聖杯大戦の物語は
ゼノブレイド2 黄金の国イーラで語られることに
なります。ラウラとシンがアデルと出会い
どのようにしてイーラが沈められるのかが明らかになります。バットエンドに見えますが彼らがやった事は決して無駄ではありません。全て500年後に繋がり
その呪縛は絶たれます。本当に素晴らしいゲームです。モノリスソフトには感謝してもしきれません。
最後になりますがスマブラでレックスが参戦したら嬉しいです。そしてシンが5話でレックス達に言った。
『変化こそ進化』と言う言葉は今では僕の座右の銘です。それくらい影響を受けた作品です。
これをやってて思った。今の自分が生まれた事は奇跡なんだ。苗字もブレイドと同じで父からお爺ちゃん、
そして先祖から脈々と受け継がれてきたんだって
思いました。命が繋がっていくことはこの上なく
尊い事だから必ず結婚して子供を持とうって
僕は心に誓いました。

634さん。ゼノブレイド2の項目を作成してくれて本当にありがとうございます。感謝の言葉を述べさせてください。

本当にここまで見てくれてありがとう。
評価は【最高のゲーム】です。

[推薦数:3] 2018/03/03 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:407(55%) 普通:50(7%) 悪い:284(38%)] / プロバイダ: 51506 ホスト:51326 ブラウザ: 8784
「ゼノブレイドクロス」「ゼノブレイド2」に関しては未プレイなんですが、この本作品は先日発売されましたので、それに関して適当にコメントしようと思います(雑談風に)

この本作品の特徴としては、「萌えとオープンワールドを融合させたRPG」というのが特徴でしてw、
元々この本シリーズはキャラデザインが大不評のよう(特に、「ゼノブレイドクロス」が超叩かれた)で、
それ故に、今作ではやはりキャラ萌え路線として、このような形の作品となったようです

話変わりますが、個人的には、「シャイニング・レゾナンス」とかが大好きでして、こちらの作品はオープンワールド風なRPG作品なんですが、
この作品は5人ヒロインがいる中、その内ソニア、キリカ、リンナの3人が特に大好きで、この3人はそれぞれRPGにおける戦士、僧侶、魔法使いをイメージしたキャラデザインですけど、
超可愛い上に超優しくて性格が良く、加えてかなりの巨乳という設定で、加えて、ヒロイン陣が水着姿で海で遊んだり、セーラー服を着たり、温泉に入ったり、
そういう系の要素がある(DLCだが)のですけど、「「ゼノブレイド」シリーズは何でキャラ萌え路線の作品にしないんだろう?(例えば、キャラデザイナーを岸田メルにするとか)」と、
正直以前から(「ゼノブレイドクロス」発売時から)ずっと思ってましたねw(元々、「ゼノブレイド」が硬派なRPGだったので、路線変更し辛かったのかもしれません)

「超広大なフィールドを可愛い女の子達と共に冒険する」というのは、何気に自分がRPGに求めてることの1つなんですけどw、
やはり、こういうキャラ萌え路線に走って当初は超叩かれたものの、売上なんかはかなり良かったらしく、それ故にやはりRPGでこういうキャラ萌えは大事なんだなと実感しますw

例えば、「メルルのアトリエ」のトトリ(個人的には、岸田メルが生み出した最高傑作の萌えキャラだと思う)がヒロインだった場合、間違いなく自分みたいな人間が喰いつくと思います(笑)

この本作品はヒロインが主に何人かいる中、個人的に特に好みだったのは、やはりホムラ、ヒカリでして、この両者はホント素晴らしく可愛らしいキャラで、
プレイ動画なんかもほんの少しだけ視聴したところ、やはり素晴らしく可愛いキャラで、具体的に作品に触れたワケではないので、まだ何とも言えませんが、
自分としてはこの路線は成功したと思う感じです(ホムラは結婚して妻にしたい感じのキャラで、ヒカリは恋人にしてHしたい感じのキャラw(Hするならヒカリの方が良いです(笑)))

実はこの本作品のキャラデザイナーはエロ漫画家が担当してまして、胸とか尻を描くのが上手いエロ漫画家です

ただ、エロ漫画とか薄い本では、Hシーンを描く際に作者のクセがあり...大体作者の好みによってエロシーンが描かれる(例えば、全裸、着衣とか)中...

「ヒロインを全裸(靴下も残さない)にしてHシーンを描くタイプ」「ヒロインをほぼ全裸(ただし、靴下は残す)にしてHシーンを描くタイプ」、
「ヒロインの服を全部脱がさないでHシーンを描くタイプ」の3タイプに大体分かれますが、この作者は3番目のタイプでしたので、
そこが残念でしたねw(ちなみに、自分は1番目のタイプが大好きですw)

少なくとも、「作者はヒロインを裸にしてエロシーンを描くのは嫌いなんだな」とは思いますw(正直、自分の趣味とは合わなかった)

しかし、実際PVとかを見てみると、キャラデザインは安定してるような感じで魅了されますし、世間では猛批判されがちな面も、
自分としてはむしろ本作品のようなキャラデザインの方が断然好みですね

ですが、意外と海外のウケが悪かったのが地味に驚きまして...この本作品は日本国内だと好評ですけど、海外だとやはり思っていたよりも評判が悪いようです

発売前当時はたくさんのCMを流したり、たくさんの広告を宣伝したりして、それ故に、「「ゼノブレイド」を超えるか!?」的な感じの盛り上がりでしたが、
海外だとやはりJRPG特有のノリが無理だったらしく、中でもエロネタや下ネタが批判されてました

一応、そういう系のイベントに関しては視聴しましたがw...ヒカリがレックスが寝てる最中にベッドに忍び込んで来て、ヒカリが目覚めたらレックスの真横で寝ていて、
超大きな声で叫び声を上げた後、「見たでしょ?(`ε´)エッチッ!!!(≧ヘ≦) 」とか言って出てったり(笑)、あのシーンなんかヒカリが超可愛過ぎて全身が超ゾクゾクしたんですけどw、
他では、何かニアが亀頭と発言して、ヒカリが顔赤くして、レックスがヒカリに絡んで来たので、ヒカリがレックスに思いっきりビンタして、その直後ボス戦になったりw、
他では、「萌えキュンだよぉ〜!」とか言うシーンとかもありw、「ゼノブレイド」をプレイしたユーザーから見ると、とても考えられないほど路線変更してますがw、こういう点が叩かれてます

てか、「ペルソナ4」はホモネタとかストリップネタとかマーラネタとか、そういう系の要素があったのに、海外では全く叩かれてなかったので、
この本作品はそれで下品だとか何とかで叩かれたのは正直意外に感じましたね(たぶん、ノリが完全に海外向けでないからだと思いますけど)

それ故に、メタスコアに関しても、「ゼノブレイド」は92点、「ゼノブレイドクロス」は84点、本作品は83点と下がってしまい、
やはり思っていたよりかは遥かに低い評価で驚きましたね(自分としては、発売前の超異常な盛り上がりっぷりを見るからに、93点は行くかと思ってました)

実はメタスコアに関して言うと、「RPGで90点以上、かつユーザースコアが9.0以上の作品は殆どない(ユーザースコアで9.0以上が何気に難しい(低評価荒らしとかがあるから))」らしく、
「ある程度レビュー数が多くて、上記の条件を満たす」という作品は殆どないらしいです(「ゼノブレイド」はこの件を満たしてる)

上記を満たしてる作品は、「ゼノブレイド」「FF7」「ペルソナ4(ゴールデン)」「ペルソナ5」「ウィッチャー3」「ファイアーエムブレム 覚醒」くらいしかなく(まだあるかは分かりませんけど)、
あとはおそらくレビュー数が少なくて評価が高いとか、そんな感じの作品しかないと思いますが、やはり思っていたより遥かに評価が低かったので、そこは意外でした

しかし、自分としてはこの本作品をプレイしたいのは山々なんですが、肝心のSwitchを持ってないのでプレイ出来ず...
PS4だったら、間違いなくプレイしてた作品なんですけど、そこが正直残念ですね(モノリスは任天堂の子会社なので、PS4で出すことはないでしょうけど)

元々自分は、「アルトネリコ」みたいな感じの作品は大好きで、この本作品もこのようなダブルヒロイン体制のRPGかなと思いきや、実際はホムラとヒカリは同一人物らしく、
そこが正直残念(「アルトネリコ」みたいに、ダブルヒロインがそれぞれちゃんと独立して存在していて、トークマターとかダイブイベントみたいな要素があったら良かったw)ですが、
個人的には何気に注目している作品の1つです(「シャドウハーツ2」みたいな感じのギャグとか好きなんですけど、RPGであぁいう系の要素がある作品は基本的に好きですね)

ただ、システム面に関しては超叩かれてまして、ストーリーに関して言うと、「グランディア」風らしいものの、システム面が超酷いらしいので、
多くのユーザーからクレームが来たらしく、中でも引き継ぎ要素とかもないとかそんなこと聞きましたが、そこが問題らしいですけど...

とは言え、モノリスに関して言うと、世界的に注目されてるRPGメーカーの1つらしく、先日はモノリスの高橋とアトラスの橋野が対談したようで、
高橋の方は、「ペルソナ」を目標にしてるだとか何とか言ってたらしい(これは以前の話)ですが、今後も注目されるメーカーの1つだと思いますし、個人的には応援してますね

<余談>

あと、余談なんですけど...「ペルソナ5」のアニメ化が決まりましたが、自分としては、「テイルズ オブ ベルセリア」とか本作品のアニメの方を見てみたかったですね

個人的に、「ベルセリア」はホント超面白かったので、むしろこちらの方が見てみたかったですし、
「ゼノブレイド2」に関しては、おそらくプレイすることはないだろうとは思いますが、アニメ化されたら絶対に見てみたいですし、
特に、ヒカリがレックスに添い寝するシーンを変更して、ヒカリを全裸にしてレックスに添い寝させる(「ハイスクールD×D」のリアスみたいにw)とかw、
そういう系の展開を是非アニメで見てみたいですし、どうせだったら、ホムラとヒカリを独立させて、ハーレムアニメのような感じで演出して貰いたいところですけどw、
アニメ化されたら、やはりめちゃめちゃ興味がありますね(ホムラとヒカリがどんな感じの可愛さなのかを、是非アニメで堪能してみたいw)

特に、「レックスが温泉に入ってる」→「ホムラとヒカリが一緒に入って来る」とか、こういう系の展開を見てみたいですw

一方、「ペルソナ5」のアニメ化に関して言うと、確かにこちらの作品は超神ゲーで楽しかったのは事実ながら、「ペルソナ4」のアニメが全く楽しめなかったので、さほど関心がなく...
しかも、「ペルソナ5」は、「ペルソナ4」の1.5倍(ただし推定)ほどボリュームがあるRPG(自分の1周目クリア時間は114時間でした(笑))なので、
普通に考えてみると、どう考えても時間の尺が足りませんし、むしろアニメオリジナルの方が良いんじゃないかと思うほどです

「ペルソナ5」に関して言うと、「ドラクエ7」よりも遥かに超長く(「ベルセリア」の倍はボリュームがあるRPG)、
メインシナリオを追うだけながら、おそらく現時点のRPGで世界No.1のストーリーの長さかもしれません(断定は出来ませんけど)

原作に忠実に行うとなると、明らかに時間の尺が足りないので、ただでさえ原作のストーリーが超叩かれてるのに、ますます叩かれる(省略シーン多過ぎで)と思いますし、
ここはむしろ、いっそアニメオリジナルにして、鴨志田みたいな身近な悪党(主人公の学校の教師は鴨志田以外も問題教師が多いという設定にして)を、
地道にたくさん裁いて行くとかの方が面白いと思います(例えば、「GTO」の勅使河原みたいな教師がたくさんいたりして、そういうキャラを裁く話とか)

また、アニメオリジナルだと、春をシナリオ序盤から登場させることが出来るメリットがあります(原作だと、登場時期が超めっちゃ遅い(シナリオ開始後、 50時間はほぼ未登場(笑)))し、
自分としては、正直原作を忠実に行うよりも、アニメオリジナルの方が楽しめそうです(原作を忠実に行うのならば、4クールは絶対必須)

2017/12/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:814(63%) 普通:194(15%) 悪い:285(22%)] / プロバイダ: 17052 ホスト:17144 ブラウザ: 5517
【総プレイ時間】
20時間以上プレイ、3話後半辺り。一旦中断
【良い点】
・流石最新作だけあってグラが凄い。アニメチックながら質感に優れていて、キャラ
モデルの動きや表情に進化を感じた。ムービーが長いのに批判があるみたいだがバトルの迫力や
スピードには見とれてしまう。フィールドの広さ(これは後述の問題点に関連するが)、描き込み
にも優れて、携帯モードだと画質がやや落ちるが(これも結構批判されているが)それでも
個人的にはプレイ可能で光るものは感じた
・前作経験者には不評もあるようだが、アニメ調も悪くないし、ノリがそういう要素
入れたような所はあるが現状特に気になるほどではない(テイルズや軌跡
がプレイ出来る人には大丈夫では)
・世界観は興味深く、伏線張りを感じて、ストーリーも王道的で引き付けられるものはある
キャラクター達もレックスの熱血がやや軽いなとは思いつつも立っている
まだまだ先を感じるのでボリュームも豊富そう
・バトルに慣れて来たくらいだがなかなか味わえないほど盛り上がる。3人揃った辺り
からが本番。ワイワイガヤガヤ感、コンボや必殺技がしっかり決まった時のカタルシス
【悪い点】
・ヒロインホムラの胸がアンバランスなほど巨乳(爆乳的)。ムービーの出来が
良いので映る度に悪い意味で気になる(製作者の趣味、オタク向けと言われても反論
出来そうにもない)
・セーブスロットが1つしかない。ムービーは見返せるががまた同じボスと対戦したい
時などにはフォローなし(二週目を最初からはユーザー追加で出来るが)
・詰め込みまくっているほど要素が豊富なのにチュートリアルがあっさり。見返すことも
出来ない不親切。バトルはネット解説を見ることで次第に慣れてきたが
・これが一番キツいがマップが酷く見辛い。主に距離が表示されるだけなので、次の行き先
すら迷わされてプレイ時間をどれだけ稼がされたか。至急アップデートで対応して欲しい。サブ
クエストもお使い系でやらなきゃいけないやつだな(報酬やスキル成長度)と思って
無視出来ないが指示が曖昧な上に解決に駆けずり回って、マップが広大で高低差も
あるので不親切が苦しい
・バトルで相手が結構固い。フィールドに強いモンスターがいるのは良いのだが、適正レベル
の雑魚でもそう。バトルで手を抜くと普通に苦戦したり。集中すれば良いが毎回そのテンション
なのも疲れる。おそらくバトルが上達すれば楽になるのだろうが。高いところ
を基準にしている感じ
・キャラ、使役する多数のブレイドの成長が細かいので一々メニューに戻って手動でやるの
が面倒。スキル辺りはレベルに伴う自動で良かったのでは
【総合評価】
2017年最後の大作JRPG的な感じで宣伝を見ても面白そうだった。自分はこれでスイッチ
入手に踏み切ったのでかなりの期待していた。途中プレイ中で色々詰め込まれている大作なのは間違いないとは思うのだが、システムの不親切さや粗が目立つのが残念。正直ストレスをずっと伴って
ゲームのそういう部分は大事なんだなと確認させてくれたが。アニメ的な作りに対象年齢の低い方も意識しているのが見受けられるが、この膨大かつ不親切にはブレを感じてしまう。
アップデートで補えそうな部分が大きく、早期対応に期待したい。それがなされなくても一々ネットを見るのは面倒だから、攻略本を買って再プレイということも検討はしている(そういう意味で魅力がない作品ではない)。現状の評価は「普通」

この評価板に投稿する



2019/04/08 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5517 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可愛い/セクシー 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性とても悪い(-2 pnt)
難しさ難しい

もっと見る
1. はるかなレシーブ 感想#04 by エスパー
... いないのでそれほど生々しくはありません。 仄めかしていたのだけれど、でも人によってはあーうーん…と気になってしまうかもしれませんね。 ぼくは全然大丈夫です!パイパン派でも陰毛派でもどっちともアリです!みんなちがってみんないい。 因みに陰毛ええやんと意識を改めるきっかけを与えてくれたのはsaitom先生です。 一体誰かって、そりゃあゼノブレイド2のおっと誰 ...
記事日時:2018/07/30 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ