[ゲーム]スーパーマリオワールド


CERO:A(全年齢対象)

Super Mario World
  • 面白い
  • 楽しい
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数23位5,976作品中総合点239 / 偏差値123.66
ゲーム平均点94位945作品中平均点2.17=とても良い/110評価
1990年ゲーム総合点2位184作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ゲーム性2.19(とても良い)21
音楽1.90(とても良い)20
キャラ・設定1.81(とても良い)21
映像1.48(良い)21
ストーリー1.10(良い)21
難しさ-0.25(普通)20
面白い86%18人/21人中
楽しい71%15人/21人中
可笑しく笑える29%6人/21人中
びっくり24%5人/21人中
美しい19%4人/21人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

恐竜ランドに遊びに来たマリオブラザーズとピーチ姫。ところが、またもやピーチ姫が姿を消した ! ! 恐竜ヨッシーと共に救出に向かう。

SFCと同時に発売されたスーパーマリオの4作目。 売り上げ枚数は355万枚で、SFCソフトではスーパーマリオカートに次ぐ記録。
制作:任天堂 プロデューサー:宮本茂 ディレクター:手塚卓志 プログラマー:中郷俊彦 音楽:近藤浩治
日本 発売日:1990/11/21(水) SFC
日本 発売日:2006/12/02(土) Wii VC
日本 発売日:2013/04/27(土) Wii U
海外 (アメリカ):発売日:1991/08/18
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ちょっとした事。ハートレス中学生 2011/12/107,791文字
2裏技+α我平 2005/05/151,704文字
3小ネタ遊戯 2014/03/29926文字
4本物のマリオワールドに招待されるようなプレイ夜界アキナ 2010/01/103,657文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://homepage3.nifty.com/fever/mario/

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/mw/index.html
2. http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_smw/index.html
3. http://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/vc/jaaj/
158,284119110
最近の閲覧数
1131011021
2人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/03/04 / 最終変更者:カトル / その他更新者: 634 / TCC / 提案者:スターシャイン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(53%) 普通:9(9%) 悪い:39(38%)] / プロバイダ: 13509 ホスト:13488 ブラウザ: 5173
wiiのVCでプレイしました
隠しステージはまだクリアしてませんが通常クリア済みです
流石2Dマリオの最高傑作と称されているだけあってボリュームも内容の質も素晴らしかったです
難易度もそこまで高い訳でも無く子供がプレイして熱中できる絶妙な設定でした

評価は「とても良い」です。

2016/10/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(59%) 普通:29(15%) 悪い:49(26%)] / プロバイダ: 634 ホスト:590 ブラウザ: 4701
【総プレイ時間】
今回のプレイでは5時間ほど
過去にクリアした経験あり

【総合評価】
前作で不満だった所がほぼ全部改善されていましたね、さすがです
前作は増やしたはいいけどマイナス面も多くなってしまって、結果として完成度が低くなってしまっていた(カービィSDXやFF6のような感じ)
今作は無駄を削ぎ落としてアクションゲームとしての面白さが明確になった
例えば、無駄な変身が無くなってバランスが良くなった
お手軽強キャラだったしっぽがバランス調整されたマントに。存在価値の低くなってきていたファイアは倒すとコインが出るように
スターの無敵時間が長くなって爽快感がアップ、かえるやハンマーといったよく分からないバランスだった物の削除
他には、ミニゲーム類を縮小させたのも良かった、アクションゲームとしてのテンポの良さも出るようになっていた

走る速度が遅くなったのも地味だが大きな改善点。前作は早さと効果音が相まって、爽快感よりも焦燥感や危機感を感じる作りになっていた
本作は全体的に、スーパーマリオブラザーズ系統のゲームとして正しい進化をしたゲームだと思える

アクションゲームとしては素晴らしく面白いがどうしても不満がある、それは隠しルート。この難易度が高い
過去作だと隠しのレベルの難易度だった要素が通常の攻略で必要になってしまっている所が2,3箇所ある
アクションを快適に楽しめるゲームの中で、何か浮いてしまっている感じがある

評価は とても良い
アクションゲー部分は紛れもなく一番上のクラスだが、不満点がどうしても気になってしまうため最高には一歩及ばず

[推薦数:1] 2016/02/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:159(93%) 普通:12(7%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4047 ホスト:4048 ブラウザ: 5819
【総プレイ時間】
クリアするまで相当な時間プレイしていましたので覚えていません。

【良い点】
・ハードがSFCに移っただけあってグラフィック、BGM等がFCの時よりも進化した点。
・SFCのコントローラのボタン数が増えただけあってマリオのアクションも進化した点。
・黄色、緑色、赤色、青色をベースとしたカラフルな世界観。
・新キャラのヨッシーの使い勝手の良さ。
・全体的にゲームバランスが良くて遊びやすい点。
・特定のゴールでゴールしたりや鍵穴に鍵をさしたりすると行ける別コース、おたのしみコースといった難易度の高いステージ、マントマリオでの無限飛行といったテクニック等とやり込み要素が豊富な点。

【悪い点】
・おたのしみコースを全クリアした時に裏ワールドに行けるのですが、裏ワールドに一度行ったら本来の表ワールドには二度と戻れなくなる点(交互に切り替えるといった配慮が欲しかったです)。

【総合評価】
F-ZEROと並ぶSFC初のソフトでありSFCでのマリオシリーズの記念すべき第1作目でもあるマリオシリーズ最大の傑作の1つです。今でもスーパープレイ等の動画が多数アップされている辺り相当な影響力を及ぼした事は間違いないでしょうね。私自身はスーパープレイが出来る程はやり込んではいないのですが、長い時間楽しむ事が出来ましたので評価は無論「最高」です!
[共感]
2016/06/07 ゴーグル侍さんの評価を拝見し、このゲームの魅力を再認識いたしました。初めてプレイした際のプレイのしやすさには驚きました。おっしゃるとおり、裏ワールドから戻れなくなるのは嫌でしたね。マリオの顔のノコノコの姿は、今でもトラウマです(笑)。 by 銀河の星屑

2015/04/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1440(52%) 普通:703(25%) 悪い:628(23%)] / プロバイダ: 3188 ホスト:3248 ブラウザ: 8615
歴代のマリオでも一番といっていいくらいとっつきやすいマリオではないでしょうか

マリオを動かしてステージを攻略していくなかで、ヨッシーに乗って、火の玉出して、空飛んで
様々な手段でステージの仕掛けを解いていきますが、操作しているだけでも楽しいというのは大きな良ポイント。
全マリオシリーズで一番好きな変身ギミックである"マント"が導入されていて、うぃ〜ん、うぃ〜んと
滑空と上空を繰り返しながら飛び続けて、なにも考えずに飛んでいるだけでも楽しいとか凄いです

ステージをクリアして移動エリアを広げていきますが
クッパの城までの道筋がひとつではないため一度クリアしたマップに何度も潜って別ルートのクリアを目指したり
時には謎解きステージもあったりで単純にアクションなだけではありませんでした

またヨッシーのデビュー作でもあり、その高い性能や愛嬌のある見た目にしても
のちに主役級のキャラクターにまで成長するその存在感はすでに放っています

2015/02/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(84%) 普通:3(6%) 悪い:5(10%)] / プロバイダ: 44293 ホスト:44127 ブラウザ: 10295
【総合評価】
子供の頃はでかいスイッチ踏んで感動したりマントマリオや青ヨッシーで飛行するのが爽快だった。ドーナツ平原のテレサの屋敷の隠しコースのアイテム補充できるところは何度も世話になった。当時はエクストラコースの風船で行くところがどうしてもできなくて近所の兄ちゃんにやってもらってたこともあった。隠しコース見つけるのも楽しかった。ただクリアした後に亀の甲羅が生首になってたのは気持ち悪かった…

2013/06/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:485(66%) 普通:101(14%) 悪い:152(21%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 5133
【良い点】
グラフィック向上や、やりこみ要素の豊富さ。
前のステージがもう一度やりたいと思ったら、戻ってまた簡単にやり直すことが出来る。
裏ルートを発掘した時の喜び。
【悪い点】
ややゲーム全体で緊張感が薄くなったかな。予備のアイテムとかを持ち込んでステージに挑めるので、初期作の「このキノコででかくなった分は大事に行こう的な要素は薄まったように思う。

【総合評価】
しばらくするとまたやりたくなる一作ですね。

2013/04/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 32210 ホスト:32241 ブラウザ: 11280
プレイ時間不明。

まず、前作と同じでステージを任意に選べる方式で自分でステージを選べるのはいいですね。
マップもSFCなんで立体的で見やすくて好き
今作では新しいアクションとしてマントマリオとヨッシーが加わり
マントマリオは操作性がよく遊びやすいのでプレイしやすかった。
空を飛んだりするのは爽快感があり楽しいのもいいです。
ヨッシーも、ただいるだけでなく敵を食べたりかなり使えるのでやはり遊びやすく
そのアクションも可愛いので見た目も好きですね。
マントマリオになるのも容易でパワーアップしやすいバランス調整は上手いと思う。
裏ステージなどはゲームクリアのタイムアタックも競えるので
やりがいのあるステージ構成はプレイヤー心をすすりいいと思う。

気になる所はやはり、最後の方のステージはかなり難易度が高いことですかね。
意外にステージによっては同じワールドなのに難易度に差がある所バラツキは気になった。

あとセーブ機能が出来たのは良かったそのおかげで時間を気にせずプレイが出来ます。

評価は「良い」遊びやすく本体発売日の作品としては上出来でしょう。

2012/11/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:102(74%) 普通:17(12%) 悪い:18(13%)] / プロバイダ: 23407 ホスト:23384 ブラウザ: 5141
スーパーファミコン発売と同時に売り出されたマリオ最新作。(1990年頃)
前作よりパワーアップが整理されて、マリオの成長にバラエティがなくなった。
反面、ヨッシーの登場、スピンジャンプなど新しい試みも。
難易度は比較的高めだが、なれと操作次第なので「普通」くらい。
隠し難関ステージとしてスターロードがあるため、上級者にもやさしい作りになっている。
【良い点】
何といっても画面が綺麗。
中ボスのアニメーションが愉快。
分岐ありで、クリア以外にも途中の道で寄り道を探す楽しさ。
【悪い点】
難易度の上昇が半端ない。
特に5エリアの子クッパのステージあたりから急激に難しくなる。
ストックがひとつしか持てなくなった。
【総合評価】
マリオの名作最新作です。(ただしSFCの時代)
前作の3から踏襲しているボードゲーム的な要素をさらに細かく
複雑にして、謎解きの楽しさが心地よいです。
ただ、上のストックですが、いつもタイミングが悪すぎです。
というのも、敵にぶつかったときに自然に下りてくるスタイルは
辞めておいた方がよかったでしょう。
なぜなら、ミスしてそのストックを取りに行く際に、
戻るのも難しいといった場面が多数出てきます。
正直スタッフの爪の甘さだと思いますね。
ストックはセレクトボタンでしか取れないとすれば一番助かったのですがね。

あと、割と残酷な死に方が多いです。マジで壁に潰されたり、鉄柱に食い込んだりと
さすがにやりすぎです。いくらマリオが超人的だといってもです。

個人的には、3で培われたパワーアップ(ブロスマリオ、たぬきマリオなど)を
残してほしかったところです。

あと、簡単投票では、普通の難易度としましたが、難しいを選ぼうかどうか迷いました。
後半戦は、10人くらいザラにやられるほど敵とステージが難解なんですね。

難易度をもっと下げて、従来のマリオのいい点を
もっと取り入れるべきだったんじゃないかなと思っています。

とはいうものの、ノコノコの中身が飛び出るという発想はマリオらしくて楽しめました。

2012/07/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 1772 ホスト:1788 ブラウザ: 9615
本作品は歴代マリオシリーズの中でも屈指の操作性と安定性を誇る作品と言っても過言ではないでしょう
とにかく操作がしやすく、全体的な自由度も高いので多くのマリオファンが満足出来た作品でしょう
城や砦をクリアしてしまうと以後2度とプレイ出来ないのは残念ですがそれでも良い大作です

【総プレイ時間】
100時間?

【良い点】
・全体的に簡単
→マントマリオや青ヨッシーのおかげですね

・ヨッシーが登場する
→しかし黄色が弱過ぎる...(緑は元祖ヨッシーなので能力ないのはわかるが)

・BGMが良い
→この本作品で1番良く使われている地上のBGMが神

・隠しステージが豊富
→何も情報なしでプレイすることが面白い

【悪い点】
・お化け屋敷、城や砦の陥落などをしないとセーブ出来ない
→ドーナッツ平野のお化け屋敷がマントあれば速攻クリア出来ますが...

・SFC版だと1度クリアした城や砦はプレイ出来ない(アドバンス版なら可能)
→これはちょっと痛いですね...

【総合評価】
本作品とヨッシーアイランドはマリオゲームの完成体と言えるのではないかと思います
間違いなく任天堂が誇る超大作の双璧だと思いますし、本当に良い作品ですね
よくネットである「改造マリオシリーズ」は大半が本作品からの改造ですので、それほど本作品の操作性や世界観は素晴らしいということでしょう
ちなみに青ヨッシー所持だと殆どのステージがクリア出来ます

本作品1番の思い出としては......思い出というか最初チーズブリッジの隠しコースの行き方を知った時は衝撃的でしたね...
→超強引にマント&ヨッシー使って向こう側にジャンプするやつ

2012/02/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:167(71%) 普通:14(6%) 悪い:55(23%)] / プロバイダ: 36047 ホスト:36081 ブラウザ: 7353
【総プレイ時間】
50時間ぐらいかな

【良い点】
・ヨッシーが使える
・ヨッシーが甲羅を口に含むと特殊能力が使える
・BGMが良い
・ヨッシーがかわいい

【悪い点】
特にありませぬ。

【総合評価】
SFCのゲーム第1弾にしてはすごく面白いゲームだと思いました。
「最高!」で。

2011/10/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(77%) 普通:26(4%) 悪い:139(20%)] / プロバイダ: 7402 ホスト:7179 ブラウザ: 14175
スーファミと一緒に発売された作品で、かなりのグラフィックでした。
物語性もあり、今までのマリオシリーズを覆す作品でした。
やり込み度も十分で、ヨッシーを新たに使えるシステムやマリオの様々な機能も良かったです。
ボスも程ほどに強く、BGMも良かったです。

2011/08/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 36185 ホスト:35997 ブラウザ: 1978(携帯)
私が人生の中で一番やりこんだゲーム。当時としてはグラフィックがよく、好感が持てた。96ものボリュームたっぷりのステージ、操作性の良さ、隠しゴールや上級者ステージなどどれを取っても完璧。評価は「最高」で。

[推薦数:1] 2011/06/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:124(69%) 普通:33(18%) 悪い:22(12%)] / プロバイダ: 24762 ホスト:24995 ブラウザ: 7381
[色]
カラフルな色使い、これが本作が成功した要因の一つのように思います。
SFC第一作として世に出た本作品。
FCから進歩したSFCに期待されたのは、容量などもありますが、なにより「見た目」であったのではないでしょうか。
このグラフィックの向上の成果がわかりやすく目に見えるのは、角張っていたものが丸くなったことに加えて「色使い」にあったのだと思います。
この新スペックをカラフルな色使いに余すところなく費やした点を評価したいです。

丸みを帯びてなめらかになったグラフィックについては、キャラクターに生かされています。
この色使いと丸みの両面が生かされたのが新キャラクターであるヨッシーです。
マリオの赤と青にあわせてベースの緑、配色のバランスが良いです。
おまけに赤、青、黄の色ごとに性能が違い、無駄がありません。

[ワールド]
タイトルにふさわしくマップが一つの世界で統一されている点が良いです。
プレイヤーのニーズにそった分岐ルート、これが唐突でなく繋がりが保たれている点で良いです。
最短ルートでクリアしたい者はスターロードを通り、安全にクリアしたい者はスイッチを踏み、難易度の高いコースへ挑戦したい者はスペシャルコースへ進み、とことんプレイしたい者は全てのコースを訪れる。
自由度が高い上にこれらが一つの世界にまとめられている点で良いです。

[親切設計]
ヨッシーの存在が極めてプレイヤーに親切です。
アイテムで強化したマリオのさらなる防具となり、敵を食べ、炎を吐き、空を飛び、土煙をあげる。
2段ジャンプが可能となり、木の実次第ではタイムも増える。

全てのステージをクリアしようとすると、アイテムの使用が強いられます。
この点につき、アイテム・ヨッシー補充用のステージと、アイテムを回収したら即ステージを抜けられる機能を設けた点が親切です。

[総合評価]
ストーリーについては伝統を残し、音楽・映像・ゲーム性・難易度、全てにおいて文句はないです。
評価は「最高」です。

2010/10/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:90(66%) 普通:0(0%) 悪い:47(34%)] / プロバイダ: 44074 ホスト:43980 ブラウザ: 16805
SFCソフトの中では第1作目のマリオシリーズにしてはかなりの完成度を誇る作品。
BGMはかなり質が高く、某動画サイトでも可笑しな空耳の歌詞をつけられたりと高く評価されるほど。
難易度に関しても簡単でもなく難しくもなく、程良い難易度設定で初心者にもとっつきやすい。

コース数は全96個とかなり多く、ドラゴンコインを集めれば裏面という名の2周目も遊べたりと、ボリューム満点。
ゴールは大抵1つだけであるが、中にはゴールが2箇所存在するコースがあるのは斬新。
スーパーマリオブラザーズとは違い、砦・城以外のコースは一度クリアすれば何度でも挑戦できるため、長く遊べる。
そのため残機を増やしたり、取り逃したドラゴンコイン、隠しルートを探したりとコース内を探索する楽しみが味わえる。

ヨッシーも初登場し、ふんばりジャンプやヒップドロップといった後の基本的なアクションはまだできないものの、多くの敵を倒せるのは爽快。
ネタとして有名な乗り捨てジャンプで谷底落下を回避できるという便利な所もある。
甲羅を口に含むことによって様々なアクションを行えるが、青ヨッシーは便利すぎる所がある。
難しいコースであっても、背中に生えた翼でゴールまで飛んでいけるし、簡単にゴールできてしまう。
残念だったのは、ヨッシーはおばけが苦手という設定のためおばけ屋敷には連れて行けないこと。それならまだしも、城と砦にも連れて行けない点は不可解。

ルイージも操作キャラとして使えるが、外見は色違いのマリオで性能もマリオと全く同じと文字通り2Pカラーのキャラと化している。
せっかく登場したのならきちんとマリオと差別化してほしかったのが本音。

マリオの新しいパワーアップにマントマリオが追加され、攻撃・防御・飛行何でもできる優れ物でかなり高性能。
スーマリ3のしっぽマリオと性能が似通っているが、飛行能力が大幅に異なるなどきちんと差別化されている。
しかし、その高性能さが逆に難易度低下の一因にもなり、上空を飛行し続けていればあっという間にゴールまで行けてしまう。
これは上記で青ヨッシーについて述べたことと同じでどちらもバランスブレイカーである。
マントマリオの性能の良さ故か、ファイアマリオの存在感が薄くなってしまい、マントマリオ無双となっている。

評価は「最高」です。

[推薦数:2] 2010/08/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 29718 ホスト:29798 ブラウザ: 11161
ゲーム界の最大手ブランド「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの第4弾。
このゲームはスーパーファミコン本体と同時発売されたため、初出は1990年となる。おお、今から数えて丁度20年も前なのか。道理で俺も歳を食うわけだ(笑)。まぁ、私は本作初プレイの頃から色々と変わったが…それはともかく本作の輝きは、今なお衰えを知ることがない。現在プレイしても、ゲームの神に愛されてでもいるのかというほど圧倒的な完成度、面白さに舌を巻かずにいられない。


さて本作、通常のルートを一本道で通っても、決して短くはないのだが、その上に分岐による特別コース、お楽しみコース、更には上級者向けコースなど幅広いステージが用意されている。

まず通常コースから言えば、ハードの賜物か、ステージ内容の幅も飛躍的に広がった。そのためか、各エリアに於いて被るステージが全くない。それでいて互いが独立した内容を要求するのではなく、基本操作(空中コントロール、地形の使い方)の応用に基づいた計算にしっかり嵌めている。「マリオ3」のふしぎリフトのように、急に新しいアクションを要することで戸惑わせる場面がない。そのバランスは驚異的。ギミックや演出も素晴らしく、特に城やオバケ屋敷、ツインブリッヂ、チョコレー島、スターロード辺りは、凝った内容も相まって、神懸かり的な面白さだ。
なお、斯様なコースは単に進むだけなら比較的、易しい部類に入るが、その分だけ自由に遊びこむ要素も沢山ある(これは正規ルート以外でも共通)。ドラゴンコインやレアアイテムの収集、隠しルート探索などがその例だ。そういうのをコンプリートしようと思えば、難易度は決して低くない。これらは達成率(ファイル選択時に示される)に影響を与えないし、前作マリオ3の隠し要素のように、クリアに直結するとは限らないため、不要と言えば不要に思えるかも知れない。
けれど、私は斯様な要素については、前作より本作の性質に好印象を持っている。というのは、3ではなまじクリアに有利ということが解っており、しかも強制入場が少なくないだけに、「やらされている」感が付き纏った。一方、本作では達成率などに必ずしも影響しないためか、このように肩肘張った感がなく、「こういうのを用意しちゃいました」といった茶目っ気、遊び心が溢れており、それが気張らないやり込みを実現させたように思う。プレイヤーに遊び方を選ばせている、とも言えそうだ。
3との比較でもうひとつ言えば、そのやり込み要素の明瞭度に差がある。ハッキリ言って3のやり込み要素は、ゲーム以外のソースがない限り、なかなか発見できるものではない(ファミコンでは一般的だったが)。つまり普通にやっていても到達できない代物だった。一方、本作のそれは普通にやっていても、少しは(←「少し」というのがミソ)目につくので手が届きやすい。言うなればプレイを敷衍させるための間口が広い。

これだけでも物量、質ともに十分なグレードであるのだが、本作では更にルートを分岐させる。そのステージたちの、内容のカバー率といったら凄まじく、床が氷に変わる、坂道で攻めまくるというシンプルなものから、画面全体にブロックを敷き詰めるというインパクトの強いものまで様々だ。その幅をみるに、あの手この手でプレイヤーを愉しませようという気概を感じる。
なお、斯様なコースに行くにはもちろん、通常より腕が要るので、テクニックや謎解きの要求水準も高い。しかし、本作の難しさはマリオ2の裏面のように純粋な技量の勝負というより、寧ろ今迄にあった仕掛けをより捻くれた感じにしたものが主で、どちらかと言えば、より凝ったギミックを愉しんでくださいね、といった感じだ。マリオ2式の硬派なアクションもいいが、本作の「難しさと楽しさの両立」も、私は高く買いたい。

このように、本作のボリューム・作り込みと、それによって齎される愉しさといったら凄まじく、これが本当にSFC最初のソフトなのかと、畏怖の念を抱かされる。しかし、ここでこう思われるかも知れない。「物量だったらマリオ3の方があるんじゃないの?」と。量だけならその通りと言えるかどうかは解らないが、これはマリオ3がFCながら下手なSFCを圧倒するボリュームを誇るということだから、凄いに違いない。
けれど、私に言わせるとマリオ3はボリュームがありすぎた。というのは、量を揃えたはいいが、アイテムにはあまり役に立たないもの、ゲームバランスを崩壊させるものが見受けられるし、ステージは強制度が高いので、面白さに繋がっているのかどうか、疑問に思える箇所が多かった。つまり、量に質が追い付いていないところがあったわけだ。
本作は、そういった3に対する反省の念が強かったのかも知れない。3に比べて、内容がとかくスリムになっている。変身パターンをマントに限定し、更に踏み込んだアクションはヨッシーに分担させ(これらについては後述)、ステージ以外のポイントを出来るだけ絞る。そうした上で、ステージおよびアクションの完成度に目を向けさせている、といった感じだ。このゲームは「付属品」がなくたって、こんなに遊べるんだぞ、と。


これほどボリュームを質・量ともに堪能できるのは、もちろんマリオ自身がプレイキャラとして極めて優秀だったからに他ならない。私は今でも思う、本作のマリオこそ「究極」だと。
繰り返しになるが、本作ではパワーアップをファイアとマントに限定し、それ以外のアクションを一時的なアイテムとヨッシーに担わせている。このバランス・効果は特級という他ない。

マントは腕次第で上昇・滞空時間をコントロールできるので、ここでも3に比べて自由度が格段に増しているし、それを踏まえてか、空中の仕掛けが一層の量を誇る。何より、長く飛ぶことの気持ちよさといったらない。もっとも、いつまでも飛び続けられるということは、ステージをスキップできてしまうということでもあり、それは流石に卑怯ではないかとも思えるが…本作の驚異は、それすらも逆手に取り、通常のゲートの奥に、飛行でしか到達できないゴールを用意しているコースが存在しているということ。ここまで来ると、バカがつくほどの練り込みだ。いい意味で呆れ、笑うしかない(とはいっても、そんなコースばかりじゃないので、やっぱり卑怯臭さは否めないか)。
攻撃力でいっても、前作より操作性が向上していて、命中率も威力も高い。しかし、マントの攻撃が真価を発揮する相手は強敵が多いので、撃破を考えれば丁度いいバランスに収まっていたように思える。物量はマリオ3を知っていると貧弱に思えるかも知れないが、内容でいったら「貧弱」なんてとんでもない。マリオ3のハンマーなんかはバランスを容赦なく破壊する危険な代物だ。カエルなんて逆に使うと損だろう。それを知っていると、本作のパワーアップのバランスがいかに優秀か、強く実感させられる。

ヨッシーは本作初登場のキャラで、マリオが乗ることで操作できるようになる。殆どの敵を食べられる上、ブラックパックンの頭を歩ける、甲羅を飲んで様々な特殊攻撃ができるなど、その能力はとても高い。けれど、その割にゲームバランスを崩壊させていないどころか、より高度なものにしているというから恐れ入る。
事実、ヨッシーに乗ったままのプレイも、それはそれで骨が折れたりするのだ。まず単純に的が大きくなるので、特に飛び道具の多いステージでは熾烈さをより感じやすい。また、甲羅を含まない限り飛ぶことができないので、空中ステージで使いこなすには、相応のテクニックが必要だ。難易度以外についても、高度なところになると、乗り捨てて向こう岸まで渡る、なんて残酷なアクションを取る場面も。
このように、ヨッシーはゲームの幅を広め、有利にすることこそあれ、ゲームを崩壊させることはない(本作に於いて「崩壊」に最も近いのは、マントマリオの継続飛行だろう)。ここまで高い能力を用意しながらゲームをより高い次元に押し上げるとは、なんたることだ。ちなみにヨッシーには通常の緑の他、3色の個体が存在するが、それらは上級者向けのレアキャラといった扱いと思い、私は納得した。

欲を言えば、マリオとヨッシーが力を合わせた謎解きの場面が欲しかった。両者のスペックだからこそ作れる謎もあっただろう。でも、そこまで求めるのは流石に酷か。というか、ヨッシー初登場の時点でこれほどの作り込みが実現している時点で既に特筆ものであることには違いない。この辺、初出の作品が優秀だと、後続作品も作りやすくなるのか、などと余計なこと(?)を考えた。

では、マリオの操作性はというと…ジャンプが軽いタイプのゲームに限れば、本作以上の操作性はあり得ないのではないかと、私は思っている。いや、もちろん経験的要因があることも否定しない。本作は私が生涯最初にプレイしたテレビゲームであり、現在はバニラ台地コース2で99機に増やせるほど操作に慣れているくらいだから、贔屓目になっているところもあるだろう。
でも、それを抜きにしても極めて優秀な操作性と言える。本作のマリオは身軽だが、その言葉の意味合いは、以前とも以後とも違う。以前のシリーズでは少し鈍さが目立っていた。以後(つまりNEWマリオ)は逆に浮遊感と慣性がマリオにしては働きすぎ、動きが無駄に多いという印象が残った。その点、本作のマリオは極めてスピーディーなだけでなく、邪魔にならない程度にブレーキが効く。即ち速さと硬さが高水準でシンクロしていているわけだ。この操作の気持ちよさはやればわかる。

なお、映像と音楽についても少し触れておくと、絵柄はアニメ色が強くなっており、独特の艶がある。個人的な好みは普通だが、整っていて見やすい画面だ。音楽については、スーパーマリオブラザーズのメロディを所々引用しつつ、ポップな感じに仕上げている。SFC初期ということで音質は並レベルかも知れないが、私としては、それがイイ感じにゲームっぽさを出していると思う。何より耳に残りやすいキャッチーさがいい。なお、ヨッシーに乗るとパーカッションが追加させるが、ここでも芸の細かさに驚かされる。ちなみに芸の細かさといったら、ラスボス登場シーンなどは当時のプレイヤーに大きな衝撃を与えたのではないだろうか。


「スーパードンキーコング」シリーズほどではないにせよセーブポイントが限定されていること、それからラスボス以外のボスキャラのやる気がないこと(まぁ、マリオのボスは弱いと相場が決まっている、RPGのカジオーやクリスタラーの強さがちょっとおかしい)を除けば、本作のゲーム内容は殆ど「いうことなし」だ。もし、一本だけ完璧な完成度を誇る作品を挙げよと言われると…正直、挙がらない。完璧などあり得ないから。しかし、それに最も近い作品としてなら、自分は躊躇わず本作の名前を挙げる。操作性、システム、バランス、ボリューム、どれを取っても隙がない。映像と音楽も目と耳に優しく、プレイの快適性を上昇させている。いやほんと、これ以上の完成度は実現不可能なんじゃないかとさえ思えてくる(強いてそれに近い作品を選ぶとしたら「ドンキー2」だが、同作品には些か不親切さ、偏りが目立つ)。

しかしながら、本作よりマリオ3の方がいい、とする意見も多い。私は断然こちらの方を推したくはあるが、その意見も解る気がする。上では散々、比較という名目でマリオ3を批判してきた。というのは、システムが似ている上で言えば、3は粗っぽい内容で、本作は洗練されている。しかしながら、洗練といえば聞こえがいいが、ここまで整っているとなると、本作は「究極の優等生」、出来杉くんみたいなゲームとも取れる。
優等生には面白みのない奴も多い、と思われている方もいらっしゃるだろう。そうなのだ。本作は完成度こそ極めて高いが、整いすぎているだけに「ふ〜ん、普通に面白いね」だけで終わってしまう節がどうしてもある。3はどうかというと、とりあえず人並みに整っていはいるが、バランスがおかしい、詰め込みすぎなど問題も多い。だが、それだけに訴えるものも強い。そういうところもゲームの魅力の一種だろう。クソゲー好きな私にはよくわかる(笑)。いや、マリオ3は決してクソゲーではないが、とまれ、本作より3の方がいいという意見は、否定するどころか肯定されて然り、と言いたいわけだ。
しずかちゃんが伴侶に選んだのはのび太くんであって、出来杉くんではない。その理由がわかるのと同じだ。

とはいえ、私の最初の友達(初プレイのゲーム)は出来杉くんに違いないわけだし、その面白さ、完成度が「トップ」どころか「飛び級」クラスであるという意見は変わらない。私だけかも知れないが、本作は今なおアクションゲームの最高傑作として、頂点に君臨し、輝き続ける。これを生涯で最初にプレイできた私は、本当に幸せ者であると思う。評価(感想)は「最高!」だ。

もっと読む

「【総プレイ時間】・飽きるほど。全クリしました。【良い点】・キャラクターでヨッシーとマントマリオが出た...」 by てぃんこ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2016/02/11 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 4047 ホスト:4048 ブラウザ: 5819
SFC初のマリオシリーズですが、四半世紀前に発売されたにも関わらず今でもスーパープレイの動画が多数アップされている程やり込み要素が豊富な所が素晴らしいです!

2018/08/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2881 ホスト:2866 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性とても良い(+2 pnt)
難しさ普通

もっと見る
1. Barnirun's "Ringtone melody Room" (第2版) by Barnirun
... __遊女__2009__うたてめぐり__ MA-7 198__トラワレビト__遊女__2008__シークレットゲーム -KILLER QUEEN-__ MA-7(旧) orgel 26__星の光の花咲く丘で__ __2005__スーパーマリオRPG__ MA-3 50__魔王クッパBGM__ __2005__スーパーマリオワールド__ MA ...
記事日時:2018/03/11
2. 3度目の推薦評価&初の共感コメントを得る事が出来ました! by ゴーグル侍
... で報告するのが遅くなりましたが、3度目となる推薦評価、そして前々から目標としていた初の共感コメントを得る事が出来ました! 今回推薦+共感コメントを得た評価は「スーパーマリオワールド」に対する評価です!銀河の星くずさん、推薦評価だけでなく共感コメントまでして下さってありがとうございました! 次の目標はまだ決まっていませんが、今後も自分のペースで ...
記事日時:2016/06/12
3. 今年で発売30周年 by Mr.KN
... が出ていた事でそれを知りましたが、今日9月13日は任天堂から1985年に発売された“ファミリーコンピュータ"用ゲームソフト スーパーマリオブラザーズ が発売されて30年目に突入した日でした。 スーパーマリオといえばゲームユーザーならほとんどの人が知っていると思われる大人気作品のひとつで、ウィキでも 「社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては ...
記事日時:2015/09/13
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ