[ゲーム]天地創造


てんちそうぞう / Terranigma
  • 考えさせられた
  • 勉強になった
  • 感動
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:天地創造 / 海外映画:天地創造
ゲーム総合点=平均点x評価数77位5,976作品中総合点110 / 偏差値82.54
ゲーム平均点54位945作品中平均点2.29=とても良い/48評価
1995年ゲーム総合点10位233作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.83(とても良い)6
ストーリー1.83(とても良い)6
キャラ・設定1.33(良い)6
映像1.33(良い)6
ゲーム性1.33(良い)6
難しさ0.33(普通)6
考えさせられた67%4人/6人中
勉強になった50%3人/6人中
感動50%3人/6人中
悲しい33%2人/6人中
美しい33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

闇と光の戦いの中で、一人の少年が世界を復活させるために旅立つ…。
壮大なストーリーと美しいグラフィックの中で繰り広げられるアクションRPG最高峰の天地創造のドラマ。
制作:クインテット

販売:エニックス ( 現:SQUARE ENIX )

日本 発売日:1995/10/20(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1発展率100%11号 2009/08/111,324文字
2裏技TCC 2012/05/03403文字
3小ネタ集遊戯 2014/04/01545文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www.rpgdl.org/sfc/creation.html
2. http://njoy.pekori.to/ten_top.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.square-enix.com/jp/archive/tenchisozou/
67,5345348
最近の閲覧数
3011003013
7人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/05/15 / 最終変更者:石鯉 / その他更新者: カトル / 提案者:ブラック (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2016/06/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1440(52%) 普通:703(25%) 悪い:628(23%)] / プロバイダ: 3991 ホスト:4011 ブラウザ: 8636
【良い点】
・シナリオ
冒険を通じて大地を創り、生物を創り、人と文化を創っていくことになりますが
その過程で、この世は残酷であり、進化が必ずしも正解ではないのでは?などプレイヤーに考えさせ
投げかけてくるエピソードをちょいちょいと挟み込んできたことが印象に残りました

・操作性
技については私はミドルスライサーしか使ってなかったし、豊富で用途の違うアクションを
使い分けるようなおもしろさこそありませんでしたが、操作感覚はかなり良かった

【悪い点】
・魔法
出番があまり必要なく、もっとスムーズに使用できるようにしないと用途するメリットは低いです。
なにより一番使いたいであろうボスバトルでは魔法は封印されて使用すらできないことすらままありました

・レベルバランス
たった1レベルの差でも難易度が大幅にかわりボスの強さは大きく上下します。
そのバランスはあまり褒められません

【総合評価】
アクションRPGとしては操作性もよくて遊びやすい良作。という程度なのですが、天地を創造する壮大なテーマと共に
世界に隠された謎を解き明かすシナリオ力があったことで、結果、名作といえる域にまで到達したゲームだといえます。

天地創造という大業な看板を掲げながらも、そのタイトルに負けないシナリオ力を高く評価して
総合では【とても良い】という評価をさせていただきます

2014/10/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:30(58%) 普通:11(21%) 悪い:11(21%)] / プロバイダ: 43980 ホスト:44052 ブラウザ: 4894
【良い点】
・壮大なストーリー
・BGM
・細かな設定

【悪い点】
・あえていうなら攻略本なしで進めるのか...?w

【総合評価】
ろくにRPGできない私がハマって意地で全クリした唯一の作品w
アーク自体もいいキャラで、レベル上がる時のアクションが好きで、レベル上がるのが楽しみだったり。
私は小さい頃に従兄弟がやってるのをずっとみてたので、朧げながら進め方は知っていましたが、全く知らない人がこれをプレイすると進めれるんだろうかと思うほど、難易度高いところがあると思うのですが...w
途中でボスとして出てくるブラッディマリー、ラスボス並みの難易度だと思うのは私だけではないはず...w

人が存在しない地球に一人放り出されて孤独...と思いきや、動植物と話せる!進めて人が復活したと思ったら動植物と話せなくなってる...これは切なかった。でも街を発展させたり、頼み事聞いたり、モブにいちいちキャラがついてたり、飽きないシステムでしたね。
進めていくうちに明らかになっていく自分の立ち位置、ラストも何とも言えない終わり方で。最初から最後まで最高でしたね。BGMもどれも大好きで、いまだに聴いてます。飽きない。
評価は文句なしの「最高!」です。

2014/03/03 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(59%) 普通:29(15%) 悪い:49(26%)] / プロバイダ: 4150 ホスト:4008 ブラウザ: 4695
【総プレイ時間】
1周

【良い点】
エンディング

【悪い点】
・壮大な事をやってるのは分かるんだけど、演出が弱く盛り上がらない
・戦闘アクションを1つか2つしか使わないので戦闘が恐ろしいほどに単調
・どう考えても意地悪としか思えないようなノーヒントの場所がいくつかある
私は攻略見たのでクリアできたけど、これのせいで理不尽にクリアできない人は少なからずいるように思える
・お使い多すぎ、、、

【総合評価】
最初のおどろおどろしいような世界のせいで作品にすんなり入っていけなかったって事もあると思うけど、心に響くような物があまりなかったのが残念

※追記
たしかエンディングが結構良かったよなあ
と思って改めて視聴してみたのですが思っていたよりずっと良かったですね
エンディングだけは全ゲーム中でも最高峰と思います
ただしやはり他の部分、とくにゲーム部分を考えると評価は悪くなってしまいますね、惜しい

2013/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 1422 ホスト:1243 ブラウザ: 5386
【総プレイ時間】
約27時間
【良い点】
壮大な冒険をしている気分になる世界観。2章は世界を復活させていくストーリー。
アークのアクションや操作性が良い。ジャンプし放題なARPGである。世界観と相まって心地よい。
観光してる気分になるボリュームのある街並み。五つの街は発展させれば、どんどんボリュームが増えていく。まあ、街は発展させれば単純にいいというものではなく、街で迷ったり、人間の愚かな行いが見られてくるので・・・。リッツの街は比較的マシな発展をしてくるから良いとしよう(問題は缶詰工場あたりが忙しくなったあたりか)。
ヒロインのエルが愛しい。彼女はアークのために服を織ってくれたり、アークが天地創造の使命に行く時の気づかいなどがたまらない。エルとアークは長い別れになって・・・。と言えば雰囲気は察してもらえるだろうか?
4章に分かれたストーリーで第1章はアークの故郷の人々を救う話、第2章は上の世界(現実の世界を模している地球)の生物を復活させていく話でいろいろ達成感があって気持ちいい。第3章は人類や街を発展させていく話だが、ここからはアークの行いがいいのか悪いのか迷うだろう。発展が必ずしもいいことではないとと感じてきた。第4章は黒幕を討ち取る話になり、いろいろ悲壮感が漂う話になってくる。エンディングの最後の一日の粋な演出にはホロリと来た・・・。
【悪い点】
魔法のリングと魔法のメダルの活躍が大して見込めない。終盤のボスの多くは魔法を封じてくるし・・・。骨のメダルはまだ使えるが・・・(効果はダンジョンの入り口に戻る)。
オーストラリア大陸、北極大陸あたりがボリューム不足に感じる。容量の都合だろうが・・・。
第3章以降に入手したヤリ・防具が活躍できる期間が短いもしくはないに等しいものが多いのでダンジョンを増やして欲しいと思う。第4章の冒頭で最強のヤリ・防具が入手できるからそう思ってしまう。
【総合評価】
学生時代の最後の楽しみとしてこのゲームにのめり込んだ。操作性が心地よいことの楽しさを味わえた。
このゲームはクインテット3部作の3番目にあたる作品であるが、どれも対象としている人の気色が異なると思う。
「ソウルブレイダー」は道徳的でゲーム初心者や小さい子にも勧められる
「ガイア幻想紀」はロマンティックでも暗い話が多いファンタジー
「天地創造」は壮大な目標に取り掛かるが、考えを改めていく創世記
天地創造は恐らくロウラン、シルバイン城、最後に訪れる町は小さい子にはトラウマになりそうな場所なので万人向きとは言えないと思う。中学生以上には是非お勧めしたいゲームである。

2013/06/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:485(66%) 普通:101(14%) 悪い:152(21%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 8726
確かに、SFCにしてはよく出来たゲームではあるけど、名作といえるほど面白いかというと微妙だった。
レベルが上がるたびに一瞬止まるのはややテンポ悪いし、ロープ渡りのところなど渡れるようになっている場所が分かりにくく、何度も落っこちてしまった。
個人的には、ソウルブレイダーの方が好きかな。
とはいえ、全体的にはまとまっていた印象で、さくさくと進めることが出来ました。

2012/03/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 24283 ホスト:24164 ブラウザ: 7263
それなりに面白いと思うが、周りがちょっと持ち上げすぎの感はアリ。
アクション性としては操作しやすいし、主人公の攻撃性能が高いので、ストレス無く進められると思う。
町を発展させられるというところも、面白い部分である。
ストーリーも少し捻った感じで良いんだが、別格とまではいかない。
昔プレイしたけど、最近再プレイするまで全く印象にのこっていなかったし…。(ストーリーがね)

自分としては全体評価で"良い"。
初めてプレイする人にとっても、ハードル低い状態でやったほうが良いんじゃないかな。

2012/03/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(80%) 普通:0(0%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 25614 ホスト:25502 ブラウザ: 11259
ED曲だけ聴いたそばからプレイ始めました。
結果的に後悔してません。
ストーリ上所々疑問は残るのですが、それらすべて打ち消すほど音楽とエンディングの出来がよかったですね。
特に最後の一日からエンディングに続く演出は素晴らしいとしか言いようがありません。

欲を言えば、もう少し丁寧な解説や説明があってもよかったんじゃないかな。ウィキを見て分かったことですが、アスタリカ祭壇のイベントがまさか前生のそれだったとは。。
いまだ様々な謎が頭を離れません。

ただし、ARPGとしては微妙。存在感のない魔法や(ボス戦で使えないのはないわ。。)、強要まがいのレベル上げとか(まともに進めてきたらボスが倒せない。。)

まぁ、俺はED目当てでプレイしたからいいや(笑)

2011/08/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(62%) 普通:1(6%) 悪い:5(31%)] / プロバイダ: 29612 ホスト:29820 ブラウザ: 7865
【良い点】
音楽・ストーリー・グラフィック

【悪い点】
やりこみ要素が少なかった気がします。

【総合評価】
世が初代プレイステーションの登場に沸いていたころに、幸運にもこの作品に出会えました。
まず、他作品との大きな違いとして挙げられるのは「メインキャラ1人でやり遂げる」
という一貫した方針のもとにプロローグからエンディングまでが成立している点です。
この時代のゲームといえば、様々な技や魔法、個性を持った数人のパーティが
巨大な悪を倒すというものが多く、確かにその方がプレイヤーも飽きることなく楽しめると思います。
しかし、本作においては、「一人であること」が大きな意味を持ちました。
エンディングを迎えるまでに、主人公とそれを操るプレイヤーは
様々な感動、不条理、葛藤、悲しみのエピソードと相対しますが、
それら全てを一人で解決する(大きく影響を与えるサブメンバーは皆無の状態)ことで、
より主観的な視点から個々のエピソードについて考えることが出来たのではないでしょうか。
また、一人で戦った末のあのエンディングだからこそ、悲しみと少しの希望を胸に抱いて
クリア後に本体スイッチを切ることが出来たのだと思います。
壮大な音楽や景色に包まれながらも、ちょっと心細い気持ちでプレイした記憶が今でも
思い出されます。本当の意味で主人公とともに旅が出来たと実感できた稀有な作品でした。

音楽やグラフィックなどを加味して、総合的な仕上がりはまさに「圧巻」の一言。
後世に伝えて欲しい、珠玉の一本です。

2011/02/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(86%) 普通:1(14%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 31829 ホスト:31773 ブラウザ: 10828
【良い点】
地球の復興という壮大なストーリー
最高に切ないラスト
訓戒に満ちたセリフの数々

【総合評価】
好きなゲームとして自分が真っ先に挙げるのがこのゲーム。
自分はガイア幻想記で世界遺産に興味をもち思い入れも深いのだが、本作はそれ以上に何度となくクリアーした。
全ては最後のエンディングに結実する。
本当に切なくて深い。
スタッフさんにはありがとうと言いたいです。

2010/06/29 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 18003 ホスト:17729 ブラウザ: 2141(携帯)
SFCのARPGは数あれど、ことに操作性の面でいえばこのゲームに敵うものはそうそう無い。意外と少ない「ジャンプ」機能をはじめとする多彩なアクションと快適なキーレスポンスのおかげで、操作していてとにかく気持ちがいい。
とはいえARPGとして問題が無いわけではない。レベルによる主人公の攻撃力の差が極端に大きいのだ。おかげてサクサク進めていると雑魚相手にもほとんどダメージが通らないこともあれば、少し鍛えただけでボスですら打撃数発で沈んでしまうことも。他にもダッシュ攻撃が強すぎるだとか、ガードの存在意義が薄いだとか、欠点が無いわけではないが、少なくともアクション面はとても完成度の高い仕上がりになっており、アクションと呼べるのかも疑わしいエセARPGも多いSFCにおいては間違いなく優等生な出来と言える。
シナリオ面ではメインストーリーの完成度もさることながら、本筋と関係の無いサブイベントのボリュームに恐れいった。
多少フラグ立てがややこしいが、主人公の行動によってどんどん町が発展していくのは単純に面白く、世界中を回るのも苦にならない。発展形態は一種類で周回プレイで差が出るわけではないが、容量と作品メインテーマを考えるとこれで良かったのだろう。欲を言えば少しくらいは町の発展が本筋に関わって欲しかったが。
不満点が無い訳ではないが、総じて高水準にまとまった良作ARPGと言える。ARPG好きなら是非プレイして欲しい一本。

2009/07/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6105 ホスト:5844 ブラウザ: 9573
【総プレイ時間】25時間ほど

ラスボスが弱すぎる、お使いゲーム。

音楽が神。ストーリーも泣かせる。

ちょっと作りこみが甘いかな。

2009/04/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 846 ホスト:751 ブラウザ: 9572
世界一ストーリーの良いゲーム。音楽も最高。ジブリにでも映画化して欲しいくらいです。

2009/02/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(45%) 普通:8(16%) 悪い:20(39%)] / プロバイダ: 29826 ホスト:29912 ブラウザ: 4926
【総プレイ時間】
30時間くらい

【良い点】
・感動的なストーリー
・ちゃんとアクション要素を取り込んだA・RPGであること
・美麗な2Dドット絵
・BGMが素晴し過ぎる

【悪い点】
・終盤の展開が性急過ぎてついていけない所
・ダッシュ斬りが万能過ぎて、やや戦闘が単調になるところ
・謎解きがちょっとわかりづらい箇所がある

【総合評価】
ゲーム性は普通LVですが、ストーリーがいいです EDには思わず目が潤みました
やや曖昧な表現が多くて分りづらいですが、各々自由に解釈できるように
敢て曖昧にしたともとれます
それからBGMが名曲だらけで思わずサントラが欲しくなりました
ストーリーとBGMだけでも充分最高の評価に値する名作だと思います

2008/12/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 28102 ホスト:28316 ブラウザ: 3646
クロノ・VP・聖剣・FF7・サガ・ドラクエ・ゼノギアス・サガフロ1〜2・ルドラ・バハムートラグーン・ゼルダ・など他にも名作と謳われたRPGをやってきましたが

これだけは別格です、以前からかなりの名作だとはきいていましたが

『天地創造』←このタイトルが恐らくRPGと直結し難く食指が伸びにくいのでしょう。

お陰で今更ながらにプレイしたのですが、自分の中でのゲームランキングが崩れ去りました。

もうダントツで1番です。
ゲームとしての楽しみを味わえるゲームも好きですが
僕はやはりRPG足る物、物語とメッセージ性を求める方なので『LIVEALIVE』も好きです、が残念ながらこちらは2位
天地創造はRPGとしてケチのつけようが無い。ボロはあるがそれを帳消しにする程でした。
今現在のグラフィック重視の状態は嫌いです、ユーザーの考える余地が無いからですね。
『想像の余地』を残してくれているゲームは今現在どれ位あるのでしょうか。

クインテットのスタッフには感謝の気持ちを伝えざるをえません。このような素晴らしいゲーム
を造ってくれて有り難う御座います。BGMの使い方も絶妙でした

[推薦数:1] 2008/11/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:239(58%) 普通:50(12%) 悪い:122(30%)] / プロバイダ: 3381 ホスト:3384 ブラウザ: 8090
本作の文明発展のイベントだがこれはかなりよくできてると思う。
大抵はどちらか片方のみが重視される傾向にあるのだが本作の場合はそうなってはいない。
まあ,確かに,文明を発展させた方が手に入るアイテムや見られるイベントは多くなるし,町を発展させていくことによる楽しみを得られる等と言った部分も大きかったりはする。
しかしながら,発展させない方も発展させない方でこちらでしか聞くことのできない台詞や見ることのできない側面がある等と言った利点があったりもするわけなのだ(ちなみに,筆者はルイに投票した口)。
そして何より,文明の発展のためにはある程度の犠牲も払わねばならなかったりする。
文明発展は楽しいものの,そこにあるのは後味の良さばかりと言うわけにはいかないのである(そう言えば,ガイアでも赤い宝石コンプのためにはある程度の悪行にも走らなければならなかった様な気が)。

この様にして,本作はそれぞれの文明の良し悪しと言うものを描いている。
これを通して製作者側が伝えたかったもの…,それは「文明の両面性」などと言ったものなのではないだろうか。

ちなみに,この両面性と言うのは前文明の存在にも対応させることができる様な気がする。
と言うのも,非常に大きな発展を遂げたこの文明も結局はベルーガの手によって滅ぼされると言った道筋を歩むこととなる。
しかしながら,その一方でこのベルーガの存在によって得られた功績と言うのも非常に大きなものだったりもするわけなのである。
そう考えると,やつは文明の生み出した正の遺産でもあり負の遺産でもある存在,要するに文明の両面性の象徴であると言っても過言ではない様な気がする。
あの文明の滅亡にもこう言った両面性に対する認識の甘さが起因していたのではないだろうかな(こう言うのは現実世界においても例外ではない様な気がするのだが)。

まあ,そんなベルーガだったけれどこいつも最終的にはあっけなくも悲惨な最期(このシーンも幼少期に触れたらトラウマになりそうだけど)を遂げることとなる。
その言動等々から考慮すると,やつが身を滅ぼした原因としては完全性のみを追い求めた結果己の不完全さに気付くことができなくなっていたことが挙げられるだろうと思えるし,それにこう言った部分は前文明が滅びたことにも共通している様な気がするのである。
そう考えると,ダークガイアがアークによって倒されることとなったのも至極当然なのではないだろうか。
闇の部分のみを追い求めていた存在が光と闇との2つの力を手にした存在(そう言えば,地裏のアークと地表のアークとで言葉遣いも違っていたけど,こう言うのも光と闇の側面を表していた部分だったのだろうか)によって倒されるわけなのだ。
両面性と言うものを考慮しながら本作を見て行った結果,こいつの敗北に対してもかくあるべしと思わされた次第なのだよね(とか言いつつもこいつには大分苦労させられた。ブラッディマリーには大して苦労はしなかったけど)。

それから,最後のアークの姿に関しても決して不幸であるとは思っていない。
確かに,相手のいい様に使われ続けた挙句のあれと言うのは悲劇的であったと言っても違わないだろう。
しかしながら,エンディングから最後の「THE END」の文字までの流れにはある種の救いと言うのも感じ取ることができたし(ちなみに,最後のクリスタルホルムの一日もその後どうなるのかを意識した台詞が多かったために,中々上手い演出だなと思えたりして),それに彼の行動によって周りがどうなったのか等を考慮するとこの話も単なる悲劇とはまた違ったものの様に思えたわけなのだよね。
不幸な話は時に幸福な話以上に人の心を動かすと言った例があるけれど,本作の場合にもこの例が適応できるのではないだろうかな。

確かに,今の文明のやっていること,そしてそれが今までやって来たことが本当に正しかったのかは分からない。
第一,一通りで纏め上げられる程文明は単純な作りをしてはいない。
ただ,それをより良くしていくためにはその両面性と言った物を踏まえ,そして色々な側面から文明を見つめていく必要はあるだろうと思う。
本作に込められたメッセージを纏めてみると大体こんなところなんじゃないだろうかな。

…とまあ,ストーリー中心に色々と語ってはきたけれど,肝心のARPGとしての出来栄えも中々良かったろうと思う。
攻撃パターンそのものは決して多いわけではないが,状況によってその種類を使い分けると言った一種の戦略性だとかパターンが少ないからこそのやり易さ等と言ったものがそれを上手く補っていた様な印象を受けたからだ。
かなり感動的に映った本作のストーリーではあるのだが,それも上記のARPGとしての良さがあったからこそと言うのを一言申し上げておきたい。

ただ,その一方で色々と荒削りな部分が見られたのも否定できない。
王殺しの部分や第4章のストーリー等やや急展開気味となっていたところも決して少なくはなく,また他の方も仰られている通り時間の流れ方に関して不自然に感じられた部分(ライムが成長して出てくるところとか)も何箇所か存在していたわけだから(こう言うのはドラクエ7の過去世界なんかにも共通するところかな)。
その他,やや個人的な話となるが(容量の都合とは言え)現実の世界地図をモデルとしてはいながらも,目立った施設も何もない様な(あってもプライムブルーが置いてあったりするだけだとか)地域が多数見られたのも残念な部分の一つではあった。

そんなわけで,まあ上記の様な欠点を挙げつつも本作に対する思い入れさえ非常に強ければ「最高!」と評価しているところではある。
しかしながら,そこまで印象に残ったのかと言うと少々きついところがあるし,個人的にはガイアの方が好きかなと言った部分も大きかったりはするため評価は「とても良い」とさせていただきたい。

<余談>
ネオトキオが壊滅していくシーンを見て悲しい思いをしたのは私だけではないだろうと思う。
クインテットビルを見つけた時には「いいノリだね〜」とか思えたのだけれど,後にまさかあんなイベントが待ち受けていようとはな。
クインテットめぇ!!(笑)

もっと読む

「プレイ前は、物語の世界観が壮大で重い感じがし、小難しい印象がありましたが、実際にプレイしてみると、軽...」 by シャル


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/07/26 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 9414 ホスト:9600 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/びっくり/考えさせられた/勉強になった/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ普通

もっと見る
1. 銀河英雄伝説のエピソード順位 by 凸立
... :交響曲第1番 第3楽章〕 思索するユリアン〔ハイドン:交響曲第94番 第1楽章〕 イゼルローンの新年〔ポンキエッリ:「時の踊り」〕 激動の年が明ける〔ヘンデル:「王宮の花火の音楽」メヌエット?〕 帝国との戦争について考察するユリアン〔ハイドン:交響曲第99番 第2楽章〕 ユリアンとカリンの会話〔ハイドン:オラトリオ「天地創造」第3部 ...
記事日時:2016/12/18
2. 『世界妖怪図鑑』が復刻 by はんぶらび
... 地獄の辞典』も、紹介します。 地獄の辞典 (講談社プラスアルファ文庫) =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 『世界妖怪図鑑』の復刻を記念して、もし天地創造の時代に2 ...
記事日時:2016/05/29
3. 冬アニメ中間の感想 by 名もなき詩人
... の世代って枠がこの作品ってキャラ付けになってて、それで濃い設定を生かした初登場になってる。きせきの世代だけでかなり上手い。ここに主人公は6人目だった。これで王手かけてるわ。きせの転入が伏線になっていたとはやられた。結局私がファンタジーだけに設定が有るわけじゃないって言ってるのはこういうのがある。物語って天地創造から出来るわけじゃ ...
記事日時:2015/01/19
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:天地創造 / 海外映画:天地創造
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ