[ゲーム]この青空に約束を


CERO:B(12才以上対象表現有)

このあおぞらにやくそくを / The Promise to this Blue Sky -melody of the sun and sea-(Kono Aozora ni Yakusoku wo -melody of the sun and sea-)
  • 感動
  • 可愛い
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:この青空に約束を― 〜ようこそつぐみ寮へ〜 / 漫画:この青空に約束を― -melody of the sun and sea-
ゲーム総合点=平均点x評価数678位6,169作品中総合点15 / 偏差値52.36
2006年ゲーム総合点29位240作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.33(とても良い)3
ストーリー2.33(とても良い)3
音楽2.00(とても良い)2
映像1.67(とても良い)3
ゲーム性1.00(良い)3
難しさ-3.00(最高に簡単)2
感動100%3人/3人中
可愛い67%2人/3人中
考えさせられた67%2人/3人中
楽しい67%2人/3人中
面白い67%2人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

本州から少し南にある離島、南栄生島。

坂の多い島のふもとからずっと続く石段を登りきると、下の町や海まで一望できる高台になっており
その高台の上に主人公たちの通う高見塚学園がある。しかし島の産業の大部分を占めていた
注意:Windows版はデータ上入れていますが、18歳以上対象作品なので、本DBでは評価対象外です。

制作:TGL アルケミスト 戯画
機種:Play Station 2
日本 発売日:2006/03/31(金) Windows 18歳以上対象/本DB評価対象外
日本 発売日:2007/05/31(木) PS2 『この青空に約束を― 〜melody of the sun and sea〜』
日本 発売日:2009/06/25(木) PSP 『この青空に約束を― てのひらのらくえん』
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://harusuki.net/aozora_cap_index.html
2. http://www.diana.dti.ne.jp/~spike/otona/kouryaku/02ka/konoao.htm

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.alchemist-net.co.jp/products/konoao/
プロモーションビデオ (1個)
11,73399
最近の閲覧数
1110210122
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/02/10 / 最終変更者:kunku / その他更新者: 管理人さん / Chestnut / カジマさん / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/01/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:894(67%) 普通:185(14%) 悪い:260(19%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 5345
PSP版をプレイしました。

【良い点】

○[「フォセット」]

―はっきり言ってPSP版の操作環境は劣悪です。
避けられないバグ、イライラすること請け合いの読み込みの遅さ・・・
先日、PS2版をやったらロード環境の素晴らしさに泣きそうになりましたw

PSP版はほとんど良いとこ無しですが、この「フォセット」(一部ですが)を収録してくれたことに関してだけは、無限大の感謝の意を表したい。

「この冬空に歌声を」は白眉。
航と克彦(海己の父)の絡みは泣けました。
一誠(主人公の祖父)と学園長のやりとりも最高だった。

○[音楽]

―もはや国宝級に素晴らしかった。I'veサウンドは至宝。

「もうひとつの青空」
「Tomorrw´s Song」(サビ前の刹那が神がかっている)
そして挿入歌の、「手のひらの楽園」。

いずれも、ごはん3杯どころか3俵は軽くいけるくらい極上の楽曲です。

【悪い点】

○[「フォセット」の“存在"]

―声を大にして言いたいのが、なぜ、あれに収録のストーリー(後日談や補完)を本編に入れなかったのか。

上記でも述べましたが、あれを見る・見ないでは、桁違いに味わい深さが変わってきます。

しかもPSP版に収録されているのは、その「フォセット」のシナリオの“一部"。(おまけにPS2版のそれとは全く違うシナリオを収録)

「フォセット」を所持していないために、その全容を知ることが出来ない人にしてみれば生き地獄ものです。

○[凛奈]

―魅力どころか暴力的なイメージしか残らず、キャラクターとしてどうしても好きになれなかった。
よりにもよってメインヒロインがこれだったのは致命的だった。

ダミがかった甘ったるい声であるcvも合ってなく、泣きじゃくるシーンは完全に某作品の赤ん坊にしか聞こえず、甚だ興ざめだった。

そもそも、先ほどメインヒロインと述べたが、パッケージ等からはいかにもそう見えるが、
本編を見る限りではどう考えても、その扱いなのは海己。名作「陽だまりのヴァージンロード」がその証拠。
実際、本編のシナリオも海己が一番、長い。

何故こんな無意味な引っかけをしたのか理解に苦しむ。
そして、海己→凛奈、順でプレイした私は完全に負け組気分。

【総合評価】

本当に“真っ直ぐな想い"がいっぱいに詰まった、
優しく切ない、
宝物のような作品です。

『CLANNAD』のような壮大さはありません。

『車輪の国、向日葵の少女』のような重厚さもありません。

にもかかわらず、ある意味ではそれらをも凌駕してしまうほどの底力があります。

ああいった作品で味わえる「シリアスな涙」も勿論、良いですが、

本作のような「爽やかな涙」も、これまた格別ですね。

おかげで本作はとても、軽めにさくっとプレイ出来ました(勿論、ペラいという意味ではなく)。

温かく笑えて、
爽やかに泣ける。

今まであまり触れませんでしたが、こういう作品も良いですね。

2010/07/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7454 ブラウザ: 8739
【良い点】
全体として見ればまぁ、良かったと思う
結構笑えるところも多かったし

【悪い点】
みんなの言うように「約束の・・・」
それと、個人的にヒロインの声はこおろぎさんじゃないほうが良かった!

【総合評価】
良い

2010/06/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:505(65%) 普通:108(14%) 悪い:164(21%)] / プロバイダ: 34454 ホスト:34212 ブラウザ: 4824
【総プレイ時間】
何回も繰り返しやりました。

【良い点】
①主人公、星野航。
非常に好感が持てる主人公。
ノリが良く、適度にエロくてバカで、やる時はやる男。
絵ではそれほど良い男に描かれてはいませんが
女の子にモテまくるのも納得できます。

②シナリオ
各ヒロインとの恋愛もさることながら、メインテーマである
友情と別れを描いた時に笑えて時に泣ける展開が素晴らしいです。
このゲームですっかりシナリオライターの丸戸史明氏のファンになりました。

③ヒロイン
一番のお気に入りはメインの凛奈。最初はケンカばかりで仲良くなってからの
展開が良いです。
時点で奈緒子、宮穂ってトコです。
個別ルートに入っても、他のヒロイン達がフェイドアウトせず
サポートに回ってくれる所も自然で良いです。

④音楽
主題歌、シーンごとに流れる音楽はどれもマッチしています。
一時期サントラを聞きまくっていました。

【悪い点】
『約束の日』は引きました。

【総合評価】
絵、シナリオ、音楽、システム。全てが高水準にまとまっていて、
文句のつけどころが無いですね。
評価は最高です。

2010/03/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:279(39%) 普通:189(26%) 悪い:248(35%)] / プロバイダ: 15263 ホスト:15178 ブラウザ: 7144
友人に薦められたのでやってみましたが・・・・
各シナリオ、どれもそこそこいい話ではありましたが、すべてがそこそこ止まりだった様な気がします。
全部が・・・って訳ではないですが、メインヒロインの子だけはもう少し盛り上がりのある展開にしても良かったのでは無いかと思います。

2009/10/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:575(70%) 普通:103(13%) 悪い:140(17%)] / プロバイダ: 18453 ホスト:18387 ブラウザ: 6415
普遍的なテーマを痣とさなく、清々しく作り上げた作品。

【良い点】
会話の面白さ。個性あるキャラクターの良さ。清々しい学園物らしい、爽やかな青春ストーリー。
離島の日常生活を描いた普遍的なシナリオだが、これから包括して確固たるシナリオを作り上げている。

個ではなく群として描かれている、つぐみ寮の面々の良さが光る作品で、群でいるからこそ渉に対して
全員一歩踏み込めない、距離をある程度とる姿や態度、この生活が壊れるかもしれないと言う不安など
絶妙にバランスが取れており、逆に一歩踏み込んだヒロイン達に対しては賛辞や激励を送ると言った
対人関係の美しさが描かれている点は好印象。

約束の日は卒業と言う誰もが通るイベントを最後に持ってくるあたりは対人関係の良さがあるからこそ。
彼等の日々の何気ない日常が楽しく、可笑しくあったからこそ、『別れ』に涙を流す。

この微妙な距離を演出するシナリオライターの巧さが際立つ。
会話のテンポもいいので、万人受けする作品だと思われる。
パルフェ(ライターが同じなので)には劣るが良く出来た作品。

【悪い点】
対人関係の良さを除けば、シナリオ自体かなり地味。

【総合評価】
爽やかな青春群像劇。
『友情』や『家族』と言った人と人との繋がりを重視したテーマが印象的だった作品。
何度も書いているが、シナリオ以前にキャラクターの良さが際立ちキャラクターあってのシナリオとも言える。

特につぐみ寮の面々の関係に関しては絶妙で
、全ヒロイン⇒主人公、主人公 ⇒ 全ヒロインの関係が揺れ動く様が絶妙。
ほんの些細な切っ掛けではあるが『友情』≒『愛情』で、どちらかではなくて、偏りなく描かれている点も好印象。
この関係が一つでもずれたら完全昼ドラ向けの泥沼展開もあっただろう。
どんな展開でも温かく見守ってくれる仲間達の姿が美しく感じれる作品だ。

OPは超名曲。

2008/10/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 25233 ホスト:25110 ブラウザ: 5234
2006年のPC用ゲームの中でも屈指の人気を誇った作品の移植版ですね。閉鎖を翌年度に控えた学生寮を舞台に、主人公と六人のヒロインが繰り広げる涙あり笑いありの青春群像を描いていたのでした。

ふむ、主人公の星野航がなかなかいい。超がつくほどの馬鹿でお調子者でおっちょこちょいで後先考えずに突っ走りがちな猪突猛進野郎で、それでいて仲間想いで不器用なやさしさを秘めた好漢ですので。

どのヒロインの話も重い部分はありますが重くなりすぎず適度にギャグを交えながら展開していくのがいいですな。

同じ寮に住んでいると言う設定上、どのヒロインの話でも他のヒロインが蔑ろにされると言うことがなく、適度にお話に絡んでくるのもよい点ですな実に。

一番好きな話はメインヒロインである凛奈の話ですかね。母親に見捨てられ、離婚して長らく会ってなかった父親に引き取られたもののよりによって愛人と一緒に暮らしていることを知って傷つき、主人公たちのいる「つぐみ寮」に入ることにしたものの、更に様々な行き違いから主人公のことを恨み、すったもんだの挙句仲間入りしたと言う訳ですが・・・。

合わせ石の話とか、普通の美少女ゲームだと運命の再会とかそういうねたに使いそうなのにあの落ちには仰天しました。
それでも色々あって仲直りし、絆を深め、一緒に父親の愛人に会って話をしたり、一緒に劇をしたり・・・。

いや、ほかの女の子のお話もそうなんですがだれるって事がほとんどなかったように思います。うまく言えませんが文章も面白かったですし。
奈緒子のお話で「青い三角定規」なんて出た時には吹きましたよ、ええ。いったい何十年前のねただっつーの。

脇役も腹黒く卑劣な学園長とその腰巾着で小心者な教頭、主人公の(色事の)師匠である三田村隆史とその妹でとんでもなく騒々しい茜等濃い面々が揃っており、彼等の言動も見ていて飽きません・・・いや、本当に。

いや、月並みですが涙あり、笑いあり。真剣だけど深刻になりすぎず、最期には心地よい感動が待っている良作ですな。

2008/08/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(66%) 普通:12(10%) 悪い:28(24%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14009 ブラウザ: 3020(携帯)
まず最初に。感動しました!!つうか泣きました!!

〈良い点〉
・キャラ。どのキャラも個性豊かでとても楽しいです。どのキャラも好きになりました。悪キャラすら嫌いになれません。まぁ海己は評価が分かれるとは思いますが。
・ストーリー。やっててとても爽やかな気分になり、軽いノリでやれます。だけど、ストーリーが軽いのかと言われれば、適度に重く、適度に軽いです。ラストは感動します。
・歌。BGMはかなりお気に入りです。どれも場面にこれ以上なくハマってて、それだけじゃなく場を「盛り上げる」BGMでした。OPやED、挿入歌も同じです。違和感なんて微塵もありません。
・システム。ここまで至れり尽くせりだと他のゲームのシステムがかすんで見える。って位良いです。
・絵。これはもう満点以上に良いです。どのキャラも可愛いく、かっこよく描かれてます。
〈悪い点〉
特に見当たりません。〈総評〉
ホントに最高でした。是非プレイしてみて下さい。

2007/06/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(43%) 普通:101(19%) 悪い:194(37%)] / プロバイダ: 13137 ホスト:13214 ブラウザ: 5234
アニメの影響ではなく店舗特典のテレカが良かったので購入しました。

まあシナリオ、キャラ、音楽どれをとっても並程度です。
ただ珍しいかったのは立ち絵のキャラが口パクするのではなく、メッセージウィンドのキャラが口パクする点。
また名前もないサブキャラも多く登場するがちゃんと立ち絵が用意されているのは◎。
ヒロイン達のコスチュームバリエイションも結構豊富。
この作品は他のギャルゲーと違い会話中に選択肢はなく移動時に選択肢が表示されるだけなので目当てのヒロインに積極的にアプローチをかけていれば簡単に個別ルートになります。

その為ギャルゲー初心者にもオススメできます。

2007/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:99(60%) 普通:31(19%) 悪い:35(21%)] / プロバイダ: 7826 ホスト:7966 ブラウザ: 8261
「この青空に約束を―(以下こんにゃく)」PS2版プレイです。
原作PC版、ファンディスクFossette、アニメ版、漫画版など既読です。

何と言うのかな。
PS2版って、余程PC版との差別化のためにシナリオなどを追加しないと魅力が出ませんね。
こんにゃくは、エロゲー・オブ・ザイヤー2006で優勝した2006年の名作だと思っています。
ですが、Fateなどの他の移植作品のようにPS2版の魅力はあまり感じられませんでした。

【総プレイ時間】
スキップ多用のため、正確なデータ無し。

【良い点】
私的には、この作品の「約束」「友情」といったイメージが気にいっています。
別れが辛くなるからと仲良くなろうとしない凛奈を、その辛い別れへと巻き添えにしようとする航。
凛奈と寮生たちとの和解。そこからはじまるストーリー。
KOTOKOさんの唄と、神月社さんのムービーもとても素晴らしいです。

私的には、「allegretto〜そらときみ〜」、「Pieces」の2曲は名曲でないかと思っています。
「さよならのかわりに」も良い曲だと思いますが、約束の日でのバージョンでちょっと萎えました。

【悪い点】
なんというか、結局のところ「単純な移植」の枠を出ることが出来なかったと思います。
移植版への追加要素は正直期待はずれです。
追加のOPもRMGさんのものにしてはそれほど素晴らしいわけでもないですし。
あと、特典CDに収録された「小さなブリリアント」「太陽と海のメロディ」の二曲ですが、私の抱いていた「こんにゃく」という作品のイメージと大きくかけ離れたこの曲には失望どころか嫌悪感さえ覚えます。

あと、ショートストーリーも、Webドラマの再利用のフォセットのおまけシナリオの更なる再利用ですね。
ここは、奮発してフォセットでの結婚式とかをどうにかして入れて欲しかったところです。(無理かな。

【総合評価】
Alchemistでの移植で、ショコラ・パルフェの例やはにはにの例などもあったので、とても期待していました。
ですが、今回の移植は正直期待はずれでした。

PS2版からこの「こんにゃく」に触れる人には、この作品で感動を味わって欲しいと思います。
ですが、PC版でプレイした人には今一つも二つもパッとしないものかもしれません。
・・・やはり、PS2版だと画質悪いですし、色々と不便ですね。

評価は「とても良い」とします。(移植としてPC版と比較すると微妙ですがね。

この評価板に投稿する



2019/11/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8847 ホスト:8915 ブラウザ: 10415 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/楽しい/面白い/可愛い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさ最高に簡単

もっと見る
1. ネットでの作品の扱いについて by 斐川 竜斗
... ますし、人それぞれで良いかと。 僕もしばらく「なのは」手をつけるまで。 ジェネレーションオブカオスは知ってるけど、なのはは知らないって言う非常片寄った知識持ってましたし。 水樹菜々さん繋がりでw 実際今も種やファフナーやマジェプリは知ってるけど、リヴァイアスは知らないですし。 ギャルゲーならアニメ化されたリライトやこの青空約束をは知らない ...
記事日時:2016/08/08
2. 今日は松尾佳子さんの誕生日だったようです by Mr.KN
... 、ザンボットはスパロボ出演された際大山のぶ代さんと森功至さんが出演出来なかった中で唯一彼女が出演されていたのが印象深いところです。 他は「ARIA The ANIMATION」のグランマ、「銀河英雄伝説」のオルタンス夫人「美味しんぼ」の小泉編集局長夫人、「おらぁグズラだど」のスズ子、「クレヨンしんちゃん」の少年時代の山田ジョン、「この青空約束を― ようこそ ...
記事日時:2011/03/05
3. 本日は岡崎朋也とアルト役の中村悠一さんの誕生日です。 by カイネル・ドゥ・ラファティ
... ・エーカー__ガンダム00__楽しいキャラでした。2期でサムライを装っていたのは、家系によるものだったんですね〜。 岡崎朋也__アニメCLANNADシリーズ__風子編、ことみ編、渚への告白編、そしてアフター・・・。数多くの頑張りと成長、そして感動を見届させていただきました。CLANNADは人生!! 星野航__この青空約束を__おお ...
記事日時:2010/02/20 [表示省略記事有(読む)]
video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:この青空に約束を― 〜ようこそつぐみ寮へ〜 / 漫画:この青空に約束を― -melody of the sun and sea-
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ