[ゲーム]Memories Off 2nd - メモリーズオフ セカンド -


CERO:B(12才以上対象表現有)

めもりーずおふせかんど / Memories Off 2nd
  • 考えさせられた
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数722位6,046作品中総合点14 / 偏差値51.95
ゲーム平均点577位955作品中平均点1.08=良い/13評価
2001年ゲーム総合点39位219作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.33(良い)3
ゲーム性1.33(良い)3
音楽1.00(良い)2
キャラ・設定-0.67(悪い)3
ストーリー-1.00(悪い)3
難しさ-0.50(普通)2
考えさせられた67%2人/3人中
可愛い33%1人/3人中
交友に役立つ33%1人/3人中
セクシー0%0人/3人中
熱血0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

うだるような暑さ、かしましいセミの鳴き声。
季節はまさに夏本番を迎えようとしていた……
主人公「伊波健」は、同級生の「白河ほたる」と交際している。
ずっと変わらないと信じていた。ふたりの関係も、今の幸せな状況も。
制作:キッド 機種:PS ドリームキャスト PSP
キャラクターデザイン:ささきむつみ
シナリオ:打越鋼太郎 日暮茶坊 中澤工
音楽:阿保剛
日本 発売日:2001/09/27(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1DC版とPS版の小ネタ墨汁一滴 2013/07/30715文字
2分岐点ルートTCC 2014/08/30339文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www6.plala.or.jp/noir/game/memooff2/index_memooff2.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://memoriesoff.jp/psp/2nd/index.html
オープニング動画 (1個)
明日天気に…
歌:Remi 詞:志倉千代丸 作曲:志倉千代丸 編曲:loose@rouse [ファン登録]
17,4862313
最近の閲覧数
2021000210
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/03/15 / 最終変更者:カジマさん / その他更新者: 宇宙刑事ジャンギャバン / ダイゼンガ- / 提案者:myu (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/08 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:926(59%) 普通:351(22%) 悪い:292(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177
メインヒロインであるほたる編だけでやめておけばよかったと後悔しました。

ジャンルはギャルゲー。テキストを読み進めて選択肢を選んでいくだけのタイプ。
キャラクターデザインは癖がなく万人に可愛いと思われそう。

特徴は主人公に最初から彼女がいること。序盤でできるとかではなくゲーム開始前から付き合っている状態です。
ほたる編では主人公にいらっとしたり校庭の文字でずいぶんと大胆なことするなーと
思いながらも幸せになれてよかったねって感じだった。
これも話はあんまり面白くなかったけど。

問題はそれ以外で全てのルートをやった訳じゃないけどとても心苦しい・・・。
作中でも言われるようにほたるが健気で良い子なのがまず致命的。
ほたる編以外だと性格悪くなるとかそんな感じならまだよかったのに
つらい・・・。

主人公は気持ち悪いし毎度の迷走具合には呆れます。
更にほたる編でも中盤迷走してるからかシナリオ自体もまた?って思っちゃった。
グッドエンドのほうが気分が悪いし。

恋人が酷い仕打ちを受けるのが好きな人向け?なのかなぁ・・・

2010/06/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(57%) 普通:14(17%) 悪い:21(26%)] / プロバイダ: 46421 ホスト:46494 ブラウザ: 9207
1のつまらなさからは信じられないくらい、2は面白かったです。
ゲーム全体を通してよかった点は、1と違って主人公に共感しやすかった点です。唯一熱中していた部活を引退し、確固とした目的のないまま、どことなく抜け殻のような日々を過ごしているところや、告白されるままに付き合いはじめ、自分も相手のことを憎からず想っていながらも、これが本当に恋なのかと悩むところなど、その最たるところでしょうか。また、修羅場前提というのも、なかなかに面白い設定だったと思います。ただし一方で、あまりの修羅場の多さに、ルートを三つほどクリアした辺りですでに食傷気味でしたが(汗。また、共感しやすい点が多い一方で、「いや、そりゃないだろ」と思うところも多かったのが残念です(恋人がいるにも関わらず、合って二回目で別の女の子に告白したり、スパイク履いたまま顔面に飛び蹴りしたり)。

最後にルート別の評価としては、
ほたる→とても良い。
姉→良い
すずな(だったっけ?)→とても良い
双子→悪い(最後のあれはキュレイシンドロームでしょうか?ライターさん同じだし)
親友→良い(やはり出会って二回目でというのが……)
先生→悪い(肝心なところ丸投げ&翔太があまりに浮かばれないので)

です。

2010/06/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:475(64%) 普通:108(15%) 悪い:158(21%)] / プロバイダ: 34454 ホスト:34212 ブラウザ: 4824
1は、話の本筋に入るまでが長かったですが、2のストーリーは単純明快で
いかにも青春、バカップル的なところが良かったです。
それにしてもほたるのような彼女がいながらフラフラするイナケンは
最低ですね。エンディングのほたるの行動で少し同情しましたが
まあ、天罰ってことで。

シナリオに順位をつけるなら、①ほたる②巴③つばめ④鷹乃⑤静流⑥希望
って感じでしょうか。

ほたる・・・ほたるの健気さ、イナケンの頑張りに感動。
巴・・・彼女の親友と隠れて付き合うという背徳感にドキドキ。
ノーマル、トゥルー、共に爽やかな終わり方で良かった。
つばめ・・・翔太可哀想。救済ルートが欲しかった。
鷹乃・・・エンディングのイナケンを尻に敷く鷹乃が良かった。
希望・・・後味が悪いし、訳が分からない。
静流・・・彼女のお姉さんを狙うとは。そのうち絶対、血の雨が降るぞ。

【総合評価】
シリーズで一番面白かったです。
グラフィック、音楽も良いデキでした。

[推薦数:1] 2009/10/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:731(64%) 普通:179(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 1738 ホスト:1718 ブラウザ: 8451
【総プレイ時間】
忘れました(笑)。

【良い点】
・主人公・【悩める少年】伊波健の恋人が存命中、というのが特徴。
そのこともあって、セカンドは「浮気ゲー」と呼ばれています。
私自身、白河ほたるルート以外のルートにおける彼の行為は・・・・ですが、それとは別に、
考えさせられるのがございました。
彼は、基本的に優しい性格・・・なのですが。
また、悩める少年なところですね・・・
高校生は悩んでナンボ。青春時代は悩みを乗り越えてこそ大きく成長するものです!!

・進路も定まらず、サッカー部を引退。
ピアノという才能をもつ白河ほたるへの劣等感。
南つばめをはじめとする女性たちとの出会い。
ピアノ練習で忙しい白河ほたると会えないこと。
それを通して、
彼にとって、本当に自分が必要としている人は誰なのか・・・・
そういったものを通して、己の弱さ、己の醜さを知り、そして向き合う。
そうすることで少しずつ人は成長する・・・・・
メモリーズオフセカンドは、己を今一度見つめ直すストーリー!
そういう点で、私はこのメモオフセカンドを高く評価します!
(ちなみに、伊波健は、カキコオロギの犠牲者です・・・哀れ。)

・白河ほたるルートの【良い点】
彼女のルートはバッドエンド無し。
(それも道理。白河ほたるルート以外のルートは全て、「兼、白河ほたるバッドエンド」です故。)
エンディング、ラストの校庭でキスをするシーンは好意に値します。
浜咲学園の伝説の幕開けです(笑)。

・南つばめルートの【良い点】
彼の浮気行為に対し、周囲の人(主に稲穂信)は、伊波健に対し、理解ある行動を示しています。
かなり大人と思います。

・飛世巴ルートの【良い点】
白河ほたるの友人。伊波健に一目ぼれをします。
彼女のその想いに伊波健が応えたところ。ラストでは笑顔にします(CGあり)。
もっともその後、白河ほたると飛世巴が口論になってしまいますが、
その後(ととちゃんが去った後)、彼が白河ほたるに「悪いのは全部自分なのだ」と
言い、飛世巴に責任転嫁しなかったところ。
(ちなみに修羅場の最中、白河ほたるが「今さら恋人面しないでよ」と言葉をたたきつけるシーンは
かなりインパクトがございました。)
家族の事故(だったかな?)の知らせを受けたとき、仕事を優先させた行為に
まつわる因縁のエピソードも印象的でした。

・寿々奈鷹乃ルートの【良い点】
双海詩音とは本屋での知り合い(?)という前作とのつながりな点。
伊波健は、不良に絡まれている舞方香菜を助けようとしたところ
(結果的には寿々奈鷹乃が救ったが)。
因みに現実世界では、普通、「不良に絡まれる少女→見て見ぬふり」というケースですからね〜。
私でもそうします。
それを考えると、伊波健の「ちょっとの勇気」「ちょっとの親切」は価値あるものです。
彼女のルートでは、なんと寿々奈鷹乃は水恐怖症になってしまいます。
その克服のために、伊波健はプールの底に潜るような無茶な行動をします。
そうした行動を通して、寿々奈鷹乃の心は開いていきます。
現実世界では、正直、私、寿々奈鷹乃のようなタイプの人は、ちょっと苦手なんです(苦笑)。
だから、彼女のためになんとかしよう、などという気持ちは正直わかないものです。
それ故、こっちのバージョンの伊波健は、私よりも優しいな〜、と素直に思えたものです(笑)。

・白河静流ルートの【良い点】
白河ほたるの姉。伊波健を心のどこかで奪ってしまいたい悪い魔女願望を有しています。
彼女のその想いに伊波健が応えたところ。ラストでは笑顔にします(CGあり)。
実はプロレス好きなところ(笑)。霧島小夜美とは親友という前作のつながり。

・相摩希・望・希望ルートの【良い点】
二重人格?双子?彼女のシナリオはかなり興味深いものがございました。
なかでも相摩希望ルート。
人によって、さまざまな解釈がございました。
私もその内容を目にしたことがございます。
それを通して、「インフィニティ」や「ミッシングブルー」
というゲームをするきっかけとなりました。
また、彼女(達)は澄空学園の美術部に在籍ゆえ、伊吹みなもとのつながりが
あったのでは・・・・と思わせます。

・アペンドシナリオはどれも興味深い内容でした。
とくに異なる主人公視点のストーリー(犬のトモヤは知っている・・・・(笑))とか、
相摩さんとのエピソードで下の名前を選び、それによってエピソードが異なる内容とか。

【悪い点】
・白河ほたるルート以外のルートにおける彼のほたるに対する裏切り行為。

・白河ほたるルートの【悪い点】
おやぢギャグはちょっと・・・・(笑)。

・南つばめルートの【悪い点】
父親との極悪な過去は多大なインパクトをもたらしました。
伊波健が彼を殴る描写がありますが、二人の過去を知った後ならいざ知らず、
知る前ですからね〜。正直、わがままな子供じみた行為に思えました。
周囲の人(主に稲穂信)の大人な行動があるだけに、伊波健の上で述べた行為が引き立つわけです。
あと、中森翔太は哀れすぎます(涙)。

・飛世巴ルートの【悪い点】
彼女のルートは、伊波健が白河ほたるに内緒で飛世巴と行動を共にします(ヲイ)
で、その結果、そのことが白河ほたるの知るところとなり、
両者が口論するわけですが、伊波健はなにもできません。
これはダメダメですね(苦笑)。

・寿々奈鷹乃ルートの【悪い点】
彼女は、男を虫に関する比喩表現で悪く言います。
不良に絡まれている舞方香菜を助けようとした伊波健に対しても
彼女はそうしています。ちょっと酷いです。

・白河静流ルートの【悪い点】
彼女のバッドエンドルートでは、白河静流からの手紙を読んで、彼は「僕の夏は終わった」と自己完結します。
白河ほたるを裏切ってまで、白河静流を選んだのならば、かってに終わりにするなと言いたいです。
次に白河静流と再会するときに備えて、己を磨くなりしていただきたいものですぞ。

・相摩希・望・希望ルートの【悪い点】
無し

【総合評価】
【とても良い】とします。
【悪い点】を考慮にいれて、【最高!】には至りませんが。

【追伸】
これは私見ですが・・・・・・
「他に好きな女ができたから、今の彼女と別れる」シナリオは、
正直、メモオフセカンドだけで十分と思います。
「想い出にかわる君」以降、そのパターンが続いていますが、
「とりあえず、その手の修羅場ネタをいれさえすればウケル」
みたいな考えがプンプンにおいます。

メモオフセカンドでは、人生訓のひとつとして考えさせられたものですが、
「想い出にかわる君」以降の二番煎じは、ただむかつくだけ・・・
それが私の偽らざる本音です。

2007/07/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:107(56%) 普通:27(14%) 悪い:58(30%)] / プロバイダ: 29873 ホスト:29582 ブラウザ: 8090
【総プレイ時間】

結構時間がたってるよね。
つまらないRPGとかやってると、まだ十時間くらいしかやってないの?って感じなのに。
わりと心地いい空間なのかも。今は。

【良い点】

ほたるちゃんがいーよね。

【悪い点】

もともとこのメーカーのゲームはあんまり好きじゃない。
くどいっていうか、理屈っぽいっていうか、セカイ系っていうか。
でも最近はこんなもんかもなあ、と思うこともあり。
これもありか、と思うこともあり。

新人声優は、演技が微妙だったりする。南里ちゃんはうまくなったねえ。最近見ないけど。割と好きなのに。
聞き苦しい、というほどじゃないんだが。

【総合評価】

ほたるちゃんが良くってさあ。しかも俺、名前がこの主人公と同じだったり、
結構オーバーラップする部分があってさあ。
ほたるちゃんは俺の彼女、と言ってみるテスト。
(それほど悪気はないのであまり怒らないで…)

普通+ほたるちゃんの分=とても良い

2006/04/04 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
やはり、主人公であるイナケンの不甲斐なさは弁解の余地がありませんねえ。つばめ編や鷹乃編等では
付き合っている白河ほたるが親友の中森翔太と仲良く談笑している場面に遭遇したぐらいで自信喪失し、
彼女と距離を置く様になったり、巴編では親友同士だった飛世巴とほたるが、自分の所為で喧嘩している
のに何も出来ずに棒立ちになっていたり。

ところでメモリーズオフのテーマって、何でしょう。ずばり、過去との訣別ではないかと。このセカンド
を除く歴代の主人公は皆、辛い過去を持っています。それを乗り越え、新たなパートナーを得て、共に歩んで
いこうとする点に意味があるのかもしれません。


でも、イナケンの場合はまったく同情の余地がないですが。
それにしてもヒロインは皆、辛い過去、悲しい過去を背負っていますね。つばめの悲惨極まりない境遇は
言うに及ばず、巴は弟を亡くしており(彼女のシナリオでは更に、父まで亡くす)、相摩姉妹は妹の方が
病で苦しみ、姉は病ゆえに両親に殊更大事にされる妹を妬み、静流はピアノで妹・ほたるに負けてから好き
なものを何でも妹に譲るようになってしまい、鷹乃は幼い頃に溺れ死にしそうになった挙句に父母に捨て
られたという心の傷を背負い・・・・。

そういった、辛い想い出を乗り越えていくところにこのシリーズの良さがあるのやも知れません。

2006/01/09 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:267(75%) 普通:26(7%) 悪い:64(18%)] / プロバイダ: 12203 ホスト:12274 ブラウザ: 3646
2ndがよくメモオフの中で最も評判が良いらしいですが、
私から見ると2はシリーズの中で矛盾点が多く
ツッコむべき所が多すぎてメモオフの中では
音響とCVを除くとトータルで見るとそれほど良い作品とは思えません。

主人公のイナケンは、他のメモオフ主人公と比べて恋人に死なれたり振られたりしておらず
恋人がいながら他のヒロインに心を移す自分勝手な行為をしているため、好感が持てません。
他のメモオフ主人公と比べて他の恋人と付き合う必然性もありません。
イナケンの葛藤も自業自得としか思えず感情移入しなくかったし、
ほたるの方から身を引いてもらっている点も
情けない。

それに比べて小説版のイナケンは情けない所もありますが、
ほたるを傷つけた過ちを悔いる描写があったり、
「リベレーション」での脇役としての彼の行動を見ると
好感が持てますがね。

2006/01/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:59(75%) 普通:17(22%) 悪い:3(4%)] / プロバイダ: 43444 ホスト:43435 ブラウザ: 5234
このギャルゲーはKIDの代表作として結構有名ですよね!
実は私が初めてやったギャルゲーでもあります。
ストーリーが若干単調な分、よけい情景描写が奥深く(主人公の葛藤など)感じました。文章も上手い方ですね。
現実的な世界観のなかで、「メモオフ」という独特のベールを確立させたのもこの作品の魅力です。
ゲームのシステムも当時としては、かなり良かったのではないかと思います。

しかし、逆にこの作品のヒットによって、「メモオフ」というブランド性を妙に固定化してしまったというマイナス面もあります。結果として、その続編たちもやけに内輪的な要素が強く、ユーザーを変に固定化してしまっているような気がします。

この2nd単体では、それなりに楽しめるのですが、そこから先に進むに連れて、どんどん通路が狭まってきているような、閉塞感をメモオフ作品全般に抱きます。その始まりがこの作品であったのでしょうか。

2nd以降のストーリもなんとなく予定調和が保たれていて、この作品(2nd)をやってから、別のメモオフ作品をやっても、それ以上の感動を持てないというのは、それだけこの作品のクオリティーが高いということなのでしょうか。

どちらにしても、私にとって特別な作品であることに間違いありません。

キャラクターは、希。シナリオは、ほたる全般、希・南先生のラストとかに、個人的に好感を持ちました。

2005/09/22 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33021 ホスト:33021 ブラウザ: 5978
朝凪荘に火をつけたのは状況から考えて、翔太ではなくつばめ先生だと思います。何故なら、直前に彼女は
電話で住人であるイナケンとシンを呼び出し、外出させているからです。偶然にしては出来過ぎでしょう。

で、誰もいなくなったところを見計らって火をつけたと言う訳です。彼女にしてみれば、実の父親に○○
され続けてきた辛く苦しい人生の中で唯一楽しい思い出のある朝凪荘の存在が重荷になってたんですね。
だから、最後に全部燃やしてしまおうと思った訳です。しかし、これって犯罪ぢゃないですか!?
一年後に何事もなかったようにイナケンと再会してますが、警察は何も気がつかなかったのでしょうか。
あと、父親とはどうやって手を切ったのでしょうか。謎が多いです。

希望シナリオは、相摩姉妹の死を目の当たりにしたイナケンが狂い、いもしない希望という女の子の存在を
頭の中で作り上げて現実逃避したという説もありました。案外当たってるかも知れません。

しかし、何度思い起こしても雪蛍と本編でのイナケンは別人としか思えん。クイクイ星人に拉致されて
脳改造でも受けたのか?

2005/09/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:426(74%) 普通:101(18%) 悪い:49(9%)] / プロバイダ: 40026 ホスト:39878 ブラウザ: 3875
前はデュエット評価欄に書いてましたがこちらに移動させておきました。
シナリオ感想です、ネタバレ注意ですよ。

ほたるシナリオ

なんか僕の考え方ではほたるが身勝手なような気がしたんですよね・・・嫌いじゃないですけど。
イナケンが振り回されているような気がしましたわ・・・
それに最後の青春ドラマみたいなシーンは・・・恥ずかしいです・・・
とは言ってもやってて不快になったわけではないので普通で。

つばめシナリオ

矛盾点と問題点が多いけど良いシナリオだと思いますよ。
最後は感動しました、つばめの風になると言う台詞も良かったです。
なかなか良いシナリオなのでは?
朝凪莊に火をつけたのは多分 翔太だと思いますね。

巴シナリオ

これも問題点が多いけどラストは良かったと思います。
巴は良いけどイナケンがなさけねぇ!!
ラストシーンで巴が頑張って演劇の役を演じるのが素晴らしいです。
でも泥沼な展開は・・・
イナケンもどうにかしろよ・・・
ノーマルエンドもあれはあれで良いと思います。

静流シナリオ

・・・・・・絶句・・・
イナケンよ・・・自分の事だけではなく人の事も考えろ・・・
なぜ彼女(ほたる)のお姉さんを好きになったかわからないし・・・
静流に強引に迫るな・・・
評価はもちろん最悪で・・・
これに匹敵する悪シナリオはトゥハートのあかりシナリオぐらいでは・・・

鷹乃シナリオ

なんかなぁ・・・ギャグが強すぎるせいでシリアス場面の評価が・・・
いきなり泳げなくなるのも度肝を抜かれましたよ。
あと男性嫌いになった理由も説得力がないし。
とは言ってもラストはなかなか良かったです。
母親の話が。
これでもっと掘り下げてくれれば化ける可能性もあったんですがね。

希シナリオ

あうー!助けて!評価書きづらいです!
このシナリオ良いと思うか悪いと思うかで分かれると思います。
上手く希&望エンドと共に命の大切さを描けていたと思います。
ただ希望エンドはしばらく僕は硬直しました・・・
いきなりファンタジーチックになっちゃあね・・・

以下キャラ感想終了です。

ゲーム感想

このゲーム前作ほど人を選ぶとは思いませんけど別の意味で人を選ぶと思います
やはり浮気などでしょうね。
とは言っても巴とつばめシナリオが良かったので僕的には悪い作品だとは思っていません。
ヒロインも生き生きしていて魅力的ですし。(個人的に鷹乃が好きではないですが)
このゲームの長所、短所はこうですね。

長所
1 音楽が良い
2 キャラが良い
3 シナリオは人を選ぶけど良い
4 絵がくせがなく可愛い

短所
1 矛盾点が結構ある
2 主人公がヘタレ
3 1と変わらず人を選ぶ

ですね、今ならデュエットが2000円なので買って損はないと思います。
絵も綺麗ですし。
得られる物は人によって様々かと。
わりと好きなんですが僕の場合欠点が気になったので評価は「良い」にしておきます。

2005/04/12 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33255 ブラウザ: 5978
しかし、メモオフシリーズの主人公ってのは情けない者が多いみたいですね。智也は恋人を失った痛手
を三年も引きずり、イナケンは付き合ってる女の子を捨ててほかの女の子に走り、後のシリーズの面々も
恋人に逃げられたりしてるみたいですし・・・。

まあ、智也の方は同情の余地が無くもないですが・・・・しかし、もう一人の幼馴染を傷つけちゃ駄目
だろ。

二作品とも、登場する女の子自体はとても性格設定の掘り下げがしっかりしていて魅力があるのに、主人公
の駄目さ加減が面白さを減じる原因となっているのが残念です。

もしメモオフの新作が出るなら、主人公をマシな奴にしてほしいですね。取り合えず恋愛経験はないが、
男が惚れるような良い男(美形と言う意味ではない、人間的に好感の持てる奴と言う事)にしてもらいたい
もんです。

2005/04/11 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7213 ホスト:7073 ブラウザ: 3875
ほたるシナリオはやはりどなたも評価が高いですね。メインヒロインだから、やはりそれなりのシナリオに仕上がっている感じですね。

主人公に恋人がいる、あるいはいたという設定はメモオフでは全作そうですね。今度出るとしたら、一度もそういう経験をしたことがない男を主人公にしてもらいたいですが(笑)

2005/04/11 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33255 ブラウザ: 5978
やっとこさ、オールクリア致しました、最終評価を下しましょう。

白河静流:メインヒロインである白川ほたるの姉で、大学三年生。料理、とりわけお菓子作りが好きで、
趣味がプロレス観戦という面白い人ですね。
彼女はピアノでほたるに負けて以来、ある種の劣等感を抱いていたみたいですね。ほたるが好きになった
ものに対しては常に黙って一歩引くのが常になってしまい、それは恋愛でも変わらなかったと。
で、必要以上に妹を気遣うようになってしまっていったみたいですねえ。
で、ここでもイナケンは不甲斐なさを十二分に発揮。ほんの些細な行き違いからほたるとの距離が離れた
際に、再三金縛りに遭い、誤解を解く努力を怠ってました。情けない奴っ!!
更に、静流を追いまわし、白河姉妹の仲をギクシャクさせ、ほたるばかりか静流自身の心まで傷つける
始末。この大馬鹿者があっ!!
しかし、しかし、ここでのほたるは立派でした。失恋の痛手を乗り越え、大きく成長し、見事コンクール
で優勝しました。
その後、イナケンは押しの一手で静流に迫りまくり、ついに彼女に告白を了承してもらいましたとさ。
やれやれ、ホンに人を傷つけるのが得意な奴ちゃイナケンは!!

南つばめ:イナケンの住むアパートに越してきた女性で、彼の通う高校の夏期講習の臨時教員を務める
事になってました。
しかし、彼女の過去は陰惨で救いがないですね。十五の年に実の父に手○めにされ、肉体的精神的に
さいなまれ、ボロボロにされました。唯一生きる希望を与えてくれた少年(後に意外な形で再会)とも
父により引き離され、彼女の心は壊れかかっておりました。
バッドエンドの悲惨さは他の追随を許しませんなあ。普通、あそこまでするか?イナケンもあれでは
立ち直れまい。
グッドエンドは綺麗に終わってましたね。つばめの笑顔がまぶしかったです。

白河ほたる:さてさて、ようやくメインヒロインの登場です。明るく元気で気立てがよく、やや甘えん坊
で変なギャグを連発する面白い女の子です。
こんな良い子を捨てちゃ駄目だろイナケンよ。
彼女はピアノの名人で、コンクールに備えて練習が忙しくなった事等が原因で疎遠になってしまった恋人
イナケンの気を引くために中国原産のてるてる坊主を作ったり、指が動かなくなったと嘘をついたり、実に
健気ですね。
で、イナケンの方もほたるを励まそうと慣れない手作業をして彼女の好きな曲を奏でるオルゴールの製作
に取り組んだり、結構頑張ってましたな。まあ、友人の翔太とほたるの仲を誤解したりもしましたが。
エンディングではウィーン行きを蹴って戻ってきたほたると校庭で全校生徒注目の中熱いキスをかわして
お互いの愛を確かめ、願いを叶えてくれたソオシンニャン人形を川に流してめでたしめでたし。
ふう・・・

で、結論

白河ほたるシナリオ:とても良い
南つばめシナリオ :とても良い
飛世巴シナリオ :悪い
白河静流 :とても悪い
相摩希(望、希望):悪い
寿々奈鷹乃 :普通

総合評価は普通ですね。悪いとつけたシナリオも、ヒロイン自身は良いのですが、主人公の行動があまりに
も身勝手で情けない為減点しました。つばめシナリオもよっぽど悪いをつけようかと思いましたが、孤独で
傷ついた彼女を過去の呪縛から救った点を評価しました。

登場人物の性格や過去の設定は非常に秀逸でありましたが、主人公に彼女がいて、それを振ると言う物語
設定がいただけませんでした。あれではどうあがいても主人公はイナケンの様に身勝手なヘタレにならざるを
得ず、到底感情移入出来ません。

2005/04/08 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33255 ブラウザ: 5978
ふう、寿々奈鷹乃と相摩希のシナリオをクリアしました。しっかし、プレイすればするほど、主人公
伊波健のヘタレっぷりが嫌でも印象付けられますなあ。

まず、シナリオ評価をば。例によってネタばれもありですが。

寿々奈鷹乃:自分を慕ってくれる後輩をイナケンに助けてもらっても礼を言うどころかアベコベに馬鹿
呼ばわりしてくるので当初殺意を覚えましたな。それに対し何も言い返せんヘタレなイナケンにも。
彼女は相当な男嫌いですが、その訳は父親に捨てられたとの想いからだったんですな。しかも、幼い頃に
池で溺れた時に母親が助けてくれず、見舞いにも来てくれなかった事も、彼女の心に大きな傷を残したと。
まあ、これらの出来事は後に誤解であったことが判明しますがね。
しかし、笑えたのは彼女が見た目とは裏腹な健啖家だった事です。おかげでイナケンの生活費がかなり
削られる羽目に・・・・オイオイ。
このシナリオでは、イナケンがほたるとの待ち合わせに遅刻してしまった事がきっかけで両者の間に
溝が生まれ、結局二人は破局と言う展開でしたが、どっちもどっちって感じですね。イナケンもほたるも、
本当に相手の事が大事ならもっと積極的に誤解を解こうと努めるべきでした。ほたるも、受身なばかりじゃ
駄目でしょうが。翔太に相談したのもマイナスですな。
イナケンにも、彼女の家に押しかけるくらいの積極性が必要でした。
にしてもイナケンよ、告白のタイミングが悪すぎだぞ。ほたると分かれた直後に言い寄ったら、そりゃ
信の言うとおりいい加減な奴だと見られて当たり前だろ。男嫌いの鷹乃でなくてもそう思うわいな。
まあ、命がけで鷹乃に母親と向き合う決断を下させた事は評価してやりますがね。で、事件の真相を知り、
水の恐怖を克服した鷹乃に改めてイナケンは告白し、自分の居場所を彼のもとに見出せた鷹乃はそれを受け
いれ、めでたしめでたしと。
最後の場面、イナケンは鷹乃の尻に敷かれているみたいですね。でもまあ、二人が幸せそうならいいか。

相摩希:この娘とは、イナケンが信の紹介で始めたバイト先で知り合うのですが、やたらと情緒不安定な
女の子で、おまけに仕事中に倒れたりもします。あるときは明るく元気に振舞ったかと思えば、またある時
は学校の美術室のスケッチを破ったり・・・。
真相は、希には病弱な妹の望がおり、彼女の願いを聞いて入れ替わりを行っていたと言うものでした。
ただ、希自身も妹になりすまして母親に甘えられるのが快感になっており、そんな自分に嫌気がさしても
いたようです。一方望も、自分の為に姉が無理をしている事を心苦しく思っていました。
ふう、某東鳩2の駄目双子に比べればよっぽど本当の意味でお互いを想いあってますね。それだけに、
終盤でどちらかが命を落とす展開は嫌でした。
しかし、希望シナリオは一体なんだったんでしょうか。今までのは夢?それとも妄想!?頭の悪い
私には何が何やらでした。

女の子の過去等の設定は非常に面白かったですが、やはり主人公である伊波健の不甲斐なさがこの作品の
評価を私の中では落としてますね。
残り三人をクリアしてから、最終評価を下す事にいたします。

2005/04/06 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 18075 ホスト:17859 ブラウザ: 3875
> 宇宙刑事ジャンギャバンさん

イナケンは確かに駄目な主人公ですよね(笑)。あんな可愛い彼女がいながら、他の女に手を出すのだから。
智也の方がはるかに立派だとつくづく思いますね。巴シナリオはドロドロ感が非常に強く、ほたると巴の言い争いは、今までの彼女達の仲のよさを知っているからこそ、余計に痛々しい場面ですね。
今回は主人公に彼女がいる設定からして、こういうドロドロ感があるのは予想はしていましたが、これは出来すぎ。まあシナリオとしてはそこまで悪くないし、むしろ自分の中では評価は高いのですが(でもやると切ないです)。

え〜評価をまだされていないということで最終的な評価&他のヒロインの感想も楽しみにしています。

もっと読む

「とりあえず、飛世巴シナリオをクリアしました。で、主人公の伊波健について一言「最低な奴だな、こんな奴を...」 by 宇宙刑事ジャンギャバン


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/12/11 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可愛い 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性普通(+0 pnt)
難しさ普通

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ