[ゲーム]マブラヴ オルタネイティヴ


MUV-LUV ALTERNATIVE
  • 熱血
  • 涙流した
  • 悲しい
  • 怖い
  • 感動
  • 勇気貰った
  • 考えさせられた
  • びっくり
  • 格好良い
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数412位6,078作品中総合点26 / 偏差値55.84
ゲーム平均点12位935作品中平均点2.60=最高/10評価
2006年ゲーム総合点16位240作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)3
音楽3.00(最高)3
映像2.67(最高)3
ゲーム性2.00(とても良い)3
ストーリー1.00(良い)3
難しさ-3.00(最高に簡単)3
熱血100%3人/3人中
涙流した100%3人/3人中
悲しい100%3人/3人中
怖い100%3人/3人中
感動100%3人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

2001年10月22日――平和な日本で暮らしていたはずの白銀武は、突然「平行世界」に放り出された。そこは、数十年に渡る地球外起源種「BETA」との戦争によって、人類滅亡の危機に瀕した世界――軍事が全てに優先する最前線国家「日本」だった。世界間を移動した原因もわからないまま、現実に翻弄され続けていた武も、いつしかその運命を受け入れ、人類救済計画「オルタネイティヴ4」に関わる国連軍衛士として、愛する者達と共に戦い続ける。だが、国家間の利害問題を克服できなかった人類は、地球放棄計画「オルタネイティヴ5」を選択してしまうのだった。

そして3年後、深い眠りから目覚めた武は、以前暮らした「元の世界」にあるはずの、自分の部屋にいる事に気付く。

機種:windows

-スタッフ-
制作:アージュ
日本 発売日:2006/09/22(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. 【マブラヴ オルタネイティヴ 全年齢版 - エントランス】
オープニング動画 (2個)
未来への咆哮未来への咆哮
歌:JAM Project 影山ヒロノブ 遠藤正明 きただにひろし 福山芳樹
詞:影山ヒロノブ
作曲:影山ヒロノブ
編曲:須藤賢一 [ファン登録]
[もっと見る]
39,5091010
最近の閲覧数
2171160100
1人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/09/13 / 最終変更者:赤い水性のシャア / その他更新者: 管理人さん / 提案者:カジマさん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/07/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:245(40%) 普通:166(27%) 悪い:201(33%)] / プロバイダ: 10543 ホスト:10508 ブラウザ: 7858
【総プレイ時間】
45時間

【良い点】
・BADENDを体験した主人公が強くてニューゲームしてくるという設定、しかし俺つえーが味わえるのは序盤までという甘やかさない感じがよかった。

・どんどん明らかになる衝撃の真実、夕呼先生の人類が勝つなら何でも犠牲にする絶対意思とかよかったですね。

・戦う立脚点を見つけるまでの主人公の挫けて、立ち上がって、また叩きのめされて、それでも立ち上がってと悲劇の連続を乗り越えていく話はアツい。中盤から主人公がこの世界から逃げた後からの熱中度はヤバかった。一番興奮したのはあ号作戦決定さぁ行くぞ!って時にベータの大集団が本部に進行してきて大損壊、こっからどーすんだ!?っていうフツーなら準備万全で挑むはずの大ボスに本来の3割ぐらいの兵力で挑むってところが凄くよかった。

・君が望む永遠のキャラも良い使い方してた。鳴海孝之がどう死んだのかまでを語る外伝作品が出るならまたプレイしようかな。

【悪い点】
・結局のところそれら悲劇を乗り越えたんだけど切り捨てるとか冷徹な判断を実行するような場面が訪れず、
最後まで周りに気を使われて終わったので物足りなかったかな。まぁそういうあくまで人間であり続けようとする甘い主人公にヒロインたちは惚れたんだろうけど。

・夕呼博士は好きだったけどカップリング女性キャラタクターたちがあまり魅力的じゃなかった。
あと一応理由づけはあるけど女性ばかりの小隊にさすがに違和感がありました。

・結局のところ根本的なBETA問題は解決せずに主人公白銀武の成長物語に終始して終わってしまったところ。あわよくば続編でも出そうということなのだろうか。でもアニメでよくある意思疎通したら「え?お前ら生物だったの?すまんすまん、みんな撤収〜」てな展開じゃなく最後まで絶対の敵として居続けてくれたのは好感が持てる。

【総合評価】
最近戦いから逃げたり醜い部分を見せる主人公って逆にいなくなりすぎて物足りなかったんですよね、尺の都合やそもそも好かれないって理由もあるんでしょうけどロボット乗りはもっと殺すことや殺されること、何故戦うのかにもっと悩むべきですね。

2013/03/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 26479 ホスト:26248 ブラウザ: 13851
このゲームはゲームというより映画です。
よって普段アダルトゲームどころかアニメ、漫画にもあまり手を出さないなんて人をも引き込むほどシナリオ、演出、世界観が高水準にあります。

前作のマブラヴプレイがほぼ必須となってくるなどかなり敷居の高いイメージがありますがそれを補ってあまりあるほどの作品であるとおススメできます。

ネットでネタのように残酷なシーンだけを抽出して動画があげられているので間違ったイメージをもっている方もいらっしゃるかと思いますがこの作品、それほどグロテスクなシーンは多くありません。唯、非常に重い話がメインですので本当の意味で18禁商品であると言えます。

「地球を守る」というテーマの重さを本当の意味で教えられる傑作です。

2012/09/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(61%) 普通:0(0%) 悪い:17(39%)] / プロバイダ: 43409 ホスト:43446 ブラウザ: 13661
【総プレイ時間】
7対応版(18禁版)で45時間前後

【良い点】
・ゲームなのにアニメをイメージさせる戦闘シーンなどの演出が独特て雰囲気がでてよかった
・音楽は熱い展開シーンなど曲の演出は良かった
・戦術機がカッコイイ^^
・ストーリーも無印からの繋がりもしっかりしており主人公の目線で感情移入できて辛い想い
などがヒシヒシ伝わったきた
・特に前作の決断を迫られるシーンがこの作品でさらに重くのしかかる展開などイイ意味で主人公の苦悩が良く出てました
【悪い点】
・一般受けしにくいマニア向けの名作
・100%楽しむにはマブラブから始めなければならず特にエクストラ編は結構苦痛だった
・衝撃的な死に対する演出として必要なのは理解できるけれど残酷な描写が数箇所あり
グロ耐性無いと辛いです
・主人公がブレ過ぎで若干くどい所
・BETAとの完全決着がついて無いこと
・無印のマブラブを入れると完結するまでエキストラ編・アンリミテッド編・オルタネイティブ編 とある為かなりの時間を取られること
【総合評価】
・無印から一気にやりましたが主人公が絶望に耐えながら進んで行く姿に心打たれながらプレイし ました
・戦闘の演出もゲームにしては工夫されすごく面白かったです
・長編ストーリーで時間も掛かりますが主人公の壮絶な人生を体験できて名作と言ってもいいくらいハマりました^^

[推薦数:1] 2012/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(75%) 普通:3(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12737 ホスト:12417 ブラウザ: 6890
【総プレイ時間】

発売当時PC版、最近箱○版でやってるので2周、100〜120時間です。

【良い点】

ストーリー、設定、キャラクター・・・ありとあらゆる全てでしょう。特に演出面が秀逸です。少々「右」寄りですが・・・

【悪い点】

単体では100%の楽しみを得られません。前作にあたる「マブラヴ」をプレイしないといけない点が欠点といえば欠点でしょうか。

強いてあげれば、ということなので事実上は無い、ですね。

【総合評価】

これほど「他人に薦めたい」ゲームは私の中にはありません。
俺TUEEEEEEに対するアンチテーゼとしての本作。主人公は「未来を知る」ということの責任と恐怖に晒されていました。

前作のラストでは、主人公はある種の諦めを感じているように思えます。それゆえの安息もあったように思えます。
ですが続編である本作では最後まで決して諦めず、それゆえの悲しみや苦しみを背負うこととなりました。
絶望的な未来を知っているからこそ主人公は頑張れたんでしょう。
ですが、その変えた結果として、本来の未来には無かったはずの出来事も起きてしまいます。

それは誰のせいなのか、誰がその人を殺したのか。仲間達は主人公を叱咤し、励まします。
誰のせいで、ではなく、誰を生き残らせるために死んだのか。
そのお前がいつまでも落ち込んでいてはその人の死は犬死にになってしまう、と言う具合です。
なのですが主人公の悩みはそれとは別次元のもの。
未来を変えたことによる、他ならぬ自分の行為の結果としてその人が死んでしまったことが原因でした。

主人公の精神的成長を描く物語において定番の、「悩める主人公」のシーンです。
このシーンのあと主人公は仲間達の元を逃げ出し、その逃げた先で起こった出来事によって本物のヒーローとなり、帰ってくるわけですが・・・
お約束の展開ですね。アムロ・レイ然り、レントン・サーストン然り。

ただ・・・「もちっと根性出せよ」な主人公が多いなか、本作に対し私が感じたのは、心配。
立ち直れるかな・・・?とわりと本気で思いました。
鬱展開に次ぐ鬱展開。ちょくちょくフラッシュバックする例のシーン。
今度こそ本当に、自分自身のせいで平和な日常が壊され、大事な人達が傷つけられる。主人公は本気で自分自身の死を願います。
序盤〜中盤にかけての見せ場です。
そんなチャプタータイトルは、「許されざる者」。
わずかばかりの希望を見出し、歯を食いしばって耐えるわけですが、この時点で主人公の精神力はほぼ超人の域です。

と、武ちゃんマジイケメン、なことを書いてきましたが、私が心底感動したのは、
「主人公とプレイヤーの共感」
この点です。一般人だった主人公と、現実世界に生きるプレイヤー。なんか同じようなこと考えてんな、って感じたのは私だけでしょうか。
具体的に言えば、天元山の救助活動。12月5日の戦死者達。
主人公が未来を変えたことにより不幸になったり悲しんだり、死んでしまった人たちは、必ずしも前述のあの人だけではありません。
合理性とか大局的な観点とか、そういうものが先立って、目の前で起こらなければ、その重大さが理解できない。
心を痛めたりはしますが、精神崩壊レベルの後悔や自己への憎しみは感じない。
なんの冗談でもなく主人公の存在そのものがその人たちの運命すら変えていたのに、です。
主人公と同じように考えたり、感じたり、トラウマを刻み付けられる。ageにまんまと踊らされ、そのお陰で素晴らしい時間が過ごせました。

話は変わって。
中盤以降は本格的に敵との戦いが描かれるのですが、それがまた恐ろしい。とことんまでにご都合主義を否定する苦戦が描かれました。
ここまでやってもまだ足りないのか、それが人類の敵に対する素直な感想です。

そして、そうであって欲しい、その筈だ、そんなわけが無い。希望的観測や楽観論を真っ向から否定する「人類の切り札」と「自分自身」の過去と現状。
他作品のヒロイン達がサブキャラクターとして登場し、まるで命の炎を燃やし尽くすように戦う姿。
箱○版で「武の夢」と題された戦死者達の登場シーン。最終決戦の前、若本氏による世紀の演説。
再突入艦隊の艦長達のセリフ。最終決戦時に主人公に強いられる、信じて待つだけの戦い。
何回泣かされたのやらもう判りません。

特に最終決戦時のシーンは主人公にとって世界や国のあり方を直視する契機になった、
天元山の老婆を彷彿とさせるものでした。(それ原作で言ってましたっけ?言ってたら申し訳ない)

壮絶。その一言です。
ですが、それらあってこそのあのエピローグなんでしょう。以前見たような、というか完全に見たことある展開にまたも涙。
唐突にエンディング曲の意味が解ってさらに涙。

泣いてばっか。こいつきめえwwwとか言わないで!やってみたら解る!
逆に言えばやらなければ解らないのです。私の駄文なんか腹の足しにもならないってことも、やれば解るのです。

正真正銘、名作です。主人公がなぜ「喚ばれた」のか。これ以上なく正しく、「あいとゆうきのおとぎばなし」です。
願わくばこの文が、たとえ1人でも未プレイの皆様が「マブラヴ」を手にとって下さる、その礎とならんことを。

2010/06/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(43%) 普通:11(30%) 悪い:10(27%)] / プロバイダ: 7222 ホスト:7164 ブラウザ: 12732
やり終えたPCゲームで素晴らしかったものを挙げろ、と言われれば
このゲームが入るのは確実です。アージュさんには「君が望む永遠」
からお世話になってます。
おそらく、アージュ最大にして最高の傑作でしょう。まさに魂のこも
った渾身の一作です。妥協のないシナリオ、深い心理描写、綺麗な
グラフィック、延期するのも無理はない!

この作品よりも少し前に出た同じく延期四天王に入るkeyの大作、
「CLANNAD」が「村上春樹」的とすれば、この作品は「村上龍」的
だと思います。

ただし、欠点がなかったわけではない。私の理解力では、主人公が
元の世界と今の世界を行き来する理論がよくわかりませんでしたし、
香月先生の説明にはついていけないところが多数ありました。とばせば
すむ話ですし、ゆっくり読めば大丈夫かもしれませんが。
でも、これも裏を返せば徹底的にリアルさを追求しようとした結果とも
とれます。とにかくこれでもか、というくらい練っているのがわかります。

このような欠点がありますが、それでも「最高」という評価は揺るぎない。
とにかく、圧倒される内容になっております。これぞ、「名作」いや「傑作」
だと言ってもいいくらいです。

2008/06/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(30%) 普通:1(5%) 悪い:13(65%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12604 ブラウザ: 2995(携帯)
史上最高のPCゲーム。それがこの『マブラヴオルタネイティブ』だと私は思います。まあしかし『ギャルゲー』というジャンルがPCゲームに含まれるかどうかはかなりの疑問ですが、定義付けでは一応PCゲームに属するので良しとしましょう。
しかしその前に、この作品がはたしてぞくに言うギャルゲーと同じように扱っていいのだろうかと私は常々思います。前作の『マブラヴエクストラ』は完全なるギャルゲーですが今作品は完全シリアス路線の本格的ロボットバトルものです。ギャルゲーだからギャルゲーだからと言って拒むにはとてもつもなく勿体無い作品です。
私がこの作品に最も感動したこと。それは無駄な死の無さです。ストーリー上『無駄死に』は確かにあります。しかしそれは次の展開への伏線であり間接部分でもある。信念のもとに熱く死に、主人公を導き精神の成長を促して散っていく仲間達にはただひたすら涙しました。
現代の日本人が完全に忘却している大和魂。それがこの作品の中にはあります。別に現代人に天皇バンザーイと手榴弾持って敵に特攻かけろというわけではありませんが、流されるだけの人生を送っている人がほとんどなのがまた事実。(私は常に流されています)
この作品の登場人物の誰もが、必死に今を生きてるのだと私は感動しました。
唯一、私が布教したいと思った作品です。

もちろん評価は『最高』で。

[推薦数:1] 2008/06/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(57%) 普通:14(17%) 悪い:21(26%)] / プロバイダ: 5387 ホスト:5349 ブラウザ: 8090
ネット上での評価がすさまじく良かったのでやってみましたが、なるほど、評価されるだけのことはあると思いました。ただ残念なのは、この作品、実はマブラヴ本作に収録されているアンリミテッド編の続編だったということです。私はてっきり、
マブラヴ→本編
マブラヴ アンリミテッド編→本編のおまけ、またはオルタネイティブの体験版
オルタネイティブ→独立した作品(パラレルワールド)、アンリミテッド編の評判が良かったので製作
……という構図だと思っていたのでマブラヴをやらずにオルタネイティブから入ってしまったため、面白さが減少してしまったことです(まあそれでも面白かったし、オルタネイティブから入っても話は分かるのですが、やはり本編、アンリミテッド編とやってからのほうが、より主人公に感情移入ができたでしょうからとても残念です)。どうせならオルタネイティブにもアンリミテッド編を収録してほしかったです。

【良い点】
・重厚なストーリー
・キャラクター……元が王道ギャルゲーを語っているだけに主要キャラの個性がはっきりと分かれており、またそれにあった主義主張をきちんと持たせていたため、どのキャラにも非常に好感が持てました。
・音楽……戦闘シーンや悲しいシーンでの音楽が非常にかっこよかったです。また、主題歌に影山ヒロノブを持ってきたのは作品にあっていて良かったと思います。
・BATAの正体……あまり見ない設定で(自分が他にそういう作品を知らないだけかもしれませんが)実に新鮮でした。
・終わり方……都合よく全部の問題を解決させず、なおかつ未来に希望を残した状態で主人公を元の世界に戻したのは、タイミング的にとても良かったと思います。
・伏線……あちらこちらに散りばめられており、回収されるたびに「よく考えてるな」と感心しました
・システム……視線が動いたり、戦闘がリアルだったりと、とても良かったです。
・BATAのデザイン……程よくグロテスクで、実際にこんな敵に襲われたらすごく怖いだろうなと思わされました。そのため、遥や「この世界」の武の勇気を素直に尊敬できました。

【悪い点】
・最終決戦で、結局主人公以外のキャラがほとんど死んでしまったこと……戦争物の宿命としては仕方ないと思いますが、それでも私は全員生還というかたちで終わって欲しかったです。そんなのはご都合主義だ、とおっしゃるかたもいると思いますが、やはり最終決戦にいたるまでの間にこれでもかというほど人が死んだので、逆に最後ぐらいは、と思いました(同じ系統のアニメで「蒼穹のファフナー」というのがありますが、これの終わり方がまさにそうでした)。人を殺すことで得られる感動もありますが、人を生かすことで得られる感動もあります(だからといってこの作品が、お涙頂戴のために安易に人を殺したなどとは絶対に思いませんが)。

【総合評価】
この作品をやり終えたとき、私は自分たちの住む世界がどれほど幸福な世界であるかを心から感じました。また、国を思う気持ちがいかに大切であるかも教えられました。終戦以降、日本人は心のどこかで愛国心という言葉に罪悪感や嫌悪感といった悪いイメージを抱き(かく言う私もそうでした)、結果そういう思想が育まれなくなりましたが、やっぱりそういうものも大切なんだなと思いました。
ただこの作品、良い点が多いわりにあまりのめり込めなかったのは、やはりアンリミテッド編をやっていなかったせいでしょうか? そのことが非常に残念でした。

2008/06/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:15(75%) 普通:2(10%) 悪い:3(15%)] / プロバイダ: 15628 ホスト:15835 ブラウザ: 11315
このゲームを語るためにはまず18禁ゲーム業界の現状を語っておく必要がある。
現在の業界には3つのいかんともしがたい壁がある。
1つにwinnyなどのP2Pの普及により簡単にコピーが出回ることである。これはハードがPCであるならば今現在有効な手段はほとんどない状況である。
2つめは性犯罪の増加による業界への逆風がある。これはマスメディアによる影響もあるだろうが、現場レベルでは認めている(むしろ好意的)であるので原因はその上、というところであろうか。
3つに趣味の多様化がある。これはこの業界だけでなく、全ての業界にいえる事なので割愛する。

PC自体の普及率は以前よりケタ違いで高いはずなのに売れ行きは落ちる一方である。これではいいゲームができるはずがない。

そこに一石を投じたのがこのゲームである。

独自の広告戦略、倫理審査などを行いこのソフトをもって業界自体を一段上に押し上げようとしたように考えられる。

それほどまでにホン(脚本)に自信があった時点で面白いか、面白くないかを語るのは必要ないのではないだろうか。

悪い点としては、ゲーム自体でなく上記3点を甘く見すぎていた点であろうか。おそらく陣営が予想していた本数には全然届かなかったと思われる。ファンディスクなどが多く発売されているのはこのゲームにすがり付いているのではなく、体力をつけるためもあるだろう。

システムなどについては、ノベルゲームであるので割愛。
ただ、相変わらず良く動く立ち絵には驚いた。個人的には「街」に並ぶ演出のすばらしさであると思う。

SF的にもジュブナイルストーリー的にも最高の一本である。あいとゆうきのおとぎばなしに偽りなし。

[推薦数:1] 2008/03/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(57%) 普通:9(15%) 悪い:17(28%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19721 ブラウザ: 7798(携帯)
暇つぶしにスパロボの個人サイトを適当にさ迷っていた時、マブラヴをスパロボに参戦させる可きか逝なかで盛り上がっているサイトのカキコを観たのが存在を認識したきっかけです。
その時はそんなエロゲー有ったな〜と言うかメカ出るのそれ、ボン太君みたいな物かな?、そんな程度の認識しか有りませんでしたが、最近の外伝小説の発売や模型雑誌での連載をきっかけ購入しました、ちなみに前作は未プレイ。
絶対に買います前作、ただし全年齢版、全年齢版でも描写は可なりキツイですが。
話しはガンパーレードマーチやファフナーをイメージすると解りやすいですね、BETAと名付けられた高度な知能を持つとを思われる化け物、宇宙生命対と戦争をしてい世界に飛ばされギャルゲー主人公が、兵士になって戦う前に人類は地球を放棄、そして気が付くと何故か時間を遡り、主人公が再びBETAの居る世界に初めて来た日に戻っている所から始まります。
彼は災厄の結末を迎えたあの時を変える為、過去の、いや未来の知識を持ちいて動きだすのだが、無数の心の困難と、統べてを救えない現実に苦しみます、また、断片的にしか解りませんがギャルゲーの第一部に可なりの伏線が張られ居る模様なので可なり凄い。
またこの作品は登場人物の性格が可なり練り上げられている為、種死と違い一つ考えややり方に対して複数の賛成・反対の意見が出る、しかも『こんなのは間違ってるのは解る・こんなのは嫌だ・覚悟は有る?』では終わらず、何故か間違いだと思うのか、何故そのやり方や考えが嫌なのかを声に出して言う、またわ主人公が複数の答を思考する、そしてこの作品で私が一番好きになった言葉、うる覚えだがたしか『目的が同じでも、何を大事にしているかで意見は対立し、争いになる事も有る』に繋がる。
正直こんなに重い作品とは思わなかった、人死もおそらくわざとグロクしているのだろうし、ただ何故人は争うのかと言う答の一つの答を見れる作品です、種シリーズの嫌いな方は是非やってみて下さい、主人公の声がキラと同じ方なので、余計に彼の台詞が重く感じます。(ただし主人公の声か入るのは回想等の時だけです)
スパロボに出すべき作品ですね、まだ途中ですが最高です。

『追加書き』
前回は主人公が逃げ出し、その結果大事な人を死なし傷付けた所、後半に入った辺りで評価を書きましたが、今回は統べて見てからの評価と感想です。
絶対にプレイして下さい、お勧めします、しつこいですが得に種が嫌いな方は是非、生まれて初めてゲームで、しかもロボット物で泣きました、もう鬱に成る位。

感想

彼は守る覚悟も失う覚悟もしていました、完全は割り切れていない、でも世界と愛する人達の為に戦いました、そんな人だから仲間彼を愛し護りました、そして彼は世界に、人類に希望とそれを繋ぐ時間を与えました、世界と同じぐらいに大切な者達と、彼にとって世界より大切な者に護られ。
彼女はただ願いました、会いたいと、ただ会いたいと、彼に会いたいと、もう会えないと解っていても、それが彼女に残された唯一残された物でした、その思いが二つの奇跡を起こしました、たがそれは世界と彼にとて最悪の、最悪の状態と結末を与える物でした、だが彼女は逃げずに、彼の為に戦い、そして護りました、統べてを奪い、心まで粉々にし、跡形も無くした相手に、贖罪と世界より大切な人の為に。
まだ前作まだはやっていませんが、第一部とあのエンディングは彼女の夢なのではないかと自分は思います、みんなが一緒に居て、人として当たり前な事が出て、でも何かがおかしくて、そしてとても大切な人と楽しく生きていける夢のような世界、それが叶えられた世界ではないかと。

最後にPS2版、ないしPS3版が出たら速効予約して買います、内容全く同じでも。

とてもおおきな、とてもちいさな、とてもたいせつな、あいとゆうきのおとぎばなしに感謝を。

2007/06/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(56%) 普通:4(8%) 悪い:18(36%)] / プロバイダ: 18312 ホスト:18427 ブラウザ: 8569
多々発売のタイミング的に非常に不幸な目にあった「マブラヴ本編」の完結編(の全年齢版)ですね、まず先に評価の方を、

「最高」です。これは揺ぎ無い「最高」です。

いやはや、これはとんでもねぇ作品と出会っちまったもんですよ。よもやこんな凄まじい作品が私と鉢合わせるとは、世の運命に感謝仕切れない程の感謝をしました。

さて、駄文はこれくらいにしておいて、評価の方に移行したいと思います。因みに評価するに際して、未プレイの方への対応を主文とさせて戴いております。予めご了承を。

この作品は前作「マブラヴ」のEDを全て見ていないと完全には楽しめない作品となっております。が、前作発売から3年後(全年齢版は同時ですが)に発売したのを鑑みればそれもアリかと。

本作の詳しい内容は公式サイトの説明文に任せるとして、楽しめる要素に関して書きたいと思います。

まず、システム面ですね、ただでさえアージュには「AGES」という「二次元空間に三次元の表現技法システム」を取り入れており、他のノベルス式ゲームとは一線を画している(特に戦闘時)のに加えて今回はグラフィックが前作よりも更に向上し、キャラクターが喋る時に「口パク」をするようになりました。さらにテキストの表記方法も変わり、画面全体が見渡しやすくなるなどの改善が多く見られます。

次に軍事関係、及び日本への愛国心を掻き立てる知識が豊富なことです。(実はかなり削除、変更されているようですが) これは実際にプレイしていただけないと、なんとも言い様がありません。

最後にグロ画像問題です。これは18禁時代の問題画像(ぱっくんちょ事件など)を緩和した点です、私自身はこれは本作の作風を劣化させたと思っていますが、世間的にはより本作を受け入れやすくなった改善点でしょう。

因みに前途の「発売タイミングの悪さ」ですが、これは新潟大地震や靖国問題などのことです。これのせいで
発売が半年以上伸びました。(この言葉だけで解る人には解るはず)

さて、余り多く語っても問題なのでこの辺でお開きにしたいと思いますが、とりあえず言えるのは、もし興味をお持ちなら、絶対に前作「マブラヴ」からプレイしてください。また、もし大きいお友達なら「オルタネイティブ」のまえに「サプリメント」もプレイすることをお勧め致します。 以上で失礼致します。

この評価板に投稿する



2014/03/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 18380 ホスト:18404 ブラウザ: 5870 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた/勇気貰った 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性普通(+0 pnt)
難しさ最高に簡単

もっと見る
1. 据置機(携帯機)へおいで by 霧の童話
... 宇宙刑事ギャバン』、エロゲー枠から『マブラヴ オルタネイティヴ』と 従来の据置機(携帯機)では望めぬ「まさか」の作品群が立て続けに参戦している事で 今や肝心の据置機を差し置いてバンナムの看板にまで上り詰めた感の有る「スパクロ」こと 『スーパーロボット大戦X-Ω』ですが、サクサク進められる事を前提にしたゲームアプリの都合上 濃密な原作再現やクロスオーバーは ...
記事日時:2018/11/09
2. レズホモチェック by エスパー
... 漂ってくるんだけど。 ・織田信奈の野望 また「戦国乙女は名作」と主張する人が出てくるのか。出てくるのですね。 レズ要素は知らん。 ・超訳百人一首 うた恋い。 ┌(┌^o^)┐ホモォ... ・輪廻のラグランジェ 2期 1期見ていない。 ・マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス マブラヴと言われると ...
記事日時:2012/05/31
3. 60000HIT企画!! by 堕天使
... ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION 挿入歌 「GONG」/JAM Project/第3次スーパーロボット大戦α - 終焉の銀河へ -OP 「紅ノ牙」/JAM Project/超重神グラヴィオン Zwei OP 「炎皇合神!ソルグラヴィオン!!」/JAM Project/超重神グラヴィオン Zwei 挿入歌 「未来への咆哮」/JAM Project/マブラヴ オルタネイティヴ OP 「 ...
記事日時:2007/09/04

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ