[ゲーム]提督の決断Ⅲ


ていとくのけつだんすりー / Teitoku no ketsudann 3
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数3,155位6,126作品中総合点2 / 偏差値48.10
1999年ゲーム総合点140位262作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

WAR - SLGは今、至高の域へ。

・ 海戦の要 " 艦隊決戦 " 。海上 ・ 海中 ・ 空の三層で迫力の立体バトルが展開する。
・戦った海戦は、戦史として記録される。オリジナルの提督の他、艦船の改装や新型艦船 ・ 新型航空機の設計も可能。
製作:光栄 ( KOEI ) ( 現:コーエー )

プロデューサー:シブサワ・コウ
イメージデザイン:生頼範義
日本 発売日:1999/04/01(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ピンポイント攻略情報TCC 2013/11/091,589文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://www.gamecity.ne.jp/products/products/ee/Rltei3.htm
12,11522
最近の閲覧数
1031122303
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/21 / 最終変更者:永田 / その他更新者: カトル / 提案者:近衛直樹 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/04/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(53%) 普通:1(7%) 悪い:6(40%)] / プロバイダ: 55488 ホスト:55575 ブラウザ: 5291
仮想戦記のように実際の歴史的背景とは無関係にゲームを楽しみたい人にはぴったりです。シミュレーション戦争ゲームがボードでの対人対戦ゲームだった頃とは違い歴史改変が超簡単なヌルゲーですが需要にはマッチしていましたね。操作性が面倒かもしれませんがルールブックの日本語訳がいい加減で自分で辞書と格闘した頃と比べれば・・・

欠点としては実際の艦船建造期間の三分の一程度の期間で新型艦が作れるんですが初期戦力の日本軍でも米軍に勝ててしまうので新型艦や新型機を活躍させたい場合、意図的に手加減する必要があることでしょう。
米軍でやる場合だと航空機生産を相当控えないと新型機投入前に終わってしまいます。

歴史改変で俺ツエーを味わいたい人には丁度いいぐらいのゲームバランスで楽しめると思います。日米戦力差もあるように見えて大差ないから自力で勝った気分にさせてくれるという面ではいいゲームです。作戦次第で日本がアメリカに勝てたんじゃないかと思わせるのはあまりいいこととは思えませんが。
ある程度的戦力を撃破してしまうと敵が途中から自滅艦隊を送り込んでくる為(艦船を建造するなり小艦隊を次々と投入してきます)シミュレーションとしても楽しめるのはせいぜい中盤前くらいなので評価は「悪い」です。
将棋なんかは対人レベルに近いものができてるのでいつか対人対戦ゲーム並みのゲームが出てきて欲しいですね。

2006/09/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 2750 ホスト:2546 ブラウザ: 4184
(総評)
「『提督』の決断」というブランド名のゲームであるけれど、予想に反して、技術開発、生産、陸海空全ての戦闘、外交をも指揮できる総合的なWWⅡシミュレーションです。
WWⅡシミュレーションでやりたいと思うことは殆ど全てが出来、登場兵器もかなり充実した素晴しいSLGです。
あと、音楽もかなりいいです。

(残念だった点)
・マップがニューデリー〜サンフランシスコまでしかない。
・2式大艇、晴嵐、強風、零観、蒼空、百式司偵Ⅲ型改戦闘機、キ74、キ77、キ87のような、マニアックだがファンの多い機体がなか った。
・敵機来襲毎に何機直援にあげるか決められない。
∴ex.直援率25%にすると、偵察機が一機来ただけで、何十機も戦闘機が離陸し、100機爆撃機が来ても、75%の戦闘機は地上で遊ん でいると怪現象がおきる。で、しかも、離陸した戦闘機は、しばらく、次の戦闘に参加できないので、少数機で、来襲→直援機を漸減→別航空隊が大編隊で来襲という戦法を取ると、どんなに戦闘機が配備されていても、防空力戦力が無力化出来てしまう。
・基地設置のレーダーの概念がない。
・航空学校、搭乗員養成の概念がない。
・工業地帯への攻撃という概念がない。∴戦略爆撃が殆ど意味を持たない。
・輸送機の概念がない。
・輸送艦隊が編成できない。
・1国に艦隊が10個までしかない。
・艦船を200隻以上生産できない。
・基地に自分の好きなように砲台を配置できない。
・航空戦艦、航空巡洋艦が新設計できない。
・潜水空母の概念がない。
・「20種の戦車が用意」とか謳っているのに、戦車が一切出てこない。
・一機でも、航空機がいると、そのエリアに他の航空機が入れない。
・艦隊に32隻までしかは入れない。
・イタリア、フランスの存在意義が皆無。
・自分のオリジナル機が新たに設計できない。
・高高度戦闘機じゃないと、戦略爆撃機を迎撃できないと説明書に書いてあるのに、出来る。
・AIがバカすぎる。
・アメリカの生産力が低い。

(オススメ)
ただ、操作がすさまじく複雑なので、軽〜い気持ちでやってみたいという人には激しくオススメできません。
相当な大戦マニアでないと、操作を覚える前に、いやになってしまうと思います。
逆に、マニアにとってはものすごく楽しめるゲームです。たぶん、僕が人生で一番長い時間プレーしたゲームじゃないかと思います。

この評価板に投稿する




1. "プレイステーション ゲームソフト史" by 陣兵
... ハザード2」、 「スペクトラルタワー2」、「忠臣蔵 検証赤穂事件」、「ビーバス&バットヘッド ヴァーチャル・アホ症候群」、「ボンバーマンワールド」、 「バックガイナー 覚醒編」、「バックルアップ!」、「NBAパワーダンカーズ3」、「NOON」、 「Blaze〜Eternal Quest〜」、「スノーブレイク」、「バストムーブ」、「R-TYPES」、 「エクサレギウス」、「提督決断 withパワーアップキット ...
記事日時:2010/11/20 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ