[ゲーム]テイルズ オブ エターニア


Tales of Eternia
  • 面白い
  • 楽しい
  • 格好良い
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:テイルズ オブ エターニア / 漫画:テイルズ オブ エターニア
ゲーム総合点=平均点x評価数43位6,027作品中総合点170 / 偏差値101.96
ゲーム平均点490位950作品中平均点1.28=良い/133評価
2000年ゲーム総合点2位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ゲーム性1.88(とても良い)8
ストーリー1.50(とても良い)8
音楽1.00(良い)8
キャラ・設定0.62(良い)8
映像0.38(普通)8
難しさ0.50(難しい)8
面白い62%5人/8人中
楽しい50%4人/8人中
格好良い50%4人/8人中
ロマンチックな気分38%3人/8人中
可笑しく笑える38%3人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

豊かな自然に溢れ、心優しい人々が暮らす平和な世界インフェリア。
【 クレーメル 】 という名の不思議な力が様々な物理現象をつかさどるこの地の片隅で、
狩人の少年リッドは幼なじみの少女ファラと、静かに空を見上げていた。
確かにそこに存在するのに、決してとどかない世界。そこにはどんな人がいて、どんなことを考えているのだろう。
あの大地に僕らが立つことはないのだろうか、永遠に…
製作:ナムコ (現:バンダイナムコゲームス )
キャラクターデザイン:いのまたむつみ
機種:PS PSP

日本 発売日:2000/11/30(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1称号「さいそくのおとこ」入手方法徹底攻略エスパー 2005/08/272,220文字
2ミニゲームの「ウィス」で楽に勝つ方法赤い水性のシャア 2008/05/21304文字
3隠し晶霊術「ブルーアース」の出し方バリ 2008/07/242,029文字
4小ネタ集遊戯 2014/04/01670文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www.game-de.com/toe/index.htm

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/talesofeternia/index.php
オープニング動画 (1個)
Flying
歌:GARNET CROW [ファン登録]
110,542175133
最近の閲覧数
2137343111
4人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/10/23 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: カジマさん / 孔明 / サミアド / カトル / / altema / TCC / カシオペア / 提案者:エスパー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:1(50%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5066 ホスト:5052 ブラウザ: 10172
PS時代スターオーシャン2をプレイしていてふと友人がお勧めしてきたことからこのゲームを始めるきっかけとなりました
多彩な料理、技、感情豊かな精霊達と感情移入出来る作品でした。ビジュアルの素晴らしさやムービーの豪華さは言うに及ばず、キャラクターもしっかり立っていてぐいぐい物語りに引き込まれる。相変わらずアクティブ的な戦闘シーンも戦術的でやりがいあります。いい出来だと思います。

[推薦数:1] 2018/03/25 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 51506 ホスト:51326 ブラウザ: 8784
やはり再評価することにしました(内容は以前の内容を少し編集しただけです)

<良い点>

ストーリーは王道ですが、そこそこ良かったですね(60点/100点くらいにはなる程度のそこそこ面白いレベルだが)

<悪い点>

しかし、自分はこの本シリーズはこの本作品が初プレイで1番最初にプレイしたんですが、「超最悪」という感想です(PSP版プレイ)

友達から借りずに、自分で購入してプレイしたシリーズ作品だと、「アビス」「シンフォニア」「ラタトスク」「デスティニー(PS2)」「ハーツR」、
「ヴェスペリア」「グレイセスf」「エクシリア」「エクシリア2」「ベルセリア」とプレイして、これらの全作品は普通に面白かったものの、唯一例外で全く楽しめなかったのがこの本作品でした

上記で挙げた計10作品に関して言うと、普通に面白く、それがきっかけでこの本シリーズがRPGで1番大好きなシリーズとなったのですけど、
1番最初にプレイしたこの本作品だけが、やはり自分としては全く面白くなかったです

自分で言うのも変ですがw、上記らの作品が全て楽しめて本作品だけが全く楽しめなかったという人間は、おそらく世界中で自分だけなのではないかと思うほどですねw

この本作品には個人的に超不満な部分があり、それは...「戦闘、システム面が超最悪」という点です

まず、本作品で特に超ウザいと感じた点は、「ゲームバランスが尋常じゃないほど超最悪」という点で、本作品の敵の強さは、ハッキリ言って異常です(他の方も仰られてますが)

ボスは勿論めちゃめちゃ超強いんですが、それ並に雑魚がめちゃめちゃ超強く、最悪の場合、雑魚戦で全滅することが超多いです(ゲームバランスが完全に超崩壊してる有様)

例えば、シナリオ中盤では、氷の精霊と契約するために、氷の山を登山するのですが、ボス戦前までは基本戦闘から逃走し、
ボス戦終了後には完全回復するので、下山する際に始めて雑魚とまともに戦うということをしました

ですが、実際この流れをしてみると、こんな現象が発生しました

「1度も雑魚と戦闘せずに、ボスと交戦する」→「ボスを何とか撃破する」→「ボス戦後の仕様で完全回復はしたが、ボス戦で回復アイテム等は完全に尽きた」
→「直後の雑魚戦で即味方が全滅」という現象で、「イヤイヤ、コレぜってー制作陣はテストプレイしてないだろ...(゜д゜)」というのが、本作品をプレイして感じた感想ですね
このように、明らかに敵の強さのゲームバランスがめちゃめちゃ超悪く、他の場所での雑魚も同じことが言えるんですが、本作品のゲームバランスは異常に超悪過ぎです

前作「デスティニー(ただし、PS2版をプレイ)」なんか、レベル上げをする際は非常に面倒なので、各キャラをオート操作にしてそのまま放置しても、割と結構平気でしたが、
その次回作の本作品では、まず各キャラをオート操作にして、そのまま放置してると、まず雑魚戦の連戦で確実に死亡します
敵の攻撃力が尋常じゃないほど高く、反して味方キャラのHPが異常に超低いので、基本ボスと交戦するよりも、雑魚と連戦する方が遥かに厳しいです(明らかにゲームバランスが超狂ってるRPG)

仮に、味方全員を全オート操作にして、戦闘後全員が無事生存した場合ならば、「あぁ、俺が下手なだけなんだな...」と思えますが、
実際はオートにした方がますます速攻で壊滅する始末なので、こういうところがホント超ムカつきますね(味方キャラなんか放置してるだけで超速攻で死ぬ)

後年の作品ですけど、「いのまたテイルズ(本作品も同様)」ですが、「グレイセスf」も本作品ほどじゃないですけど、ゲームバランスが超酷く、
特に、PS3版追加シナリオのラスボス、フォドラクイーンの超キチガイっぷりの強さには絶句しました
しかし、この上作品はRPGにおける他の要素がほぼ完璧に近い感じですので、まだ許容範囲ながら、この本作品はやはり超古い作品ですので、クオリティーが全体的に超低く、
最早許容範囲を完全に超えてますね(他の面で補えてるなら許せるが、全く補えてない)

また、本シリーズは作品にもよりますが、TPという他のRPGで言うMPを採用してますが、まず作中ではその回復手段が少なく、
基本的には、「宿屋で休む」「回復アイテムを使用する」「料理」しかありません

戦闘終了後に多少TPは回復しますが、以後のシリーズのように、通常攻撃をしただけでTPが回復するという仕様はないので、
各種スキルの消費TPも異常に高い関係上、普通にプレイすると、まず速攻でTPが尽きます(だから、アイテムを使用しない限りは、通常攻撃しか出来なくなるので、戦闘が全く面白くない)
最悪の場合、TPが超高速で減少して行く状態異常もありますし、このようなシステムはホント超最悪でしたね(術技が超使い辛い戦闘)

本作品が取り入れてるシステムの1つとしては、「どこでも休めて、セーブも出来る」というシステムで、
基本的に、ワールドマップではどこでもテントで休むことが出来、ダンジョン探索してる際にも休憩所があり、そこでパーティーキャラのHPを全回復させることが出来ます

ですが、なぜか肝心のTPの方は回復せず、上記で挙げた方法以外では、TPを回復させる手段がないので、実際にプレイしてみると、めちゃめちゃ超プレイし辛いです
むしろ、回復させたいのはHPではなくTPの方なのに、なぜかこのような仕様なんですから、最悪以外何者でもないシステムでしたね

また、前作も同じくそうだったんですが、本作品でもダンジョン探索が異常にし辛く、「エンカウント率が超めちゃめちゃ高い」という超絶鬼エンカウント仕様で、
普通にダンジョン探索すると、超ストレスが溜まります(おまけに、雑魚が尋常じゃないほど超強い)
前作同様、戦闘から容易に逃走することが出来ない作品なので、1度のエンカウントがめちゃめちゃ超苦痛ですし、このような部分が酷く欠陥過ぎるので、そこが物凄く嫌でした

さらに、他のシステム面でも酷く最悪な面がありまして、例えば、「物価が異常に超高過ぎる」というのがまず考えられます

本作品は比較的金は貯まりやすい作品なのですが、肝心の物価が異常に超高過ぎるので、実際にプレイすると、戦闘での獲得戦利金が多い割に、さほど所持金は貯まりません

例えば、回復アイテムなんかが物凄く良い例ですし、装備品等が高いのは、他の作品でもよくありがちなのでまだ分かりますが、本作品は1つの回復アイテムの値段が異常に超高過ぎです

「HPを30%回復するアップルグミが100なのに、HPを60%回復するレモングミが2500」「TPを30%回復するオレンジグミが200なのに、TPを60%回復するパイングミが3000」が良い例でしょう

宿屋の値段なんか、シナリオ後半以降では、急に1泊数千円単位で宿賃が跳ね上がる仕様で、このような仕様にする意味が分かりません(「馬鹿じゃねーの?」ってプレイしていて心底思う)

そして、上記では、「戦闘がめちゃめちゃ超つまらない」と冒頭でも述べましたが、そのつまらなさは超異常ですね

「敵が尋常じゃないほど超強い」とか、「TPが速攻で尽きやすい」とか、そういうのは勿論なんですが、根本的に操作が超し辛く(操作性が超最悪)、
前作の戦闘(ただし、PS2版)は全然そんな感じではなく、プレイしやすかったんですが、この本作品の戦闘は動きが異常にカクカクし過ぎていて、超めちゃめちゃ戦い辛いです(全く快適じゃない)
プレイしていても爽快感が全くない爽快感ゼロのアクション戦闘システムで、「「テイルズ」をやっている気がしないRPG」という感想です(RPGとして終わってる)

自分はPSP版の移植の方をプレイしたんですけど、容量が結構入るPSP版でこのようなカクカク現象が発生するということは、
アクション戦闘の際、機種にかかる負荷が非常に大きいということですし、この本シリーズに関して言うと、データ処理などを考えるからに、PSで制作するのには向いてないシリーズでしたね

実際、「聖剣伝説」シリーズでも、「聖剣伝説3」ではあれほど爽快感がある快適な戦闘システムだったのに対し、SFCからPSに移行して、「聖剣伝説 Legend of Mana」となると、
戦闘システムが超絶劣化して全く面白くなくなり(爽快感皆無のアクション戦闘になる)、こう考えると、「PSはRPGでアクション戦闘するのに向いてない」という感想になりますね

本作品、「聖剣伝説 Legend of Mana」同様に、爽快感皆無で超最悪な戦闘システムで全く面白くない上にゲームバランスも超最悪で、単純に考えて、PSという機種でアクションは向いてません

PS2以降の機種では容量的に余裕があるので、快適なアクション戦闘が出来るのですが、PSのスペックを考えるからに、明らかにこのシリーズは不向きです(攻撃演出とかも超ショボいし)

味方キャラのAIに関しても酷く超馬鹿な思考ですし、例えば、回復役に回復スキルを命令しても、なぜか敵から離れて使用しようとせず、
ただその場で回復スキルの詠唱する始末で、流石に馬鹿にもほどがあります(で、詠唱中に敵の妨害を受け、結局そのキャラは死亡する始末(笑))
詠唱に関しても酷く長時間かかり、あまりにもその動作処理が超遅過ぎてめちゃめちゃ扱い辛いですし、
例えば、全体回復のナースのスキルとかが良い例ですけど、処理にめちゃめちゃ時間がかかるので、超使い辛いです(だから、PSで制作するのに向いてないRPGシリーズ)

本作品の雑魚戦で特に頻繁に見られた光景は、「大量の雑魚にフルボッコされる」という展開で、下手をすればボス1体と交戦するよりも、
このように雑魚と連戦したり、大量の雑魚に袋叩きにされる方が、余程全滅の危険性が高いです

それほど、酷くゲームバランスが超崩壊してましたし、元々本シリーズでは、所持出来る回復アイテムに所持制限が大きくかけられてますが、
1つの回復アイテムが15個程度は流石に少な過ぎです(簡単な難易度ならともかく)

特に、蘇生アイテムのライフボトルなんか、本作品のゲームバランスを考えるに、明らかに15個じゃ少ないですし、
敵が尋常じゃないほど超強いのに、各種回復アイテムは15個程度しか所持出来ない関係上、この本作品のシステム面に関しては、評価の仕様がありません
単純に考えて、難易度設定出来るにも関わらず、1番最低な難易度(ノーマル)でこの有様なんですから、だったら、難易度設定出来る意味がありません

「戦闘中は4秒毎に最大HPの1/16のダメージを受ける毒」「戦闘中は4秒毎にTPが30減る衰弱」「攻撃を受けると、最大HPの1/2ダメージを受ける凍結」など、状態異常の超ウザさも最悪です

また、何気に本作品で超ウザかったのは、「次に再開したら、ロードポイントから再開される」というシステムで、一見聞こえは良いですが、実際は超最悪でした

例えば、シナリオ後半では、すごろくゲームをするダンジョンがあるのですが、あのダンジョンは途中で中断してしまうと、次に再開した際は問答無用でスタート地点に戻されます

あのゲームはゴールの条件が厳しく、ゴール直前で都合の悪い目が出たら、リセットして再プレイしようと思ったんですが、結局スタート地点まで戻される始末で、真面目に最悪でしたね
本作品は基本どこでもセーブ出来る仕様なんですが、所々でセーブしてしまうと、敵が異常に強過ぎて最悪の場合、ゲーム進行不可とかもあり得るので、
敢えて、ロードポイントを設ける仕様にしたんですが、だったら、敵の強さをもっと調整すれば良いだけのことですし、このようなシステムにした意味が分かりません
単純に考えて、どこでもセーブ出来ても、次に再開した際にはロードポイントに戻されるのであれば、だったら、そのロードポイントをセーブポイントにすれば良いだけのハナシです

さらに、装備品等を購入する際、基本的にその装備品がどれほど装備者に影響を与えるのかどうかも分からない仕様なので、コレも超酷かったですね(00年発売のくせに、この超低クオリティー)

例えば、あるキャラAのために、ある武器Bを購入するとしても、そのBを装備してどれくらいAのステータスが変化するのかというのが分かりません
つまり、まず1度メニュー画面からイチイチ装備品の基本ステータスを確認して、その後販売されている装備品のステータスを確認しなければならないので、めちゃめちゃ面倒です
PSの作品とは言え、いくら何でも酷過ぎます(SFCならともかく)し、その装備品が装備者に与えるステータス状況が購入時点では全く分からないので、この仕様も最悪でした

このように、システム面では超最悪以外何者でもない本作品ですが、悪い意味で酷くゲームバランスが超悪いので、そこが最悪ですね(戦闘のダメージ計算方式が明らかにおかしい)
雑魚戦での獲得経験値もめちゃめちゃ少ないので、レベル自体も上がりにくいですし、そういうのを全く考えてない作品でした

また、コレをディスると本シリーズ自体をディスる様なモンなんですけど、自分この本シリーズの料理システムがめちゃめちゃ大嫌いでして、
「レシピがないと作れない」「1つ作るのに各材料が必要」「連続使用出来ない」「1回当たりの回復量がめちゃめちゃ少ない」など、「FF」のテントシステムとかの方が断然良いですし、
しかも、物価自体も勿論高い(作品にもよるが)ので、金銭面的な面も負担がめちゃめちゃ大きいです(金が貯まりやすいゲームならまだ良いが...)
おまけに、各スキルの消費TPがめちゃめちゃ激しいのに、各消費アイテムは15個程度しか所持出来ず、
もっと快適にプレイ出来る様な工夫が欲しかったですね(後のシリーズ作品では、完全回復仕様のセーブポイントがあったり、改善点が多く見られたが、この本作品はホント超最悪)

そして、「キャラの魅力のなさ」「音楽のショボさ」「世界観のショボさ」も問題でして、個人的な意見ですが、本作品はこれらの要素も超最悪でしたね

キャラに関しては全く魅力がない地味キャラで、特にキャラとして深く掘り下げられてるワケでもなければ、印象的なキャラも誰もいなく、
元々、本作品のキャラ自体、テイフェスや人気投票で毎度毎度超ガチ空気で蚊帳の外な時点で、「キャラの魅力のなさに関してはお察し下さい」という感じで不人気キャラのオンパレード、
リッドやファラなんかリアルに全く魅力なくて超どうでもいいキャラで、音楽に関しても自分は元々本シリーズの音楽は基本的に殆ど大好きながら、
本作品に関して言うと、「え?音楽って使用されてたっけ?」的な印象しかなく、「むしろ、「エターニア」に音楽なんてあったの?」って思えるほど音楽に全く記憶がなく、
世界観に関しても全く魅力なく、他のPS世代のRPG作品の世界観の方が遥かに魅力的でしたね(自分は元々本シリーズの世界観も基本的に殆ど大好きですが)

個人的なんですが、自分がRPGを評価するにあたって1番作品に求めてないのが、「難易度の高さ」でして、難易度が高いRPGを好むことはあまりないのですけど、
「それ以外の部分が優秀な場合は目を瞑る」という主義です(戦闘が面白かったり、他の部分で補えてれば、まだ許せるという感じ)

例えば、「ルドラの秘宝」「ルナ2 エターナルブルー」も敵が異常に超強くてプレイしていて超イライラしましたが、
これらの作品はシステムが超最悪でしたが、代わりに他の部分のクオリティーは普通に良く、ストーリーは勿論、戦闘も普通に面白く、世界観や音楽も魅力的でグラフィックも良く、
そういう要素があればまだ許容範囲ですし、「ニノ国(PS3)」も戦闘は超つまらない上にシステムも超最悪、ゲームバランスも超最悪で何度も超ブチギレましたが、
世界観に関してはホント超独特で魅了されましたし、他では、「ゼノブレイド」「ウィッチャー3」みたいに余程RPGとして超一級品の作品とかならば、
まだゲームバランスが超悪くても許容範囲ですけど、この本作品に関して言うと、ストーリーがそこそこ面白いだけであとは全く良いところがなく、戦闘は超つまらない上にシステムは超最悪、
キャラも音楽も世界観も全く話にならないほど超論外で魅力なく、PSの2Dのくせにグラフィックも超汚く、フィールドの作りも超適当、プレイしていて超イライラする要素ばかりで全く面白くなく、
中でも、「テイルズ」の最大のウリである戦闘(とにかく超ショボい戦闘)が全く面白くない故に、そこが致命的でしたね(戦闘をしてるのではなく、戦闘をやらされてる感が強いRPG)

個人的に、PS世代のRPG作品だと、「FF7」「ゼノギアス」「幻想水滸伝2」「ヴァルキリープロファイル」とかの方が圧倒的に面白いと思うのですけど、
本作品をプレイしてると、RPGとしての完成度の低さを心底痛感します(何か根本的に惹かれる要素が全くない)

本作品に関して言うと、「テイルズ」というよりも、「FF」に近い感じのイメージが強く、「FF6」とか、「FF9」とかみたいな感じで、それの出来を超悪くさせたような感じの作品でしたね

数多くあるRPGシリーズの中で、自分はこの、「テイルズ」シリーズが特に1番大好きなんですけど、その理由は...作品にもよる(勿論、全部が全部じゃない)と思いますけど...
「各主要キャラのキャラとしての掘り下げが素晴らしく良く、それを上手くメインシナリオに絡め、最後に感動を描いてるから」という点に尽きます(こういうJRPGは他に殆どないと思う)
「ただ格好良いだけの男性キャラ」「ただ可愛いだけ女性キャラ」という感じでなく、ちゃんとキャラとしての中身もしっかりと描くことで、キャラ人気もシリーズ人気もあるのだと感じました

シリアスなスキット、超ギャグなスキット、そのキャラをしっかりと掘り下げたスキットなど色々とありますが、各キャラの中身をちゃんとしっかりと描き、
「そのキャラと世界を冒険することの楽しさ」というのを、プレイヤーにはっきりと認識させるスキルに関しては超一級品だと思います(だから、「テイルズ」は大好きです)し、
作品にもよるものの、シナリオのドラマ性は深いので、自分としては大好きなシリーズなんだと思います

しかし、この本作品は、「テイルズ」をやってる感じが全くしなく、上記で挙げた要素が皆無で、例えば、スキットなんかは全く面白くないですし、
戦闘勝利ボイスなんかも秘奥義なんかも全く魅力がなく、各キャラ同士の掛け声なんかも全く面白くなく、
本シリーズの醍醐味であるこれらの要素が全く皆無で、シリーズ3作目とは言え、「自分が好きなテイルズじゃない」という感じで、
それ以外の作品は皆大好きなんですけど、やはりこの本作品と自分の相性は超最悪でした(この時点ではまだキャラゲーとして確立されてないので、キャラの魅力のなさはそこにありますね)
「FF9」みたいに、戦闘、システムは超最悪でも他の部分のクオリティーが良ければ(ストーリー、音楽、世界観、グラフィックなど)好感持てるんですが、この本作品はホント超つまらなかったです

<総評>

よく世間では、「「テイルズ」のクオリティーは超低い」と言われがちながら、自分としては、「イヤ、全然そんなことないよ!」って反論する人間ですが、
実際にこの本作品をプレイすると、「あぁ、そうだね(笑)」と言いざるを得ないほど、自分としては全く楽しめませんでした(「テイルズ」は大好きですが、本作品は唯一例外で大嫌いです)

基本的にRPGシリーズに関して言うと、「1番最初にプレイした作品を1番好きになる傾向が多い(思い出補正があるから)」という感じで(どの人でも同じ)、
例えば、「FF」だと、「FF10」が初プレイでシリーズで特に大好きで、「ドラクエ」だと、「ドラクエ7」が初プレイ(ナンバリングタイトルでは)でシリーズで特に大好きで、
「ポケモン」だと、「赤緑」が初プレイでシリーズで特にやり込んで、「ペルソナ」だと、「ペルソナ3」が初プレイで、初見プレイでは全く楽しめなかったものの、再プレイでは普通に楽しめて、
通常はこんな感じだと思うのですけど、「テイルズ」に関して言うと、「1番最初にプレイしたこの本作品だけが、唯一例外で全く楽しめなかった」という感想で、
普通ならば、「そのシリーズ自体全く相性が合わなかった」とかで終わる話ながら、他の本シリーズ作品は皆楽しめたのに対し、この本作品だけこのザマなんですから、上記の返答になってしまう感じですね

それ故に、この本作品を大昔初プレイしただけで、「テイルズ=クソゲーRPGの代名詞」「テイルズ=戦闘が超つまらないRPG」的な印象がありましたが、
上記で挙げた他の作品をプレイしたら、むしろ自分が特に大好きなRPGシリーズになったので、それほどこの本作品は自分と相性が合いませんでした

よく、「「テイルズ」というブランドを確立させた作品は、「エターニア」」的なことを耳にしますが、自分は全くそう思いません

むしろ、本シリーズのブランドを確立させたのは、「アビス」とか、「ヴェスペリア」だと思いますし、この本シリーズは、「アビス」以降の作品で段々システム面を改善させて行き、
人気を大きく飛躍させたシリーズ作品だと思いますし、実際、「エターニア」「デスティニー」「シンフォニア」とかシステムが超最悪で、プレイ中は何度も超ブチギレましたが、
「アビス」でシステム面が大きく改善されて、旧作よりも断然プレイしやすくなったイメージがあります(「リバース」「レジェンディア」などは未プレイなので分かりません)

例えば、「アビス」はダンジョン内に完全回復仕様のセーブポイントがあったり、ゲーム難易度も低い上に各ダンジョンの謎解きも簡単になり、作品自体は賛否両論ながら、RPGとしては馴染みやすく、
以後のシリーズ作品では段々とダンジョン内の謎解きが減って行き、超テンポが良くなりましたし、また戦闘システムも次第に進化して面白くなりました(「ゼスティリア」は未プレイなので分かりません)

実際、「アビス」→「ヴェスペリア」→「グレイセスf」→「エクシリア」と段々システム面が改善されて、ストレスが全く溜まらない作りになってましたし、
また、テイフェスでは基本的に、「アビス」「ヴェスペリア」の声優が中心となることが多く、さらに、前者は2クールのアニメ化、後者は劇場版アニメ化されるほどで、
加えて、大昔の話ですが、「テイルズ」のシリーズ人気投票では、「1位:グレイセスf」「2位:アビス」「3位:ヴェスペリア」という結果でした(「エターニア」は5位)し、
そういう意味も踏まえ、「「エターニア」がブランドの確立というのはない」というのが自分の感想ですね(勿論、個人的な意見ですが)

と言うか、「エターニア」みたいに、「キャラ萌え要素全く皆無」「戦闘、システムが超最悪」という路線だった場合、間違いなくブランドが不人気のまま速攻で消滅したでしょうし、
キャラゲーRPGとして人気が次第と飛躍して行ったのは、上記で挙げた作品達のおかげだと思います(あと、面白いストーリーとか)

2017/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6888(87%) 普通:584(7%) 悪い:424(5%)] / プロバイダ: 12979 ホスト:12805 ブラウザ: 10209
だいぶ前の自分が幼少期ぐらいのときにプレイした作品でしたが、思えば自分が購入しようと思ったきっかけとしてはやはり、ちょっと一風変わった宣伝だったでしょうか。通常のCMもなかなかの購買意欲をそそるものがありましたけれども、確かおぼろげな記憶ながら実際に開発したスタッフが見守る中で子どもたちにプレイしてもらって、その感想を語らせるいわば話題のアニメ映画の宣伝みたいな方式をとっていて、初代のテイルズオブファンタジアからより進化させた戦闘システムをべた褒めしていたのになぜか妙な説得力を感じて手に取った感じでしたが、2Dながらもスムーズかつテンポがなかなか良くて非常に快適に楽しめたものでした。今になって振り返ってみると、スーパーファミコン版の「スレイヤーズ」みたいな感じで敵を素早く倒すと、その分のボーナスが経験値に加算されるところもよりやる気を引き出す感じでこのあたりは「テイルズオブディスティニー2」あたりにも引き継がれていましたね。
ストーリーに関しては良くも悪くも王道的ではありましたが、あまり乗り気でない主人公が活発なヒロインに半ば誘導される感じで冒険に乗り出すことになるシチュエーションは意外にありそうでないかも。
しいていうと、これはシリーズで共通する部分もありますが、町とかだと宝箱以外にもアイテムやレンズが無造作に落ちているところで結構分かりづらいだけにちょっとした目印でもつけるとなお良かったかな。
評価になりますが、良いよりの「とても良い」とさせていただきます。

2015/10/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(47%) 普通:2(1%) 悪い:75(52%)] / プロバイダ: 2975 ホスト:2960 ブラウザ: 8273
テイルズオブシリーズ3作目。2000年にPS版が発売され、後にPSPでも移植された。

自分がこの作品をプレイしたのはPSP版で、当時高校生でした。
「良い点」はテイルズシリーズの基礎となる戦闘がほぼ完成されているという点です。中級以上の魔法は1つずつしか使えませんが、時間も止まらずキャラクターを動かせます。それまでのシリーズ(TOP,TOD)はリメイクしかやっていませんが、不具合や不満点を解消した戦闘になっていたようですね。TOAなどをクリアした後にプレイしたのですが、先頭にストレスを感じることなくプレイできました。術技もテイルズの基本的なものが揃っており、加えて秘奥義が素晴らしいです。自分も自力では気づけず友人に教えてもらったのですが、まさに「秘」奥義ですね。条件を満たすと使えるようになりますが全くヒントもありません。しかし秘奥義なしでも全然クリアできますので、素晴らしい隠され方でしょう。
ストーリーも、王道ではありませんが邪道でもなく、謎の女の子と出会い物語が展開していくところが良かったです。伏線の張られ方なども丁寧でしたし、やはりRPGの主人公ですから実は特別な力を持っているという設定も好みです。主人公たちの持っている歪みや欠点も少しずつ改善されていき、成長物語としても良いものでした。
戦闘バランスは初見HARDでやったので詳しいことは言えませんが、他のシリーズの初見HARDと比べると若干難しめかな、程度であまり気になりませんでした。ただシルフ、セルシウス、ヴォルト、ネレイドは今でもトラウマです。
BGMも桜庭さん独特の素晴らしいBGMばかりで、特にラストイベントのEternal mindには感動しました。

「悪い点」は良くも悪くも自分の印象には残らなかったところが多いことです。これに関しては完全に当時イベントシーンがムービーで流れるゲームをよくやっていたのが原因でしょう。そのままの画面でイベントが進行する上に、ストーリーに驚きは少なかったので印象が薄くなっています。1周しかしていないことも理由でしょう。
加えてストーリーが短いので(サブイベントは色々ありますが)、メインストーリーだけサクサクやる人からすればプレイ時間もボリュームも満足できないかもしれません。

総合評価は「良い」です。プレイした当時に評価を書いたなら「とても良い」だったかもしれませんが、もうプレイした記憶も薄く、断片的なストーリーとイベント、何度も挑んだボス戦を覚えている程度です。しかし、とにかく楽しかった印象もありますから、テイルズファンならやって損はない作品でしょうね。

2014/06/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:781(60%) 普通:343(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 28111 ホスト:28230 ブラウザ: 5171
テイルズシリーズの中でも評価の高い作品なので一度プレイしてみたいと思ってました。
クリアするまで少し時間がかかってしまったものの評判通り面白かった。
テイルズはいくつかプレイ済みですが、エターニアはその中でもかなり面白い作品です。

ただ戦闘は不自由を感じる事が多かった
今の3D戦闘に慣れてしまった人では今やると少し戦闘がキツイかもしれません。

ラスボス戦では最初極光術の使い方がわからなくて何度もゲームオーバーになりました。
慣れると楽しいもんですが…雑魚も普通に強いので気を抜くと色々大変です。
PTは最初から最後までリッド ファラ メルディ キール固定
メイン4人はストーリー、チャット、戦闘などで愛着湧く機会も多かったのですが
チャットとフォッグは一応仲間にしたもののほとんど使う機会がなく終わりました…残念。

2014/01/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1502(52%) 普通:732(25%) 悪い:647(22%)] / プロバイダ: 23770 ホスト:23821 ブラウザ: 6158
テイルズシリーズの3作目
戦闘でのアクション操作が精密になりよりアクションゲーム寄りになったことで戦闘の奥深さが倍増しています
難易度も調度良く奥義やフレンジなどのシステムも含めて戦闘が非常に面白かった
料理システムも回復アイテムと併用して使っていくことで有効性が高く大いに役に立ち戦闘には欠かせないものになっていました

王道的なストーリーはいつの時代も色あせないものだし
シナリオ上で重要な位置にいる晶霊が戦闘に直接絡んでくるため物語を進めていく楽しみがあり
テイルズでは欠かせないキャラの魅力もキャンプでの会話によってより掘り下げることができていました

ストーリーの短さは欠点ともいえますが
PS時代にディスク3枚要してるゲームにボリューム不足を訴えるのはさすがにワガママでしょうか
やりこみ要素は豊富なのでそちらの部分の容量をメインシナリオの増量に使ってほしかった
と考えてしまうのも内容が良かったがための思いですね

テイルズシリーズは全てを遊んだわけではないですが
戦闘システムやストーリーといったRPGでは重要視している部分のバランスと完成度は高く
私の中ではシリーズの最高傑作という位置にあるゲーム。【とても良い】とさせていただきます

2013/03/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6856 ホスト:6545 ブラウザ: 10112
【総プレイ時間】
1周。

【良い点】
戦闘。
ファラが良いんだなぁ。
フリンジ。
bgm。

【悪い点】
秘奥義、合体技?協力技?が存在感皆無だったなぁ。

【総合評価】
楽しんでプレーできた。
雰囲気は全体的に暗い印象だったが、中盤〜ラストまでのボス戦の爽快感はハンパなかった。
まあどうしてもテイルズシリーズは序盤だと戦闘がえらく退屈なので、そこであきらめてしまう方は非常にもったいない。

時間が無く、はやめに進めていった俺の体験談になってしまうのだが
ラスボスのネレイド。低レベルで挑むとあれはなかなかきつかった印象。
多分5,6回やられたと思う。しかもやられたときがレディ〜ファイトしてから3〜40分経ったときだったので大体ネレイド戦だけに使った時間は3〜4時間ぐらいだなぁ。しかもなんか極光術を発動しなければならない時に、ネレイドを倒してやりきった感に浸っていて、つい出すのを忘れてしまい残念なことになってしまったのも今となっては良い思い出だなぁ。
そうやって語れるほど良い作品だと俺は思う。
一度、最後までやってみたらいかがかな?

2012/10/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(67%) 普通:0(0%) 悪い:2(33%)] / プロバイダ: 989 ホスト:811 ブラウザ: 11628
【総プレイ時間】
PSPと合わせて六周ぐらい。

【良い点】
namcoの他のコラボが他のテイルズと違って多い。
戦闘の操作性。

【悪い点】
ストーリーがもっと長ければ幸せでした。

【総合評価】
主人公が精神的に成長していきます!そこが凄い見所でした!
ちなみに、リッドのおかげで石田さんが好きになりました(笑)

2012/08/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 8075 ホスト:8302 ブラウザ: 7290
【総プレイ時間】
45時間くらい

【良い点】
・世界観
・ストーリー
・フリンジが楽しい

【悪い点】
特に無いです。

【総合評価】
とにかくストーリーが良い作品でした。
特に極光術の試練でリッドが魔物、仲間、ラスボスの立場になった時の心の描写が素晴らしかったです。
ラストも良かったです。感動しました。
評価は最高で!

2010/01/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(94%) 普通:0(0%) 悪い:1(6%)] / プロバイダ: 8205 ホスト:8138 ブラウザ: 5375
【総合評価】
ストーリー・キャラクター・システム共に非常に面白かったです。
細かく良くないと思った点を挙げるなら、
・ダッシュの後に素早く止まりにくい
・秘奥義、合体技の存在感が薄い
・フォッグ、チャットの扱いが悪い
・船の改造などにガルドが掛かりすぎる
などですね。
ダッシュも慣れればどうにかなりますし、それ以外も普通にプレイしている分にはあまり気にはならないかと。
ただ、なぜか何週もする気が起きません。これは自分でもなぜかよくわからないのですが・・・

2010/01/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(52%) 普通:6(12%) 悪い:18(36%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19729 ブラウザ: 7774(携帯)
フォッグとチャットの扱いが酷い。
フェイスチャットがイマイチ。
OP微妙。
バンエルティア号のデザインが個人的に無理。
飛行艇と潜水艇がちゃっちい感じがする。
サブイベントが少ない。
個人的に他のテイルズシリーズと比べて緊張感が無かった気がする。そのためイマイチストーリーにあまり馴染めなかったし、ゲーム自体に入り込めなかった。
キャラクターはまぁそこそこ良いと思うが、個人的にメルディはウザかった。
声優は良い。
BGMも結構良い。
戦闘は凄く良いが、突きレベルや斬りレベルで技習得するのはどうかと思う。
フリンジは凄く良かった。組み合わせを考えるのは凄く面白かった。
エアリアルボードも中々良かった。
キャンプも初見には良いと思う。
戦闘は良いと思うが、ストーリー、フェイスチャット一部キャラクターの扱いがどうしても無理。
まぁ評価は普通にしときます。

2009/10/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:163(69%) 普通:40(17%) 悪い:34(14%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17954 ブラウザ: 2057(携帯)
【プレイ時間】
40時間
【良い点】
キャラクターの掘り下げが前作以上に深まり、親近感を持ちやすいキャラクターになった。
ゲームシステムの大幅な改善。特に戦闘システムは洗練され、退屈な感じが無くなった。
【悪い点】
テイルズなのにパーティーメンバーにメロンちゃんがいない!
馬鹿な!これは異例中の異例だぞ!しかもマザーシップタイトルなのに!
【総合評価】
メロンちゃん不在・・・これだけで学生時代は買う気が起きませんでした。
プレイ後の感想から言うと、そんな理由で買わなかったのは勿体無いですね。前作2作共にイマイチ個人的にヒットしませんでしたが、これは良かった。ゲームとして良質な出来だし、ストーリーも深い部分がいい味出してる。
ただ、スケールがイマイチ小さい印象で、物足りない感じがします。厳しく言うとスーファミレベル。
チャットなんかがもう少し活躍してくれたらその辺もフォローできたかもしれんけどなー。サブ扱いが正直不思議だ。

2009/09/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4265 ホスト:4025 ブラウザ: 12121
【総プレイ時間】
今現在二週目プレイ中。合わせたら多分100時間は超えてる。

【良い点】
とりあえずキャラクターはすごい魅力的だった。すごく単純な感想だけど、キャラクター達の絡みや仲間を思うそれぞれの気持ちが印象的だと思う。キャラ一人一人に個性があって、見てて飽きない。
ストーリーの始まり方は割と「え?!」となるかもしれないけど、進めていけばそれはほとんど気にならないこと。
ストーリー中にある試練では、ほんとにいろいろなことを考えさせてくれる。人の痛みや、魔物も生きているということ。自分にとって世界はどんなものなのか。リッドの成長の仕方も見もの。初期のテイルズ主人公としても珍しい性格なので、それもいい。
やっぱりテイルズの黄金時代はP、D、E辺りかなと。
細かいところまでイベントやストーリーに気を配っているのもよかった。キャンプスキットの掛け合いの可愛いと思う。
キャラ同士の恋愛はとても微笑ましい。

【悪い点】
ストーリーが少し短かったと思う。その短さでも十分楽しめるが、頑張れば一日でクリアできてしまいそう。
あとは、フォッグとチャット。あの二人はキャラとしてすごくよかったと思ってるけど、二人が絡んだストーリーがもうちょっとあればよかった。
あとワルキューレが強すぎてイライラする(自分が弱いだけなのか

【総合評価】
アビスとかシンフォニアとか、それをやった後にエターニアをやったが、それでも楽しめるところがよかった。
エターニアに出会えてよかった。
テイルズの中では最高。一番好きな作品。

大好きだからなんか贔屓目にコメントになってると思いますが、好きな作品にはこれくらいのコメントがしたいものなんです。

2009/09/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(43%) 普通:2(14%) 悪い:6(43%)] / プロバイダ: 9658 ホスト:9693 ブラウザ: 4996
【良い点】
物語のテーマ、ストーリーが綺麗にまとまっている点ですね。
最初は、微妙なキャラデザだな…と思っていたキャラクターも、
ゲームを進めていくうちに大好きになりました。
私は、テイルすシリーズのラスボス観やエンディングがあまり好きではなかったのですが、
この作品のエンディングはとてもいいと思います。
プレイヤーの求める、且つ、プレイヤーには予測できなかったエンドではないでしょうか。
インフェリアとセレスティアというふたつの世界を対照的に描いたことや、
戦闘のシステム・音楽も非常によかったと思います。

【悪い点】
戦闘時の、キールとメルディの無個性化。二人ともただの魔法要員になってしまったのが残念でした。
もっと、キール独特、メルディ独特の戦闘法があれば面白かったんですが。
あと、フォッグとチャットの扱いがあまりにも軽く、そこは残念に思います。
レギュラーの4人より、フォッグとチャットの方がキャラが濃くて好きだったのですが。

【総合評価】
テイルズシリーズの中で最も楽しめたため、評価は最高で。

2009/06/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(62%) 普通:2(8%) 悪い:8(31%)] / プロバイダ: 54810 ホスト:54827 ブラウザ: 8455
自分がP、Sの次にやった3作品目のテイルズ(PSPです)。
戦闘はファンタジアのファンの自分にとっては文句なし。「虎牙連斬」と「空破絶掌撃」が好きだった。
また、秘奥義は結構出しやすい。「鳳凰天駆」からの「緋凰絶炎衝」は毎回戦闘開始時に使っていた。
「龍虎滅牙斬」は条件は厳しすぎる!が、カッコよさはかなりのもの。
「風塵封縛殺」はテイルズの技で1番かっここいかも(マリーさんの「斬!」も同じくらい好きだが)。その上、かなり使える。
難易度は難しいと言われているが、自分にはちょうどよかった(このあとAをやったので難易度の低さに涙)。
ラスボスはかなり強くておもしろかった。やはり、ラスボスはこれぐらいでなければ。
ストーリーは前半は結構退屈だったかな。和み過ぎというか、ゆっくりというか。
でも、セレスティアに着いてからは面白くなってった。特に2つ目の試練が好き。
キャラはリッドとキールとメルディがいい。メルディとか最初こそ腹立ったけど、途中からお気に入りキャラに。
それに比べてファラが微妙。ファラはお節介過ぎ。レイスの言葉にいつもうなずく自分がいた。
晶霊術は強すぎにならない反面、キールとメルディに違いがなかったようで微妙。それに分かりにくい。

自分は懐古厨なのかPとEが好き(Dは微妙)。反面、AとSとLはかなり残念。
というより、これからのテイルズには正直期待していない。

もっと読む

「【総プレイ時間】120時間【良い点】多数の人が挙げている通り、P、Dに比べ戦闘時の動きがスムーズになった...」 by シールズ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/03/31 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 51506 ホスト:51326 ブラウザ: 8784 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像最悪(-3 pnt)
音楽最悪(-3 pnt)
ゲーム性最悪(-3 pnt)
難しさ最高に難しい

もっと見る
1. テイルズ主題歌ランキング。 by S・N
... 「テイルズ オブ ゼスティリア」・・至る所でク〇ゲー呼ばわりされ、 先日自分も価値が下がらないうちにと売り払ってきました(泣 残念ながらシナリオもシステムも褒められた出来ではありませんでしたが、 音楽だけは素直に良かったと思っています。 そんな訳で、自分がプレイしてきたテイルズシリーズの主題歌で気に入った曲のランキングを作ってみました。 ...
記事日時:2015/02/11 [表示省略記事有(読む)]
2. "堀江由衣さんについて"(再) by 陣兵
... 門天外モンコレナイト】…柊六奈。 21.【おじゃる丸】…根津、小アジ、猿。 22.【機動天使エンジェリックレイヤー】…藤森ひろみ。 23.【こみっくパーティー】…マルチ。 24.【シスター・プリンセス】…咲耶。 25.【シャーマンキング】…アイアンメイデン・ジャンヌ、リリー。 26.【新白雪姫伝説プリーティア】…美景。 27.【テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION ...
記事日時:2011/02/21 [表示省略記事有(読む)]
3. PSP体験版ダウンロード『テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX 〜クロスエディション〜』 by カシオペア
... た体験版を紹介します。 「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX」 バンダイナムコゲームス制作のRPGです。 このゲームは初代テイルズオブシリーズ「テイルズ オブ ファンタジア」と外伝シリーズの同じく1作目「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョン」の2つがX(クロス)した内容となっています。 メインはなりきりダンジョンで、ちょっとしたおまけ感覚でファンタジアがクロスエディションバージョン ...
記事日時:2010/07/12 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:テイルズ オブ エターニア / 漫画:テイルズ オブ エターニア
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ