[ゲーム]スーパーロボット大戦α


すーぱーろぼっとたいせんあるふぁ / Super Robot Wars Alpha
  • 熱血
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数53位6,008作品中総合点143 / 偏差値93.12
ゲーム平均点278位948作品中平均点1.72=とても良い/83評価
2000年ゲーム総合点4位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.50(最高)2
ストーリー2.50(最高)2
ゲーム性2.50(最高)2
音楽2.00(とても良い)2
映像1.50(とても良い)2
難しさ0.00(普通)2
熱血100%2人/2人中
格好良い100%2人/2人中
面白い100%2人/2人中
怖い50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
制作:バンプレスト
機種:PSDC

=CAST=
日本 発売日:2000/05/25(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1資金増殖!!!!!!君の名は 2009/05/03672文字
2DC版での精神コマンド一覧とユニット特殊能力一覧に強化パーツ一覧墨汁一滴 2012/03/268,756文字
3裏技遊戯 2014/04/25777文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://www.suparobo.jp/
76,77610783
最近の閲覧数
1101131254
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/21 / 最終変更者:永田 / その他更新者: ダイゼンガ- / altema / カトル / TCC / ガンナー / 提案者:ロサード (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:633(69%) 普通:109(12%) 悪い:172(19%)] / プロバイダ: 31789 ホスト:31776 ブラウザ: 5507
【総プレイ時間】
クリアだけじゃなくフラグ分岐を含めて相当にやり込んだ
【良い点】
・紙芝居からアニメーションと呼べるほど動くようになった(ゲーム屋で流れるPVに引き付けられ観衆が出来るほど)。現在も向上しているがここでのアップ具合は一つの革新。時間節約のためカット機能も親切
・出演作品の豪華さ(当時選ぶとしたらの古今から最大公約数に近い)、いるだけ空気になる作品が乏しく概ね原作再現だが、他作品キャラとも絡んだりするロマンやお祭り感。スパロボシナリオとしても一本に集約などシナリオも良かった(ボリューム豊富)。
・ニュータイプ優遇が薄れて熟練オールドタイプなら十分エースになれる(「0083」のコウが強くなったのは感激)、機体を強化するなど愛をもって使用すれば、どの作品どのキャラでも一軍に入れてクリア出来る難易度の大幅低下(これまでが無駄に難しかったとも言える)。思い切った決断で大成功
【悪い点】
・一区切りで外伝、二次、三次と話が続いて行くがスケールアップしながら膨らますのがしんどそうだった。本作だけで完結させて欲しかった(スパロボは続くがあくまで一作が基本というのまで確立する意味で)。
・人物紹介解説が前作F(と完結編)の読んでるだけで面白い突っ込んだのに比べると無難な感じに
【総合評価】
スパロボシリーズの最高傑作で中興の祖とも言える作品かと。本作がないと現在までシリーズが生き延びていられただろうか。当時終了間もなくまだ熱かったエヴァンゲリオンが完全に過去作となってしまった現在それなりの作品は出ているが、核となるものに欠けるロボットアニメの苦境やシリーズ自体のマンネリも否めず厳しい状況を感じさせる。
もう一度本作のような革新を願いたいところ。評価は「最高」

2017/02/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6806(87%) 普通:574(7%) 悪い:419(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22081 ブラウザ: 1975(携帯)
大昔に、ドリキャス版でプレイしたものですが、とにかくシナリオが長く、分厚くてやりごたえ抜群だった記憶がありますね。

分岐ルートもさることながら、主人公もその恋人も含めて結構選ばされたかなと。自由度というよりか選択肢が多くて長くじっくり遊べて周回プレイも楽しめるといったものでしたが、ちなみに自分は恋人は適当に選んでいましたが、主人公はリアルロボット編及びスーパーロボット編どちらもブリット一沢でしたな。

難易度的にはほどよい感じでしたけれども、個人的には強い敵を倒すシナリオよりも一定ターンすぎるないしはある程度のダメージを与えると撤退してしまう敵を倒す方がしんどく感じられた印象で、パッと思い浮かぶのがやはりガトーでしょうか。何しろモビルスーツ同士の対決だったら、ひらめきを持っているパイロットで一騎討ちをしていけばじわじわHPを削れるんだけれども、半分ぐらいになると離脱するシナリオがあって、そのためスーパーロボット系の必殺技で叩くわけだけれども、装甲が固いからHPがわずかに残る。しかも向こうは攻撃が強力だから一撃死する恐れもあるため、直前のインターミッションで必殺技を改造したりと、そのさじ加減に時間を費やしたものでした。それだけに終盤になるとインフレ気味になったりしますが、その分、シナリオも盛り上がってきて、最後まで楽しめましたね。

[推薦数:1] 2014/03/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:50(51%) 普通:9(9%) 悪い:40(40%)] / プロバイダ: 4769 ホスト:4949 ブラウザ: 11096
【総プレイ時間】

何百時間プレイしたかわからない

【良い点】

64以上に向上したスーパーロボットの地位。
満を持しての「超時空要塞マクロス」の参戦。
「超電磁ロボ コン・バトラーV」「超電磁マシーン ボルテスⅤ」の初共演。
ようやく、戦闘デモのカットが可能になった。
遊び応えを増した「熟練度」の導入。

【悪い点】

主人公8人の個性が乏しい。
あれこれ暗躍したわりには何がしたかったのかよくわからない黒幕ユーゼス。
ティターンズ台頭という後味の悪い幕切れ。

【総合評価】

あの忌々しいウィンキーの暗黒時代が去り、スーパーロボット大戦は新たな局面を迎えた。その記念すべき作品がこのαである。

64よりも更に、スーパーロボット系の地位が向上したのは非常に喜ばしいことである。敵も味方もちゃんと物語に絡んでいるし、能力もウィンキー時代のようにリアル系と理不尽な格差はない。

個人的には、「マジンガーZ対暗黒大将軍」のエピソードが再現されていたり、コン・バトラーにボルテスという二大超電磁ロボが互いに話に絡んでいるのがツボだった。

そうそう、αを語るうえで外せないのはマクロスだろう。初参戦で今回の物語の中心に据えられていたし、ユニットの性能も高くかなり優遇されていた。

熟練度というシステムが導入されたのはこの作品が最初だったが、なかなか面白いと思う。特定の条件を満たすとポイントが加算され、加算数に応じその後のステージの難易度が増していく。
かなり難易度の低いとされる本作だが、この熟練度ポイント全部手に入れようとするとなかなか歯ごたえがある。特にブリタイ艦の撃破はかなり難しかった。

あと、笑えたのが使徒をブライト艦長で撃破した時の周囲のリアクションだ。撃破した本人が一番驚いていたのだから。ちなみに獲得できる熟練度は2とその面では最大であった。

いろいろと楽しませてもらった本作品だが、不満がないわけではない。シリーズものの一作目ということもあり、すっきりしない部分がいくつもあるからだ。

まず、本作の黒幕だったバルマー帝国のユーゼス、こいつは何がしたかったのかいまいちわからない。帝国の支配者になりたいわけでも誰かを殺したかったわけでもなさそうだし本当に行動が意味不明だ。

あと、ティターンズの台頭で幕切れというのも後味が悪すぎた。

不満な点もあるにはあるが、それを差し引いても十分すぎるほど楽しめた。スーパーロボット大戦の初心者はまずこれをプレイすることをお勧めする。

2012/11/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 30396 ホスト:30724 ブラウザ: 5345
【総プレイ時間】
?

【良い点】
これまでにないアニメーション。
インターミッションの会話の大幅増。
また1からにもどり、作品を紹介するような所。
ボルテスV、マクロスの参戦。
スーパーロボットの武器に命中補正がされており、戦略性よりストーリー重視である事。
【悪い点】
やや短い。

【総合評価】

序盤リアル系はZガンダムの前半で進行したり、またマジンガーが空を飛べない弱点を再現したりしています。分岐はかなり多いですが、「マジンガーZ対暗黒大将軍」は非常に盛り上がりました。念動力もポイントとなっていてハマーンと交渉する面はかなりの緊迫感でした。「男の戦い」は原作に他のキャラが入ってきて感動が深くなりました。

[推薦数:1] 2012/06/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(25%) 普通:1(25%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 14746 ホスト:14761 ブラウザ: 4680
【総プレイ時間】
120時間位

【良い点】
・旧シリーズ後半以降に新規参戦した作品とバンプレストオリジナル作品の世界を上手く取り込んで再構築している

【悪い点】
・参戦作品が多く、無駄に多いユニット数により管理が大変
・ユニット数が多い割に、作品によって機体数に対してパイロットが足りないなどいびつな部分が多々ある
・機体数に比べ強化パーツ数が少なすぎる。各パーツ9個が上限では少なすぎるのでは?
・シナリオ分岐でメンバーが分かれる度に、再合流でデフォルトの機体に強制乗り換えされるため、乗り換えや強化パーツの再装着をやり直さなければならない。シナリオ分岐も無駄に多く、ストレスの一因にもなっている。
・「愛おぼえていますか」が飯島真理の歌入りでない

【総合評価】
オリジナル作品の魔装機神やSRX、Wやトップ,エヴァなどF追加組、この作品が初参戦となるV,マクロスなどの世界観を上手く融合させて旧シリーズ(第2次〜第4次)のストーリーを再構築しているのは良いと思った。サターンでリリースされたFは第4次のリメイクだが、新規参戦作品の世界観を上手く取り込んでいたとはいえず、何故居るのかよく解らなかったが、αではその辺りの反省からなのか、上手く絡めてある。

反面、旧シリーズ4作で語られた話を1作にまとめたため、少々参戦作品が多すぎるように感じる。ストーリー中でBF団の詳細が明かされなかったジャイアントロボや完全平和主義が上手く生かされていなかったWなどは正直要らなかったように感じるし、Vガンダム勢や0083勢はもう少し人数を絞っても良かったのでは無いかと思う。

愛・おぼえていますかでは、BGMが飯島真理の歌入りではなかったのが非常に残念。
シナリオでも「歌」がテーマだけに、ボーカル無しで非常に落胆したのは私だけではないはず。

難易度に関してはプレイヤーによって感じ方は違うだろうが、もあまり難しくなく、良リメイクだと言えるのではないだろうか。
[共感]
2012/06/30 「愛おぼえてますか」については同感ですね。 by ソンプーGU

2011/12/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 33327 ホスト:33346 ブラウザ: 11253
今までのシリーズとのストーリー性のつながりはなく、また1からスタートする作りになっている。
で、そのストーリーは今までとは違いオリジナルの話よりは各作品の原作の場面が使われることが多く面白かった。
グラフィックに関しては前作までとは違いよく動いており迫力という点でも大幅にパワーアップしていたので
とても良かったです。
ストーリーのシナリオの多さも1枚のディスクしかなかった割にはとても長くて満足のいくものだったと思います。
ゲームシステムの部分でも改造も一度に数段階可能と効率よくプレイ出来る工夫があるのは好感が持てます。

悪かった所は全体的な難易度が低く特に序盤の難易度が低いのは気になった。あまり考えずに撃破出来るのはいくらライト層向けとはいえ
疑問に思えた、この手のゲームは考えながらプレイするのが醍醐味だと思うので楽しさは半減してしまう。

評価はグラフィック、ストーリーは良かったが難易度が低い為個人的にはやや、やりがいに欠けるゲームではあった
その為「良い」にしました。

[推薦数:1] 2010/12/31 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(80%) 普通:5(14%) 悪い:2(6%)] / プロバイダ: 8932 ホスト:9199 ブラウザ: 8839
スーパーロボット大戦新シリーズの始まりにしてスパロボ史上に残る作品。

フルアニメーション化で迫力ある戦闘シーン、戦闘カット機能によるスムーズ化、マップの立体化やインターミッションでのバストアップ仕様で臨場感のアップ、
ともう言葉で表せないぐらい豪華な新仕様。
そして参戦作品も超電磁コンビにマクロス、魔装機神やSRXの二大オリジナルが共演と大盤振る舞いの極み、
しかもそれらがシナリオのみならず設定レベルで大胆かつ豪快にクロスオーバー、と至れり尽くせり……

とまぁ褒めようと思えばいくらでも、そして実際に褒め尽くせる出来なのは確かです。
が、しかし……これら数々の長所を以てしてもフォローしようが無い、あまりにも致命的な欠点があります。
スパロボ史上に残すほどの作品だったからこそなお目立ってしまっている気すらします。
オリジナル作品の誇張?いやそんなの旧第○次シリーズでもありましたし全くとは言いませんが、あまり気になりませんでした。
それにその欠点はオリジナル等足元にも及ばないぐらい依怙贔屓されています。何せそのオリジナル敵バルマーすらをも踏み台にしてラスボスになる予定だったらしいですから……

その名は宇宙怪獣 そう、トップの敵です。

私は決してトップ嫌いではありません。むしろ高く評価してます。しかしだからと言ってあの破格の扱いは参戦作品のバランスを崩しています。
全知的生命体の敵として凄まじい数を以て押し寄せる。喋らず、主張を吐かず、個性も無く、倒しても倒してもギャースカうじゃうじゃと湧いて襲ってくる。
彼らは作中最大最悪の敵として恐れられています。
ジオンも、ティターンズも、ジュピトリアンも、ゼントラーディやメルトランディも、地下勢力も、異星人すらも宇宙怪獣に比べれば下らない……そう言わんばかりに!
オリジナルがそうならまだ納得が行きます。叩かれるのは覚悟でそう設定されますから。
しかし宇宙怪獣は版権作品であるトップの敵です、スパロボで便利屋なデビルガンダムですらラスボス扱いされる場合は
別の版権キャラのゴステロやオリジナルキャラのユーゼスがコアになって初めて色々ムチャクチャしてるわけです。
宇宙怪獣は原作そのまんまの設定で、クロスオーバーのための自重的なスパロボ補正も受ける事無くあの扱い、これが依怙贔屓でなくて何なのでしょうか?

更に許せないのはライディーンの真の敵も宇宙怪獣……じゃあ妖魔帝国は何?原作に敬意がさっぱり無いクロス設定です。
例えるならグレートマジンガーの鉄也がミケーネ帝国相手に「俺の本当の敵は宇宙怪獣だ、貴様らなんかの相手をしてる暇は無い」と言ってるようなもの。
シュウやユーゼスの「グランゾンの力を持ってすれば造作でもありません」「それも私だ」と何が違うんでしょうか?
この作品における宇宙怪獣は他の全ての版権作品を踏み台にしてしまっています。ひいてはトップという作品自体の。
エクセリヲンの自爆はα外伝は勿論の事、第2次αにも影響を与えてる事を考えるとこの評価出来る後続二作すらも、結局はトップの尻拭いでしかない事が虚しくなって来ます。

素晴らしいものが詰まっていながらたった一つの「あら」のせいで台無しになってしまった悲劇の作品、私個人は『最悪』を付けざるを得ません。

2010/03/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21462 ホスト:21179 ブラウザ: 8415
【良い点】
・新世代に向けて新しくスパロボを作ろうという気合が感じられました。特に戦闘アニメの進化はF、64と続けてやってきた人たちには凄い衝撃となったことでしょう。半端ない進化の仕方です。またMAPも立体的になり一新された感じがありました。ウィンキーと喧嘩別れした後ということもあって尚更そう感じます。
・ダイナミック系・長浜系作品、トップをねらえなどのスーパー系の参戦作品がシナリオ上でも性能面でもだいぶ優遇されるようになり原作再現も細かくなりました。特にマジンガーZがピンチに陥るシーンでの、ムービーとDVEを挟んでの昭和劇場版マジンガーZVS暗黒大将軍の話は見ていて圧倒されました。今回はカイザーも強くなり最後まで主力で通用する実力になってます。
・新規参戦のマクロスを中心に外宇宙系のシナリオを出すことで独特の緊迫感というかスケール感が出ていたと思います。「人類に逃げ場なし」というフレーズは凄くキャッチーで内容にマッチしていました。とても良かったと思います。

【悪い点】
・オリジナルがストーリーにでしゃばりすぎです。エンジェルハイロウをオリキャラが一人で止めたり、ご都合主義パワーの念動力でギルギルガンを一蹴し本人単体で真ゲッターやマジンカイザーと同格扱いしたりと持ち上げすぎです。SRX贔屓や魔装の(特にシュウ贔屓)もそうですが、ストーリーがすべてシュウとイングラムとユーゼスの思い通りってのは幾らなんでも酷過ぎのではないでしょうか。お話的にロンド=ベルいらないでしょう。これだけでも評価は相当最悪です。実際当時はこれ滅茶苦茶叩かれてました。最後のユーゼスを倒してもすっきりしないあの終わり方は最悪です。
・個々の原作再現が細かいのですが全体的なシナリオの纏まりはイマイチで、回収されてない伏線も多いです。後の第二次αや第3次αに繋ぐためとはいえネタの取捨選択が出来ていません。要所要所で燃えるクロスオーバーは多いのですがストーリーとしてのまとまりがいまいちです。
・ユニットに個性が無さ過ぎます。どのユニットも鍛えれば最後まで使えるみたいなバランスはかえって没個性となるでしょう。スーパー系が優遇されるようになったのは嬉しいことですが、その分今度はリアル系の存在意義がなくなってしまう気が。

【総合評価】
新世代向けのスパロボとしてはなかなかに王道だと思うんですが、いかんせん全体的な収まりが悪い。特にオリジナルがあまりにも目立ちすぎているということもあってか全体的にはトータルの評価が悪いんですよね。僕はスパロボではストーリーの筋とクロスオーバーを一番に重視するタイプなのでその点で見てもαはスタンダードなスパロボには成りえても良作、名作というところにはいかないと思います。ただ版権の原作再現自体は結構いいので全体的な評価は「悪い」で。

2009/12/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:186(65%) 普通:13(5%) 悪い:85(30%)] / プロバイダ: 10736 ホスト:10681 ブラウザ: 11348
この作品はスパロボシリーズにおける「中興」に値するタイトルであることは、
売上・評価から見ても多くの人が承知しているだろう。

戦闘アニメーション及びシナリオデモの質の向上、
ジャイアントロボ、マクロスなど参戦が無理だと言われた作品群の参戦、
バンプレストのオリジナル勢力が台頭し、今まで冷遇されていたスーパーロボットの性能向上。
F完結編までのウィンキーソフト時代はシミュレーションに比重が置かれたが、
近作からはお祭り要素、エンターテイメント要素が重視されるようになる。
それは後々、利点の一方で多くの弊害を生むことになるが、それはまたの話。
αという1つの作品において、そのどれもが評価されていることから、この改革は成功と言えるだろう。
実際単純にゲームとして難易度は低めでストレスを感じずにプレイが出来た。

発売した当時は本当に衝撃だったし、スパロボの新しい可能性を垣間見た。
中学生ながら、アニメの人間がゲームでアニメさながらにグリグリ動くさまは興奮したものだ。

よって、思い出を含めた評価として、最終的に「とても良い」とする。

2009/06/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:399(95%) 普通:10(2%) 悪い:13(3%)] / プロバイダ: 22349 ホスト:22372 ブラウザ: 6708
自分はF完結編をプレイした後にこのゲームをプレイしましたが、やはり難易度の高かった前者の方をプレイした事でこちらの方は比較的プレイしやすいように感じたのと、スーパー系、リアル系のシナリオそれぞれにイベントがあって楽しめたのと、敵の強さも終盤を除けば丁度良いと思えたので、この点はプレイしていて非常に楽しめました。

登場メンバーは一部を除いて大体の作品は知っていた事もあったのでそれに関したイベントは十分楽しめましたが、自分は主にスーパー系でプレイしていたのでマジンガー、ゲッター、ダンクーガ、ライディーン、コン・バトラー、ボルテス、ダイターンあたりのイベントは特に楽しめました。

今思うとやはりこの作品がスパロボシリーズで一番楽しめたので、評価は「最高!」にします。

2009/04/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 29567 ホスト:29641 ブラウザ: 8455
【総プレイ時間】
100時間くらい

【良い点】
参戦作品のチョイス。ガンバスターは特に燃えた。
ゲームバランス。最後はなかなかつらいが、優先して育成したキャラはかなり重宝するのでいい感じ。
他のスパロボじゃあんまり主人公機を使わないが、本作ではトップクラスの性能を誇るため、非常に使いやすい。リアル、スーパーどちらも良い。
【悪い点】
ラスボスがその前のステージと比べ厳しい。いきなりダンチの厳しさなので、ビビる。

【総合評価】
欠点があまりない。
やって損はない。

2009/04/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(97%) 普通:1(3%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14920 ホスト:14749 ブラウザ: 4926
【総プレイ時間】
覚えてない

【良い点】
適度な長さ

【悪い点】
なし

【総合評価】
自分の中では一番好きなスパロボ、楽しかった・・・もう一回やりたいな

2009/03/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 23098 ホスト:22969 ブラウザ: 10307
登場メンバーについて

・ガンバスターが出ていたのが良かったです。

・エヴァンゲリオンも良かった。

・ビルバイン、サイバスターは攻撃力弱かったので使えませんでした。

・主人公はかなり強いですね。

・アムロ、シャア、カミーユ、ジュドーは相変わらず使えました。特にシャアは今回フルアーマー百式改が使えてよかったです。サザビーより使えました。

・ウイングゼロも良いですね。MAP攻撃で一網打尽にできます。

・マジンカイザー、真ゲッターはかっこよい。

システム
アニメーションをカットできるので、無駄な時間がかからないと言う意味では良かったです。

でも、カットしすぎるとプレイが作業になってきてしまって、ゲームとしてはどうなのか?

あと、会話が長くてちょっとうんざりしました。
まじめに読んでると、プレイ時間の半分はそれに費やされるような気がしました。
(気のせいでしょうけど、)

ファンネルがことごとく切り払われてちょっとむかつきました。

面白かったです。

[推薦数:2] 2008/11/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(43%) 普通:15(19%) 悪い:29(38%)] / プロバイダ: 14666 ホスト:14776 ブラウザ: 6287
名実共にスーパーロボット大戦シリーズの新時代を切り開いた作品と言えると思います。
いろいろな部分がF完結編までと異なっており、キャラゲーとして楽しむことができるため、
比較的ライトなユーザーの方にもスーパーロボット大戦シリーズに触れる機会をつくった作品とも言えると思います。

システムとしては、この『スーパーロボット大戦α』から戦闘シーンのON/OFFが可能になりました。
これはプレイすることのできる時間が限られている方、特にご多忙な社会人の方などには非常にうれしいことだったと思います。
実際、戦闘シーンをカットすることができるようになってから、より早くステージをクリアすることができるようになりました。

しかし、戦闘シーンをカットすることができるようになったとはいえ、私はこの作品の1周目ではほとんどカットせずにクリアしました。
戦闘シーンが今までのシリーズに比べて物凄く動きましたからね。
やはり今のド派手な戦闘シーンには全然及びませんが、当時は物凄いインパクトがありましたよ。

また、それらと同等もしくはそれ以上にうれしかったのはバランスの変更でしょうか。
F完結編まではとにかくNT至上主義といった感じで、一部の例外を除くNT以外のキャラやその乗機は使いづらかったです。
しかしながら、この作品ではスーパー系やNT以外のリアル系でも愛さえあれば充分前線で戦うことが可能です。
これはスーパーロボット大戦シリーズにおいては非常に意味のあることだと思います。
やはりプレイする人間は自分の好きなキャラを使いたいものですから、この作品以前の極端なバランスは失敗と言わざるを得ませんからね。

シナリオ的には賛否両論なところも若干ありますが、私個人としてはかなり楽しめました。

もちろんバンプレストオリジナルと版権作品とのパワーバランスが悪かった点は残念ですが、
プレイヤーの視点主となる主人公がいるだけ参戦ではなく、しっかりシナリオに絡んでくるのはうれしかったですね。
まあ、キャラが立っているという意味では一足先に発売された『スーパーロボット大戦64』の方が上でしょうが。
これ以降のスーパーロボット大戦シリーズにおけるオリキャラの有り方の基礎を作ったという意味で言えば、PS用ソフトであるこの作品の方が上と言えるかと。

内容的には非常にスケールの大きいシナリオだと感じました。
この作品がαシリーズの1作目であり、シナリオ的な格付けで言えば以降の作品の勢力の方が危険なんですが、
プレイしていて感じた率直な印象で言うならばこの作品の敵勢力が一番危険だと感じました。

何しろオリジナル敵勢力であるゼ・バルマリィ帝国第七艦隊はキャンベルとボアザンを植民地のように扱っていましたし、
ラスボスのユーゼス・ゴッツォはこの作品で起きたあらゆる事件の全ての黒幕でしたからね……まぁ彼の「それも私だ」は今ではネタ台詞になってはいますが。

同じくオリキャラであるイングラム・プリスケン、シュウ・シラカワなども含めて、この三人が全力で戦えば世界が崩壊するというのは物凄い設定だったかと。
事実、イングラムとシュウが組んでドレイク軍がバイストンウェルに強制送還されたりもしましたし……。

また、バンプレストオリジナル主人公もとんでもない設定でしたね。
サイコドライバーの素質があるということでユーゼスに目をつけられてこの戦いに巻き込まれることになったわけですが、
そのサイコドライバーとしての素質をシナリオの中であますとこなく発揮しております。
私が特に印象に残ったものといえば、エンジェル・ハイロゥのサイキッカーの念を一人で押し返すイベントでしょうか。
他にもいろいろあるとはいえ、一番といえばやはりあのイベントだと思います。

ウッソの突入やヒイロの狙撃イベントを完全に喰っていましたからね。
とにかく、この作品はオリキャラ勢が非常に目立つ作品であったと思います。
まあ、それ故に次回作となった『スーパーロボット大戦α外伝』ではオリキャラ勢は抑えられていたんだと思いますが。

オススメユニットは今までの作品ほどシビアではありませんので、版権作品の主人公クラスは改造すればみんなそれなりに活躍してくれるかと。
というわけで、自分の好きなキャラ、機体を積極的に改造してエースとして活躍させることも充分可能だと思います。

ちなみに、私自身がプレイして感じたオススメユニットとしては――

ヒュッケバインMK-Ⅲ(リアル系主人公)
龍虎王(スーパー系主人公)
SRX(リュウセイ)
ウイングガンダムゼロカスタム(ヒイロ)

この4機でしょうか。

ヒュッケバインMK-Ⅲはガンナーパーツ、ボクサーパーツを換装することができる万能系ですね。
龍虎王も主人公の能力と相まってスーパー系であるにも拘わらず敵の攻撃を避けまくり、反撃で敵を駆逐してくれます。
SRXはR-GUNも合わせれば4人分の精神コマンドを使うことができる上に、性能的にも最強クラスです。
ウイングガンダムゼロカスタムは低燃費高出力なリアル系の理想とも言うべき機体でした。

これらの機体をフル改造してあげれば、終盤戦でも単体で敵を全滅させることも可能です。
特にオリジナルの3機はラスボスであるユーゼスのジュデッカ(黒)でも最強武器で一撃で沈めることが可能です。

というわけで、難易度的にはF完結編とは比べ物にならないくらい易しくなっているかと。

最後に私は未プレイなんですが、この作品の別バージョンということで、ドリームキャストでも同一タイトルで発売されております。
新規参戦として『サンライズ英雄譚』シリーズでお馴染みの『機甲武装Gブレイカー』も参戦しているとのことです。
まあ、ほぼいるだけ参戦とのことなのでそれ目当てでの購入はしない方がベターではありますが……。

また、シナリオ的にはラスボスがユーゼスからラオデキヤやシュウに変更されていたり、ティターンズやEVAの勢力のシナリオも追加されているとのことです。
特にラオデキヤはPS版では散々な扱いだったので、彼のファンの方はプレイしてみるのもいいんじゃないでしょうか。
まあ、それによって今度はユーゼスが割を食う形になってしまったらしいんですけどね。
おそらくはPS版『スーパーロボット大戦α』から『スーパーロボット大戦α外伝』の現代シナリオまでを1本にまとめたのがDC版『スーパーロボット大戦α』なんでしょう。

総合評価は「とても良い」です。
今と比べればシステム面などにもまだまだ稚拙な点は多かったとはいえ、私がここまでこのシリーズにハマることとなった最後の一押しをした作品ですからね。
機会があれば未プレイのDC版『スーパーロボット大戦α』にも触れてみたいところです。

2008/01/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(55%) 普通:33(27%) 悪い:22(18%)] / プロバイダ: 32756 ホスト:32764 ブラウザ: 3023(携帯)
今にして思えば一番シナリオがしっかりしてたかな…。寺田Pは良くも悪くも波があるけど。

F完結→64→αときて遂に戦闘アニメがパワーアップ。敵勢力も、これまではDCと一纏めにされてたのに各勢力をきちんと立たせて、これまでのスパロボより原作を尊重した作りになってたのが嬉しかった。原作の台詞やイベントを重視した上で、オリジナルキャラもシナリオに深く関わらせた(厳密にはこれらの試みは64から始まったのだけど)。
でもオリジナルキャラを目立たせ過ぎた感もある。その辺敬遠する人も多いし、自分もSRXはレギュラーじゃなかったし。てかリュウセイとマサキがいるから主人公8人の存在意義ないやん。

もっと読む

「なかなか面白かったですよ。スパロボシリーズでは初めて全クリできたゲームですからね。一番重宝したのがデ...」 by クロムウェル


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/02/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22080 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い/格好良い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性とても良い(+2 pnt)
難しさ難しい

もっと見る
1. 今年で発売10周年 by Mr.KN
... 次α、そして先月当たりからMXといったスパロボ作品をプレイし始めたのもあってこちらも発売から10年が経ったのを思い出しましたが、2018年はPS2ゲーム「スーパーロボット大戦Z」の発売から10周年の年でした(発売日は通常盤が2008年9月25日、スペシャルディスク版は翌年の3月にそれぞれ発売)。 本作は「第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河 ...
記事日時:2018/11/07 [表示省略記事有(読む)]
2. 攻略本には書かれていなかったが、まさかこんな盲点があったとは by 墨汁一滴
... ずつプレイしている第二次スーパーロボット大戦αも47話aまで進み、ちょうどガオガイガー関連で一区切りつくシナリオでしたが、最後だけあっていきなり序盤のイベントで全ユニットの体力が半分以下に加え、気力80にされて精神コマンドも一切使えない状態に。その上、増援でまあまあな数の敵が出現してちょっとキツいかなと思いつつ、攻略本を見ると4ターン目に体力と全快し、 ...
記事日時:2017/08/07 [表示省略記事有(読む)]
3. EXTRA!Story!Image!Mecanics! 伝説巨神イデオン 最終回 スパロボ編 by 634
... _width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> コスモ「こっちだってパワーは上がっているんだ!なめるな!!」 ハルル「ぬう・・・重機動メカの発進を急がせよ!!巨神を近づけるな!!」 なんでドグ・マックとガドモア・ザンなのかというと、この二機が続く『第3次スーパーロボット大戦α』に登場せ ...
記事日時:2012/08/20
video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ