[ゲーム]天地を喰らうII 諸葛孔明伝


てんちをくらう2 しょかつこうめいでん / TENCHI WO KURAU 2
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数856位6,083作品中総合点12 / 偏差値51.33
1991年ゲーム総合点31位214作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
ゲーム性1.00(良い)1
難しさ0.00(普通)1
格好良い100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
発売元:カプコン
機種:ファミコン 携帯アプリ
原作:本宮ひろ志(週刊少年ジャンプ(小学館)連載)
日本 発売日:1991/04/05(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1裏技小ネタ墨汁一滴 2013/05/222,282文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/7500/Yugi/dCTenchi2.html
2. http://homepage3.nifty.com/mille/kenkyuin/ten2/main.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.capcom.co.jp/keitai/imode/foma_tenchi_rpg2.html
18,79877
最近の閲覧数
1111010001
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/10/02 / 最終変更者:もろっち / その他更新者: カジマさん / 羽幌炭鉱 / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2009/08/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(43%) 普通:14(6%) 悪い:124(51%)] / プロバイダ: 4736 ホスト:4699 ブラウザ: 10959
1よりもプレイしやすくなったのは好印象でした。

兵士数もこの作品は一武将の兵士数は9999が最大なのですが前作のように5万とか6万とかあっても戦闘が無駄に長引くだけなのでこれくらいでちょうどいいと思います。

さらには前作では五虎将軍の他一部の武将しか最後まで使えなかった(成長しなかった)のに対して演技で劉備陣営にいる有名な武将を最後まで使えるのも良かったです。

まあストーリーは演義に忠実どころか蜀が魏帝国を滅ぼしてしまうというトンでも仕様ですが、原作の漫画はある意味これ以上にぶっ飛んだ仕様なので気にはなりませんが(笑)

音楽もロックマンシリーズを担当した藤田靖明氏のの作曲だけあって非常に耳に残る曲ばかりでした。
特にラスボス戦の曲はかなりの評価をユーザーから受けているのは事実であり色々な動画サイトでもアレンジ版が現在でも公開され続けているのをチラホラ見かけるのでこの作品の影響力は相当なものだと改めて思わされました。

というか打ち切り漫画がファイナルファイト形式のアクションやRPG、果てはパチスロ等、ここまで大出世を遂げたのは過去に例が無いのでは・・・・。

2008/08/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2897(60%) 普通:820(17%) 悪い:1141(23%)] / プロバイダ: 54222 ホスト:54163 ブラウザ: 5234
「天地を喰らう」は、アーケード版のアクション作品とRPGとして世に出たファミコン版、ゲームボーイ版の2種類あり、
この作品は、ファミコン版の続編です。

蜀の中国統一までストーリーが進行する事は、前作と変わらず、諸葛孔明と呂布が荊州で戦う、曹操が皇帝になるなど、
原作や史実と食い違う箇所も所々に見られました。

実際プレイすると、猛将タイプの敵がサンドバッグ同然、兵士数(HP)が5桁まで増える、
敵を捕獲して仲間にしても兵士数がすぐに頭打ちになって使い物にならない等、
前作で見られた欠点は、敵を仲間に出来なくする、兵士数の最大値を4桁に抑える、
猛将の「さくりゃく」(魔法)の使い勝手を良くする等で改善されており、
戦闘パートのテンポ、プレイ環境は、前作とは比べ物にならないほどでした。

加えて、兵士数が減少すると攻撃の威力も落ちると言う特徴が、作品特有の味を出していました。

2007/11/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 48824 ホスト:48759 ブラウザ: 8090
黄巾賊討伐から始まった前作に比べ、スケールは若干ダウン…
しかしその分、シナリオは深く練り込まれていて楽しめました。
赤壁の戦いも当時のFCにしては上手く演出していたと思います。
卑弥呼が出てきて孔明に術を授けるのは、面白い展開でした。
総攻撃のコマンドも健在でしたし、陣形による戦略性も深いものになっていました。
何より、前作で泣いた「暗殺の計」が効きにくくなったことですね。
残念なのは、呉を討つシナリオがなかった事です。
あと、次の章に進む度に敵がメチャクチャ強くなる事も…
こっちの武将の軍勢が1300くらいの時に遭遇した敵武将の軍勢が3500なんてのを見たときはバグか?と思いました。

評価:とても良い

2007/07/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(72%) 普通:10(14%) 悪い:11(15%)] / プロバイダ: 21784 ホスト:21677 ブラウザ: 6287
昔ファミコンで遊んだ良作RPGですね。
この当時三国志を知ったばかりで小説、漫画、人形劇と
片っ端から熱中して手を出していましたので、このソフト
も購入いたしました。

孔明の最期に涙し、劉禅の暗愚さに悲憤した経験のある
人にとって今作は夢のようなストーリーでしょう。
(かくいう私がそうで、まあ、若かったということです。)

蜀の劉備が主人公で正史はもちろん演義とも異なり、孫権
、曹操を打ち破り漢室を復興するという内容でした。

ゲームシステム的には正統派RPGですので楽しんでプレイ
できました。特に一度倒した敵はその後雑魚として出てくる
ので(特定のキャラは除く)倒すと仲間にできるというのが
よかった。

もっともレベルが上がると増える兵士(HP)が蜀の
武将以外は増えないので長く使えませんが・・・
(そこが少し残念)

リメイク版出ないかな・・ということで「良い」と評価します。

2006/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:90(52%) 普通:36(21%) 悪い:47(27%)] / プロバイダ: 23982 ホスト:23940 ブラウザ: 4184
ファミコン後期に出たカプコンの名作RPG、本宮ひろし原作の漫画をRPG化したがキャラと設定だけ拝借して内容はほとんどオリジナルです、まあ原作は打ち切りだったし。
劉備が曹操の食客でいたころで袁術討伐の兵を借り受けた頃から中原を制覇し第二次漢王朝?を建国するストーリー、この作品の特徴はテンポの良さにあります。全体を章仕立てにして区切りをつけやすくしてます。

次に戦闘面でも工夫がなされ基本的に武将のパラメーターは固定されていてレベルアップして上がる能力は兵士数(ヒットポイント)と策略ポイント(MP)だけです、戦闘時に攻撃を受けると兵士数が減少して攻撃力も下がってしまいます。策略で回復!させたりアイテムを使ったり気を配らなくてはいけません。そして武将が5人居ると陣形を使えるようになります、攻撃力がアップする代わりに防御力が減ったりとか色々ありますが史実の通り猪武者揃いの劉備陣営が孔明やホウトウを得ると陣形や策略が一気に強力になりジャーンジャーン「うわー孔明の策だー」状態になります。そして通常のザコ戦は高速オートでサクサク進めてボス戦は策を使う武将から先に倒すとか陣形を変えて戦うとか頭を使って戦います。

ストーリーは完全に劉備を正義役にして特に諸葛孔明が出現してからは破竹の勢いで進みます、原作演義と違って劉備は一線を退き関羽や張飛も無事に引退して息子の関索や張苞が代わりを務めます、蜀ファンが多いであろう日本では嬉しい配慮です。孔明が陣営に加わってからは孔明の知略でどんどん快進撃しまさに題名どうりの活躍ぶりが楽しい。

そしてBGMも忘れてはならない、特にボス戦の2曲は名曲で今でも聴いてます。

総評として通常時はスムーズに進めボス戦時は頭を悩ませながら戦う奥の深い名作でした。

2005/07/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:440(75%) 普通:46(8%) 悪い:97(17%)] / プロバイダ: 41922 ホスト:41783 ブラウザ: 5234
FC版も別に出てきているみたいですのでこちらも評価します。

蜀の全土統一と言う話なんで蜀嫌いの方じゃなければ普通に楽しめるんじゃないでしょうか。
少し気になるのは計略が恐ろしいほど強いところくらいでしょうか‥最後の方で頭の悪い武将使ってると
思い切り削られてきついです。

2となってますが1やってなくても問題なく楽しめます。

2005/07/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33021 ホスト:33021 ブラウザ: 5978
本宮ひろ志原作の「天地を喰らう」を下敷きにしたRPGですが、すでにもとの話のはずの三国志を大幅に
逸脱した原作とは異なり、比較的「演義」に近い筋立てです。

もっとも、タイトルどおり諸葛孔明の活躍で魏の曹操、そしてその後を継いだ司馬仲達まで倒してしまう
ので、「演義どおり」ではないのですが(苦笑)。

陣形という概念があり、これによって戦況が変わったりするのが斬新でした。

あと・・・・唐突に現れ、唐突に裏切るトラブルメーカーの呂布には参りました(苦笑)。いきなり諸葛孔明を
助けたかと思えば「おれは自分で天下をとることにしたよ」って、なんだそりゃあ!!

司馬仲達の必殺技を破る術を教えてくれる仙人だか学者だかがいますが、お茶を寄越せとか
かなり我侭を言ってきますね。流石に、茶菓子までは要求しませんが。

ゲームは司馬仲達を滅ぼしたところで終わり、呉との決着はつけずじまいです。これでは、天下統一
とはいえないのではないでしょうかね。それとも、孫権は恭順の意を示してきたのでしょうか。

物語の序盤に、曹操暗殺計画について董承と言うじい様から問い掛けられますが、「三国志」を知らずに
(そんな人まずいないでしょうが)プレイした人には何が何やらでしょうね。

このゲームはパーティメンバーの中で一定以上の知力のあるキャラを「軍師」に設定しないと「計略」
(いわゆる魔法)が使えませんが、孔明が加わったら彼以外軍師にする人はあまりいないでしょう。
「関羽千里行」のエピソードの際は一人旅なので、彼自身を「軍師」にしておかないと計略が使えず苦労します。

DSあたりでリメイクしてくれないですかね・・・。

この評価板に投稿する



2019/10/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8847 ホスト:8915 ブラウザ: 10416 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさ普通

1. 自分用書き込み by TEAMスカラベ
... 評価文の変更前の履歴を書き残し 評価変更 ・To Heart(ゲーム) 最高からとても良いへ ・天地喰らうII 孔明(ゲーム) 最高からとても良いへ ・ゼビウス(ゲーム) とても良いから最高へ ・スペースハリアー(ゲーム) とても良いから最高へ ・ファンタジーゾーン(ゲーム) 良いからとても良いへ 加筆訂正前 2006/08/20 とても良い [編集・ ...
記事日時:2008/08/16

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ